星野源「夢の外へ」歌詞の意味を考察!MVダンサーの正体やロケ地は?

星野源・夢の外へ・歌詞・意味

引用:http://www.1242.com/lf/articles/795/?cat=entertainment

歌手のみならず、俳優業やバラエティー番組などの主演もこなす星野源さん。

そんな彼の3rdシングル夢の外へ』の歌詞意味考察していきたいと思います!

 

MVの裏話(ダンサー正体)や隠された思いなども一緒にご覧ください!

星野源「夢の外へ」はどんな曲?

星野源・夢の外へ・歌詞・意味

 

『夢の外へ』は、2012年7月4日にリリースされた3rdシングル。

初動は2.6万枚と当時の星野源さん自身、最高の売り上げを記録した曲です。

初回限定盤には特典DVDも!

画像は拡大できます。

星野源・夢の外へ・歌詞・意味

↑販売店舗別の初回購入特典も!

レアものです。

初回限定盤はスリーブケース仕様で特典DVDがついており、DVDにはライブ映像やドキュメンタリーで構成された映像作品を収録。

監督はこれまでも星野作品の映像を手掛けてきた山岸聖太さんが行うなど、星野ワールドが全開の作品となっています。

 

またタイアップとして資生堂「ANESSA」のCMソング、テレビ新広島放送「行きたがリーノ」のテーマソングに起用されています。

 

 

MVは星野源さんともう1人の男性が楽しく踊る映像がメインの明るいものになっています!

場所を問わず、印象的なダンスをユニゾンして踊っているのを見るとこちらまで踊りたくなりますよね(笑)

 

このMVに関わらず、星野源さんのMVは見ている人もその世界観に没頭させるような、思わず体が勝手に動いちゃうような作品が多いのが魅力の1つだと思います。

 

今作もそんな作品になっています!

ご本人もインタビューで次のように語っています。

 

【星野 源 コメント】

見ると体を動かしたくてムズムズするようなMVにしたくて、
昔から大好きなダンサーの井手茂太さんに踊っていただきました。
今回はとある大切な友人の紹介で(笑)、
監督は山口保幸さんにお願いしました。素晴らしい現場でした。
初回盤に付いてくるDVDにメイキングも入ってますよ。
家の中、部屋の中、車の中、頭の中、画面の中、夢の中、
その他なにかしらの中から、
出ていけそうな気持ちになってもらえたら幸いです。

引用:星野源「夢の外へ」特設サイトより

「夢の外へ」PVで踊っているダンサーは誰なの?

星野源・夢の外へ・歌詞・意味

さて、気なるのはMVで星野源さんと踊っているあの男性

キレッキレな踊りに、なぜか星野源さんと背格好もどことなく似て…ないか(笑)

実はこの方井手茂太さんというかなり有名なダンサーであり、振付師の方なんです。

 

振り付けしたアーティストに、米米クラブ椎名林檎乃木坂46になんとアヴリル・ラヴィーンと錚々たるメンツ。(ゴクリ…)

星野源さんの大切なご友人の紹介でこの時からお付き合いが始まったようです。

「夢の外へ」PVロケ地巡りがファンの間で流行?

話変わり、この「夢の外へ」の発表後、ファンの間でMV撮影が行われた場所を巡る、「ロケ地めぐり」が流行っていたみたいです。

映像の途中にも出てきたあの階段や綺麗な建物、あの場所は実は「茨城県庁」らしいです!

 

すごく綺麗な場所ですよね!

実際にロケ地巡りをしてツイッターやインスタにアップしている方もいます↓

View this post on Instagram

… 『夢の外へ』ロケ地 茨城県庁へ本日、行ってきました ✩ ✩ 隣の県なんですよ〜😚 場所がわかれば行けるはずと 買い物がてら、ドライブ🚘💨💨 ✩ ✩ 5枚目はメイキングで休憩の合い間に🎸作曲してた場所… 4枚目のすぐ横でした また階段も4枚目の逆サイド側にあって… 2012年か〜もう5年経過してますが 1人でドキ💕がムネムネ💓で スマホ片手にずっとニマニマしてた…(笑) 踊れないけど…(笑)踊りたくなった😆👍 ✩ 雨がパラついてましたが、県庁のバラ🌹✨はとても綺麗でしたよ〜 ✩ #星野源 #星野源ファンと繋がりたい #星野源が好きすぎて胸が苦しい #musicvideotour #夢の外へロケ地巡り #茨城県庁 #井手茂太 #この行動力ダイエットで頑張りたい(笑) #聖太さんのダンスも好き #continues_tour

A post shared by しんげん (@shingen0128) on

星野源「夢の外へ」歌詞の意味を考察!

星野源・夢の外へ・歌詞・意味

ここまでこの楽曲についての背景も交えてお伝えしてきました。

ここからはこの歌詞の世界観に迫っていきます。

 

さて、通常であれば『夢』の中へは『入って』行きますが、この作品では『外へ』と言うように、夢から出ると言うタイトルで歌っています。

その意味とはなんなのでしょうか?

夢から飛び出した世界のお話なのか。

夢から覚めてしまった物語なのか。

見ていきましょう!

星野源「夢の外へ」サビ 歌詞の意味

夢の外へ連れてって
ただ笑う顔を見させて
この世は光 映してるだけ

引用:星野源「夢の外へ」歌詞

 

ここでは、夢から出してくれ!と言うように見て取れますね。

医学的に夢とは『潜在意識の現れ』だそうで、良いことを主に写すものらしいです。

なので「この世は光 写しているだけ」「夢の中は 良いことしか見えない」

と言っているのではないでしょうか。

星野源「夢の外へ」Aメロ 歌詞の意味

いつの間にか明ける夜
通りを焼く日差し
夢日記は開けたままで
夏は通りをゆく
嘘の真ん中をゆく

引用:星野源「夢の外へ」歌詞

 

朝の目覚めを連想させますね。

印象的な夢を見ると、起きてしばらくは寝ぼけている時ないですか?

