Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

エンドリケリー「HYBRID FUNK」に山下達郎が参加!堂本剛とは久しぶり?

ついに堂本剛の新プロジェクト「ENDRECHERI (エンドリケリー)」が始動し始めます。

2018年5月2日・エンドリケリーのNEWアルバム【HYBRID FUNK】の発売が決定しました。

 

「ENDLICHERI☆ENDLICHERI」リアレンジから始まり、幅広いファンクを楽しめる内容に仕上がっているとのこと!

しかも、そのアルバムには超大物アーティストが参加しているんです!

「HYBRID FUNK」に山下達郎が参加!

なんと、今回のアルバム【HYBRID FUNK】には、山下達郎さんが参加しているんです。

「FUNKギターなら参加するよ」というオファーを山下達郎さん自ら頂いたことで、実現したようです。

 

楽曲は「HYBRID ALIEN」(ハイブリッドエイリアン)

サビでは「ハイブリッドエイリアン~・・ハイブリッドエイリアン~」

と何度も繰り返されるレーズ・・。なんとも中毒性が高い曲です

 

間違いなくファンク!

「山下達郎氏」の参戦は「竹内まりあ」さんからのひと押しで実現!?

堂本剛・山下達郎・しゃべくり007

引用元:日本テレビ(しゃべくり007)公式

以前に「しゃべくり007」に堂本剛さんが出演されていた時に、今回の山下達郎さんが参戦する経緯について語っていました。

 

剛はジャニーズ事務所に入ってうれしかったこととして「山下達郎さんとコラボ」したことを挙げ、

「一番最初は山下達郎さんに楽曲を書いていただいて、(当時は)子供と大人という対話だったんですが」と切り出した。

 

つい先日、

山下達郎:『君、ファンクやってるんでしょ?』

って声掛けてくださって、

 

堂本剛:『はい、やってます』

って言ったら、

 

山下達郎:『じゃ、僕にギター引かせてよ』

って言ってくださって・・。

 

と、山下達郎から申し出があったことを説明。

 

堂本剛:「うのみして大丈夫ですか?」

と聞いたところ、その横に竹内まりやさんもいらっしゃったんですけど。

 

竹内まりや:『達郎使ってやってよ』

と言って、プッシュしたという。

 

剛は「『硝子の少年』を作っていただいた方に、20年たって、こんな日が来るんだなっていうことをしみじみ感じながら、いろいろなことが走馬灯(のよう)によみがえって、うれしかったです」

と、感動の瞬間を振り返っていた。

 

達郎さんの気さくな人間性がよくわかる一コマですね。

さすがの剛くんも、ちょっと「マジで??」って思ったんでしょうけど、竹内まりあさんがプッシュしてくるなら、気兼ねなくオファーを受けられますよね。

山下達郎は堂本剛(kinkikids)に楽曲提供していました。

実は、山下達郎さんは昔から堂本剛さん(kinkikids)とは深い関係があるんです。

■ (’97) Kissから始まるミステリー (作曲/編曲・山下達郎)

■ (’97) 硝子の少年 (作曲/編曲・山下達郎)

■ (’98) ジェットコースター・ロマンス (作曲・山下達郎)

■ (’98) Happy Happy Greeting (作曲/編曲・山下達郎)

計4つの楽曲を提供しているんです。

kinkikidsのデビュー曲『硝子の少年』はもちろん、『ジェットコースターロマンス』も山下達郎さんなんですね。

(※kinkikidsファン&山下達郎ファンなら、知っていて当たり前の情報??(^_^;)・・)

 

ちなみに97年の『Kissから始まるミステリー』は、堂本剛くんが主演していた

【金田一少年の事件簿】の主題歌でしたね。

懐かしいです!!!

堂本剛エンドリケリーとしての想いが詰まったNEWアルバム

デビューから20年を経て、山下達郎とのコラボも実現し、いろいろな想いが詰まった

エンドリケリーの【HYBRID FUNK】。

ファンならずとも、ジャパニーズファンクを語る上で、絶対に欠かせない一枚になりそうですね!!

コメントを残す