あいみょん「ハルノヒ」歌詞の意味を解釈&考察!ひろし目線の家族への愛とは?

あいみょん・ハルノヒ・歌詞・意味

今回はあいみょんの「ハルノヒ」の歌詞意味について解釈&考察をしていきたいと思います!

しんちゃんの両親である、”野原ひろし”と”みさえ”を歌ったというこの一曲には、一体どんな意味が込められているのでしょうか?

2人の関係性と、時系列に注目して歌詞を見てみてください!

⇒関連:あいみょん「真夏の夜の匂いがする」MV公開されました>>

 

あいみょん「ハルノヒ」はどんな曲?

ハルノヒ』は、4月17日に発売される あいみょん のニューシングル。

あいみょん にとっては7枚目のシングルCDとなります。

そしてこの「ハルノヒ」は、4月19日公開予定の『映画クレヨンしんちゃん 新婚旅行ハリケーン ~失われたひろし~』の主題歌に起用されています!

ひろし の みさえ への「プロポーズ」をテーマに「ひろし目線」で書かれた歌詞のようです!

「ハルノヒ」について、あいみょん本人がコメントしています。

この度、「映画クレヨンしんちゃん 新婚旅行ハリケーン ~失われたひろし~」の主題歌を担当させて頂くことになりました。
小さい頃から大好きだった。と、言いますととてもありきたりだとは思うのですが、その大好きな想いを私なりに楽曲でどうにか伝えられたらな。と心から思い、今回のテーマが「家族の愛」と聞いて、野原一家の誕生の物語を楽曲で描けたら!と考えました。

引用:https://www.shinchan-movie.com/

「ハルノヒ」映画クレヨンしんちゃん 主題歌

映画の内容は、激安新婚旅行ツアーでオーストラリアを訪れることになった野原家を描いているそう。しんちゃんの両親である野原ひろしとみさえの「いまさらの新婚旅行」、気になりますね(笑)

さらに、映画の公開を記念してひろしとみさえのエピソードが集められたDVDも発売されるとのこと。こちらも必見ですね!

ちなみに私も先日、子供と一緒にクレヨンしんちゃん無料見逃し配信で過去作品を大量に見たのですが、やっぱり面白いですよね(笑)

クレヨンしんちゃんって、子供向けアニメのようで、実は大人が見て面白い内容なんですよね!ついつい見ちゃいます(笑)

 

そんなクレヨンしんちゃんの作品に忠実に歌詞を書いたという『ハルノヒ』。

「家族の愛」をテーマにした映画に、あいみょんの主題歌はどのように効いてくるのでしょうか?

映画のエンディングが今から気になります!

ちなみに4月17日発売のあいみょんニューシングルハルノヒ』ですが、初回限定盤は「クレヨンしんちゃん盤」になっているそうです。

併せて、早期特典となる「あいみょんクリアファイル」の絵柄も気になるところですね。

 

という訳で、そろそろ「ハルノヒ」の歌詞を見ていきたいと思います!

あいみょんが描いた家族の絆の強さや幸せとは一体…?

あいみょん「ハルノヒ」歌詞の意味を解釈!

あいみょん

「ハルノヒ」は、映画で描かれる ひろし から みさえへの”プロポーズ”をテーマにした楽曲。

ちなみに、「ハルノヒ」とは、しんちゃん家族が暮らす”春日部”から取ったとのこと。

 

春日 ⇒ ハルノヒ という訳ですね。

 

「ひろし目線」で書かれた「ハルノヒ」の歌詞には、どんな意味がこめられているのでしょうか?

ストーリーは、まだ恋人同士である2人の、何気ない日常を切り取ったシーンから始まります。

「ハルノヒ」Aメロ・歌詞の意味は?

北千住駅のプラットホーム
銀色の改札
思い出話と想い出ふかし
腰かけたベンチで

僕らは何も見えない
未来を誓い合った

引用:「ハルノヒ」作詞作曲/あいみょん

北千住の改札口。

仕事から帰る ひろしを、みさえは駅で待っていたのでしょうか?

 

「北千住駅のプラットホーム」は、しんちゃんの両親 ひろし と みさえ の思い出の場所。

というのもこの場所、ひろし みさえ にプロポーズした場所らしいですよ!!

 

現在は春日部に住んでいる、しんちゃん一家ですが、2人にとっては、北千住駅は、思い出の場所なのでしょうね。

あいみょん・ハルノヒ

若い頃の ひろしみさえ

駅からの帰り道、ベンチに座った2人は、どんな思い出を語り、どんな未来を誓ったのでしょうか?

