ドラマ『G線上のあなたと私』見逃しフル動画を無料視聴しよう【波留・中川大志・松下由樹】

G線上のあなたと私

ここでは火曜ドラマG線上のあなたと私」の見逃し配信状況と、フル動画無料で視聴する方法を紹介していきます!

「第1話~最終回まで、まとめて視聴したい!」という方も参考にしてみてください。

2019年10月、秋スタートの火曜ドラマ『G線上のあなたと私

主演は波留さん。その他、中川大志さん、松下由樹さんなど豪華俳優陣が脇を固めます。大人のバイオリン教室を舞台に偶然知り合った3人の男女が友情と恋を育んでいきます!

ドラマ「G線上のあなたと私」見逃し動画を無料フル視聴しよう!

ドラマ「G線上のあなたと私」は
動画配信サービス『Paravi』で
1話~4話(最新話)まで
見放題で配信中!

 

『Paravi(パラビ)』は
初回「30日間の無料体験」利用で
完全無料で視聴が可能!
期間内に解約すれば、
料金は一切かかりません!

「Paravi(パラビ)」おすすめポイント↓

  • 月額925円(税抜)!一日あたり約33円
  • 初回は30日間の無料体験あり!
  • 話題のドラマも見放題で楽しめる!(レンタル作品も有り!)
  • TBS系、テレビ東京、WOWOWなど、国内外の人気ドラマ、バラエティー・映画・アニメ・音楽など豊富なコンテンツ!

↓お得な「Paravi(パラビ)」を解りやすく解説!詳細はコチラ↓

Paravi(パラビ)「Paravi(パラビ)」利用料金、無料登録・解約 退会方法をわかりやすく解説!一日たったの33円で視聴できる?

※本ページの情報は2019年12月時点のものです。最新の配信状況はParaviサイトにてご確認ください。

ドラマ「G線上のあなたと私」見逃し動画リンク

『G線上のあなたと私』見逃し配信状況

【◆見逃し配信◆】

TVer

TBSFREE


【◆1話~4話(最新話)まとめて視聴】

⇒『Paravi(パラビ)』詳細はコチラ>>

ー見逃し配信が終了した「G線上のあなたと私」はParaviで視聴可能ですー


【◆無料動画サイト&検索】

YouTube

 

※その他、動画検索サイト等のリンクはウイルス感染等の報告があったため、削除しました。ご了承ください。

違法アップロードサイトで動画の視聴は危険です。

違法アップロードの作品を視聴する場合にはリスクが伴うことを知っておく必要があります。

再生するとウィルスが仕込まれていたり、再生中に突如消えない広告が表示されたり、読み込みスピードが遅くなったりと、様々なデメリットもあります。

無料とは言え、その後のリスクを考えるとあまりオススメできないのが正直なところですね。

ですのでそれらのサイトでの視聴はおすすめしませんが、それでも見たいという場合は自己責任でお願いします。

ドラマ「G線上のあなたと私」サイト別・動画配信状況。

※このページでの情報は、2019年12月時点の情報です。最新の配信状況については「Paravi」公式サイトにてご確認ください。

配信の状況 見放題の対象
Paravi(パラビ)
Hulu × ×
FOD × ×
U-NEXT ×
dTV × ×

ドラマ「G線上のあなたと私」の動画配信が見放題で配信されているのは、公式の動画配信サイト「Paravi(パラビ)」だけ。

ですので、第1話~最終回までの全話を視聴するには、Paravi (パラビ)の利用が必須という事になります。

ちなみに、「Paravi」では、30日間の無料お試しキャンペーンを実施中。

この期間なら、完全無料で最新作品から、過去の話題作まで完全無料で楽しむことができます!

もちろん、解約金なども一切かかりません。

見逃し配信が終わってしまっている『G線上のあなたと私』の過去の放送回まで見ることができるので、この機会に利用してみては如何でしょうか?

ドラマ「G線上のあなたと私」キャスト・詳細

G線上のあなたと私

◆出演キャスト一覧

  • 波瑠 (小暮 也映子)
  • 中川大志 (加瀬 理人)
  • 桜井ユキ (久住 眞於)
  • 鈴木伸之 (加瀬 侑人)
  • 松下由樹 (北河 幸恵)
  • 滝沢カレン(加瀬芙美)

【◆イントロダクション】

大人のバイオリン教室を舞台に
偶然知り合った3人の男女が
友情と恋を育んでいく!

「大人のバイオリン教室」で出会った
年齢も立場もバラバラな3人の男女
恋か、愛か、はたまた友情か、
人間関係もバイオリンも
一筋縄ではいかない…
日常に起きるほんの些細な
出来事が織りなす、
奇跡のハーモニー

様々な事情を抱えながらも、
初めてのバイオリンに
挑戦し奮闘する3人
悩める大人たちにエールを贈る、
恋と友情の物語

引用:https://www.tbs.co.jp/gsenjou/

ドラマ「G線上のあなたと私」各話あらすじ

【第1話】あらすじ『世代を超えた友情とちょっぴり切ない恋の物語』

「ごめん、今になって」「すきな子がいる」と、小暮也映子(波瑠)は寿退社間近に婚約者から婚約破棄を告げられる。放心状態でフラフラと立ち寄ったショッピングモールで「G線上のアリア」の生演奏を耳にしたのをきっかけに、大人のバイオリン教室に通い始める。
教室で同じクラスになったのはイマドキの大学生・加瀬理人(中川大志)と主婦の北河幸恵(松下由樹)。人間関係もバイオリンも一筋縄ではいかない3人を取り巻く人間模様と、それぞれの想いが交錯していく…。

引用元:https://www.tbs.co.jp/gsenjou/story/

【1話】視聴者のネタバレ感想

30代男性

年齢が違うそれぞれがプライベートで悩みを抱えながらもバイオリン教室を通して交流していくストーリーが面白く、波留が意外と熱血な感じで1か月後の演奏会への参加を回りを巻き込んで行く姿がよかったです。さらに波留の眼鏡姿が新鮮で可愛かったです。そして、いつもちょっと女癖が悪いゲスな役が多い鈴木伸之が弟である中川大志が自分の元婚約者に会っていると知った時のシーンが中々シリアスで、今後の二人の関係がどうなっていくのか気になりました。

40代女性

出ている舞台が良く知っている海老名駅だったのでテンション上がりました。バイオリンの先生が発表会で「g線上のアリア」の曲をひいて、聞いて入会された3人。何かそれぞれ色んな事情があり出会ったのが面白いです。バイオリンの音て人の気持ちも表現してしまうのも面白いです。オナラの音と表現するのはおかしかったです。正直、松下さんが40代主婦の設定は驚きました。発表会上手くいくといいです。それまでにどれくらい引けるようになるのか期待してます。
ネタバレ感想をもっと見る>>

20代女性

中川大志くんの役が暗すぎるのと、松下由樹と波留に挟まれてなんかかわいそうでした。いまさらどうしてオバサン太りした古株女優を主役級の3人の中に入れたのか、甚だ疑問です。竹内結子が出演していた弁護士ドラマでも中川くんは、年上の女性たちから弄られていましたが、あの時の表情とは違って辛そうで、みていられません。3人がお互いの個性を殺し合っている感じで、キーアイテムがバイオリンですが、実生活でまったく縁がないので興味が湧きません。

50代女性

大学生の加瀬理人はかなりキツい性格のような気がしました。3人の中では一番若いですが、他の二人と対等に話しています。それどころか、也映子に対してはタメ口で、言いたいことを言っています。3人はバイオリンという習い事が無ければ、絶対に出会わなかった関係でしょう。会社でもなく、身内でもない人と出会うことは、社会人になればなおさら少なくなってしまいます。途中、いろいろありましたが、3人で発表会に出ることになって本当に良かったです。

40代女性

全く境遇の違う3人が、バイオリンを弾きたいという動機で通い始めたバイオリン教室。その先生を好きだという、不純な動機の男もいたが。今までありそうでなかったストーリー展開だと思う。いきなり婚約破棄された無職のアラサー、旦那に浮気されるし姑にいびられるかわいそうな奥さん、兄の元カノ?のバイオリンの先生を好きになってしまい追いかける青年。このあと、どういう展開になっていくのか、今は想像できないが、一話目でこれだけインパクトがあったので、今後のドロドロに期待したい。

