「4分間のマリーゴールド」フル動画【第1話~最終回まで】見逃しドラマ無料視聴しよう【2話3話4話5話6話7話8話9話・再放送】

4分間のマリーゴールド

ここでは金曜ドラマ4分間のマリーゴールド(4マリ)」第1話~第10話(最終回)まで見逃し配信の状況と、フル動画無料で視聴する方法を紹介します。

過去の放送回、2話3話4話5話6話7話8話9話を「見逃した….」という方も参考にしてみてください。

もくじ

ドラマ「4分間のマリーゴールド」フル動画を無料視聴しよう

ドラマ「4分間のマリーゴールド」は
TBS公式サービスParavi
1話~最新話までの全話
見放題で独占 配信中!

『Paravi(パラビ)』は
「2週間の無料体験」利用で
完全無料で視聴が可能!
期間内に解約すれば
料金は一切かかりません!

「Paravi(パラビ)」はここが違う↓

  • 2週間の無料体験で人気のドラマが見放題。
  • 無料期間中に解約しても料金は一切なし。
  • 継続利用でも、月額はたったの1,017円(税込)。(※iTunes Store決済でParaviベーシックプランに契約した場合の月額利用料金は1,050円(税込)です)
  • 一日あたり、たったの34円安心&ノーリスク。
  • 話題のドラマが見放題で楽しめる(レンタル作品も有り)
  • TBS系、テレ東、WOWOWなど、国内外の人気ドラマ、映画・アニメ・音楽など豊富なコンテンツ。
  • オリジナルコンテンツ、お笑い・バラエティーも多数。

「Paravi」の無料登録方法、
解約の流れについてはコチラを参照↓

「Paravi(パラビ)」利用料金、無料登録・解約 退会方法をわかりやすく解説!一日たったの34円で視聴できる?「Paravi(パラビ)」利用料金、無料登録・解約 退会方法をわかりやすく解説!一日たったの34円で視聴できる?

※本ページの情報は2019年12月時点のものです。最新の配信状況はParaviサイトにてご確認ください。

ドラマ「4分間のマリーゴールド」見逃し動画リンク

『TVer・TBSFREE・その他』見逃し配信状況

【◆見逃し配信◆】

TVer

TBSFREE

GYAO!


【◆1話~最新話まで・全話まとめて視聴】

⇒「Paravi(パラビ)」無料視聴の詳細はコチラ>>

※見逃し配信終了後、視聴可能なのは公式のParaviだけです。


【◆その他・無料動画サイト&検索】

YouTube

 

※その他、動画共有サイト、検索サイト等のリンクはウイルス感染等の報告があったため、削除しました。どうぞご了承ください。

違法アップロードサイトで動画の視聴は危険です。

違法アップロードの作品を視聴する場合にはリスクが伴うことを知っておく必要があります。

再生するとウィルスが仕込まれていたり、再生中に突如消えない広告が表示されたり、読み込みスピードが遅くなったりと、様々なデメリットもあります。

無料とは言え、その後のリスクを考えるとあまりオススメできないのが正直なところですね。

ですのでそれらのサイトでの視聴はおすすめしませんが、それでも見たいという場合は自己責任でお願いします。

ドラマ「4分間のマリーゴールド」サイト別・動画配信の状況は?

※このページでの情報は、2019年12月時点の情報です。最新の配信状況については「Paravi」公式サイトにてご確認ください。

配信の状況 見放題の対象
Paravi(パラビ)
Hulu × ×
FOD × ×
U-NEXT × ×
dTV × ×

ドラマ「4分間のマリーゴールド」フル動画が、見放題で配信されているのは、公式の動画配信サイト「Paravi(パラビ)」だけ。

ですので、1話~最新話までの全話をまとめて視聴するには、Paravi (パラビ)の利用が必須という事になります。

ちなみに、「Paravi」では、2週間の無料お試しキャンペーンを実施中。

この期間なら、完全無料で最新作品から、過去の話題作まで完全無料で楽しむことができます。

もちろん、解約金なども一切かかりません。

見逃し配信が終わってしまった過去の放送回まで無料で見ることができるので、この機会に利用してみては如何でしょうか?

「Paravi(パラビ)」は他にどんなドラマが見れる?

動画配信サービス「Paravi(パラビ)」では「4分間のマリーゴールド」意外にも、たくさんの人気ドラマが視聴可能です。

現在 放送中のドラマも、見放題で視聴可能です

木村拓哉:主演ドラマ『グランメゾン東京

グランメゾン東京


波留:主演ドラマ『G線上のあなたと私

G線上のあなたと私


松岡昌宏:主演ドラマ『死役所

死役所


北山宏光:主演ドラマ『ミリオンジョー

ミリオンジョー


中谷美紀:主演ドラマ『ハル~総合商社の女~

ハル~総合商社の女~


松重豊:主演ドラマ『孤独のグルメ』

孤独のグルメseason8

その他・過去のドラマも視聴可能

  • 『ノーサイド・ゲーム』(主演:大泉洋)
  • 『凪のお暇』(主演:黒木華)
  • 『重版出来!』(主演:黒木華)
  • 『Heaven?~ご苦楽レストラン』(主演:石原さとみ・福士蒼汰)
  • 『アンナチュラル』(石原さとみ・井浦新)
  • 『逃げるは恥だが役に立つ』(主演:新垣結衣・星野源)
  • 『インハンド』(主演:山下智久)
  • 『きのう何食べた?』(主演:西島秀俊・内野聖陽)
  • 『大恋愛』(主演:ムロツヨシ・戸田恵梨香)
  • 『初めて恋をした日に読む話』
  • 『カルテット』(主演:松たか子・高橋一生・満島ひかり)
  • 『わたし、定時で帰ります』(主演:吉高由里子)
  • 『コウノドリ』(主演:綾野剛)

話題の人気バラエティーも視聴可能

  • 『リンカーン芸人大運動会』
  • 『水曜日のダウンタウン』
  • 『モヤモヤさま~ず2』
  • 『マツコの知らない世界』
  • 『この差って何ですか?』
  • 『ニンゲン観察バラエティ モニタリング』
ドラマだけでなく、見逃してしまったバラエティー番組まで視聴できるのは、嬉しいですね!

ドラマ「4分間のマリーゴールド」キャスト・詳細

◆出演キャスト一覧

  • 福士蒼汰(花巻 みこと)
  • 菜々緒(花巻 沙羅)
  • 横浜流星(花巻藍)
  • 桐谷健太(花巻廉)
  • 佐藤隆太(青葉広洋)
  • 遠藤琴(鈴木ゆうか)

【◆イントロダクション】

 2019年10月スタートの金曜ドラマ枠で、福士蒼汰の主演による『4分間のマリーゴールド』

原作は、小学館の新人コミック大賞(青年部門)で大賞を受賞したキリエによる同名漫画。手を重ねた人の“死の運命”が視えてしまうという特殊な能力を持つ救急救命士と、命の期限が1年後に迫った義姉との禁断の恋を描く切ないラブストーリーです。
週刊ビッグコミックスピリッツ(小学館)にて2017年より連載され、「どんどん引き込まれる悲しい純愛に涙したい人に」(読売新聞)、「作品のテーマは“生”だ、あるいは“死”だ」(毎日新聞)と、新聞各紙が絶賛するなど多くの感動を呼びました。

救命士・福士と、“悪女”を封印しナチュラル系ヒロインに挑戦する菜々緒。初共演の2人がどんな化学反応を起こすのか!? 期待は高まるばかりです!
「視える」のに変えられない悲しい運命に立ち向かうみことと、悲しい運命を背負う沙羅の、禁断のラブストーリー。“生”と“死”に向き合う切ない愛の物語に、この秋、日本中が涙します!!

※タイトルにある“4分間”の意味とは?

救命における生死を分かつタイムリミットは“4分間”と言われている。人間は呼吸が停止してからすぐに心肺蘇生を行わなければ、命が助かる可能性は2分で90%、3分で75%、4分で50%、5分で25%…と、分刻みに低下していく。そのため、呼吸が停止してからの4分間が救急救命士にとっての正念場であり、本作の主人公・みことにとっても、人の命を救えるかを左右する重要な時間である。

引用:https://www.tbs.co.jp/4mari/

ドラマ「4分間のマリーゴールド」各話あらすじ・感想

【第1話】あらすじ「血の繋がらない姉への秘めた想い」

救急救命士として働く花巻みこと(福士蒼汰)には、手を合わせた人の「死の運命」が視えてしまう特殊な能力があった。最期の様子をビジョンで視てしまった患者に対し、みことはあらゆる手を尽くすのだが、一度視た運命はいつも必ず現実になってしまう。助けたいのに助けられないジレンマを抱えながら、それでも日々救急救命に全力を尽くしていた。

そんなみことは、父の再婚によって兄弟となった義姉・沙羅(菜々緒)、義兄・廉(桐谷健太)、義弟・藍(横浜流星)と、一つ屋根の下で仲良く暮らしている。
家族の前では普通に振る舞うみことだが、誰にも言えない思いを抱えていた。
義姉・沙羅を愛してしまったのだ。
血は繋がらないとはいえ、戸籍上姉である沙羅への気持ちを必死に抑えるみことだが、その想いは日々募るばかりだった。

ある日みことは、救急要請で向かった先で、自分の父の死因と同じ病状である心筋梗塞で倒れた男性の心肺蘇生を行う。
思わずみことが男性と手を合わせると、無情にも亡くなる前後のビジョンが視えてしまう。
運命を変えたい一心で、ビジョンと違う行動を試みるみこと。すると患者の意識が戻り、一命をとりとめたのだった。
初めて死の運命を変えることができたと、興奮するみこと。

しかし数週間後、救急要請で向かった先は、同じ患者のアパートで…

“生”と”死”に向き合うみことと、義姉・沙羅との禁断のラブストーリーが幕を開ける!

引用元:https://www.tbs.co.jp/4mari/story/

【第1話:視聴者の感想】

40代女性

人の死期が見えてしまうのに、なぜみことがあえて救命士になったのか疑問でしたが、幼いながらも自分の父親を救えなかったことに責任を感じて他人を救いたいと決意したところがすごいと思いました。だからこそ、父親と同じ心筋梗塞で倒れた患者に執着してしまったのかもしれません。一旦回復したのがぬか喜びになってしまいましたが、こういう事態になった時、とっさに応急処置をできる人はなかなかいないと思います。保健体育の授業は聞き流してしまっていたけど、こういうシーンを見せられると、やはり大事な授業だったんだなと反省させられました。
視聴者の期待の声をもっと見る>>

20代女性

みことが救命救急の道に進んだ理由がすごく素敵でした。いつからみことが沙羅のことを好きなのかは分かりませんが、自分のせいで父が死んでしまったのではないかと悩んでいるときに、あんな素敵な言葉をかけてくれるなんて、惚れても仕方がないと思います。そして、お母さんもフリーのカメラマンでほとんど家にいないからか、兄弟仲が良すぎてほのぼのします。藍くんが反抗期なのか、沙羅に対してツンツンしているのが可愛らしかったです。

50代女性

みことは救急隊員で救急搬送時に助けたい事から手順を変えてみた。隊員からは怒られたが患者は助かった。良かったと思いましたが、また後日その人は救急搬送された。そして亡くなった。やはり死の運命は変えられないのかとみことは落ち込んでいた。死の運命は変えられないと思いました。落ち込むみことを元気にしたのは姉だった。みことが最初に死を見るのは姉だった。だから何とかして変えたいんだと思いました。大好きな姉を死なせたく無いから、何か変えて死なせないでほしいと思いました。

40代男性

死の運命が見えてしまう花巻みことが、いつもと違う患者に対する処置をしようとする場面は何か気持ちが分かりました。同じ行動を取れば死の運命が変わらない。だから違うことをしようとする花巻みことの気持ちがドラマを見ていて伝わりました。花巻みことが義姉沙羅のことが好きなのはわかりました。沙羅はどうかと思っていたが義兄廉がみことの帰りの遅さに女が出来たかなと言ったときの沙羅の雰囲気でわかりました。沙羅も好きなパターンかなと見ていて感じました。初回を見た感想はそれなりに面白い。

20代女性

みことが沙羅のことを想う気持ちがとても切なすぎました。義理と言えど姉弟だし、気持ちを伝えることができないなんて辛いだろうなと胸が痛かったです。日常生活の中で沙羅のことをチラチラ見ているみことの目が優しくてキュンとなりました。また、みことの死期が見える能力は、救命士にとってプラスになると思っていたけど、見えてしまうせいでみことは人よりも辛い思いをしているんだなと悲しかったです。みことは人一倍救いたいという思いがあるから、かなり心に負担があるだろうなと感じました。

40代女性

マリーゴールドは姉が好きだった花なんですね。4分間の意味がまだわからないです。みことは姉とはじめてあった時みてしまったんですね。姉の死を。大切な人の死を知ってしまった以上はなんとしても変える方法が知りたいです。姉を救うために救う方法を知りたいと願うみことの願いが叶うといいなと思いました。

30代女性

みことがお姉ちゃんとお墓で夫婦に勘違いされて嬉しそうにしているところやお姉ちゃんの部屋でお姉ちゃんの絵を見ながらお姉ちゃんと話しているところのしぐさがお姉ちゃんのことが好きなんだなと伝わってきて、むず痒かったです。血は繋がっていないとはいえ、一番近くでお姉ちゃんの事を見ていたら好きになってしまうんだろうなと思いました。みことは隠しているつもりかもしれないけど、その姿がバレバレなのでいつかばれてしまうんじゃないのかなと思いました。

