Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

米津玄師「ピースサイン」歌詞の意味は?子供の頃の自分と対話して作った楽曲。

米津玄師・ピースサイン・歌詞・意味

今回取り上げるのは、米津玄師さんの人気曲「ピースサイン」!

アップビートのメロディと背中を押してくれる歌詞が特徴のこの曲。

お気に入りの方も多いのではないでしょうか?

 

ぜひこの記事を読んで、歌詞意味注目してもう一度聞いてみてくださいね!

la pomme(ライター)

さらに!

YouTubeでは、「ピースサイン」リリース時のラジオゲストコメントも見つけました!

まだ聞いたことがないという方は是非ご視聴ください!

米津玄師「ピースサイン」はどんな曲?

米津玄師『ピースサイン(ヒーロー盤)』初回盤はこちら>>

 

ピースサイン」は2017年6月21日に発売された、米津玄師さんのメジャー7枚目のシングル楽曲。

速いビートにキレの良いエレキギターのサウンドが乗ったメロディラインが印象的ですよね。

 

7月3日付のオリコン週間ランキングではCD5.9万枚を売上げ2位にランクイン。

iTunesチャートでは配信開始から7日間連続で1位を獲得し、数々の音楽配信でも首位を総なめ。

YouTubeのMVは公開開始から1週間で500万再生を達成しています。

 

といったように、数えきれないほどの好成績を残しています!

なんとMVの再生回数は現在1億回を突破しています!

 

おそるべし、米津玄師…。Σ(゚д゚lll)

ありのままの飾らない姿で歌っているこのMV、すごくかっこいいですよね!

の才能も活かしてペインティングする姿も素敵です!

 

さらに、この楽曲は読売テレビ系列のアニメ「僕のヒーローアカデミア」のオープニングテーマとしても起用されています!

 

アニメとのコラボMVもとっても素敵ですよ!ぜひ観てみてください!

実はこの楽曲、子供の頃に見ていたアニメの影響を受けているとか!

次のように本人がコメントしています。

米津玄師コメント

「デジモンアドベンチャー」という、自分たちの世代にとって金字塔的なアニメがあって。

今25、26歳のヤツと話していると、必ずと言っていいほど「観てたよね?」って話題になるくらいの力を持った作品なんですけど、その最初のオープニングテーマだった和田光司さんの「Butter-Fly」という曲が本当に名曲なんです。(…)

今回「僕のヒーローアカデミア」を担当することになったときも「『Butter-Fly』くらいのパワーを持った曲を作らなくちゃいけない」という思いがあって。

 

「Butter-Fly」は王道のロックで、すごくエモーショナルな曲なんです。俺の中でアニソンと言えばその曲だし、「ヒロアカ」の主題歌に関してもある程度はそれを踏襲しようと。

と言うか、その曲からは逃げられないと思ったんですよね。

人間は子供のころに見聞きしたものに頼りながら生きていくという話もあるし、実際、子供の頃に好きだったもの、嫌いだったものは、その先の人生にずっと残ってるじゃないですか。

自分と「Butter-Fly」は深く結び付いているし、音楽を作っている人間として、そこから離れることはできないんで。それは全然ネガティブではなくて、ポジティブな意味なんですけどね。

引用:https://natalie.mu/music/pp/yonezukenshi10

確かに、「ピースサイン」は王道のアニメソング!といったようなロックテイストの楽曲ですよね。

 

まさか「デジモン」の「Butter-Fly」に影響を受けていたとはびっくり!!

「ピースサイン」も負けず劣らず印象的なアニソンです!

「ピースサイン」は、子供の頃の自分と対話して出来た曲?

米津玄師・ピースサイン・歌詞・意味

そんな疾走感溢れるこの楽曲は、米津さんが子供の頃の自身と対話しながら制作した楽曲だそうです。

 

米津玄師コメント

「ピースサイン」は子供の頃の自分と対話しながら作ったんですよ。いろんなアニメを楽しみに観ていた自分に対して、26歳になった自分が「こういう曲ができたんですけど、どうですか?」って。

「小学生の自分はなんて言うだろう?」と考えながら作ってたんですよね。「26歳のお前はそれが好きなのかもしれないけど、12歳の俺は好きじゃない」って言われたり(笑)。

今の自分も小学生のときの自分も、結局はただひたすら自分でしかないんだけど、俺と同じようなことを考えている子供は、今の時代にもいっぱいいると思うんですよね。

時代は変わるし、社会も変わるけど、子供が感じることには普遍的な何かがあると思うし、「ピースサイン」はちゃんと今の子供に届く曲になったんじゃないかなと。

引用:https://natalie.mu/music/pp/yonezukenshi10

 

アニメソングを作るにあたって、アニメに憧れを強く抱いていた子供の頃の自分と対話しながら書く。

それってすごく大切なことですよね。

アニメをよく見ていたアーティストだからこそ作れる歌詞ですね。

 

今の子供たちにももちろん好かれる楽曲ですが、大人世代にとってもなんだか懐かしいような新しいような、そんな両方の気分にしてもらえるかっこいい楽曲ですよね!

 

とにかくかっこいい!

 

YouTubeにはラジオに出演されていた時の米津さんのトークが残っていました!

率直な想いを語られていますのでぜひ聞いてみてくださいね!

「米津玄師」ラジオゲストコメント↓

という訳で、前置きが少し長くなってしまいましたが、歌詞の内容の考察に入っていきたいと思います!

コメントを残す