Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

「俺のスカート、どこ行った?」ドラマ【最終回-第10話】見逃し動画を無料でフル視聴しよう【のぶお先生が学校を辞める!?最後のホームルームで何を語る?】

俺のスカート、どこいった?1話~全話・見逃し動画無料視聴

ドラマ「俺のスカート、どこ行った?」の最終回第10話(2019年6月22日・放送)見逃し動画無料フル視聴出来る方法を紹介します。

ついに最終回を迎える第10話!学校を辞めてしまう”原田のぶお”先生が学校を離れた本当の理由とは?

そして、最後のホームルームでは何を語るのでしょうか?

ドラマ「俺のスカート、どこ行った?」の見逃し配信や「過去の放送回を見たいという方は、参考にしてみてください。

【最終回・第10話】ドラマ「俺のスカート、どこ行った?」見逃し動画を無料でフル視聴!

「俺のスカート、どこ行った?」は
VOD配信サービス「Hulu(フールー)」で
1話~全話”フル動画”で配信中!

 

「Hulu」は定額で見放題!
初回2週間のトライアル期間」に
解約すれば
完全無料で
動画を楽しむことができます。
解約金などは一切無しです。

「Hulu」のオススメポイント↓

  • 月額「933円(税抜)」追加料金なし
  • 「Hulu」だけのオリジナルストーリーも配信中
  • 国内 外のドラマ、映画、アニメなど、最大50,000作品が見放題!
  • 高画質で、多デバイス対応!※継続利用には888円(税抜)がかかります。

「Hulu」の登録・解約方法
解説 はコチラを参照↓

HuluHulu(フールー)の料金、無料登録・解約、ダウンロード方法を分かりやすく解説!

【最終回・第10話】見逃し動画・ドラマ「俺のスカート、どこいった」 視聴リンク(2019年6月22日・放送)

「俺のスカート、どこ行った?」見逃し配信状況

【ー見逃し配信ー】

TVer

日テレ無料TADA


【ー第1話~全話まとめてー】

⇒「Hulu(フールー)」>>


【◆無料動画サイト&検索】

YouTube

Pandora TV

Dailymotion

9TSU

※上記のリンク先に動画がない場合は、すでに削除されている場合があります。

動画共有サイトの注意点について

違法アップロードサイトで動画の視聴は危険です。

公式以外でアップロードされたドラマ作品を視聴する場合にはリスクがあります。

再生と同時にウィルス感染したり、再生中に突如消えない広告が表示されたり、読み込みスピードが遅くなるなど、様々なデメリットが・・。

※管理人は何度も経験ありますが、画面消えないと焦りますね・・(笑)。

ですので、無料とは言えリスクを考えると、あまりおすすめは出来ません!

ですので、それでも見たいという場合は、あくまで自己責任でお願いしますm(_ _)m!

<<【第9話】ドラマ「俺のスカート、どこ行った?」見逃し動画無料視聴はコチラ

⇒【第1話~全話】まとめて!ドラマ「俺のスカート、どこ行った?」見逃しフル動画を無料視聴する>>

「俺のスカート、どこ行った?」動画を配信してるのは?

配信の状況 見放題の対象
hulu
FOD × ×
U-NEXT × ×
dTV × ×
Amazon prime video × ×

ドラマ「俺のスカート、どこいった?」の動画配信が行われているのは「Hulu」だけでした。

なので、見逃し配信に間に合わなかった過去の放送回は、公式配信の「Hulu」でしか見ることがで出来ないということになります。※もしくは再放送をひたすら待つという方法ですね。

ちなみに「Hulu」の月額は、888円(税抜)なので、一日あたりだと約32円一日たったの32円で人気のドラマが見放題で、リスクも回避出来るなら、かなり破格ですね(笑)

そんな「Hulu」では現在、2週間の無料お試しキャンペーンを実施中。

見逃し配信が終了している、「過去の放送回」まで無料で 見ることが出来るので、気になる方はこの機会に試してみては如何でしょうか?

【最終回・第10話】ドラマ「俺のスカート、どこ行った?」あらすじ・詳細

原田(古田新太)が「他にやりたいことがあるから」と言って、豪林館学園高校を辞めた。その後、古賀(荒川良々)や田中(桐山漣)をはじめ男性教師たちが女装して授業をするように。それは、原田と交わした約束だった。

原田の不在に寂しさを感じる2年3組の生徒たち。彼らは、原田がやりたいことは何だったのか、今頃何をしているのかと話し合う。明智(永瀬廉)は、原田がやりたいと言っていた卒業式をやろうと提案。他の生徒たちも明智のアイデアに賛成し、2年3組だけの早めの“卒業式”をやることに。若林(長尾謙杜)らみんなが盛り上がる中、東条(道枝駿佑)は複雑な思いを抱えていた。

