backnumber「ヒロイン」歌詞の意味は?CMの広瀬すずの魅力がヤバイ。

バックナンバー・ヒロイン・歌詞・意味

出典元:https://www.youtube.com/watch?v=CsRgs9GBky8 より引用

今回はCMやドラマ・映画に引っ張りだこのバックナンバー(backnumber)の『ヒロイン』の歌詞意味を考察していきたいと思います。

 

back numberの楽曲の中でも一際切なくも心に響くこの『ヒロイン』ですが、どのような意味が込められているのでしょうか?

backnumber「ヒロイン」はどんな曲?

 

この『ヒロイン』、10thシングル「繋いだ手から」から約10ヶ月ぶりのリリースでは発売されました。

初回盤と通常盤の2形態での発売され、通常盤のジャケットは清水依与吏さん。

初回限定版は、JR東日本『JR SKI SKI』のCMキャラクターを務める広瀬すず さんのジャケットになっています。

 

このジャケットは可愛すぎますよね(笑)この楽曲のタイトルにふさわしいような、まさに「ヒロイン」って感じがします!

 

また、初回盤は、「ヒロイン」のMVと、横浜アリーナで行われた「love stories tour 2014 ~横浜ラブストーリー2~」のライブダイジェストを収録したDVDもついており、初週売上は約2万9000枚で、9thシングル「fish」の初週売上約1万8000枚を上回る自己最高の記録となっています。

 

さらに、9thシングル「fish」の累計約2万1000枚も初週売上のみで上回っていたりと、まさにback numberの人気に火をつけた楽曲になっています

MVも冬のバラードを感じさせる雰囲気バッチリなものに仕上がっています!

この小屋の中だけは何かすごく暖かそうな、そんな気もしますよね。

「ヒロイン」JR東日本CMの広瀬すずがヤバイ!

この楽曲のタイアップはJR東日本『JR SKI SKI』のCMになっていますね

ジャッケットでもコラボをした広瀬すずさんの主演CMですが、これは男性なら何度見てもときめかされるのではないでしょうか?(笑)

 

広瀬すずさんの「運命の赤い糸が二本あったらどうすればいいんだろう」「伝えられなかった思いは雪と一緒に溶けていくのでしょうか?」など、このCMにも『ヒロイン』の歌詞を思わせるようなフレーズが出てくるのが印象的でもあります。

こちらはカバーソングで大人気の粉ミルクさんです!二本のギターアレンジを編集していて、その歌声と同じくハイクオリティーな作品になっています!

是非こちらも合わせてご覧ください!

backnumber「ヒロイン」歌詞の意味を考察。

backnumber・ヒロイン・歌詞・意味

この楽曲は「冬の片思い」を歌った歌になっています。

しかし、ただの片思いではなく、これまたバックナンバーならではの切ない意味が隠されています。

インタビューでボーカルの清水さんはこう話します。

清水:でも全身で好きって言ってるんだけど、実は頭だけは“ちょっと違う”って思ってる、みたいな。そういうダッサい感じ、“いや、別に好きじゃねーし”みたいなのがあるんですよ。“別に付き合うとかじゃねーし”みたいな。フラレるのは怖いし、でも雪とか花火とかを見たときに“あの子と見たいな”と思ってしまう、そういう感じ。だから、これは自分の中のヒロインに気づく歌なのかなって。それで「ヒロイン」っていうタイトルにしたんですけど。

引用:”http://music.emtg.jp/special/201501048880b846c”

 

今回も片思いをするイマイチ素直になれない男の子が主人公のようですね!

その主人公に想いを馳せながら、早速見ていきましょう!

backnumber「ヒロイン」Aメロ 歌詞の意味

君の毎日に 僕は似合わないかな
白い空から 雪が落ちた
別にいいさと 吐き出したため息が
少し残って 寂しそうに消えた

引用:backnumber「ヒロイン」歌詞

 

白い空・雪ということで、景色は雪に包まれる冬が舞台のようですね。

主人公は「君の毎日に 僕は似合わないかな」と言ってるように、相手にとっての自分の価値を決めてしまっているようです

 

寂しげに消える白いため息がこの気持ちの重さを感じさせます。

backnumber「ヒロイン」Bメロ 歌詞の意味

君の街にも 降っているかな
ああ今隣で

引用:backnumber「ヒロイン」歌詞

 

自分の気持ちに嘘はつけませんね。

見上げた寒空はきっとその好きな人の上にもあるのに、今隣にいる事は叶わない。

 

そんな気持ちで一人ポツンと空を見上げる主人公が見えるようです

backnumber「ヒロイン」サビ 歌詞の意味

雪が綺麗と笑うのは君がいい
でも寒いねって嬉しそうなのも
転びそうになって
掴んだ手のその先で
ありがとうって楽しそうなのも
それも君がいい

引用:backnumber「ヒロイン」歌詞

 

ここは素直な気持ちを吐き出している部分。

一人で見る景色を、その子と過ごす時間に重ね合わせてしまいます。

 

それは叶わない恋だなんて自分で決めつけているけれど、本当の気持ちは、この景色には君がいてほしい

その仕草ひとつひとつが愛しく感じているような、そんなシーンです。

backnumber「ヒロイン」2番Aメロ 歌詞の意味

気付けば辺りは
ほとんどが白く染まって
散らかってた事
忘れてしまいそう
意外と積もったねと
メールを送ろうとして
打ちかけのまま
ポケットに入れた

引用:backnumber「ヒロイン」歌詞

 

個人的には、「散らかっていた事」という事で、年末の忙しい時期をイメージしました。

という事は、クリスマスの片付けがそのままか、年末の大掃除というような、そんな時期ではないでしょうか?