30代女性

みことが朝、姉のさらが絵を描いている姿を優しくていとおしい目で見つめている姿に、みことの気持ちがとても純粋なんだなと、素敵だなととても感じました。夜、姉がみことの顔を描いた絵を並べながら、「この世で一番みことを見ているの、私だと思う」とお姉さんが言ってくれたとき、ふと、みことが本音で「俺もだよ」と言ったあと、焦っていた姿が可愛くて純粋だなと感じました。みことが手を握るとその人の死が分かってしまうこと、とても辛くて耐えられないと思います。どうか向き合ってほしいです。

20代女性

主人公のみことが手を合わせると、その人の運命が見えるというのは複雑だなと思いました。救急救命士として働く中で、助けたいという気持ちから違う行動をとって、隊長などに注意されているのがなんともいえないなと思いました。落ち込むみことに、姉である沙羅がやさしく包みこんであげていたのが良かったです。一番みことのことを理解していて、いつもそばにいてくれる沙羅が素敵だなと思いました。最後に沙羅が1年後に亡くなってしまうという運命は驚きました。

40代女性

お父さんが倒れて救急車を呼ぶときに、上手く説明できなくて隊員の人がお父さんに話しかけて上げてと言ってずっとお父さんに寄り添って話しかけるところを見て涙が溢れ増した。自分の父親が倒れたら冷静でいられないし、もっと自分が早く気が付けば助けられたのにと自分を攻めてしまうのを見つけてお姉ちゃんが言葉をかけてくれたことによって、その時夢が決まって、家族の愛を感じました。再婚同士で姉弟になったけれど、一緒に過ごしていくうちに素敵な姉弟になるんだなと思いました。

30代女性

手のひらを合わせることによって、その人の最後が見えてしまうという特殊能力を持ったみことが、自分の最愛の姉を助けることが出来るのか気になりました。血の繋がった家族はいないけれど、あんなに素敵な家族を死ぬ前に作ってくれたお父さんには本当に感謝してると思います。死ぬことが分かっていても、その人を助けることが出来ないとは分かっているみことは、凄く苦しいと思います。まだ助かった例はないけれど、沙羅が最終的に助かるといいなーと思いました。

20代女性

人の運命が見える、なのにその運命を変えることができないのに、救命救急の仕事を続けているのは辛いのではないかと思ってしまいました。しかし、みことが何故、救命救急の仕事を選んだのか、続けているのかが分かったときには妙に納得してしまいましたが、その道に進むと決めたからには、もうちょっと迷わないで欲しいですね。そして、今回は菜々緒さんが凄く素敵です。いつもの強いイメージや悪い女性のイメージは一切なく、完全に清楚で優しい女性で、こんなお姉さんが欲しいと思ってしまいました。

20代女性

小さい頃ある日突然手を重ねた人の死が見えるようになってしまったみこと。いままでは仕方ないことだとなにもしてこなかったがなんとしてでも助けたいという思いで思い切って違う方法で助かる方法を考えてやってみました。そこで初めて人の死の人生を変えることができました。死ぬってわかっていても一か八かで助かる方法を探してくれる救急団員が一人でもいれば周りの人はきっと幸せになれるんだなとおもいました。菜々緒さん福士蒼汰さん横浜流星さん桐谷健太さんの共演シーンがおおくてほんとに見ていて嬉しかったです。

50代女性

みことは父の再婚で兄弟が出来たが、その姉を好きだなんて可哀想になりました。父が死んだなら何とかならないのかと思いました。救急隊員で救急搬送時に死んでしまう事が見えてしまうらしく、辛いと思いました。父の墓参りに兄弟4人で行き、姉の運転にはハラハラさせられました。絶対に乗りたく無いと思いました。墓参りでは若いのに関心ねと声をかけられてごご夫婦と声をかけられると姉はハイと答えていた。姉もみことを好きなのだろうか、ご夫婦に嬉しそうに答えていた。

40代女性

救命救急士としてその人の運命がら見えてしまうというとても不思議なドラマであり、なんだか怖いようなドラマだと思いました。現場で命を助ける救命救急士との仕事がここまで大変な仕事でそして最初の処置で結果が大きく違うことを知りました。終始ハラハラするようなドラマでした。そして運命が見えてしまうい、それを変えるために行動を変えてみた主人公のみことにとても感動しました。そしてどうにもならない義姉への恋愛感情がとても切なくて見ていて純粋な感じが良かったです。2人の会話や幼い頃のやりとりにもあたたかな気持ちになりました。次回も二人の行方が気になります。

【第2話】あらすじ「料理担当の末っ子・藍の抱える秘密」

1年後の誕生日に最愛の義姉・沙羅(菜々緒)が死ぬ運命にある―――。
みこと(福士蒼汰)は、沙羅と初めて会った日に視えた“死の運命”が今も変わっていないことに動揺するが、絶対に沙羅の運命を変えると心に誓う。

沙羅のことを過剰に心配し始めたみことの異変に気づいたのは藍(横浜流星)だった。藍は、みことの様子に違和感を覚える。

そんな藍にも、実は1人で抱えている秘密があった…。
なぜ料理を作り始めたのか、その理由や家族への思いを知ったみことは、藍に“死の運命”が視える特殊能力があることを告白する。

引用元:https://www.tbs.co.jp/4mari/story/

【2話:視聴者の感想】

20代女性

今回はみことが姉の沙羅に人間ドックを受けるように、すすめていたのが印象的でした。今は健康だけど、みことだけは沙羅が1年後に亡くなってしまうことを知っているからこそ言っているんだなと思いました。みことが沙羅のことを気にかけすぎて、兄弟が変に思っているところもさすがだなと感じました。また和江ちゃんから料理を教わっていた藍が、なによりも楽しそうでした。和江ちゃんを救うことができなかったみことは、複雑だなと思いました。
視聴者の感想をもっと見る>>

30代女性

今回も、助けることが出来なくてとても残念な結果になってしまいました。しかし、かずえちゃんから教わった料理は藍が受け継いでいるので、料理を作るたびにかずえちゃんのことを思い出してもらえると思います。藍とかずえちゃんの関係がとても素敵だな~と思いました。あんなに歳の差が離れているのに、料理という点で繋がることが出来て、かずえちゃんは死んでしまったけれど、最後は藍が救急車も呼んでくれたし、幸せだったと思います。

40代男性

四人兄弟の末っ子である花巻アイが愛の味を教わった師匠日村カズエが、秋になるといつも救急車を呼んで、花巻みことがいる救急救命士一同に家庭料理を『どうぞお食べ』とやり取りをする和やかな話が始まりでした。だが、突然、花巻アイがカズエのアパートに訪問しているときに日村カズエが体調不良でベットで横になり意識を失った。救急搬送している最中、手を合わせると死の運命がはっきりと映像で分かる主人公花巻みことが急性クモ膜下血腫の疑いで専門の病院で治療をするように訴えるが、チーム長の判断によりかかりつけ医がいる病院へ搬送する事となる。結局、急性クモ膜下血腫で死去する。みことの職場でさっきの行為は越権行為である同僚から罵られる。数日後、鯖の味噌煮を花巻家で振る舞って終わるストリーでした。伏線として、花巻沙羅と知り合いのやり取りの中で、この世で何を残すか?という話があった。絵や書を残す事等が話題になっていたが、最終回はきっと愛する人と過ごした楽しい思い出を残す事が、残された者達にとって後悔が少なくなり悲しみも癒えると独善的ながらついついそう踏まえました。

30代女性

ついに2話にして主人公の特殊能力が弟にバレてしまいました。

しかし、すんなりと受け入れられたのには安心しました。
誰一人として理解者を得ないまま秘密にして悩んできた特殊能力、やっと打ち明けられてちょっとほっとしたのではないかなと感じました。
まだ運命を変える道はわかりません。
一度も運命にあらがえていません。
人間ドックを沙羅にしてもらったけれどいじめるありませんでした。

沙羅を救えるのか…沙羅はどうして亡くなってしまうのかが謎で気になります。

20代女性

尊がついに藍に自分の特殊能力のことを話したことがびっくりでした。藍は信じてくれるだろうかとドキドキしたけど、尊のことを全く疑ってなくていい関係だなと感じました。しかも、和江ちゃんの運命がみえていたのに助けてくれてありがとうなんて言葉が出てくるなんて、なんていい子なんだろうかと思いました。だけど、尊が沙羅の死の運命をみてしまったことを話さなかったことが気になりました。あえて話さなかったんだろうけど、藍にも話して協力してもらったらよかったんじゃないかなという気もします。

30代女性

きっと和江ちゃんには、救急車を呼んではいけないことは、わかってたはず。でも、息子を失った悲しさから、呼んでしまうのですね。とても悲しいです。そんな和江ちゃんに接するみこと。優しいですね。一方で、藍の料理の師匠が和江ちゃんなんて。藍の料理に、温かさを感じます。でも、その裏に、藍がいじめられていたなんて。ショックです。それを救ってくれたのが和江ちゃん。そんな和江ちゃんを救えなかったみことは、悔しかったでしょうね。でも、藍のありがとうという言葉は、救われた感じがしました。

20代女性

藍が高校でいじめにあっていたことがわかりました。1話では全然そんな気配なかったし、家族にも黙っていたんだなと思いました。でも藍を救ったのはかずえさんというおばあちゃんでした。藍に料理を教えたのがこのおばあちゃんで、嫌な気持ちから救ってくれたようでした。藍にとって大切な人だったけど、体調が悪くなってしまってそのまま亡くなってしまったのは残念でした。みことが病院に救急隊として搬送したけど、その時にみことの違和感に藍は気付き、特殊能力のことを打ち明けていました。でも沙羅の運命のことは告げなかったので、みことの気持ちを思うと辛いなと思いました。みことの色んな気持ちを楽にしてあげたいなと思ってしまいました。

50代女性

藍は老婦人和江の元へ向かい、料理を食べた瞬間、何か違うと感じていた。すると、和江は倒れてしまい、藍は救急車を呼ぶ。みことらは対応するが死の運命が見えてしまう。急性くも膜外血腫だと判断し、そのとおりだった。みことは上司に勝手に判断するなと罵倒されてしまう。そして、和江は亡くなってしまう。藍は、なぜ、運ばれる前から和江の病気を知っていたのか尋ねると、死の運命が見えてしまうと告白した。一方、人間ドッグの結果が異常なしと出た沙羅は嬉しそうだった。みことは沙羅の運命を変えることが出来るのだろうか?

30代女性

現場で命を助ける救命救急士との仕事がここまで大変な仕事でそして最初の処置で結果が大きく違うことを知りました。終始ハラハラするようなドラマでした。そして運命が見えてしまうい、それを変えるために行動を変えてみた主人公のみことにとても感動しました。人が亡くなってしまうことの重大さや残された人の切なさを感じるドラマでした。そしてどうにもならない義姉への恋愛感情がとても切なくて見ていて純粋な感じが今回も良かったです。2人の会話や幼い頃のやりとりにもあたたかな気持ちになりました。次回も二人の行方が気になります。

30代女性

みことが医者でもすぐに分からないような病名を言い当ててしまったことによって、藍にみことの能力がバレてしまいました。一人で抱え込むのもつらいと思うし、藍という心強い相談相手が出来て良かったな~と思いました。しかし、肝心の沙羅のことは言えないので、やっぱりみことは辛いなと思いました。今日の放送を見て、藍は兄弟の一番下で年もみんなと離れているのに、しっかり者だな~と思いました。これからも家族のために家事をするなど縁の下の力持ち的存在でいて欲しいです。

20代女性

かずえおばあちゃんの病気に対して尊の言うことが誰にも信用されず聞き入れてもらえなかったことがかなりもどかしかったです。空回ってるなんて先輩からもやじられて、とてもかわいそうでした。能力のことを言ったって信じてもらえないだろうし、救えたかもしれない命を救えないというのはとても辛いだろうなと思いました。しかも、それが自分に関わりあるかずえおばあちゃんだったからより一層後悔がなかっただろうなと感じました。ど

20代女性

みことには、沙羅がいつ亡くなるか分かっても、何が原因で亡くなってしまうのか分からないんですね。だから賞味期限を気にしたり、人間ドックを勧めたり、そんなみことが切ないです。一話目ではあまり出番がなかった藍くんですが、料理は知り合いのおばあちゃんに教わって、みこ兄の心配して、本当に優しい兄弟で羨ましいです。廉には、もうちょっとちゃんとして欲しいですが(笑)かずえちゃんは残念ながら亡くなってしまいましたが、みことの特殊能力を聞いても、決してみことを責めたりすることなく、ありがとうと言える藍は本当に素敵な人ですね。

20代女性

年寄りの寂しさや異常が見られなくても救急車を呼んでしまうというのを聞いたことがあり、実際に呼ばれた救命士は迷惑なのかもしれないが、必ずしも異常がないということはないのだと気付かされました。不安や悲しみの小さな変化で救急車という必ず来てくれる選択肢を選ぶのだと感じました。人の死を知っていたら後悔しないように何が出来るのかと考えても分からないし、後悔しない事なんてない、だからこそ日々を大切にしないといけないと感じました。救えるのなら救いたいのに結局運命を変えられないみことを見ていると苦しくなりました。どこかで運命を変えられると信じなければ沙羅の命も救えないので変化を起こして欲しいです。人間ドックを受け異常のなかった沙羅はどのようなことが起き死に近づいていくのか気になりました。能力を知った藍が沙羅の死を知り家族がバラバラになりそうな予感がしました。

