あいみょん「プレゼント」歌詞の意味は?2つのプレゼントが存在する意味とは?

今回は、あいみょんの『プレゼント』という楽曲の歌詞の意味を考察していきたいと思います。

この楽曲は、フジテレビの「めざましどようび」の主題歌として起用されているんです!

シンプルなタイトルの中に込められた想いとは?

では、そんなプレゼント」の歌詞意味を紐解いていきましょう!

あいみょん「プレゼント」めざまし土曜日テーマ

あいみょんの楽曲『プレゼント』は、フジテレビの朝の情報番組『めざましどようび』の主題歌となっているんです!

週末の朝を、あいみょんの歌声とともに迎える土曜日は、なんだか素敵な1日になりそうですよね。

あいみょんらしい言葉で、エールを込めたこの「プレゼント」に、多くの人が元気をもらえるんじゃないでしょうか。

「プレゼント」に込めた想いとは?

この曲は世の中を俯瞰で見た物語。涙は流すために、溢れるために、声にならないSOSのために幾千も前から作っておいた。胸には強く、時には弱いガラス(恋に気づけるように、ときめいたら弾けるように、傷ついたらヒビが入るように)、そして恋するボタンを付けておいた。弱った人、参った人、そんな人へ私からのプレゼントです

引用:https://www.sanspo.com/geino/news/20180925/geo18092510160016-n1.html

「プレゼント」の歌詞を見てみると、あいみょんらしい「エール」を感じる楽曲となっています。

辛くなったり、倒れそうな時には、全てを吐き出して泣くことも大事なんだよ、という思いが込められていますね。

ときめきを感じるきっかけを見つけたら、恋をして、愛に出会うことも素敵だよという思いが伝わってきます。

そんな思いが「プレゼント」には描かれているのではないでしょうか。

 

ちなみに、今回の「プレゼント」の曲は、ここ最近の曲の中では声が高めというか、昔のあいみょん(特に「〇〇ちゃん」)あたりの声の感じに近いです。

「〇〇ちゃん」もいい曲なので、是非!

あいみょん「プレゼント」歌詞の意味は?

あいみょんの「プレゼント」には、どんな意味が込められているのでしょうか。

それでは、あいみょんの感性が溢れ出す歌詞を、考察していきたいと思います!

「プレゼント」Aメロ・歌詞の意味

こんなに近くに落ちている夢を
次から次へと蹴飛ばしている
やりたい事をやれない人達が
次から次へと沈んでく

引用:「プレゼント」作詞作曲/あいみょん

まわりには、これからの未来や希望で溢れているのに、それを敢えて手にしない人がいる。

誰もが、夢や希望にあふれた日々を送っているわけではないですもんね…

 

やりたくてもやれない人達が」という部分は、人それぞれの環境や想いによって、夢に対する思いも違うのかなと思います。

心に嘘がつけない人が、思い悩んでしまうという現実…

「プレゼント」Bメロ・歌詞の意味

「知らない」で誤魔化せる日々は
きっと続かないから
ちょっとあなたにプレゼントあげる

引用:「プレゼント」作詞作曲/あいみょん

ごまかしたところで、いつかは壊れてしまうから…

 

ちょっとあなたにプレゼントあげる」という部分に、頑張っている人に対して、あえてプレゼントという言葉を持ってくるセンスが素敵ですよね。

「プレゼント」サビ・歌詞の意味

こうして誰かの胸に
溢れそうな泉を作るよ
少しでも傷ができたらきっと
助けが来るシステムにしてあるよ
幾千年も前からこうして
涙を作っている

引用:「プレゼント」作詞作曲/あいみょん

泣きたくても泣けないという人に、今すぐにでも泣けるよう、泉を作ってあげよう。

そして、また、心が痛くなったらまた、いつでも涙がでるようなシステムを作っているから。

そうなんです…(涙)

辛い時には声をあげて泣いて全てを洗い流し、また、気持ち新たに、歩き始める…

当たり前だけど、本当に大事なことですよね。

 

「プレゼント」2番Aメロ・歌詞の意味

サイズ違いのピースを拾いすぎて
次から次へと捨ててしまう
「やれる気がしない」と病んだ人達が
次から次へと沈んでく

引用:「プレゼント」作詞作曲/あいみょん

サイズ違いのピースを拾いすぎて」とは、正解だと思ったことが、似たように見えても違う…

うまくいかない時って、そんなことばかりが続くんですよね。

そうなると、心が折れそうになり、そんな毎日に「やれる気がしない」。

ますます落ち込んで、疲れ切った人たちが、気持ちとともに沈んでいってしまうんですよ…

「プレゼント」2番Bメロ・歌詞の意味

しわくちゃでゴミのような日々は
きっと続かないから
そんなあなたにプレゼントあげる

引用:「プレゼント」作詞作曲/あいみょん

しわくちゃでゴミのような日々は」の、何度も悩んでは、握りつぶしていく毎日…

でも、そんな毎日は絶対に続かないという言葉に救われます。

「プレゼント」というワードだけでも、心が軽くなる気がしますよね。

「プレゼント」2番サビ・歌詞の意味

そうして誰かの胸に
弾けそうなガラスを作るよ
小さなトキメキにぶつかったら
光る恋するボタンにしてあるよ
幾千年も前からこうして
愛を作っている

引用:「プレゼント」作詞作曲/あいみょん

ときめきというきっかけが心の中で生まれ、それに気づいた時に、恋に落ちるという…

ふとしたことで、心の中がときめいて、恋が始まるんですよ!

そして、それが愛となっていくんです。

いくら年月を重ねても、変わらないものは変わらないんですよね。

「プレゼント」Cメロ歌詞の意味

その背中にはいつだって
立ち上がれる呪文を一つ
その唇にはいつだって
分け合えるような強さを二つ

忘れない 忘れないようにね
弱ったなら 参ったなら
あのプレゼント開けてもいいからね

あなたのためだから

引用:「プレゼント」作詞作曲/あいみょん

辛いことがあっても、この背中には、頑張れる呪文がある。

恋に落ちた時には、相手にも分けれるほどの強い愛を持っている。

だから、辛くなったり、寂しくなったとしても、あの「プレゼント」があるから、また、がんばれる。

 

心の中に、お守りのように、暖かく響く「プレゼント」。

それぞれの人の日常を、これからも優しく後押ししてくれる歌詞ですよね!

あいみょん「プレゼント」歌詞の意味は? まとめ

毎日を頑張りすぎている人や、自分の心に熱くなるものに気づいていない人たち…

辛い時は、たくさん涙を流すこと…

小さなドキドキに気づいて恋に落ちること…

いつでも、そんな「プレゼント」は、あなたの心にあるから。

 

あいみょんの感性が言葉に乗って伝わってくる「プレゼント」の歌詞ですね。

頑張れというより、頑張らなくていいんだよというエールが印象的でした。

あなたには、どんな風に「プレゼント」の歌詞の意味が届きましたか?

コメントを残す