30代女性

主人公が婚約破棄と共に、大切な仕事まで失ったことが見ていて辛くなりました。しかし、思っていたよりポジティブに生活している主人公に少し安堵しました。大人のバイオリン教室は、思っていたより青春だなと感じました。大人になってからも、何かに挑戦したくなるようなドラマでした。そして主人公が元婚約者に対し、本気ではなく中途半端な想いだったことに驚きました。恋愛は失ってから気付くことが多いですが、本当の気持ちを知って主人公本人も驚いたのかもしれません。これから本気の恋愛が見つかるまで、ドラマで応援したいと思いました。

20代女性

女性人2人が加瀬君を話の種に、ゲスな会話をしているところが面白かったです。波瑠さんと松下由樹さんの会話が本当に自然で、全くバイオリンの練習しないで喋ってるところが、リアルなバイオリン教室の女子会を見ているみたいでした。また、3人がそれぞれ色々な事情を抱えつつ、人にはズバズバ物を言ったり、時々気を遣い合ったり、まだ短期間の関係性なのに凄く素敵な関係性だなと思いました。また今回のドラマで、波瑠さんの新たな一面が見られたようで次回も楽しみです。

50代女性

同じいくえみ綾原作で波瑠さん主演の「あなたのことはそれほど」と比べて、「G線上のあなたと私」はすごく爽やかな印象でした。大人の音楽教室に通う3人が楽しそうで、仲間に入りたいくらいです。実際はそれぞれの事情を抱えていて、楽しいばかりではないんだけれどね。3人とも見ていて応援したくなる人達でした。特に波瑠さんは今回はいい役をもらって良かったです。小暮さんは素直だし共感できる女性でした。波瑠さんのイメージに合っていると思います。理人くんとうまくいってくれるといいなと思います。

50代男性

主役の小暮さんが婚約者にいきなりフラれて可愛そうなキャラかと思っていたら意外に陽気でびっくりしました。でも主要キャスト3人の設定が切ない感じなので最後にはしっかりハッピーエンディングがあることを期待したいと思いました。このドラマで改めてG線上のアリアを聴いてやっぱりめちゃくちゃいい曲だなと思いました。そして今のところ3人ともバイオリンは上手くありませんが、G線上のアリアを弾けるようになるのか楽しみです。そして発表会に出ると決めた3人の前向きな感じはとても勇気づけられました。

20代女性

北川さんのキャラクターがとても良いなと思いました。とても明るいし優しいしお母さんという感じだけど、実は嫁姑問題、さらには、夫が浮気までしていたなんて、ショックでした。そんな辛いことがあったのに明るく振舞っていたなんて痛々しく感じました。姑が北川さんのことを悪く言っていたことには腹が立ったけど、姑に夫が浮気したことを言うシーンは少しだけ胸がスカッとしました。姑は何も言い返さなかったけど、何を思ったのかが気になります。

20代女性

理人の恋が切なくて切なくて悲しかったです。久住先生のことが好きなんだろうなとは思っていたけど、あんな辛い恋だったなんて衝撃でした。お兄さんの元婚約者というだけでも恋愛の壁になるのに、お兄さんが浮気をしてしかも子供まで作った挙句、捨てられていたなんて久住先生の笑顔の裏の悲しい過去に胸が痛かったです。きっと久住先生は理人の恋心にも気づいているんだと思います。知った上で理人に期待させたくないから優しくしないんだろうなと感じました。

20代女性

辛いことがあって、現実から逃れる為にたまたま始めたバイオリン。教室で出会った3人の関係性が可愛らしく、笑顔が見れて楽しかったです。幸せからどん底に落とされてしまった也映子が楽しそうに幸恵と話す姿や、大学生よ加瀬を揶揄う会話がたわいも無い感じだが見ていて心が和みました。加瀬が久住先生に想いを寄せる姿が苦しく、兄との関係が壊れた後にも繋がる為にバイオリンをしているのか、どんな気持ちで教室に通っているのか、今後2人の関係も気になりましたが、也映子と付き合う姿が浮かびました。幸恵が義理母に強くあたることができたことや、加瀬が兄を殴り我慢していた気持ちをぶつけられた事、也映子が元婚約者との関係に踏ん切りが付いたこと、3人での生活があり少しずつ前に進んでいる姿がかっこよく、今後の展開がとても気になるドラマでした。発表会に向けて進むのが楽しみです。

30代女性

スーパーで出会う3人最初に内容がハッキリしてて面白かったですね。北河さん主婦加瀬君大学生小暮さんアラサー また小暮さんは彼に振られた話しを2人に話します。加瀬君は兄の元彼女降られたことを話しどっちも濃いすぎしかしそこから2人に加瀬君が茶化されイライラそのあと二人はわだかまりが解けて3人でバイオリン久住先生 との進展はあるのか楽しみ彼女のキャラもどこでもありそうな話しこれからはどうなるのか楽しみです。

20代女性

浮気されても、浮気相手が妊娠していても久住先生が理人のお兄さんと別れたくないとすがっていたなんてショックすぎました。久住先生はかなり辛い思いをしたのに、お兄さんとその浮気相手がのうのうと幸せに生きていることがなんだか許せないなと感じました。理人が久住先生のことを好きだと知ったときも、お兄さんは意味深に笑っていたし、反省なんてしていないんだろうなと思います。そんなお兄さんを理人がぶん殴ったのにはかなりスッキリしました。

50代女性

加瀬は兄の元婚約者の音楽教室に通い始めたのは兄の元婚約者を好きなんだと思いました。一緒に練習する中で人に興味を持つのは仕方ない事だとは思うが言いたくない事を聞くのはどうかと思いました。加瀬と先生の関係を聞くと小暮は酷い人だと加瀬の兄を罵った。小暮も婚約解消したなんて可哀想になりました。しかも、会社も辞めたなんて結婚において女は辛いと思いました。加瀬と先生の事を野次馬のように話していると加瀬に聞かれていた。加瀬は怒って個人レッスンに変えたいと言う。当然だと思いました。

【第2話】あらすじ『初めての発表会の行方は…』

初めての発表会を前に、バイオリン練習に熱が入る也映子(波瑠)、理人(中川大志)、幸恵(松下由樹)。

そして、ついに訪れた発表会当日。婚約者への未練を断ち切るため、結婚式の二次会で着る予定だったワンピース姿で現れた也映子。そんな也映子の普段とのギャップに照れる理人と、そんな理人の反応を楽しむ幸恵だったが、いつにも増して3人の間には緊張感が漂っていた。

引用元:https://www.tbs.co.jp/gsenjou/story/

【第2話】視聴者のネタバレ感想

30代女性

今回は、也映子が恋愛から立ち直れていないと気付く瞬間が一番切なかったです。元婚約者が、キラキラ輝いている姿を目撃してしまい也映子は傷付いたと思います。しかし、止まっていてはいけないと自分に言い聞かせており、也映子の強さを感じました。そして、理人の恋を本気で応援するようになり、也映子自身にも変化が起こっている気がしました。元婚約者と別れたことは可哀想ですが、也映子は着実に本気というモノを身につけ始めていると感じました。

40代女性

2話の最後の方で久住先生が友達と食事しているシーンで生徒は選べないとか自分で発表会の時リヒトに産まれたら教えてねとか言っていたのにリヒトが素直に報告したら無視って傷ついているのはわかりますがなんだか綺麗な顔してひどい女だなっと思ってしまいました。滝沢カレンの大根役者っぷりが半端ないです、リヒトのお兄さんは何故久住先生から滝沢カレンに乗り換えたのだろうと二人ともタイプがまるで違うので理解に苦しみます。リヒトのバイト先が居酒屋とは意外でした。
「G線上のあなたと私」ネタバレ感想をもっと見る>>

50代女性

私はおばさんなので、幸恵さんに共感できるなと思って見ています。也映子ちゃんに、「仲良くしてくれてありがとう。」って言う気持ちはすごくわかりました。也映子ちゃんと理人君の仲が少し進展して、この先楽しみになりました。まお先生は生徒は選べないと言っていたので、全く生徒としてしか見ておらず、迷惑だと思っているような言い方なので、脈は無さそうです。也映子と理人君はお互い本音も言えるようになってきて、幸恵さんが言うように可能性があるって感じです。さすが年の功、よく見えてらっしゃる。幸恵さん大好きです。

