Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ONE OK ROCK「In the Stars」歌詞(和訳)の意味を解釈!映画【フォルトゥナの瞳】主題歌

ONE OK ROCK『In the Stars』はアルバム『Eye of the Storm』に収録された楽曲です。

映画『フォルトゥナの瞳』の主題歌として起用されています。

今回はそんな『In the Stars』の歌詞意味を和訳も合わせて見ていきましょう!

Sick and tired of waiting
So we learned to fly
What a wild ride
Brave enough to make it
And we’re here to stay
Yeah we found a way
進むべき道のその向こうに
We can make a new world where nobody knows
いつか夢に見たあの場所を

We’re all the way up up up
We’ll never look down down down
Breaking the ceiling ‘cause I believe the world is ours
We’re all the way up up up
We’ll never look down down down
I got a feeling that it was written in the stars

Written in the stars

I wasn’t born to follow
So I took the lead
I didn’t lose the dream
Forget about tomorrow
Bring it on tonight
The sky’s burning bright

We’re all the way up up up
We’ll never look down down down
Breaking the ceiling ‘cause I believe the world is ours
We’re all the way up up up
We’ll never look down down down
I got a feeling that it was written in the stars

Written in the stars

If you ever get stuck with no where to run
When you’re covered in clouds,I’ll show you the sun
Our time to shine, we’ve just begun

We’re all the way up up up
これ以上はもうないくらい
Breaking the ceiling ‘cause I believe the world is ours
We’re all the way up up up
届かないくらい fly high
I got a feeling that it was written in the stars

That it was written in the stars

引用「In the Stars」作詞/taka

ONE OK ROCK「In the Stars」とは?

 

ワンオク『In the Stars』は2月に発売されたアルバム『Eye of the Storm』に収録されている楽曲です。

映画『フォルトゥナの瞳』の主題歌として起用されています。

タイトルのIn the Stars』とは「運命」や「星回り」といった意味を持っています。

映画「フォルトゥナの瞳」とは?

神木隆之介さん、有村架純さん主演の『フォルトゥナの瞳』。

タイトルの「フォルトゥナ」とはローマ神話に登場する運命の女神のことで、神木さん演じる慎一郎は死が近い人が透けて見える特殊な能力「フォルトゥナの瞳」を持ちます。

 

ある日、慎一郎の恋人である葵や街行く人々が透けて見え、彼らの死期が近いことを知ります。

慎一郎は自ら危険を冒しながらも、運命を変えようとするというストーリーです。

映画と主題歌どちらも「運命」がテーマとなっていて、楽曲の歌詞の内容もリンクしているところがありそうですね。

オススメフルCover

↑原曲ではありませんが、ものすごく良いのいで、オススメです。

『In the Stars』は残念ながら公式のビデオはないのですが、こちらのカバーは原曲の雰囲気そのままでとても素敵なのでぜひご覧ください。

ONE OK ROCK「In the Stars」歌詞(和訳)の意味は?

ではさっそく『In the Stars』の歌詞を見ていきましょう。

ワンオクはどんな運命を歌っているのでしょうか。

「In the Stars」歌詞(和訳)の意味は?

Sick and tired of waiting
(待つことにはもう疲れて)
So we learned to fly
(だから飛ぶことを覚えたんだ)
What a wild ride
(なんてわくわくする旅だろう)

Brave enough to make it
(やり遂げられるほど勇敢で)
And we’re here to stay
(僕らはここにいる)
Yeah we found a way
(一つの道を見つけたんだ)

引用:「In the Stars」作詞作曲/taka

今までは自分から動かず、ただ流されるまま、状況が変わるのを待っていました。

しかし今はもう自分の力で進むことを学びました。

 

自分の足で歩むのはときに厳しく、いばらの道かもしれませんが、きっと素晴らしいものでしょう。

自分の進むべき道を見つけた僕らは、とても勇敢で、怖がることは何もありません。

「In the Stars」Bメロ・歌詞(和訳)の意味は?

進むべき道のその向こうに
We can make a new world where nobody knows
(僕らは誰も知らない新しい世界を作れる)
いつか夢に見たあの場所を

引用:「In the Stars」作詞作曲/taka

自分の力で新しい道を開けば、その道の先には誰も見たことがない新しい世界を作れるはずです。

夢を現実にするときです。

「In the Stars」サビ・歌詞(和訳)の意味は?