東条が屋上で昼食を食べていると、明智と若林がやってくる。明智は、東条の様子が気になっていた。東条は、原田に対する複雑な感情を打ち明ける。東条は、原田が学校を辞めた本当の理由は体の具合が悪いからではないかと思っていた。原田に卒業式のことを伝えるため、東条は長井(松下奈緒)に原田の家を教えてほしいと頼む。長井は、東条を連れて病院へ向かう。東条が心配した通り、原田は入院していた。

東条から「卒業式に来てほしい」と言われ、「行ってあげる」と原田は「卒業式」に行くことに。そして、2年3組と原田のための“卒業式”当日を迎え……。

引用:https://www.ntv.co.jp/oresuka/

【出演者・キャスト一覧】

  • 古田新太
  • 松下奈緒
  • 白石麻衣
  • 永瀬廉(King & Prince)
  • 道枝駿佑(なにわ男子)
  • 長尾謙杜(なにわ男子)
  • 高橋ひかる
  • 竹内愛紗

【最終回・第10話】「俺のスカート、どこいった?」ネタバレ・感想

◆ドラマ「俺のスカート、どこ行った?」ネタバレ・あらすじ

突然学校を辞めた原田のぶお。生徒たちは戸惑いつつも、原田のやりたいことをするべきだと理解する。しかし原田が学校を辞めた本当の理由は、体が悪くなったからではないかと心配した東条は、自宅まで会いに行きたいと長井に申し出る。

ちょうどその時、長井は原田の自宅へ向かうところであった。原田の娘から、原田が入院したという知らせを受けていたのだ。長井は東条を連れて一緒に病院へいくことにする。病院では意外にも原田は元気でいつもの調子。

東条は、学校を辞めた本当の理由が知りたいと涙ながらに原田に問いただす。原田は東条を抱きしめ、やりたいことが他にもあるだけだ、自分は絶対に死なないと約束する。原田がいなくなった教室では、なんとかして原田のやりたいことを叶えてあげようとする生徒たちの姿があった。

そして早めのなんちゃって卒業式を行おうということになる。退院した原田はさっそく学校に呼び出され、クラスだけの早めの卒業式が始まった。生徒と原田、それぞれが作った卒業証書を交わす。生徒たちの気持ちに思わず泣きじゃくる原田。そして次なるイベントが待ち構えていた。

目隠しをされ生徒に連れられて行ったのは屋上。目隠しを外され下を見ると、いつかの大きな布を広げた生徒たちの姿が。明智は原田に「飛び降りて1回死んだらリセットされる。そしたらもう死なないだろ」。

その言葉に意を決して飛び込む原田。生徒たちが広げた布でキャッチした。そんな生徒たち手作りの卒業式を終え、原田は感謝して学校を去っていくのであった。一年半がたち、生徒たちはいよいよ本当の卒業式を迎えた。

思い出がいっぱいの学校に別れを告げるその日、自宅で忙しく準備する原田。いつものスカートを履き、急いでどこかへ向かう姿があった。「恋しがってんじゃねぇよ、このやろう」と自分に言い聞かせながら…。

◆【最終回・第10話】視聴者の感想

20代女性

ラストがさみしい終わりかたでなく、希望に満ち溢れた感じなのがすごくよかったです。入院して、やっぱり体がかなり悪くなっていて悲しい結末なのかなと思っていたので、すごくほっとしました。少し早めの卒業式も、生徒たちの手作り感のある温かいもので感動しました。のぶおが泣いてしまうシーンでは、こちらも思わずもらい泣きでした。

30代女性

一年半がたち、生徒たちが本当に卒業式を迎える日、のぶおはどうしているのだろうと不安に思いましたが、変わらぬ調子でスカートを履き学校へと向かうシーンはすごく嬉しくなりました。自分にいいきかせるように「恋しがってんじゃねぇよ、このやろう」という言葉にグッときました。続編が絶対に観たいと思わせる最終回で、密かな楽しみができました。のぶおにまた教師復活してもらいたいです。

20代女性

最終回、1話からの流れががあってこそのドラマでした。特別なことは何もせず原田先生のやりたいことを生徒達がやって上げようそれだけの話だったのですが、これまでの積み重ねが見事最終回に生かされていました。なんでもないはずの卒業証書を渡すシーンがすごく感動的でした。皆成長していましたね。できることなら脇役で終わった生徒達にも光の当たるエピソードがもっとほしかった。ラストも本来なら余韻ぶち壊しのシーンのはずですがこのドラマらしい展開で余韻に花を添える終わり方でした。1話から最終話まで視聴して本当に良かった。心からそう思います。

コメントを残す