40代男性

幸恵の家に也映子、理人の3人でバイオリン練習しているときに旅行で次の日に帰ってくる筈の姑・由実子が帰ってきた。急遽練習は中止になり家の前で幸恵が姑の嫌がらせであり、わざと練習の日に帰宅したと泣き出したときに理人が自分達は自分達で楽しんだら良いという言葉は良かったです。年齢が離れているがこの3人に徐々に友情、愛情が芽生えてきたかなと思い、なにか見ていて羨ましい気持ちになりますね。おおきな出来事は起こらないですが現実的なドラマで良いですね。

20代女性

このドラマだと松下由樹さんが良いお母さんではなく、可愛らしい一人の女性に見えるので不思議です。きっと、年齢差がみんなバラバラだからいいんですよね。まだ10代で怖いもの知らずでズバズバ言えてしまう理人。もうすぐ30代で、若いけどある程度世間を知ってしまったやえこ、そして一児の母で最年長の幸恵、それぞれが歳相応の悩みを抱えているから面白いんだと思います。最後の「私をフッたあの人は、きっと好きな人ととても元気だ」というフレーズに、やえこの切なさや感情が全て詰まっている気がして、すごく胸に残りました。

20代女性

姑がわざと二泊の旅行だと伝えて一泊で帰ってきたのがとても腹が立ちました。そこまでして幸恵のことをいびりたいのかと性格の悪い女だなと感じました。泣いている幸恵を見てとても悔しく感じましたが、そんな幸恵にかけた理人の言葉がとてもステキでした。笑っていたら勝ちだから泣いちゃダメですって、かなり幸恵は嬉しかっただろうなと思います。また、丸いものばっかり食べたこととか、多実ちゃんが可愛くなかったとか、ちょっと皮肉めいた感じのところも逆に良かったなと思いました。

20代女性

初の発表会、やはりドラマといえど早々うまく弾けるようになんてならないですよね。松下由樹さんの緊張で手が震えてる感じが凄すぎて笑ってしまいました。北河さんの義理のお母さんは本当に嫌な人ですね。今時あんな義母なんて時代遅れですよって言いたいぐらいです。そして、そんな義母のことで謝って泣いている北河さんに対しての理人くんの励まし方が、めちゃめちゃイケメンでした。なんですかあの、「娘さん可愛くない。」からの「見た目は可愛い。」発言。落として上げるとか天才過ぎました。

20代女性

発表会は失敗に終わってしまったが仲が深まりつつあり励まし合いや、抱えている事情についても深入りせずにうまく釣り合っている感じがたまらなかったです。深入りしないからなのか、自ら問題を打ち明けるようになっている関係性も見ていて和みました。ありふれた日常の雰囲気もとても好きです。加瀬への想いは恋なのか、素直に生きている事へのやきもちなのか、またいつ自分の気持ちに気づくのか見所だと思いました。好きだった人の生き生きした姿を見た也映子の言葉にできない感情の苦しみが伝わりました。どんな事にも燃えていないと言われ気にしている也映のような、自分を表現したり、想いのぶつけどころが分からない人は沢山いると思ったのと、共感できる部分があり、それを言葉にしている也映子をみて前に進もうと励まされるドラマだと思いました。

【第3話】あらすじ『止められない想い..そして新たな恋の予感..。』

秋の発表会で「G線上のアリア」を披露することを決めた也映子(波瑠)ら。理人(中川大志)のスパルタ指導のかいもあって、也映子と幸恵(松下由樹)ら3人の仲も深まってきた。 そんな折、眞於(桜井ユキ)の個人レッスンを受けている金髪のバンドマン(喜矢武豊)が眞於をデートに誘う姿を見て嫉妬する理人…

引用元:https://www.tbs.co.jp/gsenjou/story/

【3話】視聴者のネタバレ感想

50代女性

ドラマの中の失恋とは言え、理人が先生に振られた時はかなりキツいと思ってしまいました。也映子もその辛さを知っているだけに、彼女は居酒屋で号泣していました。明らかにやけ酒を飲んで泥酔状態になっている理人は也映子に思わぬ行動を取りました。しかし、これは酔った上での行動なので、本人は全く覚えていないパターンです。なので、也映子だけがモヤモヤした気持ちになってしまうと思います。理人に振り回されないで、自分をしっかり持ってほしいです。
「G線上のあなたと私」ネタバレ感想をもっと見る>>

30代女性

バイオリンの発表会まであと三週間にせまり、練習に熱がはいる三人でしたが、そんなとき19時過ぎてもグループレッスンが始まらないでいました。久住先生がバンドマンの個人レッスンが終わらずにいたのです。それを見てヤキモキする理人くんに、幸恵さんは優しさで、「今のままじゃ先生と生徒のままだよ」とアドバイスをします。そして発表会当日、幸恵さんの義母が入院することになり発表会は二人で出ることになります。その発表会のシーンはとても感動しました。演奏はまだまだなんだろうけど、二人の演奏中に、幸恵さんも参加してるかのように病院の待合室でバイオリンをひくイメージでたっていたからです。その後の打ち上げで、飲む二人でしたが、理人くんが久住先生にフラれたことを幸恵さんに言っておいて!と言うと、也映子ちゃんが枝豆を投げてふざけるシーンがありましたが、あれはちょっと嫌だなぁと思いました。せっかくの素敵なドラマなのに、もっと違うふざけ方があったんじゃないかなぁと思いました。でも、その後フラれたことに対して二人で話すシーンの為だったのかとも思いました。

40代男性

バイオリンの発表会当日に幸恵が来られなくなったことで、発表会を也映子と理人2人で見事成功させる。成功して直ぐに眞於に告白する理人。この時の也映子の早過ぎるの心の声はちょっと笑えました。理人があっさり振られ、その後の2人での打ち上げの会話は酒が入ったこともあったが互いに本音を素直に語っていて見ていて楽しそうだなと感じられました。酔っている也映子を演じる波瑠の演技が完璧だし可愛いし最高に良かったです。突如波瑠のファンになりました。

40代男性

発表会当日に幸恵の義理母由実子が病院に運ばれてしまい発表会に行けなくなった幸恵が、也映子と理人がバイオリンの本番に挑む時間にエアでバイオリンを弾いてる場面は良かったです。やたら幸恵が発表会を気にしている感じがする場面が流れていたから病院抜けだすかと思ったんですが伏線でまんまと騙されました。理人が眞於にあっさりと振られてしまうシーンも時間が無駄に終わるという断り方はシビア過ぎる言葉で厳しかったなと感じました。

50代女性

忙しい中で三人とも頑張って練習して迎えた発表会。幸恵さんがお母さんの脳梗塞で出られなくなり、すごく気の毒に思いました。おそらく今後もバイオリンなんてやっていられなくなる状況の中、病院の窓辺でエアーバイオリンを弾く幸恵さん。とても切ないです。発表会本番の也映子と理人も真ん中に幸恵さんの存在を感じつつ弾いていました。とてもいいシーンでした。今回は山場が盛りだくさんでした。発表会後の理人の告白と失恋。時間が無駄になる、できるわけないと言うまお先生の気持ちは痛いほどわかります。どんなに慕ってこられても絶対に応えられませんよね。当然の結末です。その後の也映子と理人の居酒屋での打ち上げ。中川大志くんの酔ってる演技が素晴らしかったです。目がトロンとして本当に酔っているように見えました。酔って也映子が可愛く見えて急接近なんて、こりゃ酔いが覚めたら忘れてるパターンかなと思いつつドキドキものでした。早く続きが見たいです。

40代男性

見応えがありました。良い1時間を過ごすことが出来ました。“秋の発表会”幸恵さん(松下由樹)は本当に残念でしたね。せっかく三人で一生懸命に練習してきたのに•••。でも病院でバイオリンを弾いていた気持ちは、二人に届いたと思います。ラストシーンの理人(中川大志)が也映子(波瑠)に壁ドン(シャッターだったけど•••)をした時はドキドキしました。それと、眞於(桜井ユキ)の「時間を無駄にします。」は、ちょっときつかったですね。次回、どう展開するか•••楽しみです。