30代女性

やっぱり未来を変えるということは出来ないのかなと思ってしまいました。せっかく病名も分かっていたのに、助けることが出来なかったみことは本当に辛いと思います。そして、藍もかずえちゃんと慕っていた人を亡くして、本当に辛いと思います。普通は、知らないおばあちゃんからタッパーに入っておかずを勧められても食べないと思うのに、それを食べちゃう藍は優しいな~と思いました。凄く美味しそうに食べていたので、どれくらい美味しいのか私も食べてみたいです。

20代女性

藍が和江ちゃんの料理の味がおかしいことや、野菜の形がバラバラなことなど、異変に気づいていたところがかっこよかったです。和江ちゃんと一緒にいる時間で、たくさんのことを学んだんだなと思いました。そしてみことは手を合わせると運命が見えることを、藍に話したところが良かったです。きっとみことの中で誰にも言えなかったことだから、少し重荷がなくなったような気がしました。沙羅を見つめるみことは、いつもやさしいところが素敵だなと思いました。

【第3話】あらすじ「幼なじみの突然の帰国..海外への誘いに揺れる沙羅」

みこと(福士蒼汰)は緊急出動した事故現場で廉(桐谷健太)の親友であり、幼なじみの青葉広洋(佐藤隆太)と再会する。フリーカメラマンとして海外で活躍する広洋は、次の仕事で日本を発つまで花巻家で暮らすことになる。

藍(横浜流星)の手料理で皆が食卓を囲む中、広洋は、絵を描くために様々な世界を見てみたいと言う沙羅(菜々緒)に、自分のアシスタントとして一緒に海外を旅しないかと誘う。

引用元:https://www.tbs.co.jp/4mari/story/

【第3話:視聴者の感想】

30代女性

みことは幼馴染みの広洋と再会して、沙羅が広洋の仕事の話を聞いて海外に行ってみたいなと言う気持ちがあって、沙羅の気持ちも分かるけれど沙羅の運命を見てしまったからみことは沙羅の海外に着いていく話を聞いて心配で仕方がないのは分かるけれど、彼女の人生だから彼女が後悔しないように生きてほしいしなと思いました。沙羅の運命が変われば素直に応援できると思うし、今だけは素直になれないみことの心が辛いなと思いました。
視聴者の感想をもっと見る>>

40代女性

ある日救急要請があってみことがかけつけた現場は、結婚式場でした。ドレス姿のまま倒れている新婦に必死に名前を呼ぶ新郎。能力によりくも膜下出血だとわかったみことはそれ相応の処置、対応するも見えた通り亡くなってしまいました。自分の無力さと、やはり運命は変えられないのかと落ち込むみことに、新郎がお礼を言いにきます。その時新郎が言った言葉がとても気になりました。それは、「短い間でしたが、少しでも愛することができて本当に幸せでした。」と、いうもの。まさかこれは、沙羅とみことの将来の結末を表す伏線的な言葉では・・と、ハラハラしました。ようやく、お互いの想いを確認しあい、両想いになった二人に、運命を変える方法が見つかることを心から願わずにはいられない第3話でした。

20代女性

沙羅の夢が一度は海外に行って絵が書きたいと分かっていても、来年死んでしまうことが分かっているみことの立場だと、行って欲しくはないですよね。さらにヒロちゃんとどうなってしまうか分からないわけですし。そして、図々しい同僚の女の子は何気に、みことの背中を押す役目だったんですね。あそこまで自分本位で割り切ってる人も珍しいものです。しかし、あれだけ背中を押されながらも、告白がまさかの沙羅からなのには笑ってしまいましたが、二人には運命を変えて幸せになって欲しいです。

50代女性

沙羅が海外へ行きたいという話に、複雑な思いを抱きながら、同僚に例えばなしをしているみことが、なんだか可愛かったですね。側に居て欲しい、でも、沙羅の気持ちを尊重したい揺れ動くみことの気持ちが、切ないです。一方、沙羅が、みことへ、自分の気持ちを話しているシーンが、とても心に響いて、良かったです。また、告白が、土砂降りの中であったのは、余計に沙羅の熱い気持ちが伝わってきました。2人の気持ちが幼い頃から、少しずつ育まれていったのだと思うと、なんだか優しい気持ちになりました。

40代女性

つ、つ、ついに沙羅からみことへ雨の中の告白!感動的でした。抱き合うシーンは美男美女で絵になります。でもせっかく同僚の女の子が背中を押してくれてたのに、結局女からの告白かい!ってちょっと思いました。そんで、助けに行こうとしてた人はもういいのかい?と突っ込みたくもなりました。なんにしろ片思いに終止符が打てて良かったです。沙羅はもうすぐ死んじゃうかもしれないからのんびりしてる時間がないもんね。お兄ちゃんがかなり反対しそうですが、来週は胸キュンシーンが多そうで楽しみです。

40代男性

結婚式でくも膜下血腫で花嫁を死に向き合った花婿が、救急救命士である花巻みことと向き合って「ありがとうございました。感謝しています。短い間でしたが、彼女を愛する事が出来て本当に良かったです」と感謝の気持ちを伝えるシーンは良かったです。約1年後愛している義姉花巻沙羅と花巻みことの恋愛が進展していくと思いますが、死の運命に向き合うまで禁断の恋愛行動をどうしていくのかが気になりますね。他の兄弟を尻目にどういう風に恋愛感情を顕わにしていく面白いドラマに発展するかが見所だと思います。

50代女性

廉の親友でフリーカメラマンの広洋が帰国した。花巻家で藍の作った食事を共に楽しんだ広洋は沙羅を海外での仕事に誘う。まんざらでもない様子の沙羅にみことは複雑だ。そんなある日、結婚式場からの通報がある。花婿の敦志が必死に呼び掛ける中、みことは花嫁の美亜の運命をみてしまう。その予感は的中し、美亜は亡くなってしまう。みことは複雑だ。そして、沙羅は、みことのことが好きだと告白する。二人は、そったと、抱き合っていた。やっと恋が実って良かったと思う。

30代女性

みことが同僚と恋のお話をしていて、好きな人に遠慮して自分の本音をはっきり話さないところを言われていて分かるなと思いました。みことは相手の顔色を伺ってしまうところがあるから、相手からしたらみことが何を考えているのか、思っているのか分からなくてそこが不満になってしまうから、みことがそこは相手の事を考えて本音を少しだけ話してくれたら、相手もみことの事を理解してくれるのになと思いました。みことの恋がどんな風に転ぶのか楽しみです。

20代女性

今回は沙羅が海外に行きたいと言って、みことが複雑な気持ちになっているところが印象的でした。沙羅の夢を叶えたいという思いと、そばにいることができないという思いどちらもわかるから難しいなと感じました。そしてみことが仕事でケガをした時、沙羅が本当に心配していたのが良かったです。また最後に雨の中沙羅が、みことが好きと言ったところが素敵でした。その後みことは沙羅を抱きしめて、俺もだよと言ったところは思わずキュンとしました。

20代女性

花嫁が結婚式当日にくも膜下出血で亡くなったことがショックでした。一番幸せな時に亡くなってしまうなんて、本人だけじゃなく、残された周りの人もかなりつらすぎるなと思いました。尊も救おうと頑張ったのに救えなくて悔しそうなのが切なかったです。だけど、後日、新郎が尊の元へお礼を言いにきてくれたことが本当に嬉しかったです。命こそ救えはしなかったけど、少しでも役に立てたとわかって、尊もかなり嬉しかっただろうなと感動でした。

20代女性

藍くんの「仕事辛くないの?」は、本当にそう思いました。しかし、みことには沙羅をなんとしてでも救いたい、運命を変えたいという思いがあるから、言い方悪いけど、沙羅がなくなるまでに、なんとかして運命を変える方法を知りたいんですよね。ただ、みことの性格ならば、そんな理由がなくても運命を変える方法を探してそうですが。今回ついにみことと沙羅が両想いということが分かり付き合い出すようですが、はたして運命を変えることが出来るんでしょうか?バットエンドじゃないことを願います。

30代男性

みことの方が事故に巻き込まれるという展開は予想もしていませんでした。幸い軽傷で済みましたけど、みことの場合は一年後に生きていられるかどうかすら分からないんですよね。そういう意味では来年の誕生日まで決して死なないであろう沙羅の方が安心という、ちょっと変な見方もできてしまいます。廉や藍の未来だって未確認のままですし、そんな沙羅のことばかり考えて自分を含めた他の人生を疎かにしていてはいけないのかもしれません。できれば花巻家の全員が幸せになるハッピーエンドに辿り着いてほしいですね。

20代女性

死が近づく沙羅が、海外に行くと言い出し何か起きるんじゃないかと心配なみことの目の演技が素晴らしかったです。訴えたいことがあっても言えないもどかしさなど、言葉が沢山詰まった演技でした。沙羅を思う気持ちが溢れ出ていていつ周りにバレるのか見ていてハラハラしてしまいました。兄弟だと思っていた人たちが恋愛をする姿をみて、家族はどう思うのだろう。好き同士だとわかったとしても、みことはどう沙羅を守っていくのか気になりました。堂々と守ることができるのか、気持ちを知った以上妙な態度を取り合うことになるのではないかと気になりました。

30代女性

みことは出動した事故現場で幼なじみ広洋と偶然に会う。広洋は様々な世界を行ってみたいという沙羅に一緒に海外へ行かないかと声をかける。それを聞いたみことは義姉の沙羅のことが心配でならない。今後の人生を知っているみことはさりげなく反対する。みことの姉に対してさらに気持ちが今後も大きくなっていきすごく切ない感じでした。救命救急士として働きながらその人の手をかざすと運命が見えてしまい最後のときが見えるとても不思議なドラマだと思いました。

30代女性

結婚式で倒れた女性の運命を見て、絶対死なせないと思って脳外科の病院に運んで彼女の運命を変えようとするが、運命を変えることができず落ち込む姿を見ると運命を見て助けられないもどかしさは本人にしか分からないと思うけれど、命を助けようと彼女の命を救おうとしたみことは偉いなと思いました。人の痛みに触れて寄り添うことが出来るみことを見ると素敵な人だなと思います。みことの思いはきっと彼女にも伝わっていると思うからいつか命が救える日が来たらいいなと思いました。

【第4話】あらすじ「義兄の想いに「家族」が崩れ始める!?」

「ずっと好きだった」とお互いの気持ちを確かめ合ったみことと沙羅。

2人は、しばらくは自分たちのことを、廉や藍、広洋に気付かれないように“秘密の恋”を育む。

引用元:https://www.tbs.co.jp/4mari/story/

【第4話:視聴者の感想】

40代男性

第4話では、みことと沙羅の会話のシーンが気になりました。みことは「廉がいたから家族になれた」と言いました。幼少期のみことは、廉のことが怖かったそうです。年が離れていたので、話しづらかったではと思いました。廉は、学校帰りのみことをバイクに乗せて走りますが、関係性を深めたかったのではと思いました。藍は、みことと沙羅の関係を知らないので、不満だったと思います。もしも、知ってしまった場合の心理状態が気になりました。

視聴者の感想をもっと見る>>

30代女性

相手の未来が見えてしまい姉への気持ちがますます強くなっていくのではないかと思います。お互いの気持ちを正直に告白したことは大変驚きました。姉の未来が見えてしまい動揺する主人公のみことが今後姉のためにどんどん格闘していくそんなドラマだと思います。周りにいろいろな自分の能力を知られることなく、今後もそんな自分の不思議な能力と格闘としながらも考えながら暮らしていくのではないかと思います。それによって考え苦しみいろんな人の人生に携わっていくのではないかと思います。毎回いろんなキャスト陣が出てきて1話完結のような感じでドラマを展開されるのじゃないかと思います。

20代女性

沙羅がいい具合に尊のことをリードというか振り回している感じがとても良いなと思いました。束の間の兄弟であることを忘れられる時間を楽しむ二人が尊かったです。だけど、二人がキスしているシーンを廉が目撃してしまったことはショックでした。沙羅だけじゃなく、尊のことも実の弟のように可愛がって育ててきたからこそ、二人のことはかなりショックだったろうなと感じました。尊のことを本気で責める廉の真剣な表情が辛そうでした。

30代女性

しろがいなくなって皆で白を探しているとしろが家に帰っているんじゃないかと言われ帰ると白は家に帰ってきていて解散になり、みことと沙羅は二人だけの時間を楽しんでみことと沙羅がキスしているところをお兄ちゃんが見てしまい、まさかお兄ちゃんが見てしまうなんて思わなかったです。やっと二人の思いが通じたと思ったら今度はお兄ちゃんを納得させられるような理由を言わなければいけないのかと思うと二人の恋は大変だなと思いました。

30代女性

今回の話は、恋愛要素が盛り沢山でいつもと違った感じになっていまいたが、とても面白かったです。ずっと好きだった人が、自分と同じで家族以上の気持ちを持っていてくれたと分かったみことは本当に幸せだったと思います。しかし、兄に大反対されてしまい、凄くショックだったと思います。すんなり上手くいくとは思ってなかったとは思いますが、分かっていても反対されるということは辛いと思います。いつか、お兄ちゃんに認めてもらえるといいなと思いました。

30代女性

家族で近くの神社のお祭りに行くことになって、家族でお祭りに行くと皆バラバラに行動することになって沙羅とみことの二人で屋台を楽しんでいると、みことの同僚が彼女と歩いてきてみことに挨拶してみことに彼女ですかって聞いて笑って誤魔化すところが可愛かったです。沙羅もみことが否定しなかったことが嬉しくてみことに否定しなかったねって言うところが可愛くて二人がお互いに好きあっていることが伝わってきていい感じだなと思いました。

