Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

BUMP OF CHICKEN「GO」歌詞の意味を解釈!誰への応援歌?

今回はBUMP OF CHICKENの「GO」の歌詞意味を解釈&考察していきたいと思います!

「GO」というタイトルに包まれたこの歌。

一体どんなメッセージを含んでいるのでしょうか?

宇宙も連想させられる歌詞が素敵ですので、是非注目してみてください!

歩くのが下手って気付いた
ぶつかってばかり傷だらけ
どこに行くべきかも曖昧
でこぼこ丸い地球の上
叱られてばかりだったから
俯いたままで固まった
遠くで響くトランペット
固まったままで聴いていた

途方に暮れて立ち止まって
泣いたら出来た水たまり
映した無数の煌き
懐かしい声で囁くよ

心が宝石を生む度に
高く浮かべて名前付けた
忘れられてもずっと光る
星空は君が作ったもの
体は必死で支えている
どこであろうとただついていく
強くなくたって笑いたい
涙を拭った勇気の手

皆が走って先急ぐ
サーカスが来たってはしゃいでいる
なんとなく僕も走りたい
チケットも持っていないのに
叱られるって思い込む
何か願った それだけで
ぶつかってばかり傷だらけ
だけど走った地球の上

どうしたくてこうしたのか
理由を探すくせがある
人に説明出来るような
言葉に直ってたまるかよ

とても素晴らしい日になるよ
怖がりながらも選んだ未来
君の行きたい場所を目指す
太陽は今日のためにあった
体は本気で応えている
擦りむく程度はもう慣れっこ
喜んでいいものなのかな
一生今日が続いて欲しい

誰かが誰かを呼んだ声
知らない同士 人の群れ
辺りは期待で溢れた
僕だって急いで走った
何かが変わったわけじゃない
何かが解ったわけじゃない
ゴールに僕の椅子はない
それでも急いで走った
思いをひとりにしないように

とても素晴らしい日になるよ
選ばれなくても選んだ未来
ここまで繋いだ足跡が
後ろから声を揃えて歌う
心が宝石を生む度に
高く浮かべて名前付けた
強くなくたって面白い
涙と笑った最初の日

何かが変わったわけじゃない
何かが解ったわけじゃない
でこぼこ丸い地球の上

誰かが誰かを呼んだ声
知らない同士 人の群れ
でこぼこ丸い地球の上

引用:「GO」作詞作曲/Motoo Fujiwara 

BUMP OF CHICKEN「GO」はどんな曲?

GO」はBUMP OF CHICKENの通算8枚目のアルバム『Butterflies』の一曲目に収録されています。

 

『Butterflies』は2016年2月10日にリリースされた後、オリコンチャート1位などといった素晴らしい成績を残しています。

出典元:http://www.bumpofchicken.com/music/?p=album&n=14c

さらにこの「GO」という楽曲は、スマホRPG「グランブルーファンタジー」のCMソング、TVアニメ「GRANBLUE FANTASY The Animation」の主題歌としても起用されました。

「とても素晴らしい日になるよ」という歌詞、きっと皆さんも聞き覚えがありますよね!

BUMPファンの中でも人気のある曲みたいです!

印象的なイントロはアルバムの一曲目にぴったりですよね!!

BUMP OF CHICKEN「GO」歌詞の意味は?

それではBUMP OF CHICKENGO」の歌詞意味考察していきます

アコースティックギターも加わった爽やかなサウンドに乗せられた歌詞はどんな内容でしょうか?

「GO」Aメロ・歌詞の意味は?

歩くのが下手って気付いた
ぶつかってばかり傷だらけ
どこに行くべきかも曖昧
でこぼこ丸い地球の上

引用:「GO」作詞作曲/Motoo Fujiwara 

生きていく難しさを表した歌詞でこの曲は始まっています。

うまくいかないことだらけの人生。

行く宛てさえもはっきりしていません。

それでも人はこの地球の上で生きていかなければなりません。

叱られてばかりだったから
俯いたままで固まった
遠くで響くトランペット
固まったままで聴いていた

引用:「GO」作詞作曲/Motoo Fujiwara 

叱られてばかりで落ち込む主人公。

そのたびに立ち止まって固まってしまいます。

しかし遠くからはトランペットの音が聞こえます。

このトランペットは希望を表しているのではないでしょうか。

 

「GO」Bメロ・詞の意味は?

途方に暮れて立ち止まって
泣いたら出来た水たまり
映した無数の煌き
懐かしい声で囁くよ

引用:「GO」作詞作曲/Motoo Fujiwara 

俯いたまま流した涙はそのまま真下に落ちて、いつの間にか水たまりができてしまいます。

それだけ泣いたってことですよね。

 

しかし涙でできたその水たまりは光り輝きます

聞こえる声の主は一体…?

「GO」サビ・歌詞の意味は?

