優里『ドライフラワー』歌詞の意味を解釈【彼女の本当の気持ちとは?】

優里『ドライフラワー』歌詞の意味を解釈

優里『ドライフラワー』2番の歌詞の意味を解釈

「ドライフラワー」2番Aメロ|歌詞の意味

多分、君じゃなくてよかった
もう泣かされることもないし
「私ばかり」なんて言葉も
なくなった

あんなに悲しい別れでも
時間がたてば忘れてく
新しい人と並ぶ君は
ちゃんとうまくやれているのかな

引用:優里『ドライフラワー』歌詞

彼と別れたことで「私」も少し冷静な気持ちで彼との日々を思い出すことが出来ています。

でも、どこか「これでよかった」と、無理に自分自身に言い聞かせてるようにも感じます。

人は忘却の生き物なので、時が経てば忘れていくもの..。

彼には新しい女性が出来ているようですが、それを気にしている彼女はまだ、忘れきれていない気もしますね。

「ドライフラワー」2番Bメロ|歌詞の意味

もう顔も見たくないからさ
変に連絡してこないでほしい
都合がいいのは変わってないんだね
でも無視できずにまた少し返事

引用:優里『ドライフラワー』歌詞

「もう顔も見たくない」のは彼が嫌いだからというよりも、彼との日々を思い出して気持ちが乱れてしまうからなのでしょう。

そういう気持ちを察せない彼がまさに「不器用」であるということが表されています。

そして、そんな彼に苛立ってる彼女は、時間が経ってもまだ割り切れていない気がします。

 

「ドライフラワー」2番サビ|歌詞の意味

声も顔も不器用なとこも
多分今も 嫌いじゃないの
ドライフラワーみたく
時間が経てば
きっときっときっときっと色褪せる

引用:優里『ドライフラワー』歌詞

2番のサビでも「嫌いじゃない」と歌われています。

「多分」という言葉が多用されていることから、本当の気持ちが自分でもよく分かっていないということが分かります。

 

「ドライフラワー」Cメロ|歌詞の意味

月明かり・満月

月灯りに魔物が揺れる
きっと私もどうかしてる
暗闇に色彩が浮かぶ

赤黄藍色が胸の奥
ずっと貴方の名前を呼ぶ
好きという気持ち
また香る

引用:優里『ドライフラワー』歌詞

「色彩」や「赤黃藍色」は花を表しています。

好きだという気持ちを花の香りにたとえて「また香る」と歌われる。

ここが「私」の本心なのです。

 

「ドライフラワー」ラスサビ|歌詞の意味

声も顔も不器用なとこも
全部全部 大嫌いだよ
まだ枯れない花を
君に添えてさ
ずっとずっとずっとずっと
抱えてよ

引用:優里『ドライフラワー』歌詞

1番・2番のサビでは「嫌いじゃない」という曖昧な表現ですが…

それをを覆すように、ラスサビでは「大嫌いだよ」と歌われます。

Cメロの「好き」という気持ちを込めた精一杯の「大嫌い」です。

 

「大嫌い」と言わないと「好き」という気持ちが溢れてきてしまって、どうしようもない気持ちになってしまうのです。

「私」の気持ちは簡単に抑え込められるものではなく、それだけ心に残る恋愛だったのでしょう。

優里「ドライフラワー」の歌詞の意味は? まとめ

優里ドライフラワー、ドラマ化

ドライフラワーの花言葉はイギリスでは「永久に終わらない追憶」と言われています。

「私」の彼への気持ちはとても複雑ですが、すべてを取っ払うと心の奥底ではまだ「好き」なままだということが分かります。

花の一番きれいなかたちをそのまま乾燥させたドライフラワー。

気持ちが乱された恋愛だったとしても、いつか一番きれいな想い出のかたちで固まってほしいと願ってしまいますね。

 

という訳で、今回は以上です。

最後までありがとうございました。

 

▼関連記事▼

優里『かくれんぼ』歌詞の意味を解釈優里『かくれんぼ』歌詞の意味とは?【男性目線の失恋ソング】
1 2

コメントを残す