Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

【第1話~全話まとめて】ドラマ「パーフェクトワールド」見逃し動画を無料フル視聴しよう!Dailymotion、Pandoraでは見れる?

ここではドラマ『パーフェクトワールド』第1話(2019年4月16日 放送回)の見逃し動画を無料で視聴する方法を紹介します。

ドラマ「パーフェクトワールド」の見逃し配信の状況と、過去の放送回が無料で見れる方法を紹介します!

【第1話~全話まで】ドラマ「パーフェクトワールド」見逃し動画を無料でフル視聴しよう!

ドラマ「パーフェクトワールド」は
FODプレミアム」で
1話~最終話まで
全話をフル動画で配信中!

 

「FODプレミアム」はフジテレビ公式
動画配信サービス!

無料の「お試しキャンペーン」
を利用すれば
完全無料で
動画を楽しむことができます。
解約金などは一切かかりません!

「FODプレミアム」はここがオススメ↓

  • フジテレビ系のドラマ・バラエティー・映画・アニメ・海外ドラマなど豊富なラインナップが最大40,000本!
  • 見放題作品+独占配信作品も多数!
  • 有名雑誌が【100誌】読み放題!
  • 継続利用で最大1,300円相当のポイントが無料でもらえる!※継続利用には888円(税抜)がかかります。

お得な「FODプレミアム」を解説!
登録・解約の方法はコチラ↓

「FOD」の料金、無料登録・解約方法をわかりやすく解説!フジテレビオンデマンドとは?

【第1話】見逃し動画は?「パーフェクトワールド」2019年4月16日(火)放送

『パーフェクトワールド』見逃し配信状況

【◆見逃し配信】

ー見逃し配信は終了していますー


【◆第1話~最終話まで全話視聴したい方はコチラ↓

⇒「FODプレミアム」はこちら>>

※2019年9月現在の情報です。配信状況は変更になる場合があります。詳しくはFODの公式ページでご確認ください。


【◆PR動画検索&告知、予告など◆】

YouTube

 

※動画共有サイト「Dailymotion」「PandoraTV」にアップロードされている動画は、公式ではない、違法のアップロード動画の可能性があります。

安全な方法でドラマ作品を視聴するには、公式の動画配信サイトなどを利用するようにしましょう!

違法アップロードサイトで動画の視聴は危険です。

違法アップロードの作品を視聴する場合にはリスクが伴うことを知っておく必要があります。

再生するとウィルスが仕込まれていたり、再生中に突如消えない広告が表示されたり、読み込みスピードが遅くなったりと、様々なデメリットもあります。

無料とは言え、その後のリスクを考えるとあまりオススメできないのが正直なところですね。

ですのでそれらのサイトでの視聴はおすすめしませんが、それでも見たいという場合は自己責任でお願いします。

【第2話】ドラマ「パーフェクトワールド」(2019年4月23日放送)>>

【第3話】ドラマ「パーフェクトワールド」(2019年5月07日放送)>>

【第4話】ドラマ「パーフェクトワールド」(2019年5月14日放送)>>

【第5話】ドラマ「パーフェクトワールド」(2019年5月21日放送)>>

【第6話】ドラマ「パーフェクトワールド」(2019年5月28日放送)>>

【第7話】ドラマ「パーフェクトワールド」(2019年6月05日放送)>>

【第8話】ドラマ「パーフェクトワールド」(2019年6月11日放送)>>

【第9話】ドラマ「パーフェクトワールド」(2019年6月18日放送)>>

【最終回・第10話】ドラマ「パーフェクトワールド」(2019年6月25日放送)>>

ドラマ「パーフェクトワールド」サイト別・動画配信状況。

ドラマ「パーフェクトワールド」が配信されている動画サイトをまとめて見ました。

※本ページの情報は2019年9月時点のものです。最新の配信状況は「FOD」サイトにてご確認ください

配信の状況 見放題の対象
FOD
U-NEXT ×
dTV × ×
Amazon prime video × ×
hulu × ×

ドラマ「パーフェクトワールド」の動画配信が見放題で行われているのは、フジテレビ公式の「FOD」だけでした。

なので、見逃し配信が終了してしまった過去の放送回を見るには「FODプレミアム」の利用がお得という事になります

ちなみに「FODプレミアム」では現在、2週間の無料お試しキャンペーンを実施中。

見逃してしまった過去の放送も【1話~最終話】まで見ることができます。

気になる方はこの機会に利用してみては如何でしょうか?