心が宝石を生む度に
高く浮かべて名前付けた
忘れられてもずっと光る
星空は君が作ったもの

体は必死で支えている
どこであろうとただついていく
強くなくたって笑いたい
涙を拭った勇気の手

引用:「GO」作詞作曲/Motoo Fujiwara 

心が生む宝石」とは一体なんでしょうか…?

思い出感情など、心に宿された何かが光るという意味でしょうか。

そしてその一つ一つが空に輝いて星空を作ります

 

どんなに落ち込んでも体だけは前へと進む力を持っています。

「強くなくたって笑いたい 涙を拭った勇気の手」という歌詞が主人公の力強さを描いていますね。

皆が走って先急ぐ
サーカスが来たってはしゃいでいる
なんとなく僕も走りたい
チケットも持っていないのに

叱られるって思い込む
何か願った それだけで
ぶつかってばかり傷だらけ
だけど走った地球の上

引用:「GO」作詞作曲/Motoo Fujiwara 

サーカスが来たと走るみんなと一緒に主人公も走ります。

サーカスを観るチケットなんて持っていないのに。

それでも走り向かいます。

 

欲を持っただけで叱られる、とさえ思ってしまう主人公。

しかし傷つきながらも走り続けます

「GO」Bメロ②・歌詞の意味は?

どうしたくてこうしたのか
理由を探すくせがある
人に説明出来るような
言葉に直ってたまるかよ

引用:「GO」作詞作曲/Motoo Fujiwara 

なんで自分は今これをやっているんだろう?

なんの意味があるんだろう?

そんな風に自分のやっていることに理由を探そうとしてしまうことってありますよね!

 

でも本当は理由なんてなくて、本能動いていることがほとんど。

誰かに言葉で説明できるようなものではありません。

「GO」2番サビ・歌詞の意味は?

とても素晴らしい日になるよ
怖がりながらも選んだ未来
君の行きたい場所を目指す
太陽は今日のためにあった

体は本気で応えている
擦りむく程度はもう慣れっこ
喜んでいいものなのかな
一生今日が続いて欲しい

引用:「GO」作詞作曲/Motoo Fujiwara 

ただ進みたい一心で走れば、「とても素晴らしい日」になるはず。

失敗することの怖さにおびえながらも向かう未来には、太陽という目指す先があります。

 

進みたいという欲望に対して体は精一杯応えてくれます。

その過程でできた擦り傷の痛みなんて、もう慣れてしまっています。

 

「一生今日が続いて欲しい」というのは、進み続けたいという欲望の表れではないでしょうか?

「GO」Cメロ・歌詞の意味は?

誰かが誰かを呼んだ声
知らない同士 人の群れ
辺りは期待で溢れた
僕だって急いで走った

何かが変わったわけじゃない
何かが解ったわけじゃない
ゴールに僕の椅子はない
それでも急いで走った

思いをひとりにしないように

引用:「GO」作詞作曲/Motoo Fujiwara 

サーカスの様子でしょうか?

群れる人々は大きな期待を胸に抱き、やって来るサーカスに向かって走ります。

主人公もその群れに混ざって走っています。

 

何か自分が変わったわけでも、何かを理解したわけでもない。

向かう先に目指すものがあるかもわからない。

それでも走り続けます。

 

感情や欲望に従って走り続ける姿、かっこいいですよね!

「GO」ラスサビ・歌詞の意味は?

とても素晴らしい日になるよ
選ばれなくても選んだ未来
ここまで繋いだ足跡が
後ろから声を揃えて歌う

心が宝石を生む度に
高く浮かべて名前付けた
強くなくたって面白い
涙と笑った最初の日

引用:「GO」作詞作曲/Motoo Fujiwara 

ここまで繋いだ足跡が 後ろから声を揃えて歌う

この歌詞、すごく素敵ですよね~!

今まで自分が歩んできたその足跡が、これから進む自分の背中を押してくれるようです!

 

「強くなくたって面白い」という部分は、BUMPらしい歌詞だなと思いました。

強さなんか気にせずに、自分が今やっていて楽しいと思うことをやるべきだと歌ってくれているようです。

 

初めて笑えた日を、今まで流した涙と笑った最初の日、と表現しているのも素敵です。

何かが変わったわけじゃない
何かが解ったわけじゃない
でこぼこ丸い地球の上

誰かが誰かを呼んだ声
知らない同士 人の群れ
でこぼこ丸い地球の上

引用:「GO」作詞作曲/Motoo Fujiwara 

この歌では「でこぼこ丸い地球の上」という歌詞が繰り返されています。

宇宙から見たらまんまるに見える地球。

 

しかし実際に地球で生きていくその道は平らではありません。

生きていくのは簡単ではありませんからね。

 

その上で走り続ける強さが歌われています。

BUMP OF CHICKEN「GO」歌詞の意味は? まとめ

いかがでしたか?

「GO」というタイトルにもあるように、走り続ける人への応援歌のような一曲でした。

今までの軌跡がこの先を走る活力になっている。

そんな力強いメッセージを感じることができましたよね。

 

以上、BUMP OF CHICKEN「GO」の歌詞考察でした!!

コメントを残す