Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

星野源「時よ」歌詞の意味を解釈!ダンサーは誰?MVロケ地の駅はどこ?

星野源・時よ・歌詞・意味・ロケ地・ダンサー

現在は、NHKの朝ドラ主題歌を担当するなど、日本の国民的なアーティストとなった星野源さん。

歌手活動ばかりではなく、役者としても活躍しており、日本に知らない人はいないんじゃないかと思うほどの人気となっています。

 

今回は、そんな星野源さんの数ある人気曲の中から「時よ」を取り上げ、歌詞意味を詳しく考察して行きたいと思います!

ちなみに、気になるダンサーさんの情報やロケ地に着いても調べてみましたので、併せてご覧下さい!

星野源「時よ」はどんな曲?

星野源・時よ・歌詞・意味・ダンサー・ロケ地・駅

出典:http://www.hoshinogen.com/ より引用

日本を代表する国民的アーティスト星野源

そんな彼の人気曲である、「時よ」はユーキャンのCMソングとして書き下ろされ、星野源自身も出演を果たしました。

そんなタイアップ曲である「時よ」ですが、意外にもシングルカットはされておらず、2015年12月2日にリリースされた星野源の4thアルバム「YELLOW DANCER」の一曲目に収録されました。

星野源・時よ・歌詞・意味・ダンサー・ロケ地・駅

⇒星野源「YELLOW DANCER」はこちら>>

このアルバムは、自身初のオリコン1位を獲得しており、彼が打ち出した新しいコンセプト、イエローミュージック」が日本国民に受け入れられた証拠とも言えます。

そもそも「イエローミュージック」とは、星野源が作り出した造語で、「ブラックミュージックのグルーヴと日本語による歌の融合」を意味しており、特に「YELLOW DANCER」はアルバムのタイトルに「イエロー」が入るほど、そのコンセプトを色濃く反映しています。

 

そのアルバムの一曲目ということで、星野源自身の想いもより強く込められているのではないでしょうか。

星野源「時よ」ダンサーは誰?

「時よ」のMVはアルバムの発売前に発表され、その内容や特徴的なダンスが話題となりました。

MVでは、車掌に扮した星野源と駅員に扮した女性が一緒に踊っており、特にこの女性に注目が集まっています。

彼女は仮面をつけており、その正体については、どのインタビューにおいても言及されていないため、「謎の女性は一体誰なのか?」という声が多く、また合わせてその太ももの美しさにも注目が集まっています。

 

彼女について星野源は、「事情があって本性は明かせない」としながらも、「ネットで話題になっている人ではないと話しています。

また、公開されているMVの後半では、「100点の太もも!」と称しています。

※アルバム宣伝映像の後半は本当に面白いです(笑)

「時よ」ロケ地の駅はどこ?

そして気になるのがこの『時よ』の撮影場所であるMVロケ地ですよね!

実はこの場所、「相模鉄道 湘南台駅」という地下鉄の駅。

横浜駅から相鉄本線快速(湘南台行き)の電車一本で行けます!

 

星野源ファンにとっては、押さえておきたいロケ地巡りスポットの一つですよねヽ(*´∀`)ノ

ちなみに、星野源さんのオールナイトニッポンでは、撮影時のエピソードについても語っています↓

なかなかのハードスケジュールで大変だったようですね(^_^;)

ちなみに、そのメイキングについては『Music Video Tour 2010-2017』に収録されていますので、気になる方はチェックしてみてください!

星野源・時よ・歌詞・意味・ダンサー・ロケ地・駅

⇒星野源「Music Video Tour 2010-2017」はこちら>>

という訳で、お待たせしましたm(_ _)m

ここからは歌詞の考察に入っていきたいと思います!

 

星野源「時よ」歌詞の意味を考察!

ここで、星野源の思いが詰まった曲「時よ」の歌詞の意味を考察して行きます。

「イエローミュージック」をコンセプトに掲げたアルバム「YELLOW DANCER」の一曲目である「時よ」。

この楽曲には、どんな想いが込められているのでしょうか。

星野源「時よ」歌詞の意味

動き出せ 針を回せ
次の君に繋がれ
時よ 僕ら乗せて
続いてく 意味もなく

引用:星野源「時よ」歌詞

 

こちらは、「時よ」のサビ部分になります。サビ始まりの曲となっており、アルバムの一曲目としては十分なインパクトを持った曲と言えるのではないでしょうか。

サビでは、「動き出せ」や「次の君に繋がれ」と歌ってることから、時が表す「未来」を歌っていると言えます。

 

時間というものは無常に流れて行くもので、その流れに置いていかれないためには、「動き出せ」というように自分を鼓舞し奮い立たせることが大切です。

星野源「時よ」Aメロ 歌詞の意味

結んで開く 朝顔の色
茜の空に帰る鳥の色
月も朝日も この顔の色
子供の心今も
ここに あるの

引用:星野源「時よ」歌詞

 