登録方法については「FODプレミアムの無料登録をわかりやすく解説」のページで解説しています。

そちらを参照してください。

ドラマ「パーフェクトワールド」詳細・イントロダクション

ーいつかこのドラマがただのありふれたラブストーリーになりますようにー

建築士の鮎川樹(松坂桃李)は大学生の時に事故にあったことが原因で、脊髄を損傷し、下半身が不随に。”恋愛も、好きだったバスケットボールも、もうしない”と心に決めていた。

そんなる日、高校時代の同級生・川奈つぐみ(山本美月)と再会。閉ざされていた樹里の心が少しずつ開かれていく・・。

二人の前には、様々な困難が立ちはだかる・・。

引用:https://www.ktv.jp/perfectworld/introduction/

【出演者・キャスト一覧】

  • 松坂桃李
  • 山本美月
  • 瀬戸康史
  • 中村ゆり
  • 北村北斗
  • 岡崎紗絵
  • 池岡亮介
  • 高島豪志
  • 木村祐一
  • とよた真帆
  • 重松豊

ドラマ「パーフェクトワールド」ネタバレ・感想

●【第1話】ネタバレ・解説

学生時代、イラストレーターを夢見て東京の大学へ進学した川奈つぐみ(山本美月)。

卒業したら地元長野に帰ると父と約束していたが、現在も東京で妹のしおり(岡崎紗絵)と暮らしながらインテリアデザイン会社で働いている。

ある日、上司の東美千代(とよた真帆)から、設計事務所との打ち合わせの席に使いを頼まれたつぐみ。

打ち合わせの先の居酒屋で、高校時代の同級生で、つぐみの初恋の相手・鮎川樹(松坂桃李)と再会する。

樹は渡辺剛(木村祐一)が社長を務める設計事務所で働いていたのだ。

偶然の再会に胸高まるつぐみは「今でもバスケはやっているの?」と樹に聞く。

すると場が凍りつく。

樹はバスケ部のキャプテンとして活躍していた高校時代とは違い、車椅子に乗ってたのだった。

樹が先に帰ったあと、樹の職場の同僚に「大学時代に事故に遭い脊椎損傷で歩けなくなった」という事実を聞く。

翌日、無神経な発言で樹を傷つけてしまったと悔やんだつぐみは、樹の職場まで謝りに行く。

そんなつぐみを樹は公園に連れ出す。

そこで仕事に情熱を燃やす樹の言葉を聞いたつぐみは、不自由な身体以外は、かつての樹のままだと気づく。

つぐみが行く予定だった美術展にいっしょに行く約束をしたふたり。

約束の日、つぐみが出かけた後のマンションの部屋に、つぐみや樹と同級生で、アプリ制作会社の社長・是枝洋貴(瀬戸康史)が訪ねてくる。

高校時代から密かにつぐみに想いを寄せている洋貴は、しおりから樹と出かけたと聞いてショックを受ける。

その頃、つぐみはデートのような状況を楽しむどころか、車椅子での外出の大変さを思い知らされていた。さらに、事故がきっかけで高校時代からの恋人・雪村美姫(水沢エレナ)と別れ、もう誰とも恋愛する気はないという樹の言葉に戸惑う。

一方、樹の元へ美姫から結婚式の招待状が届いていた。そして留守電に結婚式の前に同窓会でもう一度会いたいというメッセージが入っていた・・。

 

●【第1話】視聴者の感想

40代女性

初恋の人のかっこ悪い所を見てしまっても、強く惹かれてしまうという設定が、凄く素敵でした。戸惑いながらも彼を助けてしまう、純粋な気持ちが伝わりました。1話とは思えないくらい濃い内容で、これからの展開を考えると次回が物足りなく感じてしまうのではないかと思っています。

40代女性

障害のある人と付き合うという難しい内容のラブストーリー。鮎川を通して車椅子の方の苦しみや葛藤がきちんと描かれてて、再会した初恋の相手が車いすになっていたという衝撃に、一歩引いてしまうつぐみの気持ちも痛いほど伝わってきます。それでも一途に思うつぐみの恋が叶うことを願わずにはいられないドラマです。