50代女性

神社でのキスをしているみこと達を目撃した廉が、次の日分かりやすく気まずい空気を放っていて、笑ってしまいました。親代わりのつもりだった廉の気持ちを考えると複雑だろうなとも感じました。食道がんを患っていた二条梓と8年間絶縁関係だった娘の再会を見て、沙羅の運命を知らない廉に9月23日の誕生日に死んでしまうという真実をみことが打ち明けましたが、いきなりそんなオカルトチックな話をされた廉が、藍の時みたいには能力の事を素直に信じるとは思えず、更に沙羅が死ぬ事は藍にも秘密にしていますので、それらが全てバレてしまう次回がとても楽しみになった回でした。

40代女性

廉がかつて恋人より家族を優先したから、みことにも沙羅への気持ちを封印しろというのは、かなり身勝手だなと思いました。口には出さないけど、みこともずっとその想いを子供の頃から抑えてきたんだし、その均衡を崩したのは沙羅の方なんだから、みことを責めるのは酷だと思いました。世間体が気になるのは仕方ないとは思いますが、そんな理由でふくれるとか、藍だけ仲間外れにするとか、言動が一番子供っぽいと思いました。自分が長男で家族を守っていると思っているけど、むしろ廉が一番家族に寄りかかっているような気がしました。

30代女性

2人の仲を廉が大反対しており、ついにみことは沙羅が来年の誕生日に死んでしまうということを廉に告げたところで終わりました。いきなりそんなことを言われて、廉はみことの言うことを信じられるのかなーとは思いましたが、どんな反応をするのか楽しみです。そして、まだ何も知らない藍は、みことと沙羅のことをどう思うのかなーと気になりました。まだまだ問題が山積みなので、少しずつ解決していい方向に向かっていくことを願います。

50代女性

みことと沙羅は灯台で今後のことを話し合う。そして救命のスキルをあげたいみことは気管挿管の研修で病院に赴き、食道ガンの患者梓の戦術を担当することに、梓は唯一の身内である娘と何年も会っていないという。その夜、広洋の誘いで廉を除く花巻家の面々は神社の秋祭りへそこで沙羅と二人きりになる。そして、キスをしてしまう。それを廉は見てしまう。しかし、廉は沙羅と付き合ったら、家族をやめるとみことにいう。それはみことのことを心配しているからであった。しかし、みことは来年の誕生日に死んでしまう運命にあると告白する。廉はショックを受けてしまう。4人の兄姉弟はどうなってしまうのだろうか?

30代女性

お祭りに行った時に、会社の後輩に遭遇してしまい、後輩に沙羅のことを「彼女さんですか?」と言われたみことがなんだか可愛かったです。姉とも彼女とも言うことは出来ないけど、否定もしない感じがなんだか微笑ましかったです!そして、否定されなかった沙羅もなんだか嬉しそうで、甘酸っぱい気持ちになりました。愛犬がいなくなるというアクシデントが起こり、束の間のデートを楽しむこと出来た二人。でも、地元だし、あんなところで堂々とキスをしてはマズいだろ!と突っ込んでしまいました。

20代女性

みことと沙羅が秋祭りで、一緒にゲームをしたりわたあめを食べたりしていたのが良かったです。お互い幸せそうだなと思いました。みことが沙羅にキスをしたところは思わずキュンとしたけど、その場面を廉が見ていたのは複雑だなと思いました。その後に廉がイライラしたり、家族をやめると言ったりしたのはなんだか共感できる部分がありました。最後にみことが廉に沙羅が1年後に亡くなると伝えたところは、驚いたけど頑張ったなと思いました。

30代女性

みことと沙羅の気持ちが通じ合ってから、2人でいるシーンがドキドキするようになりました。家族にも秘密の恋が始まったからです。特に祭りのシーンは胸キュンが多かったです。初めて手を繋いだり、初めてキスしたり幸せな気持ちに私までその瞬間はなりました。でも廉がその場にいて、関係がバレてしまって、花巻家がどうなってしまうのか気になっていました。家長としての廉の家族を思う気持ちもすごく分かるし、みことの沙羅が余命が短いから素直に生きたい気持ちも分かるし、正解がない難しい問題だなと思いました。

30代女性

みことが梓さんの言葉を聞いて、娘さんが会いに来てくれたことから勇気を振り絞ってお兄ちゃんを呼び出して沙羅の一年後の話をしてお兄ちゃんに理解してもらおうとするところが素敵でした。愛する人が一年後亡くなってしまう曽和な運命を変えるために毎日必死になっていることをお兄ちゃんに理解してもらって皆で沙羅の運命を変えてくれたらいいなと思い増す。家族思いのお兄ちゃんだからみことの話に耳を傾けてくれると思うし分かってもらえると思うので皆で頑張って運命を変えて欲しいなと思いました。

20代女性

沙羅とみことが両思いの姿がとても嬉しく思いましたが、廉の家族に対する熱い思いや、家族だと思っている人が家の中でこそこそ付き合っていたなんて知ってしまうと普通にはできないと思いました。付き合うことに対してよりも、沙羅の死について話してしまったみことは、余計に家族を不安にさせギクシャクさせてしまうのではないかと思いました。みことの能力を知っていた藍は、みことをどう思うのだろう。知っていたのになぜ教えてくれなかったのか責めてしまう気もします。付き合うことよりも、家族の死を知ってしまう方が気が重くなってしまいそうな気がしました。死ぬ程家族のことを考えているみことや廉のような家族愛のドラマを久しぶりに見たので感動のシーンが多く、死を守り抜いてほしいの願っています。

【第5話】あらすじ「沙羅が!廉が!藍が!…余命を知る」

廉に沙羅が28歳の誕生日に死ぬ運命にあると打ち明けたみこと。全く信じない廉だが藍が最近のみことの様子が変だと口にしていたことからひっかかりを感じる。

引用元:https://www.tbs.co.jp/4mari/story/

【第5話:視聴者の感想】

50代女性

みことから沙羅の命を打ち明けられても、きっと混乱して信用できない。廉の先輩原田の妻が救急車で運ばれる。最期を知ったみこと。その運命はやはり変わらない事から、確信し泣き崩れる廉が熱くて辛すぎる。藍と3人で話し合う様子を、沙羅に聞かせるみことの決断は衝撃だった。4人の力で運命を変えてほしい。俺がしっかりしないとというみことが、カッコ良かった。4人の信頼の絆が温かく美しい。絆を強めるためにも、みことと沙羅は結婚して欲しい。運命が変わりますように。

視聴者の感想をもっと見る>>

40代女性

みことの予言どおり、廉兄の同僚の奥さんが膵臓ガンで亡くなるのを目の当たりにして、みことの能力を信じざるを得なくなった廉兄。すぐに藍にポロっと漏らしてしまったのには驚きました。藍も沙羅の運命を知ることになり、3人で話してるとき、沙羅がまたみことの押入れに隠れてるとは‼‼みことは知っていて、みんなの前で喋ったんですね。いずれ話すことになるだろうとは思ったけど、こんなふうな形で話すなんて。。自分だったら嫌だなと思いました。沙羅は、自分が死ぬ運命が見えてしまったみことを「辛かったね」と気遣いますが、いいコすぎだよ〜と思ってしまいました。でもやっぱり来週は気持ちのすれ違いが起こってくるようですね。ただみんな、しあわせでいたいだけなのに、辛いですね…。もし私が運命を知れたなら、死ぬまでに何ができるかの方が大事ですが、みことたちは運命を変えようとするんですね。沙羅自身はどうするのだろう。。次回が気になります。

20代女性

みことがまずお兄さんにさらが一年後に亡くなる事から告げます!めちゃめちゃ悲しいです、言われてもなかなか受け入れたくないです。そしてお兄さんの同僚の原田さんの奥さんが倒れます、そしてすい臓を見て下さいと言われます。みんな救急隊員がひと目見ただけですい臓ガンだなんてと思わないかぐらいに疑問です、普通なら不信感持ちそうなのにと感じました。お兄さんはみことが話した事が現実になっているから全てを悟りました。自転車めちゃめちゃ必死で漕ぎたいですね、そして藍くんも高校生なのに悩みが重いから普通に話せられないし、相談出来ないから辛いですよね!でも恋人であるみことが一番辛いです。だからこそ家族の助け合いが大事です、最後のお姉さんの行動が食卓を明るくするんだなと思いました。

50代女性

廉、藍は、みことから一年後の誕生日に沙羅が死んでしまうと聞いてしまう。廉も藍も信じられなかった。しかし、そして、押し入れの中にわざとしのびごられた沙羅は自分の運命があと一年だということを知ってしまう。しかし、沙羅は来年のカレンダーを出してきて、誕生日に○をつけていた。みことと沙羅はお互いを慰め合いながら、抱き合っていた。そしてみことは沙羅に結婚を申込む。廉と藍も自分かなにができるのか、考えてみていた。

30代女性

みこととさらのやりとりが兄弟だったり、恋人ぽっかったりそのシーンで違うのがたまらない。たまにみことがさらと呼ぶシーンはとくにキュンキュンします。さらの押し入れから出てくるシーンもとてもかわいかった。今までのイメージとは違って可愛さが半端ないです。絵を書くシーンもなんだか新鮮。れん兄さんのお兄さん感も大好き。兄弟思いで自分のことは後回し。時には厳しく時には優しくそのギャプがとてもいいです。次回は結婚!!話が進みすぎてどうなるのかとても気になる。

30代女性

死が見えるというみことの言動を全く信じない廉兄。そのことで、余計二人の仲が悪化しているように見えている中、廉の職場の先輩の奥さんを救急搬送したみことは、奥さんの死が見えてしまいます。その死の場面の様子を聞き、実際に奥さんが亡くなる場面に立ち会った廉兄は、みことが言っていることを信じてくれるようになります。ここまでの過程がもうなんとも言えない気持ちになりました。職場の先輩の切ない気持ちと、廉兄の信じられないことが起こっていくけど、現実を受けて止めていく様子が、切なかったです。沙羅の死の場面について、部屋で兄弟で話しあっているときに、沙羅が来年の誕生日に死ぬということを押し入れに隠れていた沙羅が聞いていたシーンは、とにかく驚きました。その後の沙羅のみことに「つらい気持ちを気づかなくてなくてごめんね」的なシーンでは、どんだけいい子なんだよーとさらに切なくなりました。家族でどんな風に沙羅の死に立ち向かっていくのかが楽しみになった回でした。

40代女性

みことから「沙羅が28歳の誕生日に死んでしまう」って話を聞いても信じていなかった廉が、先輩の奥さんが亡くなった事で本当だと気が付く・・・切ないですね。みことが廉と藍に沙羅の話をしていた時に、まさか沙羅本人が聞いているとは驚きました(しかも押し入れの中!)。みことがわざと沙羅に聞かせていたと分かった時には「正直どうなのよ?」って思ってしまいましたよ。でもみことに「ずっと言えなくて辛かったね。ごめんね」と言える沙羅って本当に凄い女性だと思います。4人で沙羅の誕生日を無事に迎えて欲しいです。

30代女性

今回も、みことは廉の職場の同僚の奥さんの死を見抜きましたが、助けることが出来なかったので、凄くショックだったと思います。結果として、そのことをキッカケに廉に能力のことを信じてもらうことは出来ましたが、未来はやはり変えられないという思いも強くなってと思うので、みこともショックを受けたと思います。沙羅がどうして死んでしまうのか未だにわからないことだらけですが、その日は確実に近づいているので、どうにか助ける方法を見付けて欲しいです。

30代女性

廉がみことと沙羅の関係に反対していたけど、やっとわかってくれてひとまず安心しました。みことの力の事も信じて、沙羅が死ぬ運命にあることも受け入れていました。藍にもその事を伝え、家族が沙羅の事を大事な気持ちでいることが、行動や言動から伝わってきました。沙羅自身も死ぬ運命にあることを最後には受け入れ、家族みんなが一歩前に進んでいるようにみえました。最後の食卓のシーンはみんなの気持ちが同じ方向に向いているように私は感じました。

30代女性

今回はずっと廉は沙羅が亡くなることを、信じていなかったけど、それが確信になったところが切なかったです。みことの前で号泣していた廉が印象的でした。藍にもそのことを伝えて、男3人で真剣に話していたのが良かったです。その時まさかの押し入れに沙羅がいて、その話を聞いていたのが衝撃でした。沙羅は不安で頭が混乱するはずなのに、みことの気持ちに気づけなかったことを謝っていたのがやさしいなと思いました。みことが沙羅を絶対助けると言っていたところが、頼もしかったです。

30代女性

2人の関係を認めてもらうことは出来ましたが、まだまだ解決することはいっぱいあって、まだ素直におめでとうとは言い難い状況ではあるのですが、とりあえず一歩前進出来たということにホッとしました。これで家族全員が、沙羅が来年の誕生日に死んでしまうということを知ったわけですが、これからみんなで力を合わせて、なんとか沙羅が生き延びれる方法を探して欲しいと思います。
自分が死んでしまうという事実を知ったのにも関わらず、みことのことを心配する沙羅に感動しました。

20代女性

廉がみこと沙羅の関係を疑い怒る姿も、みことが沙羅について語り、死を知ってからのみことの気持ちを一瞬で感じ取り、今までずっと一人で悩んできたんだろうと声をかけるシーンに感動しました。本当の兄弟のようにみんなを大切にしてきたんだろうと感じました。毎回素敵な兄弟だと思わされます。死を知ってしまった沙羅への伝え方や、沙羅に知らせた方がいいと判断したみことも一番に沙羅を想い、兄弟を想い、やっと1人で抱えていた悩みがなくなり、協力してもらえる人ができ、やっと沙羅を救う方法にひとつ近づけたのではないかと思いました。いつも通りの朝をようやく迎えられた兄弟の笑顔は輝いていて、覚悟を決めた沙羅はカレンダーに丸をつけ前に進んでいく4人の絆が感じられました。

