星野源「Week End」歌詞の意味は?タイトルに込められた意味を考察!

星野源・WEEK END・歌詞・意味引用 https://toyokeizai.net/articles/-/145059

俳優としてだけでなく、歌手や文筆家としてもマルチな才能を持つ「星野源」さん。

自然体な魅力で、幅広い年齢層から人気を集めています。

 

今回はそんな星野源さんの人気曲「Week End」の歌詞意味について考察していきたいと思います。

星野源「Week End」はどんな曲?

Week End」は、2015年12月に発売された4thアルバム「YELLOW DANCER」に収録されています。

アップテンポな曲調で明るい印象。

CMでもよく流れていた人気曲なのですが、意外にもシングルでは発売されていない楽曲なんですね。

 

ライブでは星野源さんが「踊れ!!」と叫びながら歌っている曲で、ダンスナンバーの代表曲といっても過言ではない曲です。

「Week End」でブラックミュージックを日本風に?

ブラックミュージックとはアメリカの黒人発祥の音楽の総称を表す言葉で、

強いビート感やグルーヴ感が特徴です。

 

対して「イエローミュージック」とは星野源さん自身が思い描いているジャンル。

もともとブラックミュージックが好きだった星野源が

ブラックミュージックだけを突き詰めていくだけでは、自分たちの音楽にはならない

といった葛藤の中から生まれたものだそうです。

 

あらゆる国の音楽を吸収して真似をするのではなく

自分の国のフィルターを通して音楽の事を「イエローミュージック」と呼ぶのだそうです。

星野源・WEEK END・歌詞・意味引用https://spice.eplus.jp/articles/159705

星野源「Week  End」歌詞の意味を考察

星野源の「Week End」は めざましどようび のテーマソングにも使われていた曲。

聴いたことがある人も多いのではと思いますが、実はけっこう意味深な内容が込められているんです。

 

そのまま訳すと「Week End」は週末という意味。

果たして星野源は週末に何を求めて、どのようなメッセージを込めて歌っているのでしょうか?

星野源「Week End」サビ 歌詞の意味

さよなら
目が覚めたら 君を連れて
未来を今 踊る
週末の街角 ここから 始まる

引用:星野源「Week End」歌詞

 

いきなり「さよなら」という歌詞から始まっています。

タイトルが「Week End」ですので週末になった事で忙しい平日からの開放を表しているのではないのでしょうか?。

 

それと同時に「内向的な自分へのさよなら」なのではないかと思います。

目が覚めたら=「心が開けたら」

という風に考えます。

 

君を連れて=「もう一人の自分」

そして未来を踊るとありますが、これは楽しい週末を想像するところから始まる。

という事なのではないのかと思います。

 

まずは明るい未来を考えていこうよ

といった思いが伝わってきますね。

 

夢から目が覚めたら 君を連れて
未来を今 踊る
週末の街角 朝まで
身体を交わそう

引用:星野源「Week End」歌詞

 

内向的な自分から「明るい自分」に生まれ変わる。

もしくは「生まれ変わりたい」と思っているのだと思います。

 

一人で楽しむ事よりも誰かといるほうが楽しい事を知っていて、そういう風に出来る自分を想像して未来を踊っているのではないのでしょうか。

 

星野源「Week End」Aメロ歌詞の意味

花が色づく頃は
心も浮ついて
誰かに声をかけて
無茶な口説き方して

引用:星野源「Week End」歌詞

 

花が色づく頃というのは自分の心が開けてきた事を表しているのではないのでしょうか。

自分の世界に閉じこもっていたので心が少し浮ついているのだと思います。

 

誰かに声をかける事がきっと楽しく感じてしまい無茶な口説き方になっているのでは

ないのでしょうか。

 

星野源「Week End」Bメロ歌詞の意味

今を踊るすべての人に捧ぐ
俯いた貴方の 腕を掴み 音に乗って

引用:星野源「Week End」歌詞

 

これは自分以外の変わりたい人へのメッセージなのではと思います。

下を向いていないで前を向こうよ

楽しい音に身をゆだねてみようと言われてる気がします。

 

星野源「Week End」サビ歌詞の意味

夢から目が覚めたら君を連れて
未来を今踊る
週末の街角朝まで
身体を交わそう

引用:星野源「Week End」歌詞

 

こちらは、最初のサビと歌詞が同じですね。

繰り返すことで、「強い意志」を感じます。

 

自分は変わるんだという思いが伝わってきますね。

星野源「Week End」2番Aメロ歌詞の意味

木の葉色づく頃は
心に穴が開いて
指の先少し冷えて
貴方の温度探す

引用:星野源「Week End」歌詞

 

自分が変わっていく為、時には虚しさを感じてしまう時がある事を表しているのではと思います。

木の葉が色づくというのは季節にすれば秋ですかね?

寒さを表現する事で孤独感を感じられる部分です。

 

そしてやはり一人では生きていけないといった事を認識したのでしょう。

貴方の温度探す誰かといたい自分に気づいた。

という意味なのだと思います。

 

星野源「Week End」2番Bメロ歌詞の意味

今を生きるすべての人に捧ぐ
俯いた貴方と靴を鳴らし昔を飛べ

引用:星野源「Week End」歌詞

 

今も孤独でいる人たちに対しての言葉なのだと思います。

 

昔を飛べというのは「閉じこもっていた過去を吹き飛ばせ」という意味なのではないでしょうか。

星野源「Week End」2番サビ 歌詞の意味

夢から目が覚めたら君を連れて
未来を今踊る
週末の街角朝まで
言葉を交わそう

引用:星野源「Week End」歌詞

 

変わった自分を誰かに伝えたいという想いと、変われた自分自身に問いかけているのではないかと思います。

 

最後に「言葉を交わそう」という歌詞がありますね。

きっと、心を開いた事で楽しくなった喜びを伝えたいのではないのでしょうか。

星野源「Week End」Bメロ② 歌詞の意味

今を踊るすべての人に捧ぐ
君だけのダンスを世間のフロアに出て叫べ

引用:星野源「Week End」歌詞

 

今を踊る=今を生きる

 

君だけの楽しみ方や考え方を主張して行こう。

その方が楽しく生きていけるよと伝えたいのだと思います。

星野源「Week End」ラスサビ 歌詞の意味

夢から目が覚めたら君を連れて
未来を今踊る
週末の街角朝まで夜を抱いて

さよなら
目が覚めたらすべて連れて
未来を今変える
週末の街角朝まで
電波を世間を未来を踊ろう

引用:星野源「Week End」歌詞

 

朝まで夜を抱いてというのは、今までの自分を受け入れながらという事なのだと思います。

心を閉じている事を否定したいわけではなく、

週末ぐらい自分の思ったとおりにやってみればいいじゃないか

と包み込むような優しさを感じます。

 

そして自分が閉じこもってしまった理由である周りの環境(電波を世間を)を恨むことなく、それすらも楽しみに変えてしまおうよ、といった思いを感じます。

 

すべて連れてというのは自分のしがらみをさしているのだと思います。

星野源「Week End」歌詞の意味を考察 まとめ

星野源・WEEK END・歌詞・意味

引用:https://realsound.jp/2018/04/post-178439.html

「WeekEnd」は、週末という休みに「自分を解き放ってみよう」といった想いが込められている曲だと思いました。

 

『一人でいるよりも誰かといるほうが楽しく過ごせるよ』

『変わる事は時には苦しいけど、それでも自分らしくいようよ』

とそんな事を言われてるような気がします。

 

そして、それをわかってくれる人が、そばにいればなおさらですね。

 

以上が「Week End」の考察となります。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

コメントを残す