30代女性

松坂桃李を民放ドラマで久しぶりにみたが、やはりかっこいいの一言。また、最近胸キュン系の王道恋愛ドラマが少し前に比べて少ない気がしていたので、始まる前から非常に楽しみにしていました。第1話から、2人の恋愛模様が急ピッチで進んでいき、1話だけでも映画ができてしまうのではないかというぐらいのボリューム感でした。下半身付随の方の排泄障害などのリアルな悩みの部分も今まで知らないかったので、単なる恋愛ドラマではなく、そういった面を知れることもとてもいいことだと思いました。

20代女性

内容は、ド定番の泣かせる系ドラマですが、松坂桃李さんの演技のうまさに引き込まれました。脚に力の入っていない感じとても、難しかったと思います。山本美月さんの爽やかな雰囲気も、何故か、せつなくて。わかっているのに、何度もウルっときてしまいました。

30代女性

初恋の相手に偶然再会するというありきたりなラブコメの王道の設定ですが、その相手が事故で歩けなくなり車いす生活の障害者になっているというところがこのドラマの重要なポイントで、障害者と恋愛するのは相当な覚悟が必要だなと考えさせられました。

●【第2話】ネタバレ・解説

縮まる2人の距離に、つぐみ(山本美月)の期待は高まるが、“恋愛不要”を唱える樹(松坂桃李)の決意は変わらない!?さらに強力なライバルの登場で、つぐみの恋に黄信号!?

大事なコンペを前に無理を重ねたことで、突然病気を発症し、入院を余儀なくされた樹。しかし、つぐみのサポートもあり、念願だった仕事を見事勝ち取る。さらに、そのことがきっかけで2人の距離は急速に縮まるが、そこへ樹の元担当看護士でヘルパーの長沢葵(中村ゆり)が現れ、樹が彼女に絶大な信頼を寄せていることを悟ったつぐみは胸がざわつく。一方で、つぐみが樹の影響でインテリアデザイナーの勉強を始めたことを知った洋貴(瀬戸康史)もまた、つぐみの中でどんどん大きくなる樹の存在に焦りを覚えていた。

そんなある日、つぐみから行きたいところがあると誘われた樹。着いた場所は体育館で、そこでは車いすバスケの練習が行われていた。実はつぐみは、樹の同僚の晴人(松村北斗)から、樹を練習に連れてきてほしいと頼まれていたのだ。恋愛同様、バスケももう一生しないと決めていた樹は、最初こそ練習に参加することを拒むが、つぐみの頼みもあり、晴人の申し出を渋々受け入れる。やがて、バスケの楽しさを思い出した樹はチームに入ることを決意。つぐみも久しぶりに見た樹のまぶしい笑顔に釘づけになるが、半面、樹が自分を恋愛対象として見てくれないことに、どこか歯がゆさを感じていた。

引用元:https://www.ktv.jp/perfectworld/story/02.htm

●【第2話】視聴者の感想

20代女性

お互い惹かれあっているのに病気を理由に諦めようとする2人が切なくもどかしい気持ちになりました。たしかに普通のカップルのような恋愛はできないかもしれません。でもだからこそお互いを大切にしようという気持ちになるのも紛れも無い事実だと感じさせられました。

10代女性

今回の一番心に打たれたポイントは「変化」だと思います。歩けなくなってしまい、大好きだったバスケットボールができなくなってしまった樹。つぐみに連れられてきたのは車いすバスケットボールの練習場だった。歩けなくなってからバスケを遠ざけてきたが、つぐみのおかげでまたバスケに向き合おうと思えた点で樹に気持ちの変化が見られたと思います。今後、どんな展開になっていくのか、楽しみです。

20代女性

樹の影響でつぐみが夢をまた追い始めたのがとても嬉しかったです。お互いに良い影響を与えられるって、本当にいい関係だなと思いました。だけど、ずっと側で見守ってきた洋貴はなんだか切ないし可哀想だなと感じました。

20代女性

樹がまたバスケを始められたことを本当に嬉しく思いました。初めこそすごく怖い顔をしていたけど、どんどん表情が柔らかくなっていって良かったです。居酒屋で変なおじさんにいちゃもんをつけられたのにはイラっとしました。つぐみのピンチを助けてあげられないことに樹がショックを受けている様子がたまらなく胸が痛かったです。