 

そんな学生なら冬休み期間でちょっと会えない期間、特に話す機会も内容もないから外に積もった雪を見てメールでも送ろうとしたんでしょうね。

でも、つい自己完結をしてしまう主人公は最後まで打つ事なく閉じてしまいます

backnumber「ヒロイン」2番Bメロ 歌詞の意味

好まれるような 強く優しい僕に
変われないかな

引用:backnumber「ヒロイン」歌詞

 

きっと好きな人は男らしい人が好きなんだろうな…僕と違って…

なんていう声が聞こえてきそうです(笑)

Aメロで出したため息も、さらに深く白いため息に変わっていくように思えます。

backnumber「ヒロイン」2番サビ 歌詞の意味

雪が綺麗と笑うのは君がいい
出しかけた答え胸が痛くて
渡し方もどこに
捨てればいいかも分からずに
君から見えてる景色に
ただ怯えているんだ

引用:backnumber「ヒロイン」歌詞

先ほどの出しかけたメールも気持ちを伝えようとしたキッカケだったのかもしれませんね。

自分の想像する結果が、そのまま相手の答えだと怖くてどうにもできない、そんな気持ちが伝わってきます。

 

渡すことも捨てることも出来ずに、ただただ怯えている彼の気持ちが刺さってくようです…

backnumber「ヒロイン」Cメロ 歌詞の意味

思えばどんな映画を観たって
どんな小説や音楽だって
そのヒロインに
重ねてしまうのは君だよ
行ってみたい遠い場所で
見たい夜空も
隣に描くのはいつでも

引用:backnumber「ヒロイン」歌詞

 

何もかもを好きな人に重ねてしまうほど、それほど好きな気持ちがあるのに素直になれない

そんな自分に対してのもどかしさのように感じますね。

いつでも考えているヒロインに対しての気持ちも、自分に対しての情けなさもどんどん大きくなっていきます。

 

見慣れたはずの 街がこんなにも
馬鹿だなぁ僕は

引用:backnumber「ヒロイン」歌詞

 

毎日見ている景色さえ、その存在がもたらす影響が大きいのでしょう。

その大きさに気づいた時、今まで自分で自己完結していた馬鹿な考えに、ようやくひとつ見切りがつけられたという事でしょう。

backnumber「ヒロイン」ラスサビ① 歌詞の意味

君の街に白い雪が降った時
君は誰に会いたくなるんだろう
雪が綺麗だねって
誰に言いたくなるんだろう
僕は やっぱり僕は

引用:backnumber「ヒロイン」歌詞

 

相手の見ている景色に想いを馳せます。

自分と同じ気持ちなのかな れとも誰が違う人のことを考えているのかな

思いは大きくなっていくばかりです。

backnumber「ヒロイン」ラスサビ② 歌詞の意味

雪が綺麗と笑うのは君がいい
でも寒いねって嬉しそうなのも
転びそうになって
掴んだ手のその先で
ありがとうって楽しそうなのも
全部君がいい

引用:backnumber「ヒロイン」歌詞

 

しかし、相手の景色がどうであれ、自分は何もするのも、何を見るのも全部君がいてほしいんだ。

 

片思いが自分の中での勝手な結論で終わりそうだったものを、最後は少しでも自分の気持ちに素直になる事で前向きに行こうという、そんな気持ちになった主人公が最後は見えてのエンディングでした。

backnumber「ヒロイン」歌詞の意味は? めとめ

backnumber・ヒロイン・歌詞・意味

 

今回はback numberの『ヒロイン』の歌詞の意味を考察してきました。

これは誰でも経験をした事があるのではないでしょうか?

 

なかなか素直に自分に気持ちと向き合うことって、特に学生時代なんかは難しいですよね。

自分に自信もないし、相手の気持ちを先読みして情けなく感じて…ていう、そんな微妙な心の揺れ動きもこの楽曲の中に表現されていました。

 

back numberの『ヒロイン』は男性目線ではありますが、きっと女性も共感できるこの主人公の切ない気持ち・・。

これこそが多くのリスナーに支持される理由なのではないでしょうか?

 

backnumber・クリスマスソング・歌詞・意味backnumber「クリスマスソング」歌詞の意味は?非リア充が描く切なさがヤバイ!

コメントを残す