30代女性

お兄ちゃんが沙羅の死を受け入れてくれて、二人の関係に口を出さず沙羅が悲しまないようにみことに側にいてやってほしいと言ってくれたことがみことの心が救われたなと思いました。今は沙羅の運命を変えることは難しいかも知らないけれど、みこともお兄ちゃんも沙羅のために諦めず運命を変えようと動き出したことが良かったなと思いました。お兄ちゃんのみことへの信頼度も戻って久々に仲の良い家族に戻れて良かったなと思いました。

30代女性

みことの話を聞いてからお兄ちゃんは沙羅の体を気にかけたり、信じたくない気持ちがあるところを見てみことが疲れていると思い込んでいたけれど原田さんの奥さんの病気の話をみことがすい臓の検査した方が言いと言われてすい臓の検査をしてガンだったことを聞いてからみことが言っていたことが本当だったのかと気がついて、みことの事を中々信じてくれなくて、自分の中でも迷いが生じているんだなと思いました。お兄ちゃんの気持ちも分かるから辛いなと思いました。

20代女性

お兄ちゃんがみことの話を聞いてみことが疲れているだけだと思い込んでいて、みことの話を聞いてくれないところや信じてくれないところが悲しかったです。いきなり妹が死ぬかもしれないと言われたら信じたくない気持ちもあるけれど、今のみことの話に耳を傾けて欲しいなと思いました。原田さんから奥さんの話を聞いてみことが言っていた通りすい臓にガンが見つかり、その話を聞いてくれてやっとお兄ちゃんもみことの話を信用してくれて良かったなと思いました。

【第6話】あらすじ「結婚を誓う二人に、大きな壁が立ちはだかる」

年明けて、みこと(福士蒼汰)が視た沙羅(菜々緒)の運命の日まで9カ月を切った。
みことと同様に廉(桐谷健太)と藍(横浜流星)も沙羅の運命を変えるために試行錯誤するが、何が起きるか分からないまま時間だけが過ぎていった…

引用元:https://www.tbs.co.jp/4mari/story/

【第6話:視聴者の感想】

20代女性

今回はみことが沙羅に結婚しよっかと言ったところが、思わずキュンとしました。沙羅が部屋でシーツを体に巻いて、花を持って鏡を見ていたところが素敵でした。実際にウェディングドレスを着たら、本当に綺麗なんだろうなと感じました。だけど沙羅はみことのことを思って、結婚するのをやめると言ったのが切なかったです。みことが廉にそのことを言って、号泣していたのは胸が張り裂けそうになりました。でも最後に沙羅を抱きしめて、結婚しようと言ったところはかっこよかったです。

視聴者の感想をもっと見る>>

50代女性

みことは、沙羅に結婚を申し込む。不意に告げられた言葉に驚く沙羅はどう応えたらいいか思い悩む。もし、自分が死んでみことを一人にしてしまったらという不安からだった。後輩の上田は男児が倒れる現場に遭遇し、心身共に疲弊して、異動を願い出るべきか悩んでいた。みことは、過去に初めて死の運命をみた少女の話をする。みことは、不安に思う沙羅に再度プロポーズを心みた。沙羅は承諾し、二人は抱き合う。そして、家族に結婚の報告をして祝福される。そして、廉は元カノと再会する。みことは沙羅を助けることが出来るのか?次回も楽しみにしている。

60代女性

なすすべもなく、いたずらに死のタイムリミットが迫る中、沙羅はみことに「結婚しよ!」と言われ、思わず「はい」と答えたものの、あれこれ考えれば考えるほど自分が死んだ後みことが悲しみにくれる事等を思うと、やりきれなくなって一旦は断ってしまいましたが、みことが沙羅の家族で、弟になれた事が本当に幸せだったけれども、やっぱり沙羅の夫になりたい…と、もう一度結婚を申込み、沙羅も本当に嬉しそうで、スッキリしました。短い時間でも悔いのない素敵な時を過ごして欲しいです。

50代男性

みことの誕生日まで9ケ月になり、おはようとみことと、沙羅が言い合い、愛おしいように沙羅がみことの髪の毛を撫でる姿はまるで夫婦のようで藍が朝から、いちゃいちゃするなと文句を言うのは判る気がします。みことは沙羅と洗濯物を取り込んでいる時に結婚しようと言い、沙羅は嬉しそうに私で良かったらと二つ返事で答え、2人の幸せな時間が永遠に続けばよいと思いました。しかし廉と藍にはまだ、内緒にするというのが不安材料です。沙羅はウエデイングドレスを着ている気分で、廉に冷やかされ、次の瞬間、プロポーズしたと聞いた廉は、焦るなと言います。みことが沙羅の運命に諦めをつけて今の内に結婚しようと考えたのかと廉は見透かしたようですが、必死に違うと否定するみことの本音も痛いほどわかります。廉の反応を心配した沙羅に、廉が応援する、とだけ答えたのは、みことの沙羅への思いやりでしょう。しかし、沙羅は後日、結婚やめようと言います。怖いと言い、もう絵が描けなくなるかも知れない。でもプロポーズされ嬉しかったというと、みことはそれでいいと言います。沙羅はみこと一人を残していくのは耐えられないと思ったようです。廉は、みことに悪かったというと、みことは結婚を断られたと言います。みことは、自分は命を救う為に救命士になったのに何も出来ない、一番つらいのは沙羅の筈なのに、どうしたら良いのか判らないと泣きます。確かに、助けるという思いだけで、具体的に、どうしたら良いのか答えがないのは、むごい宿命です。廉は沙羅に自分の気持ちが、どうなのか、沙羅がどうしたいのかと問いかけます。結婚は今だけ、自分だけ幸せならいいと言う訳にはいかない、人を不幸にしたくないと沙羅が言います。一方、みことは自分が救えなかった、ゆきの遺影を拝みます。母親が生きていた頃のゆきとの動画を見て自分は幸せだったと言います。その言葉に、みことは勇気が貰えたのだと思います。沙羅は自分がいなくなったら、みことが、どうなるのか考えてしまうと言うと、みことは、この先、何があっても自分は一生幸せだと言いいます。その言葉に沙羅の気持ちが納得したようで結婚しようと、みことが言うと、うんと漸く沙羅が答えたのは良かったです。沙羅も、みことの言葉に救われたのだと思います。たとえ、2人の結婚生活が短く終わっても、幸せな記憶が永遠に残るという前向きな気持ちになった2人は幸せだと思います。

10代女性

みことが沙羅にプロポーズをしたシーンは本当に心に染みました。それでも沙羅は自分が死んでしまった時にみことに辛い思いをさせないようにとプロポーズを断っている姿はとても悲しいものでした。そんな状況の中でも、みことは沙羅に結婚をしようと優しくささやいたシーンは本当に心にグッときました。二人の結婚を藍くんと廉兄に伝えている二人は本当に幸せそうでほっこりしました。これからの二人の未来がどうなるか楽しみです。

30代女性

みことの1回目と2回目のプロポーズが素敵でした。洗濯を取り込み中に不意にさりげなくしたプロポーズがキュンとしました。でもその後沙羅に断られたけど、2回目でも成功してホッとしました。沙羅もみことも先のことを思って気持ちがすれ違ってしまったなと思いました。それにしても藍は、頭がいいことが今回改めてわかりました。どこの大学にも行けるとは思うけど、廉のことは気にしないでやりたいことをやってほしいです。料理の道に進めたらいいなと思いました。

40代男性

6年間一緒に子供と過ごした母親の話を訊いた花巻みことは、愛する義姉花巻沙羅を死の運命を考えず、『沙羅と一緒になれるなら沙羅の夫になりたい』と沙羅に向かってプロポーズを告げる。花巻沙羅は、自分の右手の平を取り出して『もう一度わたしの運命を観て』と残酷な事を言うが、包容力があるみことは、大丈夫と沙羅を抱き寄せるシーンは感動的でした。プロポーズを断った沙羅の気持ちを解すために再びプロポーズをしました。プロポーズを二回言うのは、中々出来る事ではないです。二度と出逢えない愛情の確認作業を行ったみことと沙羅は強い愛が育まれてとても良かったです。第7話は沙羅の身体に異変がおきるので心配です。

20代女性

いきなりのみことのプロポーズはビックリしましたね。本人は焦っていないつもりなんだろうけど、やはりみんな大人なわけで。絶対に運命を変えると言ったって、心のどこかでダメかもしれないって考えてしまうのは当たり前だと思います。だから結婚して少しでも二人で幸せになりたいとか、結婚して将来みことを一人にしてしまうとか、悩んでしまうのは当然だと思います。けれど、いずれ後悔する時が来るなら二人には今を大切にして、存分に幸せを満喫して欲しいです。ぜひ、廉兄にも幸せになって欲しいですね。

30代女性

結婚しようとプロポーズしたものの、さらはもしも次の誕生日に死んでしまったら残されるみことのことを考え、結婚はできないとみことに伝えたところで、さらのみことに対する切ない気持ちが伝わってきました。みこともさらのことを守りたい気持ちを持っていてもどうすることもできないもどかしさも感じました。またれんにぃのさらに対する優しい気持ちや、あいの料理でなんとかしようとする思いなど、家族のことを思いやる気持ちが伝わってくる素敵な回でした。

30代女性

家族全員が沙羅を思う気持ちがとてもよく分かり、本当に仲のいい兄弟だな~と思いました。特に、藍なんて高校生なのに反抗するどころか、姉の為に精進料理まで研究をしており、本当に優しい子だなと思いました。しかも、みことと沙羅の結婚も反対することもなくすんなりと受け止めており、よく出来た弟だなと感心するばかりです。一度は冷静になって、結婚を断った沙羅ですが、最後のみことの夫になりたいという言葉を受け容れた沙羅。あの告白のシーンは本当に感動的でした!

30代女性

沙羅がみことを一人残して死んじゃうのが悲しいからとプロポーズを断ってしまって、沙羅が自分が助からないかも知らなかったら一人残してしまうみことに寂しくさせてしまうからといつもみことの事を優先する沙羅の姿を見ていると可愛そうだなと思いました。沙羅だって本当はみこととの未来を描きたいのに自分に未来が望むことが出来ない沙羅はみことを諦めようとって気持ちになってしまうたまろうなと思いました。本当は沙羅だってみことと幸せになりたいと思うからこの運命が変わったらいいなと思いました。

20代女性

みことが沙羅にプロポーズをいきなりして、兄と弟に話すか話さないか話していると沙羅が結婚には迷っていることを話てしばらく黙っていることにしているがみことが去った後に一人でお花を持ってウェディングドレスを着ている姿を鏡で見ていたらみことが戻ってきて喜んでいたらお兄ちゃんも現れてまさかこんな展開になるとは思わなかったです。お兄ちゃんは結婚を先走る二人に思いで作りに見えてしまうと言うところは分かるなと思いました。お兄ちゃんも間違っていないと思うし、これから時間をかけて少しずつ考えていけば良いんじゃないのかなと思いました。

30代女性

家族のためだけを思い生活していた廉だが、沙羅を支えるみことの存在と、成長し生活を支える藍がいる中元カノとの再会で、2人はどのような関係に変わるのか楽しみの1つになりました。藍が自分の主張や、みことの気持ちを沙羅に伝えた事で明るい未来に向かって進んでいるような気持ちになり気持ちよくみていられました。人のためだけを思い、悲しみから逃げるよりも、前に進む方法を家族を亡くした人から少しずつヒントをもらい、今まで生きていてくれたからこそ、残された人も生きていけるという言葉に感動しました。

30代女性

皆がそれぞれ沙羅の為に出来ることをやろうと日常が変わっていくのを沙羅は寂しく感じているが皆が自分を大切に思ってくれているから沙羅もその気持ちが嬉しそうにしていて良かったなと思いました。自分の死を受け入れることが一番辛いのは沙羅だと思うし、みんなの前では普通に振る舞って笑顔で過ごす沙羅が素敵な女性だなと思いました。どんなに怖くても皆がいると思うと沙羅も安心して過ごせるところがあると思うし沙羅には運命を諦めてほしくないなと思いました。

20代女性

沙羅からプロポーズを断られたみことが悩む姿が悲しかったです。絶対に助けると口で言うことは何回だってできるけど、実際には何をしたらいいのか未だにわからない自分のことがとても無能に感じてしまったんだろうなと思いました。また、沙羅も本当はみことのことを信じたいし、結婚だってしたいだろうけど、もしも自分が死んでしまったらということを考えたら、プロポーズを断るという判断しかできなかったんだろうなと感じました。

【第7話】あらすじ「初めて本音をぶつけ合うふたり。沙羅の体に異変が..」

みこと(福士蒼汰)と沙羅(菜々緒)の婚約パーティーが花巻家で開かれ、みんなに祝福される2人。
そんな中、藍(横浜流星)は進路について悩んでいた。藍は、廉(桐谷健太)の言う通りに大学進学の準備を進めるが、本当は料理の勉強をしたいという思いを抱いていた。
みことと沙羅は藍の夢を応援するが、高校を中退したことで苦労した廉は、学歴が必要だと考え猛反対する。

引用元:https://www.tbs.co.jp/4mari/story/

【第7話:視聴者の感想】

30代男性

廉は横暴なようでいて実は家族のことをめちゃくちゃ真剣に考えてくれている最高の兄貴であり家長なんですよね。それが一方通行ではなくて、みことも沙羅も藍も深く感謝しているのが見ていて感動してしまいました。いい家族ですよねえ。だからそれぞれの同僚や同級生といった人達にもああやって応援してもらえるのだと思います。この大きな助け合いの輪が最終的に沙羅の命を救う結果に繋がってくれるのではないかと期待しています。

視聴者の感想をもっと見る>>

20代女性

廉の中ではずっと藍は子供のように思っていて、自由な母親だからしっかりしないといけないと頑張ってきていたんだなと思うと、すごくやさしいし頼もしいなと思いました。だから藍が大学受験に行かなかったことを、すごく怒っていんだなと改めて思いました。藍の想いが伝わって、料理の専門学校へ行くことを、ちゃんと認めてくれた時はホッとしました。最後に沙羅が倒れてしまったところは、すごく驚いたし大丈夫なのか心配になりました。

20代女性

沙羅が亡くなるまでの物語ではなく、廉と藍の関係性や、家族愛が深いだけではない厳しさが見えてどんどん楽しくなってきました。後悔しない生き方をすることは難しいが、沙羅のことだけに執着するわけでなく家族ひとりひとりが生きている日々の物語があり楽しいです。廉の恋愛は今後動くことがあるのかも気になりましたが、恋人がいるという嘘には気づきませんでした。結婚していない元カノの為に次は生きて欲しいと思いました。いつもいかついイメージが、ガッツポーズするシーンにキュンとしました。沙羅は事故が何かに巻き込まれるのかと思いましたが絵を描きながら倒れるのを見て、健康診断を受けても見つからないものがあるのかと衝撃でした、

30代女性

廉はいつも人の事ばかり心配しているので、そろそろ自分のことも心配して欲しいと思いました。そして、今回は元カノの千冬が現れたので、もしかしたら廉にも幸せが来た?と思ったらまさかの結婚しているというオチ。しかし、結局それは廉を心配させたくないための千冬の嘘でした。そして、千冬もまだ廉の事が忘れられなかったということで、廉にもようやく春が訪れそうです!廉はいいお父さんになりそうだし、大きくなった兄弟の心配をするよりも自分の子供の心配をして欲しいです!

