Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

BUMP OF CHICKEN「天体観測」歌詞の意味を解釈!実はラブソングではない?

BUMP OF CHICKEN・天体観測・歌詞・意味

ドラマやアニメの主題歌など、様々な名曲を生み出している『BUMP OF CHICKEN

共感できる美しい歌詞や上質なライプパフォーマンスなど、魅力にあふれたバンドですよね。

今回はそんな『BUMP OF CHICKEN』の楽曲から、3rdシングルの表題曲としてリリースされた天体観測』の歌詞意味を考察していきます。

BUMP OF CHICKEN「天体観測」は雨の歌だった?

様々な解釈ができる『天体観測』の歌詞。

恋愛ソングと解釈する方が多いと思いますが、実はあるインタビューにおいて、ボーカルの藤原基央さんは、天体観測は雨の歌であり、答えのないことの答えを探す歌、といったニュアンスの発言をしています。

この発言を頭に入れて歌詞を眺めると、また新しい発見があるかもしれないので、是非見てみて下さいね!

 

また『天体観測』は2001年3月14日にリリースされた楽曲で、3枚目のアルバムである『jupiter』と、ベストアルバムである『BUMP OF CHICKEN I <1999-2004>』にも収録されています。

そして累計売上が50万枚を超えており、youtube公式チャンネルの動画も7000千万回再生されていることから、『天体観測』と『BUMP OF CHICKEN』の高い人気がうかがえますね。

ちなみに、シングルCD・アルバム・ベストアルバムのそれぞれに、隠しトラックが入っているので要チェックですよ!

BUMP OF CHICKEN「天体観測」歌詞の意味を考察。

藤原基央さんが雨の歌、答えのないことの答えを探す歌と公言している『天体観測

その点に注目して、早速歌詞を見ていきましょう!

 

午前二時 フミキリに
望遠鏡を担いでった
ベルトに結んだラジオ
雨は降らないらしい

引用:「天体観測」作詞/藤原基央

多くの人が眠りについている時間(午前二時)。

主人公はラジオや望遠鏡を持って外にいるようです。

そのラジオから聞こえてくる、雨は降らないという情報は、何を示しているのでしょうか。

 

二分後に君が来た
大袈裟な荷物しょって来た
始めようか天体観測
ほうき星を探して

深い闇に飲まれないように
精一杯だった
君の震える手を
握ろうとしたあの日は

引用:「天体観測」作詞/藤原基央

少し時間が経過すると、沢山の荷物を背負った君が現れます。

どうやら一緒に天体観測へ出掛けるようですが、目的はほうき星=彗星を探すこと。

何かに怯えているのか、君の手は震えています。

背負っている荷物=君が怯えているもの、と推測できますが、具体的には、親に黙って家を抜け出していること、夜の暗闇、などが考えられますね。

もしくは、天気予報が外れて雨が降り、天体観測ができない悲しさ&寒さが震えている原因、というのもあり得るかもしれません。

 

見えないモノを見ようとして
望遠鏡を覗き込んだ
静寂を切り裂いて
いくつも声が生まれたよ
明日が僕らを呼んだって
返事もろくにしなかった
「イマ」という ほうき星
君と二人追いかけていた

引用:「天体観測」作詞/藤原基央

望遠鏡を使用して、何かを見ようとした二人。

求めていたものが見つかったのかは分かりません。

しかし主人公は、明日のことなど考えずに、すなわち将来のことなど考えずに、君と一緒にイマを生きていたのでしょう。

BUMP OF CHICKEN「天体観測」2番 歌詞の意味は?

生まれたら死ぬまでずっと
探している
さぁ始めようか 天体観測
ほうき星を探して

引用:「天体観測」作詞/藤原基央

ほうき星とはイマのことですが、それを死ぬまで探し続けている、ということは、決して捕まえることのできないもの、と定義できますね。

具体的にいうと、例えば人生、人生の意味などでしょうか。

 

今まで見つけたモノは
全部覚えている
君の震える手を
握れなかった痛みも

引用:「天体観測」作詞/藤原基央

イマそのものを見つけることはできないが、それを追い求める過程で、沢山のものを発見しました。

主人公はそれを忘れる事はありません。

そしてイマを追いかける際には、新しい発見だけでなく、痛みも感じました。

発見と同じく痛みも忘れてはいません。

その中には、君と天体観測に出掛けた際、震えていた手を握れなかったことも含まれています。

 

予報外れの雨に打たれて
泣きだしそうな君の震える手を
握れなかったあの日を

引用:「天体観測」作詞/藤原基央

君と天体観測に出掛けた際、雨は降らないとラジオは言っていましたが、実際には降ったようです。

君が震えていた理由は、雨に打たれて寒い、ということもあるでしょうが、せっかく主人公と天体観測に出掛けたのに、台無しになってしまって悲しい・悔しい、というのが一番の理由でしょう。

 

見えているモノを見落として
望遠鏡をまた担いで
静寂と暗闇の帰り道を駆け抜けた
そうして知った痛みが
未だに僕を支えている
「イマ」という ほうき星
今も一人追いかけている

引用:「天体観測」作詞/藤原基央

予想だにしなかった雨により、望遠鏡を覗いても期待したものは見えませんが、主人公には見落としてはいけないものがありました。

それは君の存在です。

午前二時に(恐らく)家族に内緒で外に出掛けるのだから、お互いに相当な覚悟を持って行動しているはずです。

君も主人公に好意を持っていたのではないでしょうか。

しかし主人公は、それに気付くことはなく、もしくは上手に応える事が出来ずに、1人になってしまいました。

とはいえ、君の存在が全く無意味だったわけではなく、手を握れなかった痛みが、主人公の現在をサポートしています。

 

もう一度君に会おうとして
望遠鏡をまた担いで
前と同じ午前二時
フミキリまで駆けてくよ
始めようか天体観測
二分後に君が来なくとも
「イマ」という ほうき星
君と二人追いかけている

引用:「天体観測」作詞/藤原基央

かつての状況を再現して、再び君に会いたいと願います。

当時のように、二分たっても君は来ませんが、痛みが君の代わりとなって、二人でイマを追いかけていきます。

それは彗星だけでなく、人生そのものを意味しているのでしょう。

BUMP OF CHICKEN「天体観測」歌詞の意味は? まとめ

バンプオブチキン 天体観測 歌詞 意味

予報外れの雨が降らず、良好な天気の中で天体観測を行っていれば、君との関係は現在も続いていたかもしれません。

しかし、それはタラレバの話であり、実際にどうだったのかは永遠に分からないことです。

これが、答えのないこと、だと推測できますが、主人公は諦めずに探し続けています。

君の手を握れなかった痛み、それを君と捉えてイマを追い求めている主人公は、いつの日か、自らが納得できる答えを見つけるかもしれませんね。

以上『天体観測』の歌詞の意味の考察でした!

コメントを残す