30代女性

秋の発表会に向けて也映子、幸恵、理人の3人は、G線上のアリアの練習を始める。理人は発表会のあと真於に思いを伝えて、ダメだったらバイオリンもやめる決意でいたため、3人は最後の発表会になるかもしれないので、幸恵と理人は忙しいなか時間をつくり練習を頑張って当日を迎えた。しかし幸恵の義母が倒れたため、発表会に参加できず、也映子と理人2人で挑んだ。発表会後、理人は真於に告白されるが、玉砕。也映子と理人は2人で打ち上げをして、酔い潰れた理人に也映子は、壁ドンされる結末。今後の2人との恋の行方と、義母の介護をすることになった幸恵がバイオリンを続けることができるのか、次回の内容が気になる終わり方でした。

30代女性

秋野発表会で「G線上のアリア」を演奏することにした也映子と理人と幸恵はカラオケで自主練をしながら絆を深めていく。しかし、本番当日、幸恵は義母が脳梗塞で倒れ参加できなくなってしまう。学業や家庭の都合で3人が揃わないこともあって、やっと迎えた本番なのに、やむを得ない事情とはいえ、参加できなかった幸恵は悔しかったと思う。二人で舞台に上がった也映子と理人だが、打ち上げで、幸恵が真ん中にいた気がしたと話していたのを聞いて、3人の絆の強さを感じた。理人は発表会後、眞於に告白するもきっぱりと断られてしまうが、也映子がちょっと気になりだした感じもあり、今後この二人はどうなっていくのか、恋に発展するのかを楽しみに見たいと思う。

【第4話】あらすじ『ラブソングじゃない…』

秋の発表会を終え、心機一転、就職活動を始めた也映子(波瑠)。
しかし、これまでに経験のない音楽関係を希望するがゆえに就職活動は難航していた。
さらに、2人で打ち上げをした後に酔っぱらった理人(中川大志)の予想外の一言に心は混乱しているが、理人は覚えていないようで――。

そんな中、也映子は姑・由実子(夏樹陽子)のリハビリに付き添う幸恵(松下由樹)を訪ね、3人でミニコンサートを開かないかと提案する。
発表会に3人揃って出られなかったことを残念がる也映子の提案に前向きな返事をした幸恵だったが後日、何も告げずにバイオリン教室を退会してしまう。
幸恵と理人との最後のレッスンの日、也映子は二人に少しでも教室に顔を出してほしいと連絡をするが、二人とも来ないとの連絡が入る。
也映子は納得がいかず、理人のところに説得に向かい・・・?

引用元:https://www.tbs.co.jp/gsenjou/story/

【4話】視聴者のネタバレ感想

30代女性

理人君と最後のお稽古の日二人出歩いて帰りながら、それぞれの二人の未来の話をしながら二人が手を繋ぐ所にきゅんと来ました。理人君がなにも言わずにそのまま帰ってしまうのかと思うと也映子が可愛そうだと思いました。女心は複雑なんだけど、ちょっと優しくされたり手を繋がれたら心が揺さぶられるし、意識していないのに意識してしまうと思うからこんな風に別れるくらいなら何もして欲しくないのに自分の温もりを残すなんて酷いと思いました。
視聴者のネタバレ感想をもっと見る>>

30代女性

大人のバイオリン教室で出会った皆がそれぞれの道で生きていかなければならないから皆がバラバラになってしまったのは悲しいけれど、また皆でどこかでバイオリンをやれたらいいなと思いました。前に進もうと決めたのにもと婚約者がまた目の前に現れて心を揺さぶられてしまうしこのタイミングで現れるのがずるいです。嫌いで別れた訳じゃないから再会すると心が揺れてしまうと思うので目の前にした也映子の気持ちはどうするのかなと思いました。

40代女性

え?なんで手繋いだの??酔った勢いって面白いよね。少しの寂しさとか少しの愛しさとかがブワッと出てくる瞬間があるんだよね。そこに流されなかったのが爽やかで良かったね。お酒に飲まれたせいにしてこないだのことは覚えてないって言ったけどきっとリヒトくん覚えてるんじゃないかな?だから余計にドSっぽい感じだったりして。そこが照れ隠しの若さなのかなと思って可愛らしかった。普通に考えたら8つも下の大学生だもんね、このまま別れて新しい人にって思うけど予告ではまたドキドキさせてくれそうな展開。楽しみだなー。

40代男性

理人がバイオリン教室に行かないという返答に家まで向かえに行く也映子。眞於に会いたくないから行かないという理人に自分ばかり辛い恋愛してると思うなよとキツい言葉をかける也映子。それにより理人が参加して、幸恵が挨拶に来て3人で久々に揃う姿は少し感動的でした。このドラマはインパクトあることは起こらないですが、人間関係が微妙に絡んできてリアル感があり面白いです。幸恵が今後またバイオリンするのか、也映子、理人と繋がるのか気になります。

30代女性

理人の酒癖の悪さなど、ニヤニヤしながら見終わった前回。今回はしょっぱなから也映子のデリカシーの無さやあやふやな甘さになんだかイライラしてきた!職安の人じゃないけど(笑)。人の気持ち考えてんのかなと疑いたくなる。そこに理人がズバッと切り込んでくれるので少し胸がすく。破れ鍋に綴じ蓋でいいカップルになるのかなあ。幸恵さんのところは、お義母さんが卑屈になっててまた大変そう。無理して頑張りすぎなきゃいいけどなあ。

40代女性

母親の介護があり、也映子の提案に参加できないことで2人がギスギスしてしまいましたが、理人の最後のバイオリン教室の火に、久しぶりに3人で会うことができて、幸恵が自分の思いを伝えたシーンは凄く感動的でした。幸恵はすぐに帰ってしまいましたが、理人と也映子は2人で飲みに行き、帰り道に理人が也映子と手を繋いで歩くシーンが凄く素敵でした。別れ際にお互い、何か言いたそうで、でも何も言わないまま、帰ってしまったのにはモヤモヤしてしまいました。

40代男性

第4話では、小暮の発案によりコンサートを開こうとしました。小暮は、どうしても3人で演奏したかったのだなと感じました。幸恵は、義母の介護でバイオリンを諦めてしまいますが、小暮たちとの出会いで人生が豊かになったと思います。意外だったことですが、小暮は一人になっても久住眞於のレッスンを受けていました。久住のバイオリンの音が好きなのだと思いました。小暮は、婚活と就活を同時進行で進めていますが、自分の人生を整理したいという考えなのではと思いました。小暮たち3人で会う機会は無くなってしまいましたが、再び演奏するシーンを見てみたいと思いました。

20代女性

手を繋ぐシーンに感動と、胸が熱くなる感情が湧き出てきました。抱える悩みと支えてくれる相手。いつの間にか深い関係になっている2人を感じました。人に想いを寄せることに前向きな気持ちを持てないことや、傷が思ったよりも深く前に進めない姿、気持ちと行動の矛盾など、綺麗事ばかりでは生きていられない人間らしさが見られた4話でした。居場所を見つけた3人なのに、なぜか邪魔者が入り足止めをくらったり、素直になれず遠慮ばかりしてしまうことで前に進めなかったり。思っている事とは違う行動を取ってしまったり。生きていて誰もが感じる感情が描かれていました。人生そんなうまくいくわけない平凡さの中での自分の弱さなど言葉にできない感情が感じられました。加瀬と也映子がうまく付き合ってほしいと願いながらも、いろんなことを考えて行動する2人には簡単なことではないのだろうとも思いました。

30代女性

幸恵さんが介護で悩んでいてお稽古に来て欲しい也映子と気持ちがぶつかり合ってしまうのは仕方がないのかなと思うし、大人になると色々なことが起こるし、自分がやりたいことをやり続けることが出来るのは独身の時だけなんたろうなと思いました。本当は一緒にやりたいし中途半端に終わらせたくないと思うし、折角一緒に頑張れる仲間が出来たのでこんな形でバラバラになることは幸恵さんだって辛いんだろうなと思いました。最後の日に少しの時間だけでも会いに来てくれた所を見て良い仲間と出会えたんだなと思いました。

