あいみょん「さよならの今日に」歌詞の意味を解釈【ニュースを自分ごとにとは?】

あいみょん「さよならの今日に」歌詞の意味は?

あいみょん「さよならの今日に」/2番A・Bメロ

傷だらけの空が やけに沁みてく今日
鈍くなった足で 河川敷をなぞり歩く

引用:「さよならの今日に」作詞作曲/あいみょん

心の状態によって、”空”は見え方が変化します。

恋をしてる時に見る空は何だか切なく見えますし、幸せだったり楽しいことがあった日に見上げる空は爽快で青々と見えたりします。

 

あいみょん「さよならの今日に」歌詞の意味は?

 

でも、彼の空は傷だらけ。きっと彼自身の心のことを表現しているのでしょう。

やはり主人公の彼はものすごく心に傷を抱えている気がしますね。

 

足取りも重く、河川敷の道に沿って無意識に歩いている情景が浮かびます。

涙が出ることはわかる
気持ちが戻らないのも知ってる
それなら やめてしまいたいけれど

引用:「さよならの今日に」作詞作曲/あいみょん

涙が出るほど心が傷つき、病んでいるのが分かります。

そして、その心も気持ちも、到底すぐには戻らないことも

 

ここで「やめてしまいたい」という言葉が出てきましたが、私はこの時点で、ある確信が生まれました。

きっと彼はこれから、人生を辞めようとしていたのではないでしょうか?

全てを失った彼が望むものとは…?/2番サビ

残された何かで 今が変わるなら
「もう一度」だなんて そんな情けは
言わないでおくけどな

それでもどこかで今も
望んでいることがある
伝説のプロボクサー”謎に満ちたあいつ”は
明日をどう乗り越えたかな

引用:「さよならの今日に」作詞作曲/あいみょん

「残された何か」が意味するのは、何もない状態のこと。

きっと彼はもう全てを失ってしまったのでしょう。

 

そして、もう一度と奮起する気持ちも起きないほど、打ちのめされた状態が想像できます。

 

それでも望んでいること…。それは一体何を意味するのでしょうか?

もし彼が今から人生を辞めようと考えているのであれば、残された人への望みでしょうか。

謎は深まります….。

 

ちなみに、ここで出てくる「謎に満ちた伝説のプロボクサー」は調べてみましたが、明確な答えは出ませんでした。

個人的には悪魔王子と呼ばれた「ナジーム・ハメド」ではないかと思いますが…。

 

きっと主人公にとって尊敬する何かの象徴なのかもしれません。

ここでも他者の視点になって何かを思いとどまっている気がします。

思いつめた心が行き着く先….。/Cメロ

吹く風に任せ 目を閉じて踊れ
甘いカクテル色の空を仰げ
そんな声が聞こえる

切り捨てた何かを 拾い集めても
もう二度と戻ることは無いと
解っているのにな

引用:「さよならの今日に」作詞作曲/あいみょん

「そんな声」はきっと彼自身の中から沸き起こる声。

ここではいろんな思いが錯綜した結果、彼の頭の中が少し吹っ切れたような印象を受けます。

 

甘いカクテルの特徴のように、何色とも言えない色に染まった空。

断定的でない表現が美しいです。

あいみょん「さよならの今日に」歌詞の意味は?

そしてもう一度「過ぎた時間は戻らない」という現実を突きつけつつも、希望を感じさせる歌詞になっています。

「頑張ろう、希望に向かって!」なんて直接的に言われるより、弱者への共感がある方が、心にすっと入ってきますよね。

 

そして、どんなに極限に追い込まれても、他人の視点に立って考えることで、少しの希望を見出そうというメッセージが込められている気もします。

 

このあと、この主人公はどんな答えを出したのか?

終わらせることを、思いとどまってくれたのか….?

 

想像が膨らみますね。

あいみょん「さよならの今日に」は”心の迷い”に寄り添う曲。

終わってしまった今日が、もう一度繰り返されるニュースに、あなたは何を想うのか?。

日々、凄まじい勢いで通り過ぎていく現実に、なかなか気持ちは追いついていかないですよね。

 

そんな、今に不安を抱えている人、未来に希望が持てない人、過去に後悔を抱えている人に寄り添う歌詞になっていると思います。

きっとそれは悲惨な事件の被害者でも、加害者でも言えることで、情報の先には「生きた人間」がいるということ。

日々流れるニュースの先に、そんな思いを馳せながら聴いて欲しい曲ですね。

 

以下、あいみょん コメントです。

あいみょんのコメント

「さよならの今日に」という楽曲をnews zeroのテーマソングとして書き下ろしさせて頂きました。

日々切り捨て切り取られ生きていく中で、もう戻れない昨日や気持ちがある事は解っているけれど、それでも求めてしまうものがある。

あの日あの時あの場所にいたあの人は、いったい明日をどう生きたんだろうか。
あの人なら、明日をどう乗り越えるのか。

自分の身の回りで巻き起こる出来事、自分の中にある過去への執着や後悔、そして希望に、簡単にさようならができない。

でもこれは、私の話であって、1日の終わり、”さよならの今日に”この楽曲に出会った人、そうじゃない人も、それぞれが沢山の捉え方で自分のものにしてもらえると幸いです。

引用:日テレ公式サイト

↑もう、ここであいみょん 自身が全てを語っていますね、(笑)

このコメントが全ての答えです。

あいみょん「さよならの今日に」歌詞の意味は? まとめ

決して他人事ではない。日々のニュースを”じぶんごと”として、売け止め、考えることができたら、この世の中はもっと素晴らしい世界になっていくのではないでしょうか。

 

この曲を通して「自分は何を想うべきか」。

日常のヒントにしていきたいと思います。

 

以上、あいみょんの「さよならの今日に」の歌詞考察でした。

少しでも興味を持っていただけたらコメントお待ちしています。

1 2

コメントを残す