欅坂46「サイレントマジョリティー」歌詞の意味が怖い?考察してみた。

欅坂46・サイレントマジョリティー・歌詞・意味・考察

数ある46グループの中でも、際立つクールさと激しいダンスで人気を集める「欅坂46」(けやき坂46)

suzume.t(ライター)

アイドルらしからぬ、どこか影のある印象も魅力の一つですね!

今回は、そんな欅坂46さんの楽曲「サイレントマジョリティー」の歌詞の意味について考察してみました。

欅坂46「サイレントマジョリティー」はどんな曲?

欅坂46のデビューシングルとしてリリースされた「サイレントマジョリティー」。

アルバム、「真っ白なものは汚したくなる」にも収録されています。

 

中でもMVはファンの中でかなりの衝撃もののようで、現在までの累計再生数は1億600万回にまで達しています。

 

撮影場所はなんと渋谷ヒカリエ周辺の工場とのこと!

さすが秋元康さんプロデュースですね。

力の入れようが伺えます。

 

earth music&ecologyなど人気ブランドの新品ファッションアイテムがレンタルできるサービス

mechakari(メチャカリ)」のタイアップに抜擢されたことでも話題を集めていましたね。

「サイレントマジョリティー」は怖い?

欅坂46・サイレントマジョリティー・歌詞・意味・考察

「サイレントマジョリティー」に怖い 印象を持つ方も多いようですね。

 

アイドルらしからぬ攻めた歌詞と、絶対的センターを軸に一糸乱れぬダンス。

そして、あの独裁者をイメージさせる軍服のような衣装は、ちょっと問題になったりもしました(^_^;)

 

逆にそれが印象的で良かった気もしますが、人によっては怖さを感じる部分でもあるようですね。

欅坂46「サイレントマジョリティー」歌詞の意味を考察!

刺激的な歌詞とダンスで大ヒットしたデビュー曲「サイレントマジョリティー

その歌詞には、どんな意味が込められているのでしょうか?

欅坂46「サイレントマジョリティー」Aメロ歌詞の意味は?

人が溢れた交差点を
どこへ行く?(押し流され)
似たような服を着て
似たような表情で…

引用:「サイレントマジョリティー」作詞/秋元康

このAメロ部分は、まさに日本の通勤時間帯の光景を浮かばせます。

情景を浮かべさせて世界観に引き込んでいきます。

 

人が溢れた交差点…

渋谷のスクランブル交差点を彷彿とさせます。

実際にMV撮影場所も渋谷近辺の工場らしく、意図された演出であることは間違いありませんね。

 

似たような服を着て…

学生、就活生、サラリーマン。

同じような制服やスーツを身にまとった人間たちが歩みを揃えている

 

似たような表情で…

この一文はどうしてもサラリーマンの朝の暗い表情を浮かべてしまいます。

群れの中に紛れるように
歩いてる(疑わずに)
誰かと違うことに
何をためらうのだろう?

引用:「サイレントマジョリティー」作詞/秋元康

誰かと同じであることの意義を少しも疑わず、同じような服装、表情で歩く人間たち。

「違うこと・・何がおかしいの?」

という、彼女たち(子供たち)の純粋な疑問を唱えています。

欅坂46「サイレントマジョリティー」Bメロ歌詞の意味は?

先行く人が振り返り
列を乱すなと
ルールを説くけど
その目は死んでいる

引用:「サイレントマジョリティー」作詞/秋元康

 

先行く人…ここの意味は人生の先を行く人、つまり彼女たちから見た大人や親という意味ではないでしょうか。

 

大人世代が自分たちの歩んできたレールの先から、子供たちを振り返り、このレールの上から逸れるな。

列を乱すなと説いている。

 

けれども彼等もそのルールの意味を知らない。

形だけのルールが先走り、疑いを持つ心を奪われ、ただ従い、周りと同じ生き方をすることを正とされてきた大人たち。

 

ルールに支配され、死んだ目をしている大人たち。

冷静に観察する子供たちがいます。

 

さらに、彼女たちの服装とダンスに注目してみると、制服のようであり、軍服のようなボタン配列、敬礼のポーズや行進のダンスが目に留まります。

 

大人に支配されそうになる子供たちを軍隊や独裁国家に紐づけた演出がされており、

日本の歴史、錯覚、軍意識を彷彿とさせられるこの歌詞と演出には恐怖まで覚えます。

欅坂46「サイレントマジョリティー」サビ 歌詞の意味は?

君は君らしく生きて行く自由があるんだ
大人たちに支配されるな
初めから そうあきらめてしまったら
僕らは何のために生まれたのか?

夢を見ることは時には孤独にもなるよ
誰もいない道を進むんだ
この世界は群れていても始まらない
Yesでいいのか?
サイレントマジョリティー

引用:「サイレントマジョリティー」作詞/秋元康

一見、誰かと違うことに恐れを抱かないでいいのだという勇気を与えてくれる歌詞に見えますが、真の意味は何でしょう。

 

MVで制服を着て力強く踊っている彼女たちを見ると、何やら教育、学校と関わりのある意味を持っているようにも見えます。

 

個性を無くし、みんなと同じであることを正としてきた日本の教育方針に、歴史に、疑問を唱えているような怖さまで覚えます。

欅坂46「サイレントマジョリティー」2番Aメロ歌詞の意味は?