私はこの「嘘の真ん中」「夢だと分かっているけれど…」と言うような、ちょっと切ない目覚めの印象を持ちました。

 

でもその気持ちを抱えたまま。出勤あるいは通学に夏のいつもの道に出る、と言った風景も同時に浮かんできます。

星野源「夢の外へ」1番サビ 歌詞の意味

ドアの外へ連れてって
ただ笑う声を聞かせて
この世は光 映してるだけ

引用:星野源「夢の外へ」歌詞

 

先ほどの夢に対しての強い気持ちですよね。

『ドア』と訳しているのは自分で開けたくても、鍵がかかって開けられない。と言う閉鎖的な空間を連想させる為に思えます。

現実より夢がいいんだけど、可能ならばその夢の登場人物を現実で見たい!と言う感じでしょうか。

 

昔、好きな人が夢に出てくると私も同じような事を考えたことがあります…(笑)

私の話は放っておいて次を見ましょう!笑

星野源「夢の外へ」2番Aメロ 歌詞の意味

自分だけ見えるものと
大勢で見る世界の
どちらが嘘か選べばいい
君はどちらをゆく
僕は真ん中をゆく

引用:星野源「夢の外へ」歌詞

 

自分だけが見れる夢の世界と、現実の世界のどちらかを選べるとしたら…?

現実に生きているより、もちろん夢の中が良いですよね。

でも、それは嘘だと分かっている。

「真ん中」とは先ほどの「嘘の真ん中」なのでしょうか。

それともどちらでもない、夢から連れ出した夢でも現実でもない世界なのしょうか?

 

続きに答えはあるのでしょうか。見てみましょう!

星野源「夢の外へ」2番サビ 歌詞の意味

意味の外へ連れてって
そのわからないを認めて
この世は光 映す鏡だ

引用:星野源「夢の外へ」歌詞

少しニュアンスが変わりましたね。

『夢』『意味』に変わりました。

この普遍的な『夢』と言うフレーズに対して、より現実的な意味』をぶつけてきています。

これは夢に対して、「どうして夢でしか見れないのか」と言っているように思えます。

潜在意識の中なら、現実で見たものを映し出すのではないのか!

と言うように、先程は「映してるだけ」と諦めを感じるフレーズだったのを、より具体的に「映す鏡」と言っています。

逆に現実世界に向けて、この夢の世界を映し出そうとしているのかもしれませんね。

 

星野源「夢の外へ」Cメロ 歌詞の意味

いつか 遠い人や国の空
想い届けばいいな
いつか 今は居ないあなたを
目の前に現して
現して

引用:星野源「夢の外へ」歌詞

夢の中にいたのはやはり『好きな人』なのでしょう。

夢の中では自分の想いのままだけど、現実世界にはそれが届かない。

それがきっと不可能だと分かっているのでしょうね。

 

現実にはいるんだけれども、夢の中のように自分とは絶対に一緒になれない人のことを思うほど辛いものはないですよね。

手の届かない存在だからこそ、夢で見てしまう…

昔を思い出してきました(笑)

…さあ、ラストです!!

星野源「夢の外へ」ラスサビ 歌詞の意味

夢の外へ連れてって
頭の中から世界へ
見下ろす町を 歩き出せ

夢を外へ連れ出して
妄想その手で創れば
この世が光 映すだけ

引用:星野源「夢の外へ」歌詞

 

夢という根拠も意味もないものだから、最後まで妄想でいいんだ。

でも、その妄想を現実にしてやる!そうしたら、この世こそが『夢の世界』だと。

 

さっきまでは「夢の外へ連れ出して」「夢を外へ連れ出して」に変わりましたね。

これがこの詩の世界観だと思います。

夢は見るものだけど、それを見るだけで終わらせるのは勿体無い!

どうせなら、夢ごと外に連れ出してしまえばいいじゃないか!ということだと思います。

それができたら苦労はしないんですが(笑)

 

この歌詞には同じ『夢』でも”目指す『夢』”と通ずるものがあるように思えませんか?

夢を見るだけならいくらでも語れるけれど、大事なことはいかにして現実にするか。

努力や強い気持ち、それがあればきっと夢の中より現実の方が何倍も夢のような世界に見えるんじゃないか。

それを映し出すのは『真ん中』にいる自分という鏡でないといけないのかもしれないですね。

星野源「夢の外へ」歌詞の意味は? まとめ

星野源・夢の外へ・歌詞・意味

如何だったでしょうか?

星野源さんで『夢の外へ』。

実はインタビューである放送作家さんとの対談話があったのですが、そこでもこのように語っています。

 

夢の中で手を繋いだり、デートしたりできるんです。

それって魔法だなと思っていて。でも、自分では夢だと分かってるんですよ。

だから覚める前に、いかにして自由に好きな事をやるかっていう

引用:http://www.hoshinogen.com/special/yumenosoto/

 

分かっているから出来る事と、出来ないこと。

その両極端の真ん中に1人の人間を立たせた見事な歌詞だと思います。

 

男性は特に共感できると思いますが(笑)

これで星野源さん「夢の外へ」の歌詞の考察を終えます。

今日あなたはどんな夢を連れ出しますか?

コメントを残す