30代女性

秋の発表会が終わり、理人は眞於に振られ、幸恵は姑が倒れ介護が必要になったりと、バイオリンを習う目的や余裕がなくなって3人がバラバラになってしまいそうな感じがしたけど、也映子が3人でのコンサートを企画したりして、少し空回りしつつも思いは幸恵と理人に伝わっているのかなと思った。理人が少しずつ也映子のことが気になっているのかなと思いつつも、近づきそうで近づかない二人の距離感がすごくじれったいと思ってしまう。クリスマスに3人でのレッスンが終わって、2か月後も也映子は就活とバイオリンを続けていて、また3人で揃って演奏する日もあるのかなと思えた。

40代女性

今なかなか敬遠されちゃうけど飲みニケーションって面白いと思う。だってお酒を飲むだけでいつもクールなリヒトくんのとろんとした目や甘ーい言葉が聞けちゃうんだもの。そこにお姉さんとして理性を失わないやえこちゃんは何者なんだ??私なら無理だ(笑)でもリヒトくん覚えてるよね、恥ずかしくて忘れたせいにしてるだけだよね。リヒトくんも理性的な人だから普段は頭で動いてやえこちゃんのことなんとも思ってない風だけど、どこかですごく惹かれているんだよね。それが酔っ払った時に出てくるんだと思うな。あーあんなにドキドキすることしてみたいな。

20代女性

也映子・理人・幸恵それぞれの思いがうまく交わりあわずもどかしい気持ちでした。幸恵は義母の自宅介護によりバイオリンを続けることが困難になり、バイオリンを仕事に置き換えると現代社会ではよくあることのように感じた。理人のバイオリン講師への思いがはかなく散ってから、也映子へ気持ちがだんだんに動いていくところが少しずつ垣間見えたのがすごく良かった。也映子・理人のお互いの想いがどのように今後動いていくのかが楽しみになってきている。

50代女性

なんでなんで、手もつないだのに也映子と理人は何にも無かったようにあっさりお別れしちゃうの?納得いきませんでした。それからお互い音信不通って、理人くん、そりゃないよと思いました。それでまお先生のところには時々連絡してるなんて也映子ちゃんショックですよね。なんだったんでしょう、あの手をつないだ件は。若い男の子のただの出来心だったんでしょうか。お互い相手を好きだと自覚してないということなのでしょうか。思いがけず期待を裏切られたので続きが気になって仕方ありません。

40代女性

バイオリン教室を母親の介護のためにやめると言いだした幸恵。必死でまたバイオリンをしようと言い続ける也映子にそれどころじゃないと怒る幸恵だった。也映子が自分の生き甲斐、目標が明確にならない中でバイオリンを皆でまたやりたい気持ちと、友達と思える幸恵が離れていくのがコワかったんで必死で止めたんじゃないのかと感じました。わからなくもないが幸恵の状況を考えればほっといてあげるのがベストだが、それが出来ない也映子の気持ちもわかるよなとも感じました。

20代女性

幸恵が電話で也映子に怒鳴ってしまうシーンがとても胸が痛かったです。也映子はただ幸恵と一緒にバイオリンを演奏したい、幸恵を励ましたいという気持ちだったのに、それが逆に幸恵を苦しめていたなんてショックでした。幸恵と也映子に苛立ったというよりは、どうしようもない自分の今の環境に苛立ったんだろうなと感じました。また、良くしてくれていた義母ならまだしも、いじめられていた義母の介護だからなおさらだったんだろうなと思います。

【第5話】あらすじ『動き出した恋…隠しきれない想い…』

就活に加え、婚活をはじめた矢先、元婚約者の智史(森岡龍)と偶然再会した也映子(波瑠)。智史の近況を聞き、懐かしい気持ちになった也映子だが、なぜか頭には理人(中川大志)の姿がチラつき戸惑ってしまう。

そんな中、也映子は参加した婚活パーティーで地味だが温和で誠実そうな白鳥敬一(えなりかずき)とカップル成立。白鳥の人柄に好感を持つ也映子だが、白鳥といるときの自分にどこか腑に落ちないものを感じていた・・・。

一方、姑・由実子(夏樹陽子)のリハビリに付き添うため、バイオリン教室を退会していた幸恵(松下由樹)からバイオリンの練習会に誘われた也映子と理人。しかし、久しぶりに3人で集まれると大喜びの也映子の元に、突然白鳥からデートの誘いが舞い込む。幸恵の後押しもあり白鳥とのデートに向かった也映子だが、理人はそんな也映子の行動が気に入らない様子で――。

引用元:https://www.tbs.co.jp/gsenjou/story/

【第5話】視聴者のネタバレ感想

40代女性

ゆきえさんの話、同年代の私には分かりすぎる!!夫に女遊びされたり、あーもう嫌だと思うことがあっても、いつのまにか積み重ねてきた一握りのいい思い出が忘れられなくて嫌いになりきれない。もうこの人がいなかった人生を想像できなくなってるんだよね。だからこそそんな人の親も介護できるんだと思う。太陽みたいなゆきえさんがいたら幸せだよねー。嫌味ばっかのお姑さんにはうんざりだけど、そんな人まで笑顔にしちゃうゆきえさんは偉大だわ。

視聴者のネタバレ感想をもっと見る>>

40代女性

予告のこいつは俺のもんだ!はこんなにあっさりと見てしまうとは‥。まぁあのシーン大根だなーと思ってたからいいんだけど。妄想の中にもリヒトくんが出てきちゃうってことは好きなんだよ!やえこちゃん。って思ってる間にあなそれのカップル揃っちゃったよ。この2人が出会ったら、また不倫か?なんて思っちゃったけど案外爽やかに終わったね。そりゃそうだよね。それでもリヒトくんはマオさんが好きなんだね。憧れの人なかなか忘れられないよね。昔好きだった人も忘れられない。だから厄介なんだよね。

30代男性

波留の婚活パーティでカップルになった相手がえなりかずきというのに笑ってしまいました。しかも松下由樹が懸念していた通りのお付き合いを結婚と結び付けていたり、デートで新居物件を相談するなど痛い感じの男性だったので、えなりかずきのイメージにぴったりな感じで面白かったです。そして、中川大志が徐々に波留に惹かれ、悶々としている姿もこれからの波留との関係が恋愛に発展するか非常に楽しみな感じだったので、よかったです。

40代女性

元彼の村野智史と偶然会ってしまった也映子がその後の展開を妄想しているのが面白かったです。理人が「俺のだから」と言って、抱き寄せるシーンが頭に浮かんだ也映子は、大声をだして頭に浮かんだ理人を打ち消そうとしている姿を驚きながら見ていた智史も面白かったです。そして婚活を頑張っている也映子が気になるような態度をとる理人と、何かあるとすぐに理人に愚痴る也映子は凄くお似合いだと思うので、早く付き合ってほしいなと思っています。

20代女性

也映子と同世代の女性にとってはとても共感できる内容でした。結婚に焦る也映子がマッチング相手といざ結婚前提に向き合うと、モヤモヤする気持ちがよくわかりました。幸恵さんが言っていたように結婚したいのと、この人と結婚したいというのは微妙に違うんですよね。また、愛情は時間が養ってくれるというのもなんだか深いなぁと思いました。理人との距離が近づいてるのもきになりますが、也映子には本当に安心できる人と一緒になってほしいです。

40代女性

村野に声を掛けられ、也映子はこれからどんな流れになるかを妄想していると、何故かそこには理人が現れ「俺のだから」と也映子を抱きしめたのですが、この理人がかっこ良かったです。妄想を打ち消して気まずい雰囲気の中、一緒にお寿司を食べることになってしまいました。お互いの近況を話しているうちに、村野が今辛い状況にいることがわかった也映子が村野に、優しい言葉をかけたのが素敵でした。そして、幸恵との電話で幸恵の夫の浮気を知り「幸恵さんは許したんですか?」と聞いた也映子に、幸恵が言った言葉も凄く素敵でした。友達とも少し違うような、でもお互いを信頼していると思われる也映子と理人の微妙な関係が凄く楽しめました。

50代女性

也映子の時間を無駄にしたという気持ちはとても分かる気がします。婚活も仕事と同じで、辞めときゃよかったというものをやった時の後悔は、相当の疲労とストレスが溜まってしまいます。白鳥さんの方の気持ちが読めませんが、彼はカップル成立=結婚と考えているようなので、それがかなり怖い気がしました。まったく幸恵が想像していた通りになってしまいました。 白鳥さんが悪いわけではなく、結婚相手ではなかったと言うだけのことだと思います。

30代女性

也映子ちゃんが、元婚約者と街でばったり会ってしまったシーンで、「こんなシチュエーションを想像してなかった訳ではないけれど…」と、想像で理人くんから「こいつは俺のもんだ」とか言われてて、なんだこれは想像だったのかぁとガッカリしました。でも、次回予告でいい編集をしすることで、視聴者を勘違いさせると言う新しいドラマの技をみた気がしました!あとは幸恵さんが義母に「化粧をして出掛けましょう!」と渇を入れるシーンがとてもよかったです。二人は仲良くないとばかり思っていましたが、なんだかんだで幸恵さんはやっぱり家族思いなんだなぁと思って幸恵さんがまた好きになりました!

