Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

Mr.Children/人気曲ランキングTOP20!2019最新おすすめ曲は?

今回の記事では、日本を代表する大物バンドミスチルことMr.childrenの人気曲を1位~20位というランキングで皆さんにご紹介したいと思います!

ミスチルの曲は全部、おすすめしたいものばかりですが皆さんの好きなミスチルsongはランキングに入っているでしょうか?

Mr.Children・人気曲ランキング1位~5位

MEMO

こちらで紹介するランキングは、「レコチョク」「JOYSOUND」「有線リクエスト回数」など、2019年最新の情報を元に作成しています。

管理人の個人的な意見なんか無視した、公正なランキングにしていますので、安心してご覧下さい(笑)

当サイトのランキングは、カウントアップ方式で紹介しています。

サクッと1位を紹介してしまう、手っ取り早いランキングです!

第1位「HANABI」/Mr.Children・人気曲

第1位は『HANABI』です。

この曲は、山下智久さん主演でシーズン3までドラマ。そして、劇場版として映画化にもなった「コードブルー」の主題歌として、お馴染みですよね!

HANABIのイントロが演奏されただけで、ライブでは涙を流すファンがいるほど人によっては思い入れの深い曲として圧倒的な人気を誇っています。

こちらもオススメ↓

Mr.Children「HANABI」歌詞の意味を徹底解釈!コードブルー主題歌

第2位「名もなき詩」/Mr.children・人気曲

第2位は「名もなき詩です。

1996年2月5日に発売されたMr.childrenの10枚目のシングル曲であり、フジテレビのドラマ「ピュア」の主題歌に起用されました。

発売初週の売り上げ枚数が当時の最高となる、120,08万枚を記録し最終的には230.09万枚を売り上げミスチルの楽曲の中でも2番目に高い記録を残している名曲です。

第3位「innocent world」/Mr.children・人気曲

第3位は「innocent world」です。

1994年6月に発売されたMr.childrenの5枚目のシングル。

発売から2か月で売り上げ100万枚を超えるヒットとなり、1994年の第36回日本レコード大賞を受賞したのですがメンバーが海外でPVの撮影をしていたために授賞式を欠席したというエピソードがあります。笑

ライブでは、最も演奏されるとファンのテンションが上がる楽曲です。

こちらもオススメ↓

Mr.Children「innocent world」歌詞の意味を解釈!

第4位「終わりなき旅」/Mr.children・人気曲

第4位は「終わりなき旅」です。

1998年に発売されたMr.childrenの15枚目のシングル曲で、累計売上数107万枚を記録

活動休止宣言をしていたミスチルですが、この終わりなき旅で活動を再開。

その歌詞の意味から、ミスチルの最高傑作の声が多い名曲です。

第5位「tomorrow never knows」/Mr.children・人気曲

第5位は「tomorrow never knows」。

1994年に発売されたMr.childrenの6枚目のシングルで、ミスチル最大のシングル売り上げ276,6万枚を記録しています。

フジテレビ系ドラマ「若者のすべて」の主題歌に起用されていたことでも、記憶に残っている世代の人はいるのではないでしょうか。

タイトルは「明日は知れず」というですが、レコード会社の社長はこの曲が金になりそうだなと思い曲名を「金のしゃちほこ」という仮名をつけたというエピソードが。笑

そんなタイトルだったら、絶対にヒットしていなかったでしょうね。w

Mr.Children・人気曲ランキング6位~10位

第6位「しるし」/Mr.children・人気曲

第6位は「しるし」。

2006年11月に発売されたMr.childrenの29枚目のシングル。

日本テレビ系のドラマ「14歳の母」の主題歌として使用され、当時はこの楽曲の発売時にメンバーが多くの音楽番組に出演していたこともあり、かなり高い認知度を誇っているミスチルの曲でもあります。

作詞をした桜井さんはインタビューで

両極の物語の中心にある『愛』とかいうもの、それを実感してもらえたらと願っています。最高のラブソングができました

歌詞については、恋愛中の男女のこととも別れてしまったカップルのことともどちらにも解釈できるものにした

と語っているほど、ミスチルの自信作なのです。

こちらもオススメ↓

Mr.Children『しるし』歌詞の意味を解釈&解説!ドラマ”14才の母”主題歌

第7位「星になれたら」/Mr.children・人気曲

第7位は「星になれたら」。

この楽曲は、1992年に発売されたMr.childrenのアルバム「Kind of Love」の9曲目に収録されています。

アルバム制作時に作詞作曲されたわけではなく、実はミスチルがアマチュア時代に制作した楽曲でコアなミスチルファンには当時から知られていた名曲なのです。

歌詞の内容から、当時はアルバム曲にもかかわらず卒業式などで歌われることも多かったそうですよ!

こちらもオススメ↓

Mr.Children「星になれたら」歌詞の意味を解釈!