20代女性

つぐみが自分の気持ちをついに樹に伝えたシーンはとても感動しました。好きだから死んじゃったらどうしようって怖いって言葉が、とても胸に刺さりました。1話でお預けだったキスシーンも見ることができたし、とても幸せな気分になりました。

●【第3話】ネタバレ・解説

初めてのデートにお弁当を作る、よくある話のようで実は車いすの鮎川くんがお店に入れるのか、お店にスロープはある? 等々つぐみが考えた結果のお弁当だった。

お弁当を食べるシーンはそんなつぐみの思いがたくさん詰まっていて、デートのほのぼのやキュンキュンより凄くこれからの二人に立ちはだかる様々なことが想像されて胸があつくなった。

GWに二人(+妹)が鮎川くんの車で帰ります。送っていった実家で娘を溺愛している父親に遭遇、車いすにのる障害者である彼と付き合っている事を知らされただただ反対する父。そして心配する母。

子供はできる体なの?等、母ならではの具体的な心配事を並べていくところはちょっと共感しました。

付き合う、そしてその先にはいつか結婚となるとやはり親は誰でも心配するだろうし、健常者でももちろん心配でしょうし、障碍者なら猶更でしょう。

しなくてもいい苦労を娘にさせたくない!親心は痛いくらいわかります。だからこそ娘は父に反発するんだろうなとも思えた帰省シーンでした。

戻ってきてヘルパーともぶつかるつぐみ、過去の苦しみをしりすぎているヘルパーもまた様々な葛藤がありつぐみに辛くあたります、みんな、相手を思いやってるからこそのぶつかり、葛藤なんだと思うとそれぞれの立場にたって複雑な思いになります。

 

●【第3話】視聴者の感想

40代女性

このドラマは一見地味だけどとても心を打たれるドラマ。障害者とあまり触れあったことのない私ですがつぐみと一緒に成長していけたらなと思わせられるドラマかな。

30代女性

ただでさえ心配な娘の将来ですから、つぐみの父が起こる理由もわかる気がします。それぞれの複雑な感情が絡み合って、なかなかスムーズにいかない恋模様と人間関係。なんだかいろいろ考えさせられる内容でした。

30代女性

松坂桃李さんは演技が上手とは思いますが、相手役の山本美月さんはもう少し頑張ってほしいなぁ~でも山本さん可愛いし、二人はお似合いのカップだと思います。それにしても、このドラマは障害者の人に厳しすぎる。でも実際に自分の身近に車椅子の人がいたら、自分はどうなのかと考えさせられます。

20代女性

障害がある人と付き合うがゆえに周りも心配から厳しめの声がかかるなと思った。確かに大変な事もあるかもだけど、2人は乗り越えて欲しい。長沢さんはどん底から救ってくれた恩人なのはわかったが、やはり恋心があったかと思った。今後の展開がすごく気になる。

20代女性

せっかく思いが通じあって付き合えたのに、周りの人に祝福してもらえないのは辛いだろうなと感じました。障害者というだけで恋をする資格もないのでしょうか。大事な娘が障害者と生きていく道を選ぶ事は心配でたまらないのが親心だと思います。しかし、最終的に娘を一番幸せにしてくれるのであれば障害の有無は関係ないと痛感しました。

●【第4話】ネタバレ・解説

樹の世話をするために、仕事終わりに介護の勉強に向かうつぐみは、樹には内緒にしています。

そして毎日のように樹の家に行って家事をして家に帰るとまた勉強をして、寝る暇のないつぐみは、次第に体が弱っていきます。

そんなつぐみをほっておけない是枝は、つぐみを食事に誘いますが、樹のことで頭の一杯のつぐみを見て切なくなる是枝。

つぐみは樹のすべてを知りたいと思っていますが、樹はつぐみに余計な心配はかけたくないと思い、幻視痛のことは黙っていました。

しかしそのことが余計につぐみを不安にさせ、自分は頼られていないのではないかと思うようになるつぐみ。

つぐみは障害のある人と付き合うことの難しさを感じつつあり、ヘルパーの葵の存在も気になり、精神的にも弱っていきます。

葵が樹を生涯支えていくつもりだと知り、そのことも気になるつぐみ。

そして電車で樹と一緒にいるときに、ホームから転落してしまったつぐみ・・。

樹は手を伸ばしますが、つぐみはそのまま下に落ちていきます。

 