We’re all the way up up up
(僕らは上へと向かっている)
We’ll never look down down down
(決して下は見ないよ)
Breaking the ceiling ‘cause I believe the world is ours
(限界を超えるんだ、世界は僕らのものだと信じているから)

We’re all the way up up up
(僕らは上へと向かっている)
We’ll never look down down down
(決して下は見ないよ)
I got a feeling that it was written in the stars
(これは運命だって感じたんだ)

Written in the stars
(運命だって)

引用:「In the Stars」作詞作曲/taka

僕らの進む道はひたすらに上へと向かっています。

どんなに怖くても不安があっても下を向くことはありません。

頭打ちだと思っていてもそこには限界はなく、どこまででも高みを目指しています。

 

なぜならそうすることが運命だと確信しているからです。

歌詞の中の「written in the stars」は「星回りによって書かれた」つまり「運命によって定められた」というフレーズです。

「In the Stars」2番Aメロ・歌詞(和訳)の意味は?

I wasn’t born to follow
(従うために生まれたわけじゃない)
So I took the lead
(だから自分で導くんだ)
I didn’t lose the dream
(夢を失ったわけじゃないよ)

Forget about tomorrow
(明日のことは忘れて)
Bring it on tonight
(今夜始めよう)
The sky’s burning bright
(空は光輝いている)

引用:「In the Stars」作詞作曲/taka

何かに従って生きているわけではありません。

自分の意志を持って進んでいます。

 

でもだからといって夢を見るのを忘れたわけでもありません。

今日叶えられることは今夜のうちに取り掛かろうと思うのです。

 

明日がいつも約束されているわけではないのですから。

光輝く空が僕たちの背中を押しているようです。

 

2番のサビは一番の繰り返しなので割愛します。

「In the Stars」C(B)メロ・歌詞(和訳)の意味は?

If you ever get stuck with no where to run
(どこにも逃げ場がないほど行きづまったときも)
When you’re covered in clouds, I’ll show you the sun
(厚い雲に覆われたときも、君に太陽を見せてあげよう)
Our time to shine, we’ve just begun
(輝くときだよ、僕らは始まったばかりなんだ)

引用:「In the Stars」作詞作曲/taka

どこにも行き場所がないほど行き詰っても、厚い雲に覆われて上が見えなくなってしまっても、僕なら、その先の輝く未来を君に見せることができます。

どんな困難に出会っても、僕らの道はまだ始まったばかりです。

夜空に輝く星たちのように、君は輝く術を知っています。

ここでは太陽など、空に関する言葉が多く出てきます。

自分たちのことを夜空に輝く星に例えて、自分で自分を導くことを表しているようです。

「In the Stars」ラスサビ・歌詞(和訳)の意味は?

We’re all the way up up up
(僕らは上へと向かっている)
これ以上はもうないくらい
Breaking the ceiling, ‘cause I believe the world is ours
(限界を超えるんだ、世界は僕らのものだと信じているから)

We’re all the way up up up
(僕らは上へと向かっている)
届かないくらいfly high
(高く飛ぶ)
I got a feeling that it was written in the stars
(これは運命だって感じたんだ)
That it was written in the stars
(これは運命なんだって)

Written in the stars?
(運命なんだ)

引用:「In the Stars」作詞作曲/taka

これ以上ないくらい僕らは上へと飛びたつことができます。

この世界は僕らのもの

だから僕らの限界は他の何にも決められることはありません。

 

僕らが高みを極めること、それはもう決まっていたこと、運命づけられていたことなのです。

ONE OK ROCK「In the Stars」歌詞(和訳)の意味は? まとめ

僕たちは、自分の道を開く力もその道を自分の足で歩む勇気も持っています。

どれだけ高く昇っていっても、そこに限界はありません。

運命に定められたように、僕たちはどこまでも高みに上っていくのです。

どんなに苦しい状況に陥って諦めそうになったとしても、この道を進むことが運命づけられているのだとしたら、きっと希望の光が差すはずです。

「written in the stars」とあるように、運命はによって定められます。

歌詞の中で自分たちを星に例えているように、僕たちの運命は星、つまり僕たち自身が決めます。

運命は「従うもの」ではなく「自ら切り開くもの」なのです。

主人公の慎一郎が決められた運命を変えようとするストーリー、『フォルトゥナの瞳』にぴったりですね!

ONE OK ROCK ・We are?歌詞・意味ONE OK ROCK/人気曲ランキングTOP20!最新2019オススメ曲は? ONE OK ROCK「Wasted Nights」歌詞(和訳)の意味・解釈と読み方は?映画【キングダム】主題歌 ONE OK ROCK「Heartache」歌詞(和訳)の意味を解釈!タイトルの読み方は?映画”るろうに剣心”伝説の最期編 主題歌

コメントを残す