30代女性

理人がバイオリン教室を辞めて、也映子と理人があえなくなって…えー!話これからどうなるのと思っていましたが、さすがドラマ!大丈夫でした。也映子には元婚約者が登場して、元婚約者はもうすぐ結婚する事や変わらない様子を見て懐かしく思ったけど、これで吹っ切れたのではないかと思います。婚活を始めてうまくいかなかったけれど、気付いた事があると思います。それは理人への気持ち。早く素直に認めて、思いを出せたらいいのになと思います。理人の兄はまだ連絡を眞於と取り合っている理人を呼び出したり嫉妬しているのが、眞於にまだ未練があるのか何なのか女々しくてイライラします。最後のシーンが印象的で無理に結婚しなくていいと理人に言われ、也映こは嬉しそうでした。無邪気な姿がかわいかったです。飾らなくていれる2人で、笑顔で歩く2人がとても素敵でした。お似合いなのになと思います。

50代男性

本当に前を向くことが出来る楽しい気分になれるドラマです。今日も元気を貰いました。その理人(中川大志)君の名言は、眼鏡からコンタクトに変えた也映子(波瑠)に向かって「忘れものしましたって感じ•••。」ってどんなんやねん!って思わず突っ込んでしまいました。あと「既婚者に結婚を語らせたら、ウザいっすね•••。」も、最高です。でもラストシーンでは、理人君の優しさが光りましたね。「そいつ今から行ってサクッと振ってきていいんじゃないっすかね•••。」とにもかくにも面白いです。次回は久しぶりに3人のバイオリンの演奏を聴きたいです。

40代男性

也映子が元婚約者とたまたま出会い、妄想で理人が也映子を俺のモノだと言うシーンかをあったので、二人の恋が発展するのかと思いきや、まさかの婚活が上手くいって白鳥とデートすることになったのは驚きでした。でも白鳥の也映子のことも考えず結婚を前のめりに進めているのがあまりにもひどくて笑えましたし、也映子の男性を見る目に疑問を感じました。そして理人と也映子の恋が始まりそうで進まないのも不自然に思えるようになってきたので、そろそろ二人の恋の行方が少しわかるような展開を次から期待しています。

20代女性

1度愛した人の事は嫌いにはなれないと言うセリフや、婚約破棄されたにも関わらず庇うような言葉をかけてしまう也映子を見て、大人になってから振り返る青春時代を思い出しました。昔のように常に心を躍らせてはいられなく、結婚とは2人だけでなく周りが関わり好きなように動けずに他人の意見を取り入れて行かなくてはいけない、だからこそ自分を大切に、意見を持ち好きな事を持つことが大切だと思わされました。周りに合わせているだけでなく、自分を出さないでいると幸せも逃げていってしまうことも教えられた気がしました。

50代女性

今回は結婚について考えさせられるお話でした。主婦の幸恵さんの言葉はリアルで重みがあるなと思いました。結婚がしたいのとこの人と結婚したいのとでは確かに全く違うと思います。婚活パーティーでマッチングした白鳥さんは也映子との距離を縮めることもなく新居のプランを渡してきたりして、相手は誰でも良かったんだろうなという気がします。婚活マッチングだから双方そんな場合もあり得る訳で、そういう人は結婚してからこんなはずじゃなかったって思うんだろうな、きっと。白鳥さんはさっさと振って理人くんと上手くいくことを祈ります。

40代女性

なんかこないだがドキドキのピークだったかなー。予告にあった、こいつは俺のもんだ!ってやつはあっさり妄想だったし(笑)やっぱ先週の不意打ちの手つなぎにこえるドキドキはなかったなー。あのまま近づくのかと思いきやリヒトくんはマオさんにまだ夢中みたいだしさ。なんだかすれ違ってきてちょっとさみしい感じ。まぁ大人のバイオリン教室で偶然知り合った薄い縁、切れそうで切れない縁を手繰り寄せる感じがいいんだろうけど。やっぱリヒトくんが酔わなきゃ面白くないのかも(笑)

20代女性

理人の兄は、どの口が、俺と真於は結婚しなくて良かったなんて言えるんだろうかと腹が立ちました。理人が言う通り、まさに、じゃあ結婚しようなんて言うなよって感じでした。たしかに、真於が本当のことをなにも言わないところは良くなかったかもしれないけど、だからって浮気して、挙げ句の果てに子供まで作るなんてありえないと思います。理人と真於のことを気にしているのも余計なお節介だし、本当にダメな男だなとイライラします。

【第6話】あらすじ『この気持ち…恋!?』

婚活パーティーで白鳥(えなりかずき)とカップルになったものの、白鳥のアプローチを受け入れられなかった也映子(波瑠)は交際を断り、婚活サイトも退会する。
気分を新たに、理人(中川大志)とコンサートの計画を立てていると、理人に好意を寄せる結愛(小西はる)が現れる。
理人にバイオリンを教わり、嬉しそうな笑顔を見せる結愛。
そんな2人の楽しそうなやりとりに居心地の悪さを感じ、也映子はカラオケを飛び出してしまう。

理人は、兄・侑人(鈴木伸之)が眞於(桜井ユキ)と密会していたことを知り、激怒する。
しかしそんな理人の態度に、侑人の心境にも変化が……。
そして、也映子、理人、幸恵の3人が久しぶりに揃っての合同練習の日。
久しぶりの集合に喜ぶ也映子だったが、理人のある一言でひどく傷つき、気まずくなってしまう。
そんな中、ある日並木楽器店で也映子と理人は偶然遭遇して――。

引用元:https://www.tbs.co.jp/gsenjou/story/

【第6話:視聴者のネタバレ感想】

30代女性

明らかにお互い意識し始めてる也映子と理人だけど、その事に気づき始めて戸惑いながらも恋に不器用な二人だからなかなか進展せず、見ていてもどかしく、時にせつなくなったり、キュンとした第6回でした。理人の誕生日プレゼントの渡し方とか接し方もぶっきらぼうなんだけど、也映子のことちゃんと見てるんですよね。時に優しさを見せる理人くんにキュンキュン。

そんな彼を見つめる也映子の目や彼女を見つめる理人の目が回を追うたびに明らかに変わってきている。相手を大切に思う気持ちが溢れてきてると思います。

幸恵さんがそのことに気づいて、也映子も理人も自分の気持ちに向き合いながらどんな答えを出していくのか後半戦がまた楽しみです。

視聴者のネタバレ感想をもっと見る>>

50代女性

6話、切なくて涙しました。
理人君の言葉に傷ついた也映子ちゃんの寂しく悲しい気持ちに感情移入です。
でも、バス停での幸恵さんの優しい言葉に癒されてまた涙。
3人、本当に良い関係ですね。
キャスティングがピッタリで最高です。
まだ素直に「好き」だと言えない二人の気持ちの行き違いに、これからもハラハラしそうですね。
楽器店での出会い、理人君の「サムワン」素敵でした。「私を見ていてくれる人」感動的な言葉ですね~
理人君の優しさが伝わって来ましたよ。
このドラマに出会えて本当に幸せです。
スタッフの皆さん、ありがとうございます。頑張ってくださいね。