●【第4話】視聴者の感想

30代女性

晴人や樹の本音は心に刺さるものがありました。障害は何年かかっても乗り越えられない…やっぱりそうなのかと、障害者の人がそんな思いでいることに納得したような思いとショックな気持ちが入り交ざったような複雑な気持ちになりました。

30代女性

今回は無理を重ねてしまう川奈つぐみが描かれており、痛々しく感じてしまいました。長沢葵に対する対抗心だとは思いますが、前回、鮎川樹から長沢葵との関係については聞かされたわけだし、もう少し大人の対応をすればいいのにと思いました。

そして、今回は晴人にスポットがあたりました。比較的、明るく前向きなキャラクターにみえていた晴人ですが、嫌なことがたくさん重なって心が折れてしまったんですね。

40代女性

いつも明るい晴人が障害を持っているという、コンプレックスに押しつぶされてしまうのが切なかったです。

樹の言葉で冷静さを取り戻しますが、いつもの明るい晴人が早くみたいです。

後は樹の膝につぐみが頭をおいて樹が頭をなでるシーンが凄くホッとしました。凄く優しい樹が凄く素敵だなと思いました。

20代女性

川奈(山本)も鮎川(松坂)もお互いのことを思い合っていることはよくわかります。しかし、気を遣いすぎて川奈が介護士の勉強をしていることや、鮎川が幻肢痛に悩まされていることなど大事なことがお互いに話せていないと感じます。これからもこのような関係で恋愛がうまくいくのかどうかが疑問です。 この二人の恋愛について、鮎川に想いを寄せる長沢(中村)、川奈に想いを寄せる渡辺(松村)も反対しており懸命に二人の間に入ろうとしている姿も健気でした。最後は疲労が蓄積した川奈が電車のホームから落ちてしまったので、次回の展開がとても気になります。

●【第5話】ネタバレ・解説

ホームから転落したつぐみは頭を強く打ち、そのまま病院に搬送されました。一緒にいても助けることができなかった樹は自分のことを責めます。

それに加えてつぐみの父親からひどく責められる樹。つぐみは実家で休むことになり、樹は見送りに行くつもりでしたが、つぐみが実家に帰る日に手が動かなくなり、樹は入院することになりました。

そうとは知らないつぐみは樹が見送りにも来ず、連絡もないことに心配しています。すると父親が樹に別れ話をしたことを知り、しかも樹が入院していることも知り、東京へ帰ろうとするつぐみ。

しかし父親が激怒し、いったんはかえることを断念しますが、やはり東京に戻ることを決めて家を出ます。そこへ是枝が迎えに来て東京に連れて行ってくれました。

樹は高熱が続き、辛い状況が続きます。ヘルパーの葵はつぐみに樹を愛していることを伝え、つぐみには樹の世話は見れないと言い帰るよう促します。

樹はつぐみの父親から言われた言葉を思い、つぐみと別れることを決意します。そしてつぐみの足が治ると二人で最後のデートに出かけます。

泣きながら樹は「もう終わりにしよう」と、つぐみに別れることを伝えたのでした。

 

●【第5話】視聴者の感想

30代女性

ちょっと悪いことが重なり過ぎで、本当に切なくなってしまいます。とにかく、つぐみが無事でよかったですけど、なんかこの展開は可哀想すぎる。ぺルパーの葵さんの腹立つとこは、つぐみへの苦言も指摘も全部鮎川くんのためとか言いながら、実際は、自分の恋愛を叶えるためでしかないのが透け透けなところ。みてられません・・。でも次も見ます(笑)

40代女性

好きでも、しんどくなっちゃう関係性ですね。あんなに優しい幼馴染がいたら、好きになってしまうかも。しかもイケメン・・。そんなつぐみが羨ましいです。つぐみと樹の別れのシーンは悲しかったですね。こっちまで胸が苦しくなって、泣いてしまいました。

30代女性

今回は本当に泣かされました。一緒に痛くても、どんなに相手のことを好きでも、叶わない恋。せつな過ぎますよ。ヘルパーの葵さんみたいに強い意思を持って付き合わないと、そう簡単にできる恋愛ではないのだと考えさせられましたね。