50代女性

みことは沙羅は藍が進路について悩んでいることを知る。廉の希望で大学入試を受けることにするが、受験しなかった。本当は料理の勉強をしたいという。みことと沙羅はやりたいことをするように助言する。廉は老舗旅館を継いだ元恋人千冬と再会し、食事に行く。廉は酔い潰れて千冬に自宅まで送り届ける。藍は、廉のためにお粥を作る。それを食べた廉は涙をこぼしながら、食べ尽くす。そして、料理の専門学校の進学を認める。一方、廉は千冬に告白すると、千冬は結婚していないと言う。そして、沙羅が倒れてしまう。とうとう運命の日が来ようとしていた。沙羅は死んでしまうのだろうか?

50代女性

廉と藍、2人とも子供で大人。信頼関係あって、お互い尊敬もあって、それを見守るみことと沙羅の優しさが素敵でした。琴もいいヤツ。気持ちが温かくなりました。何より藍の進路やみことと沙羅の結婚により、廉が自分を見直す事ができた事が良かった。千冬と幸せになれるかな。なって欲しいです。1人線の細いみことが、色々間に入ってみんなの幸せを保っている気がします。横浜流星さんが、大人に見えてカッコ良かったです。一般料理屋?レストラン?何の料理人になるのか、とっても楽しみになりました。

40代女性

廉の家長としての責任感とか、兄弟を心配する気持ちは親目線で見るとよくわかりました。でも、高校生の藍からすればただ理不尽に押さえつけられているようにしか感じられないのも、昔の自分を見ているようで心苦しかったです。でも、廉自身もみことの父親から学んだことを自分も真似しようとしていたという事情がわかって、彼の必死さが少し理解できました。ですが、やはりその肝心なところをすっ飛ばしてしまうと相手に意図も伝わらないし、変にカッコつけようとしたところが廉の悪いところかなと思いました。

20代女性

色々な人生というか運命が動き出してしまいましたね。藍くんは料理という夢の道へ一歩踏み出すことができましたし、廉兄は元カノさんと寄りが戻せそうで何よりです。それにしても、磯山さやかさん、全て柔らかく包み込んでくれそうなすごく素敵なお姉さんって感じがして素敵でした。廉兄が頑固というか我が強すぎるので、良いバランスですごくお似合いでしたね。そして最後のシーン、ついに沙羅の悪い運命が動き出してしまいましたね。次回いよいよ登場するお母さんも気になります。

30代女性

お兄ちゃんがみことに励まされて家を飛び出しちーちゃんにずっと好きだったことや今も好きなことを話して、ちーちゃんも本当の事を話してお兄ちゃんとちーちゃんが再び恋人同士に戻れて良かったなと思いました。年月は過ぎても同じ人をずっと好きでいられることって素敵だしお互いがこうして再会できてもう一度戻れるなんて奇跡に近いと思うのでこれからの二人の人生が楽しみだなと思いました。みことと話していてみことが席をはずした時に沙羅が倒れてしまいいよいよ沙羅の時間が迫ってくるのかと思うと沙羅の人生をなんとか変えて欲しいなと思いました。

20代女性

廉兄の進路の考え方は古すぎますよね。自分が学歴にコンプレックスがあるのかもしれませんが、そもそも高校中退と大学行ってないでは大違いですよね。もちろん、藍くんが勝手に受験しなかったのは悪いことだけれども、始めから廉兄が藍くんの意見聞かないのに「オレの意見聞くの嫌か」って、「育てたのオレだぞ」って言われても、自分が藍くんだったら、ただ先に生まれただけで何言ってんの?って思います。ただ私が廉兄みたいな、オレ家族思いって酔っちゃってるタイプが嫌いだからかもしれませんけどね。家族だから難しいのかもしれません。

20代女性

父親が亡くなって、母親が家に帰らなくなって弟や妹のために懸命に働いてきた廉兄のことを考えたら切なくなった。弟には自分のように苦労してほしくなくて、大学を卒業してほしいという廉兄の気持ちもわかるし、藍はそんな廉兄を気にして自分の気持ちを正直に話せないのもよくわかる。小さいと思ってたチビ助が自分を気づかうような大人になったことに、すこし寂しさを感じたのだと思う。廉兄は兄弟が第一優先でがんばってきたので元カノの千冬さんと幸せになって欲しい。

20代女性

今回は藍が料理の勉強をしたいという想いが、強く伝わってきました。だけど廉は大学に行ってほしいから、ダメだと否定していたのが印象的でした。廉は藍が小さい頃からずっとそばにいて、我が子のように面倒を見ていたからこそ心配になる気持ちもわかるなと思いました。反対に藍の後悔したくない気持も共感できました。なんとか藍が廉にしっかり想いを言ったところは、かっこよかったです。廉は藍が作ったお粥を、泣きながら食べていたのがグッときました。

20代女性

廉が千冬と別れた理由が予想はついていたけど切なすぎて悲しかったです。廉は本当は千冬と旅館をやるのが夢だったのかもしれないなと思いました。だけど、家族を守らなきゃいけないという使命感から千冬と別れることを選んだなんて不憫でした。それでもそれから10年間、必死で家族を守ってきていたら、ちょっとくらい過保護になるのも仕方ないのかなと感じました。弟というよりは父親のような気持ちだったんろうなと思いました。

30代女性

お兄ちゃんはお兄ちゃんでみことの進路について考えていてみことが苦労してほしくないから進学を望んでいて将来について考えてあげていることは流石だなと思うけれど、何で反対するのかをちゃんと愛に伝えてあげないと藍だって納得しないんじゃないのかなと思いました。藍には今しか見えてないし、藍より長く生きていて経験があるから見えることもあるしお兄ちゃんの気持ちを今の藍が知ることは難しいけど藍が自分でやりたいことを見つけたその気持ちも分かって欲しいなと思いました。

30代女性

藍は自分の進路に悩んでいたが藍が本当にやりたいことは料理のことなのにお兄ちゃんが進学を望んでいるからお兄ちゃんと藍が納得が行く答えが出せたら良いなと思いました。みことは藍が悩んでいることを心配するが藍が沙羅のことだけを考えてほしいと気遣うところも兄弟仲が良くて良いなと思いました。二人が結ばれたことが嬉しいです。沙羅もみことも皆が認めてくれたお陰で楽しい日々を過ごしているのをみると本当に良かったなと思いました。

【第8話】あらすじ「母帰国で新たな波乱!?迫る運命の日..。」

運命の日が迫る中、寝る間も惜しんで絵を描き続けていた沙羅(菜々緒)が倒れ、病院に搬送される。命に別状はなかったが、あらためて気を引き締めるみこと(福士蒼汰)、廉(桐谷健太)、藍(横浜流星)だった。

ある日、仕事で海外を巡っていた花巻家の母・理津(麻生祐未)が帰国する。みことは、沙羅と結婚することを理津に報告。驚きながらも理津から祝福されるが、沙羅の死の運命のことは伝えることができない。沙羅は自ら理津に打ち明けようとするが…。

そんな中みことは、破水した妊婦の救急に駆けつける。原因不明の激痛に耐えながら「絶対にこの子を産みたい」と頑張る彼女に、手を合わせるみこと。しかし、このまま彼女が死んでしまうという最期のビジョンを視てしまい…

引用元:https://www.tbs.co.jp/4mari/story/

【第8話:視聴者の感想】

40代女性

突然帰ってきた母親と皆で、食事をするシーンで廉が自分の恋愛話を、家族にしていたのが面白かったです。凄く仲の良さが伝わってきました。そして沙羅が昔、出せなかった宿題のプリントをずっと保管していて母親にプリントを渡した廉が、どれだけ昔から家族を大切に思っているかが、伝わってきて暖かい気持ちになりました。
沙羅の運命を知った母親が沙羅と布団を並べて寝ていたときに、そのプリントに返事を書き沙羅に渡して、お互いの気持ちを伝え合うシーンもとても感動的でした。ただ次の日の朝にみことに「運命を見なさい」と迫るシーンは、面白く感じてしまいました。
視聴者のネタバレ感想をもっと見る>>

50代男性

沙羅が迷走神経反射失神で倒れた時は運命の日が少し近づいたのかとドキッとしてしまいました。母親の花巻理津が海外から帰って来て、沙羅の運命の日のコトを知りましたが、母親としてきっと凄く辛い突然の告白に感じただろうなと見ていて思いました。赤木伊織という女性が産みたいという強い思いで残した赤ん坊を、みことが抱きながら思いの力で運命を変えられるかもと考え始めた展開は、奇跡が起こせるかもしれないと感じられ、運命の日に向けての伏線的な回だったなァと思いました。

40代女性

運命をみてもらったサラの生き様が毎回気になっています。今日は突然倒れたので、亡くなる原因がわかるのかとおもっていましたが、わかりませんでした。今日初めてお母さんが登場。さらの結婚にとても喜んでくれていました。ずっと一緒にいた兄弟が結婚するともなると、弟達がほんとにわけわからなくなりそうです、三男のお料理がいつも気になっていましたが、今日はお母さんが作るシーンもあって、あまり見れなくて残念でした。来週が楽しみです。

40代女性

前回、沙羅が倒れた時に「まさか、もう運命の時?」と思ったので、ただの過労だと分かってホッとしました。菜々緒さんが演じる沙羅がとっても可愛くって。母親の理津が突然帰国した時の満面の笑み!絵を教えている時の優しい笑顔!凄く愛らしいです。原作を知らないので結論が分からないんですが、以前、みことが患者の運命を変えて死なさずに済んだので、沙羅の運命も変えて欲しいです!!理津が「自分が沙羅より先に死ねば運命が変えられる」と言っていたので、そこにヒントがあるのでは無いか、と思います。

40代女性

今回のストーリーは、涙無しでは見られませんでしたねぇ。沙羅を想うみこと・廉・藍。母を想う沙羅。子供達を想う母親の理津。それぞれの優しい想いが昔から交差していて、「もっと子供の頃から素直に我儘を言っても良かったのに・・」と思う位でした。理津が「子供の為なら何でも出来るの!」と言った時にはもう「ウルル~」です。理津のお陰でもしかしたら運命を変える事が出来るかもしれない、と分かり、原作を知らない身としては「もしかして」と期待してしまいます。

30代女性

今までは会話の中に登場するだけだった海外を飛び回っているカメラマンの母親が突然帰ってきます。母親のやりたい事の邪魔をしてしまわないように子供の頃から寂しい思いを飲み込んできた沙羅の気持ち、それに反感する廉の気持ち、いろいろ複雑な中でみことと沙羅の関係だけではなく沙羅は自分の運命をなかなか母親に伝えられない。けれど伝えたことで初めて沙羅が抱えてきた母親への気持ちも一気に伝わり、母と娘のお互いを思い合う愛情の形に感動しました。

40代男性

第8話は花巻家の母親である花巻理津(麻生祐未)が戻ってきて、手作り母親の塩おにぎりをなにげに食卓のテーブルに置いて、それを頂いた花巻沙羅花巻みこと花巻藍の三人は懐かしくて美味しいとベタ褒めするところは、やっぱり母親の手作りおにぎりの味を覚えて美味しいのは間違いない愛情の印なので、微笑ましい光景でした。又、花巻理津(麻生祐未)が沙羅が死ぬ運命を訊いて、花巻みことに向かって『私の手を触ってみこと。いつ死ぬか教えて!今、私が死ねば沙羅の運命が変わって、沙羅を救うことになるから教えてよ』と真顔で言う迫真のシーンは、我が子を大切に想う母親の心情を切実に汲み取っており、感動するシーンでもありました。他にも、小学生の頃、沙羅が三つのありがとうというテーマの宿題には、『綺麗な写真を撮ってきてありがとう。お土産ありがとう。帰ってきてくれてありがとう。』という言葉が書いてあり、とても素晴らしい事だと実感しました。ありがとうは日頃誰もが何気に使っていますが、正直なありがとうは大切な愛情いっぱい感動いっぱい笑顔いっぱいの三拍子揃った心のプレゼントフォーユーであります。最後に、このドラマ制作者の皆様に対して、一言。ありがとう。!!!