40代女性

夜勤から帰って来て、第6話見ました。仕事で疲れてるせいかいつも以上に也映子ちゃんに入り込んじゃって、とても切なくなって涙が止まらなくなりました。今日11月22日は17年前に入籍した日。2年後に別れて、もう結婚する気はないけど、也映子ちゃんみて恋愛したいなって思いました。いろいろ面倒だけど、恋愛っていいよね。

【第7話】あらすじ『気づいてしまった恋心….悲しいトライアングル』

大学の臨床実習で忙しい理人(中川大志)や、娘・多実(矢崎由紗)の受験を控える幸恵(松下由樹)を慮る也映子(波瑠)は、3人でのコンサートの延期を提案する。
明るく振る舞う也映子にほっとしつつも、理人はどこか淋しさを感じていた。

そんな中、長らく就活に苦戦していた也映子の再就職が決まる。
新たな職場に奮起する也映子だが、忙しさのあまりバイオリンの練習時間を捻出できず、理人や幸恵ともすれ違うように…。

一方、治療の効果を感じた眞於(桜井ユキ)はバイオリンの演奏会に出ることを決意する。
バイオリンと再び向き合い始めた眞於だったが演奏会直後、突然音楽教室に辞めたいと伝え、連絡も取れなくなってしまっていた――。
心配する3人だったが、也映子は理人に眞於のところに行くように言う。
しかし、行かせてから自分の気持ちに気づき…。

引用元:https://www.tbs.co.jp/gsenjou/story/

【第7話:視聴者のネタバレ感想】

40代男性

家のことで忙しい幸恵さんと臨床実習など大学のことで忙しい理人たちとは対照的にマイペースでバイオリンを続けている也映子という感じだったのが、就職が決まって働き出した也映子もめちゃくちゃ忙しくなり、ストーリーがどこに向かっているのかわからなくて面白いなと感じました。でも会えない時間が増えたことで理人と也映子のお互いを想う気持ちが強くなっていたのは少し感動しました。でも最後で音信不通になった久住先生を心配して家に一人で訪れた理人を久住先生が家に引き入れて終わったのでどういう展開になるのかとても気になります。

視聴者のネタバレ感想をもっと見る>>

40代男性

也映子と理人が手を繋いで歩いているところを結愛に見られた場面での也映子の逃げるように去ったのには分からなくもないがもう少し主張して欲しかったかなとも思いました。也映子が幸恵に理人に告白されたら付き合うのかと聞かれたら付き合いますと即答したのが印象的でした。也映子がどっちつかずの態度をずっと取っていて歯痒かったんで清々しい答えに聞こえました。也映子の理人に対しての愛情は感じていたが段々と表面に出してきたし最終的には2人がつき合ってハッピーエンドで終わればなと感じました。

50代女性

也映子は理人のことが気になりながらも、なかなかふみこめない。また、理人も同じだった。そんな中、バイオリン講師の久住が以前から持っていた手の病気により、演奏会で演奏できなくなる。そして、講師を辞め、連絡が取れなくなる。そんな久住を心配する也映子たちなのだが、也映子は理人のみを久住のところへ行かせる。本当は、もともと理人は久住が好きだったから、行ってほしくないのに、行かせてしまう。その気持ちを抑えていた也映子が、「胸が痛くて、息ができない」と言って幸恵にすがりついたとき、理人を好きなことが痛いほどこちらに伝わった。久住のことも救いたいし、でも理人は失いたくないという葛藤に涙がでそうだった。でも、きっと理人は久住を選ぶことなく、也映子のもとに戻ると思う。

40代女性

ついに也映子と理人それぞれが自分の恋心に気づきました。そういう展開になるのだろうとは思っていましたがようやくと言う感じでずっともどかしかったです。幸恵さんの娘と義理のお母さんが幸恵さんが頑張っていることに対して鬱陶しいとハッキリ言ってしまうのは少々傷つく感じがしましたが、それによって幸恵さんが再び趣味のバイオリンを始められるようになったことは良かったと思います。也映子が理人を先生のところに向かわせた気持ちもわかりますが、やはり最後は自分の幸せを優先してほしいものです。理人も今の気持ちが分かっているとは言え、ずっと好きで憧れてきた先生のところに行ったら気持ちが揺れることもありそうです。先生も手の病気が良くならず弱ってしまったのだとは思いますが、先生と理人がまとまることが無いと良いなと思います。なんとか也映子には幸せになって欲しいと思います。

20代女性

今回は真於先生の手の病気の悪化をきっかけに、やえこ、理人との三角関係が始まる、という回でした。仕事が始まったやえこと、実習が始まった理人は会えない時間が続きすれ違いながらも、お互いへの気持ちを確かなものへとしていく様子はとても見ていてどこかくすぐったいようなワクワク感がたまらなかったです。このまま2人がお互いの気持ちを確かめるきっかけさえあれば、一気に展開するのでは?という期待を、失意の底の真於先生のもとへ理人を送るというやえこのまさかの行動にはびっくりしました。

40代女性

私がいなきゃこの家庭は回らない!子供は目が離せないし大きくなったら塾の送り迎え、宿題だって見てあげなきゃだし。お母さんだって通院やリハビリも連れて行かなきゃいけない。主婦業に終わりはないし家族の世話で大忙し!ゆきえさんみたいな主婦はたくさんいるし、みんな頑張っている。だけど今日の回みたいにある日ポーンと解放される日が来るんだよね。寂しいような嬉しいような。目が回るほど忙しく濃密な時期はいつか終わる。過ぎてしまえば寂しくもある、そう思えば愛おしい。

50代女性

大人になるというのは、好きな人のことを優先に考え自分の気持ちを殺す事なのかと思いました。也映子は加瀬の優しい所をしっかりみていて、それ以上に人を見ている加瀬を好きだと言ったシーンに感動しました。お互いの気持ちが分からないままでも、也映子は自分に気があると分かっていながらも嫌味なく加瀬を久住に会うように進めたのが素直で真っ直ぐな人間だと思いました。胸が苦しくなる恋をしている時にだけ感じる痛みを忘れていましたが、ドラマを見て感情を思い出しました。辛くて苦しい思いをさらけ出した也映子に嬉しくなりました。婚約破棄されたときの顔とは全く違いました。

40代女性

キュンキュンしたくてこのドラマを見ていたけど、ちょっと間延びしすぎじゃない?2人がくっつくのをこれだけ逃すともう縁がないのか?って感じよ。リヒトくんがいいとこまで攻めるのに、なぜかやえこちゃんが大事な言葉を遮るんだよ。そこに今日何回イライラしたことか!それがやえちゃんの不幸なとこじゃないか?しかもマオ先生に自らリヒトくんを一人で行かせるってどんだけドMなの??そこまでくると意味不明だよ。これが恋?ってあんた何歳よ!ちょっとやばいよ。

30代女性

也映子は理人をまお先生の所に人間愛とか言って送り出したけれど、全てを失ったまお先生が理人にすがりついたら、そこから手を離す方が難しいし罪作りだと思いました。理人は也映子のことが好きなのを自覚してたのに本当にタイミングが悪くて気持ちがすれ違ってばかりです。まお先生は本当に可哀想だと思いますが、ちょっと前の理人ならまだしも、也映子への気持ちに気付いた理人には救えないですよね。余計なことして再度まお先生を絶望に突き落とす結果になりかねないと思いました。也映子の大バカ者ーっ!