●【第6話】ネタバレ・解説

前回電車の路線に落ちたツグミを車椅子という障害のせいで何もできず助けられず、さらにツグミの父親から別れるよう頼まれてしまい、どんなに好きでも身を引くしかない。

そう思った樹は二人でデートを楽しんだ後に別れることを決断するというなんとも悲しいラストで終わりました。

樹に別れを告げられたつぐみに、実家から元久が倒れたと連絡が届いた。実家に帰ったつぐみは、、仕事を辞めて東京から離れることを決めたと母親の咲子に話しました。東京に帰ったつぐみはすぐに退職届を出しました。

樹は上司の渡辺から、2時のバスでつぐみが東京から去ることを聞きました。高速バスの乗り場へ向かいます。洋貴はもう行ってしまった、あわなくてよかったといいました。そして、近い将来つぐみにプロポーズするから二度と顔を見せるなというと、樹は「幸せにしてやってくれ」と言って帰りました。

家に帰った樹は、机の荷物を振り落して足をたたき続けます。そこに葵が帰ってきました。つぐみの見送りに行ってきたけども会えなかった、もうつぐみとは別れたと葵にいいました。

すると、葵はいきなり泣き出して帰ろうとしました。あわてて樹が止めると、つぐみに居場所をとられて悲しかった、樹のことが好きだったと泣きながらはなしました。樹は気づかなくてごめんというと、「忘れて。でも、これでもとどおりだよね」といって帰っていきました。

洋貴が週末のデートをさそうとつぐみはOKしました。デートのあと、橋の上で洋貴はふたたびプロポーズした。樹と別れた日のことを忘れられないと言って断りました。ところが、洋貴は強引につぐみにキスをして抱きしめました。

ツグミは障害を抱える夫婦と出会う。つぐみが元久と病院に行くと、高木と会いました。いちど退院したけどもきのうまた入院したと言うことでした。いっしょに病室にいくと、楓はいませんでした。車いすがなくなっていて外に出たかもしれませんでした。

急いで探しに出ると、川沿いに車いすで座っていました。そして、「わたしはあなたをしあわせにできない。じぶんのせいで不幸になるのは耐えられない。もうあえなくてもふこうにならないならそっちのほうがずっといい」といいました。

すると、高木は楓のそばにいること、楓の笑顔を見ること、楓をよろこばせることがしあわせだ。そして、さきのことなんてどうでもいい、それをみていたつぐみは樹のところに戻る決心をしました。

●【第6話】視聴者の感想

20代女性

つぐみにプロポーズすると宣言したヒロの存在が気になっている様子なのがバレバレで見ていて辛かったです。そんな弱っているいつきに長沢さんが自分の思いを伝えるシーンはすごく感じが悪かったです。正直ずるいとしか思えませんでした。

30代女性

実家に帰ることにしたつぐみが必死でいつきを忘れようとしているのがみえみえで切なかったです。ヒロにプロポーズされキスをされているところを偶然見てしまったいつきが可哀想でしたが、まだいつきの事を好きなつぐみを全て受け入れると決意したヒロが男らしく素敵でした。

●【第7話】ネタバレ・解説

つぐみが鮎川のところへ行き、進行性の障害をもつ夫婦の家を設計してほしいと説得する。それと同時に鮎川へ遠回しに責めてしまっているつぐみもいた。

鮎川はつぐみの思いを感じもう一度話を聞くことにした。乗り気でない奥さんの話を聞いて、夫婦二人が幸せになれる家を設計して、見事鮎川は奥さんを納得させることができた。

こうして鮎川とつぐみは再び一緒に仕事をすることになった。そんな中、ヘルパーの長沢さんがつぐみの前へ現れ、鮎川と付き合っているとウソを言ってしまう。

一方で、つぐみは鮎川への思いに整理をつけようとしていた。幼馴染のヒロはずっと側でつぐみを支えていたが、ついにプロポーズを成功させる。

鮎川と一緒に仕事をしながら、プライベートではヒロとの結婚準備が進められていく状況で、ヒロは再びつぐみの中の鮎川を感じて焦ってしまう。

そんなヒロの思いにつぐみも気遣うが、ヒロはつぐみの中が自分一人になるまで信じて諦めないと再び決心するのであった。

●【第7話】視聴者の感想

20代女性

つぐみが鮎川君の元へ会いに行ったのは、自分の思いを再び伝えに行ったと思っていたが、夫婦の家を設計してほしいと伝える展開で意外だった。遠回しに鮎川君を責めているところがつぐみらしさがあって良かった。