どこかの国の大統領が
言っていた(曲解して)
声を上げない者たちは
賛成していると…

引用:「サイレントマジョリティー」作詞/秋元康

2番Aメロでは国家に関わる歌詞が含まれています。

 

群れ、流され、声を上げない者たちはいないものと同じだと扱われてしまう。

ある意味独裁のような現実を突きつけています。

 

やはり国家や政治、歴史への批判の意味が見え隠れします。

欅坂46「サイレントマジョリティー」2番Bメロ歌詞の意味は?

選べることが大事なんだ
人に任せるな
行動しなければ
Noと伝わらない

引用:「サイレントマジョリティー」作詞/秋元康

「選べる。人に任せるな。」

選挙のことでしょうか。

 

年問題になっている若年層の投票率の低さを意味しているように取れます。

 

選べない、人に任せる人間に育てたのは誰なんでしょう?

レールの上を歩かせたいと懇願したのはどの組織なのでしょう?

欅坂46「サイレントマジョリティー」2番サビ 歌詞の意味は?

君は君らしくやりたいことをやるだけさ
One of themに成り下がるな
ここにいる人の数だけ道はある
自分の夢の方に歩けばいい

見栄やプライドの鎖に繋がれたような
つまらない大人は置いて行け
さあ未来は君たちのためにある
No!と言いなよ!
サイレントマジョリティー

引用:「サイレントマジョリティー」作詞/秋元康

このサビではMVで、一味違う演出がされています。

欅坂46の平手友梨奈がひとりダンスを練習するシーンが複数回映されます。

欅坂46・サイレントマジョリティー・歌詞・意味・考察

「君は君らしくやりたいことをやるだけさ
One of themに成り下がるな」

ここでのthemとは誰を意味するのでしょう?

 

この歌詞とMVから推測するに、欅坂46のメンバーが主語に変化したようにも取れます。

 

「自分の夢の方に歩けばいい見栄やプライドに繋がれたような
つまらない大人は置いて行け」

 

見栄やプライドに繋がれた大人とは、誰のことでしょう。

主語がメンバーだとして、誰のことを言っているのでしょう。

 

親?家族?友達?業界の大人たち、、、?

彼女たちが歩んできた道は並大抵の道ではないと思います。

家族からの反対、友達からの否定、大人たちの理不尽や誘惑、プライド。

 

あらゆる黒い部分を見てきた彼女たちだけれど、自分の夢のために押しつぶして一人練習に励む。

そんな強さとこの曲の力強くも明るいサビの曲調が相反する部分でもあり、裏に隠している真意が見え隠れします。

欅坂46「サイレントマジョリティー」Cメロ 歌詞の意味は?

誰かの後ついて行けば
傷つかないけど
その群れが総意だと
ひとまとめにされる

引用:「サイレントマジョリティー」作詞/秋元康

曲調を変えたCメロでは、少し優しい調になります。

 

「誰かの後付いて行けば 傷つかないけれど」

敷かれたレールの上を歩く人たちの心の声を伝えています。

 

たしかに同じことをしていれば群れに隠れられる。

傷つかない。けれどもそれは、あなたのことを誰も見ていないことと同じです。

 

群れの総意だと、マジョリティーの総意だとまとめられてしまう。

それはつまり、声(意思)のないマジョリティー。

サイレントマジョリティーなのです。

欅坂46「サイレントマジョリティー」ラスサビ 歌詞の意味は?

私たちには自由がある。

支配しようとする、国、大人、教育、歴史、様々な思惑があるけれど、そんな事よりも自分は自分の人生を生きているんだ。

 

自分の人生は自分で切り開くものだから諦めないで!

最後はそんな風に、力強く励ましているように聞こえます。

欅坂46「サイレントマジョリティー」歌詞の意味を考察! まとめ

欅坂46・サイレントマジョリティー・歌詞・意味・考察

いかかでしたか?

一見、力強く、夢見る若者を励ます明るい曲のように聞こえる「サイレントマジョリティー」。

しかし歌詞を考察してみると、奥には本当の意思が隠されていることがわかりました。

 

国家、教育、労働、大人になるということ、、、。

まだ若い彼女たちだからこそ、あえて、より強く伝えられることがあるようにおもいます。

 

群れの中で息を潜め、レールの上を歩んで大人になったあかつきには、

自然と夢を諦め自分の人生を唯一無二のものにできないまま、死んだ目をした大人になってしまう・・。

そんな哀しい人間たちを救いたいという救済の歌なのかもしれません。

 

あなたの目は、どうでしょうか?

気づけばあなたも、サイレントマジョリティーの一片にはなっていませんか?

コメントを残す