30代女性

なんで?何やってるの??ハッピーエンドで終わらせたいための回数稼ぎなの?主役の2人がすれ違ってすれ違ってしている間にリヒトくんがモテちゃって仕方ないじゃん。まだ同級生の女の子も振ってなかったんかーい!あんなみんなの練習の場にまで連れてきて髪だの指だの触ってたら勘違いするだろうに放置してたのかよ!で、やえちゃんとは時間的にすれ違う。そうこうしているうちに今度はマオ先生がこっち向いてくる‥なんじゃそりゃ。

30代男性

也映子が理人に真於先生の所に三人で行くよりは理人君が真於先生の所に行って真於先生の話を聞いてあげてほしいと思うところは素敵だなと思うし、今話さないと理人君が後悔すると理人君の気持ちまで考えて説得するところが素敵なことだと思うけど、自分の気持ちを押し殺して我慢するところはダメだなと思いました。幸恵さんは也映子の事を心配して話を聞くが理人が弱っている人を見捨てることが出来ないからそういうところをなくしてほしくなくて理人くんの良いところを大切にしてほしいところまで考えてあげるところが素晴らしいと思いました。

30代男性

それぞれ誰が誰を想っているのか言葉にしなくても察している状態でのやり取りが面白い一話でしたね。也映子が大人として空気を呼んで理人を送り出してしまいましたけど、この人は同時に主要人物の中で一番こどもっぽいところもある人なのでした。そして自分で送り出したのに自分で傷ついて立ち上がれなくなるという酷い状態に。幸恵がいてくれて本当に良かったと思いますね。理人はきっと次週以降も彼女にもうアタックをかけてくると思いますけど、それに対して今後どう向き合っていくのかは見ものです。きちんと受け止められればいいのですが。

30代女性

お兄ちゃんが理人君に真於さんに何かあったから話を聞いて欲しいと頼むのだけど、理人君の中に今自分が思っている人は違うからとお兄ちゃんに話を聞くことが出来ないことを話すがお兄ちゃんは真於さんを気にしていて、お兄ちゃんが話を聞いてあげることはできないのかなと思いました。本当は話を聞いてほしい人はお兄ちゃんでお兄ちゃんだからこそ聞ける話があると思うし、今聞いてあげないと彼女が壊れてしまいそうで不安になりました。別れたからと言って助けを求めてる人を無下にして欲しくないなと思いました。

30代女性

理人君は也映子が就職が決まって嬉しい反面どこか寂しさを感じているところを見ると也映子の事を好きなのかなと思ってしまったり、二人がいい雰囲気に感じるのだけれどまだくっつかないところがモヤモヤするなと思いました。二人がお互いに気持ちを寄り添うことが出来たら良いのになと思うし、あと一歩が届きそうで届かないところを見ると頑張って踏み出して欲しいなと思いました。二人がお似合いだからつい見ていて応援したくなります。

30代女性

真於が突然元婚約者の奥さんと子供の前に姿を現したのがびっくりでした。顔を見知っているのかはわからないけど、なんだか怖い雰囲気が漂ってたなと思います。理人に会うためとはいっても、元婚約者とその家族が普通に暮らしている家に真於が尋ねるのはちょっとどうかなと思ってしまいました。また、そんな真於のことを聞いたら理人はすぐにでも飛んでいくと思っていたのに、もう違うからと言っていてかなりワクワクしました。もう真於じゃなくて也映子ってことなんだろうなとドキドキです。

【第8話】あらすじ『3コン・開催まで2週間!!』

理人(中川大志)に傷心している眞於(桜井ユキ)の元を訪ねるように自ら後押しした也映子(波瑠)。
しかし、その後自分の気持ちに気づき、思わず幸恵(松下由樹)に本音を吐露し、泣き出してしまう。
一方で、理人は眞於の元に行ったことで、自分の也映子への恋心を自覚しはじめる…。

その後、”三コン”の開催が迫り、練習にも真剣さが増す3人。これまで以上に、理人のスパルタ教官ぶりに拍車がかかっていた。

そして訪れたミニコンサート当日。
家族や友人ら大勢が集まる中、幸恵は家族への気持ちを、也映子はバイオリン教室での思い出や眞於とのことを語り始める。
そんな也映子のスピーチを、横で聞いていた理人は内緒で録音していて――。

引用元:https://www.tbs.co.jp/gsenjou/story/

ドラマ「G線上のあなたと私」視聴者の反応・期待の声!

50代女性

原作がいくえみ綾さんの漫画で、主演が波留さんというと、「あなたのことはそれほど」を思い出しますね。まったく違ったヒロインをどう演じてくれるのかとても楽しみです。相手役が中川大志さんとはヴィジュアル的に楽しめそう。恋愛だけでなく共演者たちの葛藤なども描かれるそうで、松下由樹さんには年齢的にも共感できるものがあるのではないかと期待しています。

40代女性

大人の人間関係や恋の模様がメインの話になるのかなと感じました。大人だらけの中で中川大志君がどんな感じで絡んでくるのかも楽しみです。そしてら大志君のバイオリンを弾く姿がかっこ良すぎて、早くテレビで見たいなと感じました。

50代女性

芸術の秋に相応しいドラマだと思います。私は以前、バイオリンを習っていたので、このドラマをきっかけに、また始めたくなるかもしれません。また、大人の恋愛ドラマのようなので、その点も注目していきたいと思っています。
視聴者の期待の声をもっと見る>>

40代男性

大人のバイオリン教室が舞台の1つになっていますが、そこに集う大人たちの人間関係がどのように発展していくのか楽しみです。波瑠が楽器を持つシーンは今までめったに見ることがなかったので、そのシーンを見るのも楽しみの1つです。

60代女性

音楽は心の傷を癒してくれます。G線上のアリアはやっぱりバイオリンの音色がぴったりの曲だと思います。メロディーがドラマの中で流れるとムーディーが成立するでしょう。寿退社直前に婚約破棄されて残念な始りですが、大人のバイオリン教室でステキな出会があると良いですね!豪華キャストで織り成すドラマを楽しみにしています。

50代女性

ドラマの期待することは、バイオリンを奏でる3人の恋愛、友情関係がどのように描かれるのか、楽しみにしています。特に波瑠さんが好きなので、清楚で可憐な波瑠さんにぴったりの役どころではないかと思います。それから私はクラシックが好きなので毎週癒されたいと思っています。

40代男性

気になっていることですが、大人のバイオリン教室なので様々な年代の生徒がいると思います。価値観の違いなどを、どのように芝居で表現するのかが気になります。キャストについてですが、桜井ユキさんの芝居を見たことがないので注目です。

40代男性

波瑠さんは『あなたのことはそれほど』で印象が変わった。今回は大人のバイオリン教室で出会った3人のやりとりと、いわゆる日常のドラマ。事件や事故が起きない普通の日常を、波瑠さんがどう見せてくれるのかとても気になる。普通を演じるのは難しそう。

20代女性

このドラマでは、大人のバイオリン教室で出会った人達の人間関係模様を描くストーリーであるため、出演者の多くがバイオリンを弾く演技をすることになるところが注目ポイントだと思います。また、メインキャストの波瑠さんや中川大志さんは朝ドラで活躍されている方々なので演技が純粋に楽しみです。

20代男性

人気少女漫画からドラマ化され、出演は人気芸能人の波瑠、中川大志、桜井ユキ、鈴木伸之、松下由樹など素晴らしい面々が揃い踏みしております。主人公:小暮也映子27歳OLを演じる波瑠は28歳と年齢も近く、よりリアルなドラマ化が期待出来ると思っています。

30代女性

バイオリン教室で出会った3人の男女が、バイオリンに、恋に、暮らしに、さまざまな問題を抱えながら向き合っていきます。これだけ聞くとどうしても「カルテット」を思い出すので、そことの差別化をどのように図るのか注目しています。

30代女性

大人のバイオリン教室を舞台に繰り広げるストーリー展開といことなので、俳優達のバイオリンを弾くシーンに注目していきたいです。また年齢も立場もバラバラな出演者達の今後の恋愛、友情模様も楽しみにみていきたいです。

40代女性

原作がいくえみ綾の漫画というだけで面白いストーリーだろうなと期待が持てます。また同じく、いくえみ綾原作のドラマ「あなたのことはそれでも」に主演していた波瑠が、このドラマではどんな主人公を演じてくれるか楽しみです。バイオリンは、正しいピッチを奏でるのも大変な楽器なので、出演者達がどこまで演奏できるかも見所です。バラエティーで活躍している不思議キャラの滝沢カレンの初ドラマという事でどんな演技をしてくれるか楽しみです。また姑と同居しているお嫁さん役の松下由樹、「嫁姑問題あるある」に共感しながら元気をもらう主婦も多いはずです。

30代女性

子供の頃、少しだけだがバイオリンを習っていたので、このドラマには興味がある。出演者の皆さんも、少しは練習されたのだろうか。葛藤を抱えた3人の男女が関わりを持つことによって、自身と向き合い、前向きに生きていければ良いなと思う。松下由紀さんの演技は、見ていて入り込めるので、とても期待しています。

コメントを残す