30代女性

ついにヒロのプロポーズが成功してちょっと切な嬉しい思いがした。その時のしおりの意味深なメッセージから、もしかするとヒロのことが好きなのかもと予想した。鮎川君と一緒に仕事をしながらヒロとの結婚準備が進められ、ドキドキしながら見てしまった。

40代女性

今まであったごちゃごちゃしていた物が、少しずつ解決していく感じがしました。長沢さんもつぐみに対しての嫉妬心けらしてしまったことを謝罪して、樹の母親の再婚も決まり、そしてしおりは洋貴への気持ちにけりをつけるためか、晴人を洋貴に紹介しました。つぐみも洋貴もしおりの気持ちに少しも気がついていなくて、しおりの気持ちを考えると凄く可哀想だなと思いました。だけど、晴人といるときは凄く楽しそうで、「障害者は無理」と言っていたのに足を痛がる晴人を気遣う様子も見せていたので、もしかしたらを期待してしまいました。

●【第8話】ネタバレ・解説

長崎県で起こった地震によって別荘の下見に行っていたいつきは材木の下敷きになります。いつきと連絡が取れないので何かあったのかと不安になるつぐみは必死でいつきを探し回ります。

やっと見つけたいつきの姿につぐみは冷静に対応します。一人でなぜ行ったのかと怒りますが無事で良かったと伝えます。

避難所に泊まることになったいつきとつぐみ。しかし避難所はいっぱいで寝るところがありませんでした。気を遣って避難所の人が私物の車を貸してくれます。

つぐみといつきは車で一夜を過ごします。二人で話したり、トランプを本気でしたり楽しい時間を過ごします。

つぐみとの久しぶりの時間を過ごし、いつきはやはりつぐみの事を好きなのを実感します。翌朝避難所にヒロと長沢さんが到着します。心配するヒロを見てつぐみはいつきと過ごした事を隠します。

でもつぐみがいつきの寝顔を書いたスケッチブックをヒロは見てしまい一緒に過ごした事実に気づいてショックをうけます。

先の未来を考えて一緒に生きるのを諦めるのは間違っている。好きな人と生きるのを諦めたくないと感じたいつきとつぐみが再びめぐり遇います。

●【第8話】視聴者の感想

20代女性

やっぱりこの二人の空気感がすごく素敵でした。つぐみを見ながら優しく微笑むいつきが凄く良い表情をしていて本当につぐみの事を好きなのが伝わりました。好きな人を見ている時の顔って誰よりも優しい表情をしていると感じました。

30代女性

周囲に迷惑をかけないつもりで別れた二人が、再び一緒になろうとしています。樹もつぐみも大地震を経験し、好きな人とは一緒にいるべきだと感じた二人は、ついに周りに反対されても一緒になることを決めたようです。しかし立ちはだかる壁は高く、二人で乗り越えられるのか心配です。

20代女性

樹には葵の存在がかかせず、つぐみは父親から絶対に許しを貰えないと思います。それでも一緒になりたい二人をどうにか応援してあげたいのですが、悲しい結末だけはどうにか勘弁してほしいなと思います。

●【第9話】ネタバレ・解説

つぐみと樹は樹が事故に遭った場所に来ていた。その日はバスケの練習後に雨に降られ、パーカーのフードを被ったまま、自転車を走らせて事故に遭ってしまったのだ。そして樹は「俺ともう一度やり直してくれませんか」とつぐみに言った。

樹は葵の関係にけりをつけるため、葵と会う約束をした。長野でつぐみの誕生日パーティーの準備をしていた洋貴につぐみから、「東京に行く」連絡が入った。嫌な予感がした洋貴は急いで東京に行き、樹の自宅にきていた。

2人で話をして「絶対に別れるな」と樹に伝えた。洋貴が自宅に戻るとつぐみがいて、2人は別れることになった。次の日、バスで長野に戻るつぐみの携帯に、洋貴からメッセージが届いた。