20代女性

母親がみことに運命を見てほしいと迫るところは、思わずすごいなと思いました。でもそれは沙羅のためであるというのが、母親らしいなと思いました。やっぱり沙羅を失いたくないという強い想いがあるんだと、ちゃんとわかりました。そして夜に沙羅が泣きながら、みことがいて廉がいて藍がいて、いますごく幸せ泣きながら言っていたのが素敵だなと感じました。沙羅の純粋な想いを、母親に伝えていたのが心にグッときたし感動しました。

50代女性

沙羅達の母親の理津が帰国した。みことは沙羅と結婚することを告げる。沙羅は運命を自分の口から理津に打ち明けようと決意したもの言い出せずにいた。廉は、沙羅に運命を打ち明けるように告げるが、沙羅は理津に言えない。理津はモロッコに写真を撮りに行くという。そして、みことが代わりに沙羅の運命を話した。驚いた理津は、みことに手を合わせて運命を変えると言い出す。しかし、沙羅は止める。理津にモロッコにいって写真を撮って見せて欲しいと頼み込む。沙羅の運命が変わって生きて欲しいと思う。

20代女性

自由に暮らす母親に対し愛のある沙羅はとても偉大だと思いました。廉のような感覚を持つのが普通だと思っていましたが、価値観の似た母親だからこそ沙羅は受け入れられ、大好きと言えるんだろうと思ったことと、いろんな家族の形があるけれど、離れていても子供を愛する気持ちは変わらないんだと思いました。運命を変えることのヒントを兄弟は見つけられずにいたが、母親が運命を変える方法は自分がみことが見えた運命に逆らう死に方をするという方法に思いついたのは、さすが母親の思考だと思ったことと、救う可能性があるのではないかと思いました。みことが見える運命は絶対ではないと確信したみことと、沙羅を絶対に救うという気持ちが強くなったのでもしかしたら救えるのではないかという気持ちになりました。兄弟の結婚に驚くことなく受け入れた母親も改めてすごいと思ったし、価値観が沙羅に似ているんだと思いました。

20代女性

今回はみことと沙羅が結婚のことを、母親に伝えて驚いていたけど、おめでとうと言っていたのが良かったです。だけど沙羅の運命のことはなかなか言えなくて、家族みんなもどかしい気持ちになっていたのが複雑だと思いました。沙羅は母親の仕事のことなどを考えて、言わない方がいいと思う気持ちもわかるなと思いました。兄弟たちは言わないといけないと決意を固めて、いざ言ったら母親の驚いた表情や理解できない感じが、胸が痛かったです。

20代女性

沙羅は間っ子特有の空気を読みすぎちゃう性格なんですね。宿題よりもお母さんの楽しみを優先したのを理解している廉兄は、さすがお兄ちゃんって感じでした。捨てた沙羅の手紙を取っといてくれた廉兄。お母さんへのありがとうに「帰ってきてくれて、ありがとう」と書く沙羅。運命を変えるために自分の運命を見てくれというお母さん。みんながみんな、おたがいのことを最優先に考えている家族だってことを再認識させられました。最後の、数十年越しに手紙の返事が帰ってくるのは感動的でしたね。

20代女性

母親と娘の絆に感動する回でしたね。物語の設定が手を合わせると亡くなる人の運命がわかるという、非現実的なお話なのであまり共感はできないのですが、花巻家は温かくていい家族だなと思いました。でも自分だったら仕事を少し休んででも娘のそばにいたいかな。でも仕事を頑張っている母を沙羅は好きだったんですね。母はいつでも子供の幸せを願っているんだなと思いました。お母さんが亡くなってしまった赤ちゃんは、お父さんもいないので不憫に思いますが幸せになってほしいですね。

50代男性

沙羅(菜々緒)だけでなく、廉(桐谷健太)も藍(横浜流星)もみこと(福士蒼汰)も、母親の強い愛情を感じられてよかったですね。廉の兄としての優しさがカギになっていたように思います。そしてみことが思うように、救急で運ばれた妊婦さんはやはり亡くなってしまったけれど、子どもが救われたのはきっと運命の変化であるように感じました。これでわずかですが希望の光が見えたし、必要なのは強い想いだということならば、沙羅とその兄弟たちの想いがより強くなるように、日々幸せを求めることが大事なのでしょう。

40代女性

花巻家の母親が登場したことで、空気が変わったように思いました。少しずつ良い方へ変化が見られるように感じます。みことが仕事で関わった妊婦は残念な結果になったものの、赤ちゃんの命は助かりました。この事実は、みことが診てきた死の運命が100%実現することを覆していくような可能性を感じさせてくれる出来事でした。
母親と廉のふれあいがしっくりいかなかったことは心残りなのですが、廉の気持ちを考えると無理のないことなのでしょう。

【第9話】あらすじ「それぞれの恋の行方…絆を深めていく2人」

沙羅(菜々緒)の中学の同級生で小学校教師の滝沢(市川知宏)から頼まれ、みこと(福士蒼汰)ら消防署の面々は、小学生に救急救命の講習会を行う。
そこでみことと沙羅は、周囲から孤立する生徒・直哉(川口和空)のことが気にかかる。

一方、調理師専門学校の面接試験を終えた藍(横浜流星)は、沙羅に諭され、高校卒業後離れ離れになる琴(鈴木ゆうか)に告白する。また、廉(桐谷健太)も千冬(磯山さやか)に改めて会いに行くと宣言する。
花巻家みんながいい方へ向かっている様子を喜ぶみことと沙羅。

そんな中、滝沢が勤める小学校から救急要請が入る。
現場に急行したみことらは、階段から落ちて怪我をした直哉の処置に当たるが、通報した滝沢が意識を失い倒れる。滝沢は階段から足を踏み外した直哉をかばい、頭を強打したという。

意識が戻るかわからない滝沢を前に自分を責める直哉。
みことは、滝沢に対する直哉の思いを知り、思わず滝沢と手を合わせるが、何もビジョンが視えず驚愕する。

沙羅の運命の日が迫る中で、突然消えたみことの能力。
それは、一体何を意味しているのか? 運命を変えられることの予兆なのか!?
それとも…!?

引用元:https://www.tbs.co.jp/4mari/story/

【第9話:視聴者の感想】

30代女性

最終回に向けて全く予想出来ない、みこととさらが事故にあってしまうとまさかの展開になってきたところに次の展開が気になるところに魅力を感じます。みことの人の運命が見えなくなってしまったりと、さらがどうなってしまうのか気になります。今回の所ではそんな緊張感の中にもれん兄の復縁が上手くいったりほっこりする場面や、あいのこれからのピュアな恋愛が始まっていく場面があり癒されて見れる場面もあり楽しんで見れました。

視聴者のネタバレ感想をもっと見る>>

40代男性

花巻沙羅の昔からの知り合いである小学教師である滝沢が、教え子を庇う為に階段から頭をぶつけて急性くも膜下血腫で入院となります。花巻みことは、病室で意識不明の滝沢先生の掌と自分の掌を重ねてみると、今まで人の死が分かる予知能力がなくなってしまった変化が起きる。沙羅に手を重ねてみても、予知能力がなくなっていた。教え子が、滝沢の前で『先生、ごめんなさい。早く元気になって』と泣きじゃくると、滝沢先生が意識を取り戻す奇跡が起きた。それを見た花巻みことは、『奇跡を起こす事とは、必至に目の前の事に取り組む事で命が救える事が出来る。きっと沙羅も守ることが出来ることだ』と奇跡を起こすことを自分自身で信じる心の強さを習得した。第9話のラストでは、軽自動車に乗った花巻沙羅花巻みことは展示会に向かう途中、対向車線から突然ダンプカーに突然追突事故に遭遇して、第9話はラストを迎える事となる。次回の第10話は意識不明になった花巻沙羅の命を心肺蘇生法を事故現場で4分間ひたむきに実践していく。搬送された病院で意識消失を繰り返す花巻沙羅であるが、翌年の沙羅の誕生日には意識を取り戻して、花巻みことと無事結婚式を挙げることで最終回のラストとなります。

50代男性

花巻みこと(福士蒼汰)の余地能力がなくなってしまったことには、正直意外な展開でした。これから、どうのような展開が待っているのでしょうか?花巻沙羅(菜々緒)が助かる方にかけたいところです。花巻廉(桐谷健太)が昔の女性を追って、北陸の旅館にいく決心をしたことには、はなはだ驚きました。こういう展開も、あり かなとも思いました。花巻廉(桐谷健太)が昔の女性を追って、北陸の旅館にいく決心をしたことには、はなはだ驚きました。こういう展開も、あり かなとも思いました。終わりは、ハッピーなのがストレスにならなくていいと思います。誰も、重たいままで終わることを望んでいないと思います。ところで、青葉広洋(佐藤隆太)が、またまたいきなり登場のパターンでしたが、次回は何か起きるのでしょうか…。

30代女性

最後のシーンがとても印象的でビックリしました!まさか事故で、みことと一緒の時に起きるとは!沙羅はこのまま死んでしまうのか続きが凄く気になりました。沙羅がとても幸せそうにしてたので、どうにか助かって、結婚式もちゃんとして欲しいなーと思いました。あと、みことの未来が見える能力が突然消えてしまったのは何でかなー?と思いました。人の最後が見える能力なんて、私は無い方が幸せだと思うので、これで良かったのだと思います。

50代女性

藍の告白、突然男の顔になり壁に琴を押し付けて、、。とてもドキドキしました。普段そんなそぶりを見せないだけにギャップが良かったです。お兄ちゃんの方のプロポーズも飾らない様子が微笑ましくて素敵でした。
最後の事故は本当に突然でびっくりしました。運命にとらわれず前向きになって、ひろちゃんには奇跡を信じてる人間は強いと言われて、2人でいる幸せを語り合っている時にまさかの出来事!これは急で防げないわ。でもまだ沙羅の誕生日には早いからきっと大丈夫だよね。

50代男性

家長を意識時過ぎるのかもせれませんが、そんな長男の花巻廉(桐谷健太)に好感を持ちます。花巻藍(横浜流星)は空手がすごいのに、料理好きな、どちらかといえば内気な役をうまく、演じているなと思います。この4人の兄弟姉妹は、自分のことよりも人、他の兄弟姉妹のことを思いやる意識が強いなーと感じました。もっと兄弟姉妹なのだから、ワガママいいあえば、違った展開がみえてくるかもしれませんので、ちょっとだけ、そういつた展開を期待しています。結局は、ハッピーエンドでした。の展開をセツに願っております。

30代女性

お兄ちゃんが「見えなくなった。」と、呟いたら同僚が老眼だと勘違いしてお兄ちゃんに「老眼だと認めろ。」と、言われているのにお兄ちゃんは「違いますよ。」と、言うやり取りが面白かったです。みことが死の運命を見えなくなったのには何か理由があるのかもしれないけれど、みんなで力を会わせれば運命は変えられると思うから運命の日までやれることをやりきって欲しいなとと思いました。力がなくなったってみことならなんとかやりきってくれることを信じたいです。

30代女性

みことが沙羅に指輪を渡すところが素敵でした。やっぱり指輪を貰えると嬉しいし、みことも沙羅も幸せで二人がお互いに二人の時間を大切にしていてお似合いのカップルだなと思いました。二人がこれからどんな風に歩んでいくのかも楽しみだし、皆が二人の結婚をこんなに喜んでくれているところが二人が回りから愛されていることも分かりました。この二人ならどんな困難が起こっても乗り越えていける力があるんじゃないのかなと思いました。

40代女性

藍が(最初はレン兄に反対されていたけれど)夢だった調理師専門学校の面接を受けられて良かったです!。しかも、そのレン兄は元カノの千冬に会いに行って・・。みことが沙羅に結婚指輪を渡す時に、沙羅が「いい(要らない)っていったのに」と言ったら指輪を投げた時は「馬鹿ッ!」って突っ込んでしまいました。結局みことが投げたふりでしたが(笑)。みことが救急搬送した滝沢先生と直哉君ですが、最初は「俺の事をかばわなきゃ良かったのに」なんて頑なだったけれど・・。みことと、滝沢と同級生だった沙羅のお陰で素直になってくれて嬉しかったですね。みことの「運命が視える能力」が突然消えてしまった時はどうなるかと思いましたが、返って「今、目の前を大切に」と思える様になったのでほっとしました。このまま幸せに・・って思っていたのに、何でドライブ中に車が突っ込んでくるの!?どういう事!?。やっぱり運命は変えられないのでしょうか・・?