Aメロの最初は「結んで開く」という言葉で始まっており、これは有名な童謡「むすんでひらいて」の歌詞と似ています。

また、「子供の心今もここにあるの」と歌っていることから、Aメロでは、「子供時代」のことを歌っていると言えます。

 

ここで歌っている「子供の心」は主に「子供時代の夢」のことを言っており、現在も「子供時代の夢を抱いている」ということを表しているのではないでしょうか。

星野源「時よ」サビ 歌詞の意味

動き出せ 針を回せ
次の君に繋がれ
時よ 今を乗せて
続くよ 訳もなく
バイバイ 心からあふる想い
時よ 僕ら乗せて
続いてく 意味もなく

引用:星野源「時よ」歌詞

 

ここでは曲頭のサビに加えて、「続くよ 訳もなく」や「バイバイ 心からあふる想い」と言った言葉が歌われています。

「バイバイ 心からあふる想い」という歌詞からは、「時間の流れに置いていかれることで、諦めなければいけない想い」を読み取ることができます。

しかし、そんな現実を歌うことでいまの自分を鼓舞する大切さを歌っているのではないでしょうか。

星野源「時よ」2番Aメロ 歌詞の意味

結んで開く 赤子の声が
柵を手にしてそこに立ち上がり
その瞳から生まれた恋が
すべてを繋ぎ
今も ここに いるの

引用:星野源「時よ」歌詞

 

2番のAメロでも、1番Aメロと同様に子供の描写が見受けられます。

サビでは「バイバイ心からあふる想い」と歌うことで、「過去にとらわれない」ことや「諦めた想い」などを表していました。

しかし、子供時代さらには赤子の時からの想いが、そのような過去をも全て繋ぎ、そのどれもが大切だということを表現しています。

星野源「時よ」2番サビ 歌詞の意味

動き出せ 針を回せ
次の君に繋がれ
時よ 今を乗せて
続くよ 訳もなく
バイバイ 心から あふる想い
時よ 僕ら乗せて
続いてく 意味もなく

引用:星野源「時よ」歌詞

 

サビが繰り返され、時の無常さや未来に向けて進む強さが強調されています。

星野源「時よ」Cメロ 歌詞の意味

初めての春を
夜に鈴虫の歌を
夕立に濡れた君を
白い息に 日々を残して

引用:星野源「時よ」歌詞

 

Cメロでは、順に四季を表しており、時の流れを季節の流れに合わせて表現しています。

「初めての春」や「夕立に濡れた君」など過去の描写があることから、歩んできた過去を思い出し、そのどれもがいまに繋がっていることを表現していると言えます。

星野源「時よ」ラスサビ 歌詞の意味

動き出せ 針を回せ
次の君に繋がれ
時よ 今を乗せて
続くよ訳もなく
バイバイ 心から あふる想い
時よ 僕ら乗せて 速度上げる

引用:星野源「時よ」歌詞

 

ラスサビでは、「速度上げる」という歌詞が新たに加えられ、未来に向けて前向きに突き進んで行く力強さが表現されています。

走り出せ 汗を流せ
明日の朝に繋がれ
時よ 今を乗せて
続くよ訳もなく
バイバイ 心から あふる想い
時よ いつか降りる
その時には
バイバイ

引用:星野源「時よ」歌詞

 

「走り出せ 汗を流せ」で努力を表し、時の流れの中で未来に向かって努力し突き進んで行く様子、その大切さを歌っています。

「いつか降りる」という歌詞には、いつか訪れる「死」を連想させます。

 

死を歌うことによって、時の流れの無常さが強調されますが、それをも明るく歌い上げることで、「現実を受け止め、時の流れの中でがむしゃらに進んで行く」強い気持ちが読み取れます。

星野源「時よ」歌詞の意味は? まとめ

星野源・時よ・歌詞・意味・ダンサー・ロケ地・駅

 

イエローミュージックをコンセプトに掲げ、歌手活動だけでなく役者活動など幅広く活動している星野源さん。

アルバム「YELLOW DANCER」の一曲目「時よ」は、様々な思いを秘めた楽曲でした。

また、「時よ」という言葉は、聞きようによったら「東京」にも聞こえます。

これは、星野源自身が意識的に選んだものらしく、「ソウルやR&Bに傾倒しながらも、その中に日本人としての精神がしっかり刻まれるように」という思いが込められているそうです。

 

「東京」という街では、多くの人々がせわしなく動き回っており、「時よ」の歌詞のように訳もなく無常に過ぎ去って行くような印象があります。

そんな日々の中で努力し、やりたいことを貫いて行く前向きな姿勢が読み取れますね。

以上、星野源『時よ』の歌詞の意味についての考察でした。

コメントを残す