第8位「sign」/Mr.children・人気曲

第8位は「sign」。

2004年5月に発売されたMr.childrenの26枚目のシングルで、70万枚以上を売り上げる大ヒットとなり2004年に発売されたシングルの中で最もヒットし、2004年の日本レコード大賞を受賞しています。

TBS系列のドラマ「オレンジデイズ」の主題歌に起用されたことでも、記憶に残っているのではないでしょうか。

ありふれた日々を大切にしていこう

というメッセージが込められている楽曲で、とても心温まる歌詞になっています。

第9位「抱きしめたい」/Mr.children・人気曲

第9位は「抱きしめたい」。

1992年12月に発売されたMr.childrenの2枚目のシングル。

1996年に放送されたドラマ「ピュア」の最終回で挿入曲として使用されるなど、シングルが発売された当時は同日に発売されたアルバム「Kind of Love」にもこの楽曲が収録されていたので、まったく注目を集めていなかったそうです。

けれど、時間の経過とともにミスチル初期の代表的な曲になり結婚式で使用される曲としては発売から27年が経過していますが未だに人気を集めています。

第10位「Any」/Mr.children・人気曲

第10位は「Any」。

2002年7月に発売されたMr.childrenの23枚目のシングル。

この楽曲のタイトル「Any」とは、どんな(こと)ときでも。というメッセージが込められているそうです。

ミスチルの楽曲には、多くの前向きになる曲がありますがその中でもこのAnyのメッセージ性はトップクラスで、数多くのファンがこの曲で助けられてきたでしょうか。

Mr.Children・人気曲ランキング11位~20位

次は11位から20位までの紹介です。

第11位「365日」/Mr.children・人気曲

第11位は「365日」。

2010年に発売されたMr.childrenの16枚目のオリジナルアルバム「SENSE」5曲目に収録されています。

ミスチル後期の人気曲として挙げられているこの楽曲ですが、実はシングル化はされていないんですよね。

ミスチルの等身大のラブソングといった感じで、とても聞いていて心が温まる楽曲です。

第12位「Simple」/Mr.children・人気曲

第12位は「Simple」。

1999年に発売されたMr.childrenのオリジナルアルバム「DISCOVERY」6曲目に収録されています。

シングル化はされていないにも関わらず、ファンから絶大な人気を集めている楽曲でファンクラブ会員がライブ会場で最も聞きたい楽曲のアンケートで4位にランクインしています。

「Simple」なことだけど、10年先も20年先も君と一緒にいられたらいいな。

歌詞も本当にシンプルなのですが、ぜひ聞いていただきたい名曲です。

第13位「エソラ」/Mr.children・人気曲

第13位は「エソラ」。

2008年に発売されたMr.childrenの15枚目のアルバム「SUPER MARKET FANTASY」3曲目に収録されています。

タイトルの「エソラ」とは、絵空事から命名されていてとってもポップなメロディーに仕上がっています。

ライブではそのポップなメロディーに合わせた、ポップな照明が会場を最高潮のテンションに掻き立てます。

第14位「PADDLE」/Mr.children・人気曲

第14位は「PADDLE」。

2004年に発売されたMr.childrenの11枚目のアルバム「シフクノオト」2曲目に収録されています。

シングル化はされていないのですが、その名曲度の高さからアルバム曲だけにしておくにはもったいないといわれているほど。

仕事などで落ち込んだ時には、ぜひ聞いていただきたい楽曲です。

第15位「シーソーゲーム」/Mr.children・人気曲

第15位は「シーソーゲーム」。

1995年に発売されたMr.childrenの9枚目のシングルで、累計売上は181,2万枚を記録した大ヒット曲です。

この曲でのCD売り上げや印税などは、この年の1月に発生した阪神淡路大震災の義援金に全額充てられました。

第16位「youthful days」/Mr.children・人気曲

第16位は「youthful days」。

2001年に発売さえた21枚目のシングル。

ミスチルファンとしては、視聴が必須だったフジテレビ「アンティーク~西洋骨菫洋菓子店~」の主題歌でしたよね!

楽曲の歌詞ですが、金城一紀さんの「GO」を読んだ桜井さんが物語の主人公とヒロインをイメージして作詞したと語っています。

第17位「彩り」/Mr.children・人気曲

第17位は「彩り」。

2007年に発売されたMr.childrenの13枚目のアルバム「HOME」3曲目に収録されています。

自分のしているこの仕事がどんな意味を持っているのかなど、悩んだり立ち止まった時に是非聞いていただきたいです。

第18位「GIFT」/Mr.children・人気曲

第18位は「GIFT」。

2008年に発売されたMr.childrenの28枚目のシングル。

NHK北京・パラリンピックの放送テーマソングに使用されていましたよね!

さらに、2012年からは資生堂「MAQuilAGE」のCMソングとしても流れたことでも、耳に残っている人がおおいはず。

実は、このGIFTのCMソング起用ですがミスチルが化粧品の楽曲を担当するのは13年ぶりだったそうです。

意外ですよね!

第19位「over」/Mr.children・人気曲

第19位は「over」。

1994年に発売されたMr.childrenの4枚目のアルバム「Atomic Heart」12曲目に収録されています。

THE失恋songなのですがタイトルの「OVER」という意味には、

ここで終わりにする

ここを超えていく」という2つの意味が込められています。

第20位「くるみ」/Mr.children・人気曲

第20位は「くるみ」。

2003年に発売されたMr.childrenの25枚目のシングルで、ミスチル唯一の両面Aシングル

このタイトルのくるみですが、「これから来る未来」ということから命名されています。

桜井さんはこの楽曲について

最初はそう思わなかったけど、この曲がMr.Childrenの原点のような気がする」と語っているほど、思い入れの深い楽曲なのです。

Mr.Children/人気曲ランキングTOP20! まとめ

いかがでしたか?

日本を代表するバンドMr.childrenの人気曲をランキングにしてみましたが、皆さんが好きな曲はあったでしょうか?

ミスチルの曲の魅力の一つに、曲に時代を感じさせない点だと私は思っています。

たとえ発売から25年以上などが経過している、懐メロだとしても今聞いても自分の現状とピッタリ合う事が多く何度も色んな曲で助けられてきました。

皆さんも、ぜひ今回のランキングで知った曲があるならば一度は聞いていただきたいですね!

コメントを残す