星野源「時よ」歌詞の意味は?ダンサー&MVロケ地の駅も調べてみた。

星野源・時よ・歌詞・意味・CM

出典:https://spice.eplus.jp/articles/159705/images より引用

現在は、NHKの朝ドラ主題歌を担当するなど、日本の国民的なアーティストとなった星野源さん。

歌手活動ばかりではなく、役者としても活躍しており、日本に知らない人はいないんじゃないかと思うほどの人気となっています。

 

今回は、そんな星野源さんの数ある人気曲の中から「時よ」を取り上げ、歌詞意味を詳しく考察して行きたいと思います!

ちなみに、気になるダンサーさんの情報やロケ地に着いても調べてみましたので、併せてご覧下さい!

星野源「時よ」はどんな曲?

星野源・時よ・歌詞・意味・ダンサー・ロケ地・駅

出典:http://www.hoshinogen.com/ より引用

日本を代表する国民的アーティスト星野源

そんな彼の人気曲である、「時よ」はユーキャンのCMソングとして書き下ろされ、星野源自身も出演を果たしました。

そんなタイアップ曲である「時よ」ですが、意外にもシングルカットはされておらず、2015年12月2日にリリースされた星野源の4thアルバム「YELLOW DANCER」の一曲目に収録されました。

星野源・時よ・歌詞・意味・ダンサー・ロケ地・駅

⇒星野源「YELLOW DANCER」はこちら>>

このアルバムは、自身初のオリコン1位を獲得しており、彼が打ち出した新しいコンセプト、イエローミュージック」が日本国民に受け入れられた証拠とも言えます。

そもそも「イエローミュージック」とは、星野源が作り出した造語で、「ブラックミュージックのグルーヴと日本語による歌の融合」を意味しており、特に「YELLOW DANCER」はアルバムのタイトルに「イエロー」が入るほど、そのコンセプトを色濃く反映しています。

 

そのアルバムの一曲目ということで、星野源自身の想いもより強く込められているのではないでしょうか。

星野源「時よ」ダンサーは誰?

「時よ」のMVはアルバムの発売前に発表され、その内容や特徴的なダンスが話題となりました。

MVでは、車掌に扮した星野源と駅員に扮した女性が一緒に踊っており、特にこの女性に注目が集まっています。

彼女は仮面をつけており、その正体については、どのインタビューにおいても言及されていないため、「謎の女性は一体誰なのか?」という声が多く、また合わせてその太ももの美しさにも注目が集まっています。

 

彼女について星野源は、「事情があって本性は明かせない」としながらも、「ネットで話題になっている人ではないと話しています。

また、公開されているMVの後半では、「100点の太もも!」と称しています。

※アルバム宣伝映像の後半は本当に面白いです(笑)

「時よ」ロケ地の駅はどこ?

そして気になるのがこの『時よ』の撮影場所であるMVロケ地ですよね!

実はこの場所、「相模鉄道 湘南台駅」という地下鉄の駅。

横浜駅から相鉄本線快速(湘南台行き)の電車一本で行けます!

 

星野源ファンにとっては、押さえておきたいロケ地巡りスポットの一つですよねヽ(*´∀`)ノ

ちなみに、星野源さんのオールナイトニッポンでは、撮影時のエピソードについても語っています↓

なかなかのハードスケジュールで大変だったようですね(^_^;)

ちなみに、そのメイキングについては『Music Video Tour 2010-2017』に収録されていますので、気になる方はチェックしてみてください!

星野源・時よ・歌詞・意味・ダンサー・ロケ地・駅

⇒星野源「Music Video Tour 2010-2017」はこちら>>

という訳で、お待たせしましたm(_ _)m

ここからは歌詞の考察に入っていきたいと思います!

コメントを残す