そのメッセージを読んだつぐみは、改めて洋貴の優しさに気がつき涙を流した。しおりと晴人はカラオケに来ていた。

そして晴人は「フラれたら俺が受け止めるから」としおりに告白することを勧めていた。樹は葵に契約を解除したいと話していた。しかし葵は「ただのヘルパーとして仕事をさせてもらうから」と話を誤魔化してしまった。

そしてつぐみは、父に洋貴と別れたことを告げ、喧嘩をしてしまった。

●【第9話】視聴者の感想

40代女性

純愛がテーマだったはずなのに、樹とつぐみの恋は純愛と言うのかが、疑問が残る展開でした。洋貴もしおりも晴人も樹も純愛の言葉がピッタリだと思いました。しかし、つぐみのフラフラした感じは、純愛とはほど遠いなと感じます。そして、しおりは洋貴に告白してしまいますが、この時の2人のやりとりが凄く良かったので感動しました。暖かくて、優しくてそして洋貴が最後まで良い人で安心しました。洋貴にもしおりにも幸せになってほしいなと、心から強く思いました。

30代女性

ようやく本当の気持ちを伝えて合い、再び付き合う事になって良かったです。両想いだった2人でしたが、お互いを大事に思うあまりにすれ違っていたのだと思います。つぐみも是枝と婚約している状態でこの決断をしたのは相当な覚悟が必要でしょう。樹も一度は彼女の手を放してしまいましたが、再び関係が戻って良かったです。しかし、周囲を敵に回すような決断でしたので、今後の説得が大変だと感じました。厳しい言葉を浴びせられますが、それでも説得する2人は凄いと思います。父親とも話す機会が出来た樹が、しっかりと思いを伝えて欲しいです。

●【最終回・第10話】ネタバレ・解説

結婚を許してもらうために川奈家に通い続ける樹は、ある時つぐみの父から2人で話すため、近くの公園へと連れ出されます。

やはり、父、元久は、結婚を認められないという態度でした。その途端、元久が苦しみ出したのです。すぐに樹は救急車を手配しました。

さらに、カバンを探っている元久に気付き、側に行こうとする樹ですが、段差が邪魔になり、車椅子では進めません。

そこで、樹は躊躇うことなく車椅子から降り、腕の力で這っていき、元久のカバンから薬を出して飲ませるのでした。救急搬送された元久の手術は成功し、無事退院を迎えた元久です。入院中、元久の気持ちは変化をしていました。

東京の樹宅に、元久が訪ねてきました。樹の存在は、つぐみの精神的な支えになっていると認め、とうとう結婚をみとめたのです。

無事2人はみんなに祝福をされて、結婚式を向かえます。父、元久と入場したつぐみは晴れやかな表情で、幸せが滲み出ています。

新婦をむかえる新郎の樹も、またこれ以上ないほどに喜びの笑顔を見せてくれました。幸せオーラ全開でした。

●【最終回・第10話】視聴者の感想

30代女性

樹とつぐみが結婚することは予想されていたものの、いざ新郎新婦として現れた2人をまのあたりにすると、とても嬉しい気分にさせてもらえました。子供を持ちたいという樹の前向きな希望がすごく良いです。

40代女性

体外受精などの負担を強いられることになるかもしれないつぐみも、快くそれを受け入れる度量の大きさに感心しました。気になっていた是枝や長沢も、自らの方向性を見つけて新たに努力しようとする姿を見て、救われたような気分になりました。

40代男性

死ぬかもしれないと思わせていた元久が、リハビリを通じて無事に退院出来たのは良かったです。リハビリをする時に車椅子に対する抵抗がみられていましたが、リハビリを通じて樹が困難を乗り越えてきた事を感じたのだと思いました。つぐみと樹も成長していましたが、元久としおりも障害者に対する偏見はなくなり、樹や晴人を一人の人間としてみていました。

30代男性

2人の努力が家族の気持ちも変えたのだと思いました。人は皆足りない部分を補いながら生きており、障害者、健常者という括りは関係がないのだと思いました。樹の語りが間違い探しの歌詞とシンクロしており、色々と考えさせられるラストでした。

 

【邦画/動画フル無料】映画「パーフェクトワールド」フル動画をポイントで無料視聴する方法は? 米津玄師・菅田将暉・まちがいさがし米津玄師/菅田将暉「まちがいさがし」歌詞の意味を解釈!ドラマ”パーフェクトワールド”主題歌

コメントを残す