20代女性

今回は藍とみことと廉の3人の告白メドレーでかなり興奮しました。特にみことが指輪なんていらなかったのにという沙羅の前で海に向かって指輪を投げる真似をしたのが最高すぎました。めちゃくちゃラブラブじゃないかとにやけまくってしまいました。また、琴ちゃんの一途な片思いがあんな最高な形で両思いになれたこともとても幸せでした。いつもははっきりしない草食系の藍が、壁ドンして告白だなんてギャップ萌えしすぎてドキドキしました。

50代女性

藍は何時も頼りない感じがするが、進学で離ればなれになる琴に告白をした。壁ドンのように琴に好きだと言った。カッコいい、男らしい藍に驚きました。みことは沙羅に指輪を贈って海に投げようとしたりしてビックリしました。その後2人はキスをしていて素敵な2人だと思いました。みことは手を合わせても見えなくなった。沙羅の事も見えなくなった。運命が変わったからなのかと思いました。そうないいが事故にあいやはり沙羅は死ぬのかと思いました。

20代女性

最終回目前で、花巻家はみんな頭の中お花畑ですね。藍くんの新たな壁ドンは素敵でしたが、あの感じだと将来琴ちゃんの尻に敷かれてしまいそうです。そして、みことは何故、運命が視えなくなってしまったんでしょうか。ただ、今までの生活を見ている限り、視えることで生活の方向性を決めていたわけでもないのに、家族の反応があそこまで大事になるのはちょっと変な気がしてしまいました。そして最後、沙羅の絵が完成したとか、休みとってどこか行こうとかフラグが建ちまくっていると思ったら、まさかの交通事故だったとは、来週はいよいよ最終回、沙羅の運命がどうなってしまうのか気になります。

30代女性

お兄ちゃんが金沢までちぃちゃんに招待状を持って会いに行かないと言っていたのに金沢まで会いに行って招待状を持っていくところがお兄ちゃんも好きな人に会いたいんだなと思ってもう一度二人がやり直すところが良かったです。これまでずっと自分の人生に待ったをかけていたのでやっと前に進んで自分の幸せを掴むことが出来るのかと思うとお兄ちゃんの幸せになる姿を見れて嬉しく思いました。ちぃちゃんとの未来が楽しみだなと思いました。

20代女性

今回は家族みんながいい方向に向かっているのが、すごく安心しました。前までは沙羅のことで、言い合になったりしていたけど、今はみんなが同じ気持ちでいるところが良かったです。そして滝沢先生が病院に運ばれて、生徒である直哉が自分のことを責めていたのが切なかったです。だけど先生起きてと何度も声をかけて、意識が戻ったところはホッとしました。さらに最後みことと沙羅の乗っていた車に、トラックが突っ込んできたのが衝撃でした。

20代女性

なぜ運命が見えなくなってしまったのかが1番気になります。早く真相を知りたいのと、先生の運命を見ることができなかったけれど助かり、見えなくなったことで沙羅のことも助けられる運命に変わったのかもと思いました。みことと沙羅を心から祝福する周りや、家族全員の愛が深まりよい方向に進むことを嬉しく感じました。しかしまさかの交通事故に遭い、沙羅が意識を無くしてしまいこのまま死ぬことに進むだけなのか、結婚式はなくなり運命の誕生日を迎えてしまうのか、運命が見えなくなったことに何か関係があるのかも見どころでとても気になります。沙羅とみことのことをお見通しのひろの存在が不思議に思いました。タイミングよく帰宅し、2人のことを何も疑うことなく応援し何か不思議な能力を持っているのではないかと思いました、

【第10話(最終回)】あらすじ「ついに運命の日が…」

突然の事故に遭い、みこと(福士蒼汰)の必死の救命措置にも関わらず昏睡状態に陥った沙羅(菜々緒)。みこと、廉(桐谷健太)、藍(横浜流星)は、ただひたすら沙羅が目を覚ますことを願うが、運命の日は刻々と近づいていく。
帰国した母・理津(麻生祐未)は、沙羅の状態を知り悲しみに暮れるが、その悲しみを見せず、みことら兄弟たちを懸命に励ます。
そんな中、みことは沙羅が事故に遭う前に広洋(佐藤隆太)にあるものを託していたことを知り…。

「生」と「死」に立ち向かい続けてきたみことは、奇跡を起こすことができるのか!?
沙羅の命はどうなるのか? ついに沙羅の運命の日が訪れる…!!

引用元:https://www.tbs.co.jp/4mari/story/

【第10話(最終回):視聴者の感想】

40代女性

最終回でみことが沙羅の運命を変えてハッピーエンドで終わって本当によかったです。結婚式の時のみことの制服姿、凄く素敵でした。花巻家の雰囲気が大好きでもう見れなくなるのは辛いです。このキャストでまたホッコリするドラマを作ってほしいです。
視聴者のネタバレ感想をもっと見る>>

20代男性

毎週欠かさずに視ていました。原作を知らずに視ていたので新鮮で、ドラマを通して、命の大切さ、恋の素晴らしさ、を知ることができました。沙羅の運命を共有することで、前向きに生き、人を愛す、今を大切にすることで、運命をも覆すことができるということに感動しました。
沙羅が昏睡状態に陥る直前の“大好き”には感動と愛を感じました。
沙羅が息を引き返して本当に良かったです。
ラスト、結婚式でのシーンの、誓いの言葉がとても印象に残るドラマでした。
ちなみに、みこと役の福士蒼汰さんと自分は同い年ですが、福士さんは、自分には到底及ばない、みことのような好青年役がぴったりで、このドラマに巡り会わせてくださり、ありがとうございました。

50代女性

最終話、感動しました❗️
沙羅の手紙とマリーゴールドを手に持つ救命士姿のみことを描いた絵がるみことの苦悩を救いましたね(涙)その絵がすばらしくて、蒼汰くんの写真みたいでした(驚)衝突事故後のみことの応急処置が沙羅を救ったと医師が言って、沙羅が目を覚ました場面も感動しましたみことの特殊能力は、沙羅を助けるために授かったもので、あと救命士として急成長するみことを観れて楽しかったし、本当にかっこよかったです願っていた通りの展開になり、みことと沙羅の結婚式まで観れて嬉しかったですこの素晴らしいドラマの作品は、心にず~っと残っていくし、命の尊さを改めて教えてもらいました

30代女性

終わってしまいました。
毎週毎週、泣けました。平井堅さんの歌もとっても良かったです。2人が幸せになれて本当に良かったです。結婚式の福士くんの制服姿がめちゃめちゃかっこ良かったし、菜々緒さんもめちゃめちゃ綺麗でした。お兄ちゃん、藍くん、お母さん、ひろちゃんキャストの皆さん最高でした。 素晴らしいドラマをありがとうございました!キャスト皆さんスタッフの皆さんお疲れ様でした。

ドラマ「4分間のマリーゴールド」視聴者の反応・期待の声!

30代女性

主演の人がどうやって難しい役どころを演じきるのか気になります。今回、菜々緖さんがいつもと違う役で出演するので、すっかり悪役のイメージが定着してしまっているのを、彼女がどう消し去ってくれるのか楽しみです。

30代女性

出演するメンバーが今話題の横浜流星が4兄弟の末っ子役、長男役には桐谷健太とさらには福士蒼汰が兄弟という設定なのでとても楽しみです。福士蒼汰が手を重ねた人の最期の瞬間が見えるという特殊能力の持ち主のようなので、どのようにその能力を活かしていくのか楽しみです。

40代女性

あらすじをみて面白いと思いました。手を重ねると人の生死がみえてしまう救急救命士。義理の姉役に菜々緒なのですが、今回は悪女でもなく、強い女の子ではない役をやる菜々緒をみれるのが面白いなあと思いました。どんな風に演じるのか楽しみです。
視聴者の期待の声をもっと見る>>

20代女性

キャストが豪華で、福士蒼汰、菜々緒、横浜流星がでているので楽しみにしています!福士蒼汰はもともと好きででているドラマは毎回みています!そして横浜流星は最近はまっていて、その2人がでるので余計に期待しているので楽しみです!

30代女性

原作の漫画が好きでドラマ化すると聞いて放送の日まで楽しみでわくわくしています。ドラマのヒロインが菜々緒さんというのに驚きました。つんけんした高飛車なお嬢様役や悪女役のイメージが私の中にあったので、ナチュラルで柔らかな印象の明るい女性の役をされると思っていなくて、どんな風に菜々緒さんが演じてくれるのかドキドキしています。菜々緒さんも好きなのでに新たな一面が見られるのが楽しみです。主人公の福士蒼汰さんがみことの”人の死が見える”ことの憤りや葛藤、義姉の沙羅をひとりの女性として見る想いなどをどう演じてくれるかも期待大です。ハンカチどころかタオルを片手にいつ涙がでても良いように準備万端でテレビの前を陣取りたいと思います。

30代女性

マンガを読んでいたので、ドラマ化されるなら、誰が演じるんだろうと思っていたら、福士蒼汰さんだったので、まず絶対見ようと思いました。生死を分けるタイムリミット4分に向き合う重たい部分もありますが、菜々緒さんとの共演も楽しみです。お二人がどう演じられるのだろう、ワクワクとドキドキでいっぱいです。今出ているドラマよりも、福士さんにあってそうなので、とても期待しています。

40代女性

主人公が福士蒼汰&ヒロインが菜々緒!まず、単純にビジュアルが美しい!主人公とヒロインが義理の姉弟。主人公には、他人と手を重ねるとその人の「死の運命」が視えてしまうという特殊能力あり。主人公はヒロインが1年後にシム運命であると知ってしまう。ものすっごく面白そうな設定!主人公には義理の兄・弟にさ誰がキャスティングされるのかも気になる。

30代女性

福士蒼汰さんと菜々緒さんの組み合わせが意外でどんなドラマになるのかとても楽しみです。悲しくて切ないストーリーですが、最後まで諦めず頑張る究明救急士の姿を見せて欲しいです。命の現場の迫力ある映像にも期待しています。

40代女性

菜々緒さんがどんな演技をするのか、注目したいです。今までの作品は、悪女役やキリっとした役が多かったのに、今回の役はだいぶイメージが異なる。そこに注目していきたいと思います。人の死の運命が見えるという設定も面白そうです。原作は読んだことがないので、どんなストーリー展開になるのかも注目したいと思います。

30代女性

俳優・福士蒼汰さんはかっこよくて演技力もあるので、救急救命士という仕事をどう演じるのかとても気になります。また、今まで悪役の多かった菜々緒さんが天真爛漫の女性を演じるとのことなので、悪役以外の役をどうこなすのかとても気になりますし、恋の行方もどう発展していくのかとても期待が高まります。さらに、主人公が救急救命士を演じるドラマは今までないと思うので、救急救命から医療の世界をどう表現するのか気になるところです。

30代男性

原作がコミックという事もあり、それが実写としてどのよう再現できているのかとても注目している。。特殊な能力をもう救命救急士が、変えられない運命を変えながら物語が展開して行くのかなと、そのストーリーがとても気になり楽しみです。

30代女性

福士蒼汰さんが救急救命士の役を演じるのは初めての役となると思いますので、とても楽しみにしています。また、切ない恋愛ドラマということで泣けるようなドラマが最近なかったのでとても期待しています。相手役が菜々緒さんということで美男美女の競演も早く観たいです。

40代男性

主演が福士蒼汰さん、ヒロイン役が菜々緒さんらしいですね。手を合わせると相手の死の運命が見えてしまう、そんな不思議な能力を持った救命士という主人公の設定も面白そうですが、何と言っても私が注目したいのは菜々緒さんです。いつもきりッとしている菜々緒さんは、これまで悪女の役とかキツめの女性の役が多くて、それがとても菜々緒さんのイメージに合っていたのですが、今回は清楚系の女性の役を演じるという点が大注目です。今までとどんな違いを見せてくれるのか。また、抜群のプロポーションの菜々緒さん、そのスタイルやファッションも注目したいところです。スタートが楽しみなドラマです。

30代女性

テレビで予告を見た時、ラブストーリーかなという印象を受けましたが、福士蒼汰さんと菜々緒さんのラブストーリーの要素もありながら、桐谷健太さん、横浜流星さんを加えた義理兄弟のファミリーストーリーもあるようで、より楽しみになりました。

30代女性

福士蒼汰さんと菜々緒さんの恋愛ドラマというと、それだけでも充分に楽しめそうなのに、義姉との禁断の恋、更にはその義姉が1年後にこの世を去る運命にある、なんていう点が加わると、ただ楽しく見るだけの恋愛ドラマではないのだなと思わされます。命の大切さや、愛する人の為に何が出来るのか等、人との繋がりを考えさせられるような内容であることを期待します。注目すべきポイントはやはりヒロイン菜々緒さんの初・恋愛ドラマにして、初めての清楚で天真爛漫な役柄ということです。これまでのイメージを払拭し、新たな魅力を見せてくれることを期待します。

ドラマ「4分間のマリーゴールド」出演者おすすめ作品!

『福士蒼汰』出演作品

◆ドラマ「Heaven?~ご苦楽レストラン」見逃し動画の無料視聴はコチラ↓

Heaven?~ご苦楽レストラン~「Heaven?~ご苦楽レストラン~」ドラマ【第1話~最終回まで】見逃し動画を無料でフル視聴しよう【予測不能のフレンチレストランコメディー!?】

◆ドラマ「恋仲」見逃し動画の無料視聴はコチラ↓

恋仲『恋仲』ドラマ【第1話~最終回まで】見逃し動画を無料でフル視聴しよう!(福士蒼汰、本田翼)

◆映画『旅猫リポート』フル動画の無料視聴はコチラから↓

「旅猫リポート」映画(邦画)フル動画を無料視聴する!(主演:福士蒼汰)Dailymotion、Pandoraでは見れる?

『横浜流星』出演作品

◆ドラマ「あなたの番です」見逃し動画の無料視聴はコチラ↓

あなたの番です・動画無料・見逃し・視聴方法「あなたの番です/反撃編」フル動画【第1話~最終回】無料でフル視聴する方法は?

『桐谷健太』出演作品

◆映画「火花」フル動画の無料視聴はコチラから↓

火花・菅田将暉・桐谷健太『火花』映画の動画を無料でフル視聴しよう!Dailymotion、Pandoraでは見れる?(菅田将暉、桐谷健太 出演)

コメントを残す