寒さにこらえた木々と猫が
まるで僕らのことで
つぼみを咲かせようと
実をゆらしてる
素敵に笑っている

焦らないでいい
いつか花束になっておくれよ

引用:「ハルノヒ」作詞作曲/あいみょん

希望を持った若い2人でも、心が折れそうなときだってあるはずです。

家族になるということは、恋人同士の時とまったく違いますからね・・。(^_^;)

 

そんな、まだ恋人同士である2人の不安定さと若さを、冬の木々と猫に例えています。

これはあくまで ”ひろし目線”の歌詞です。

少なくともこの時の”ひろし”にとっては、”みさえ”との幸せな未来を確信していたのでしょう。

 

だから「焦らなくていい」。

ゆっくりと、たくさんの花を咲かせていこうと心に誓ったのかもしれません。

 

すごく心に響く歌詞ですね!(;_;)

「ハルノヒ」Bメロ・歌詞の意味は?

それまで待っていてね
これからの展開を二人で
飽きるまで過ごしてみるからね
最低限の愛を伝えながら

引用:「ハルノヒ」作詞作曲/あいみょん

いつになるか分からない「幸せという花」を咲かせるときまで。

2人には、どんな試練、どんな展開が待ち受けているのでしょうか?

 

このときの2人には想像もできなかったでしょうが、、、しんちゃん一家には、毎回大変な試練ばかり起きますよね(笑)

 

そんなドタバタのアクシデントや困難さえ「楽しく過ごして見せる」という、”ひろし”の 愛情と誓い が表現されている部分です。

 

でも、男は愛情表現というのが上手くできません(笑)

不器用な”ひろし”なりの「最低限の愛は伝えます!」という、もうひとつの誓いなのかもしれません。

「ハルノヒ」サビ・歌詞の意味は?

どんな未来が
こちらを覗いているかな
君の強さと僕の弱さを分け合えば
どんな凄いことが起きるかな

引用:「ハルノヒ」作詞作曲/あいみょん

サビの冒頭では待ち受ける試練を「擬人化した未来」で表現しています。

 

こちらをのぞいている未来は、「この2人ならこの試練をどうやって乗り越えるのかな?」

というように、2人の成長度に合わせて困難の大きさを用意しているように感じます。

 

人生において『超えられない試練は訪れない。』と言います。

2人なら必ず乗り越えられるからこそ「未来」は試練を与えるのでしょうね。

 

そして、「君の強さと僕の弱さ」。

まさに みさえ と ひろし の夫婦関係を表していますよね!

 

強さと弱さを分け合って足し合って、一つの家族になる。

それって本当に凄いことですよね!

ほら もうこんなにも幸せ
いつかはひとり いつかはふたり
大切を増やしていこう

引用:「ハルノヒ」作詞作曲/あいみょん

贅沢をしたりしなくても、こうして2人で未来を想像しているだけでも、こんなにも幸せになれる。

ほのぼのとした愛が描かれていますね。

 

そして、「いつかはひとり いつかはふたり 大切を増やしていこう」という歌詞。

 

これはまさに、後に2人の間に生まれる しんちゃんひまわり のことを表している部分です。

 

このときの2人ままだ知らない幸せ、「大切なもの」を少しずつ増やしていこう。

些細なことですが、これこそ幸せですよね!

 

しかし・・未来を誓い合った2人でも、すれ違うことだってあります。

2番の歌詞では、何やら不穏な空気が訪れるようです・・。

続き・2番のページへ↓

1 COMMENT

クーピーしんちゃん

解釈&考察ですが私自身も共感した部分がたくさんありました。
あいみょんの表現の仕方も素敵ですよね。

アウトロの「水色に挨拶」の部分ですが
考え過ぎかも分かりませんが私は2つの意味が込められていると解釈しました。

1つ目は「水色の幼稚園の服を着たしんちゃん」に対しての「ただいま」の挨拶。
アニメ中にも水色の制服をきてワチャワチャ暴れているシーンもあるのでそれが頭に浮かびました。

2つ目は「住みなれた駅」に対しての「ただいま」の挨拶。
春日部駅の屋根の色が水色だからです。
2番のサビで「だらしなく帰る場所」とありますがサビ部分に関しては家の事かなと思いますが、春日部駅もひろしの中でだらしなく帰る場所の1つであると考えました。なぜなら「大切」たちが待っている家の最寄り駅でもあるし、ひろしからすると家と会社の次ぐらいに立ち寄っている場所で安心する大切な場所でもあるはずです。
まだ家に着いていないのに最寄り駅に着いた途端ホッとしたりしたことありませんか?笑
仕事から帰って来て最寄り駅に降りた瞬間に、やっと着いたーってなったことが私自身数え切れないほどありましたので笑

そして、何故どちらかでなく2つの意味が込められていると思ったかというと、曲中に色が銀色、藍色、水色と3色出てきていましたが、銀色は駅の改札の色であり、駅の一部分の色でした。一方、藍色はスカートの色であり、服の色ですよね。
私が考えた上記の2つは服の色でもあるし、駅の一部分でもあって選べませんでした。

あと、「水色に挨拶」の歌詞の投入のタイミングです。どっちにもとれちゃいます。

【服の場合】
住みなれた駅のプラットホーム。
水色に挨拶
「おかえりなさい」と
小さく揺れる影を踏むシアワセ

【屋根の場合】
住みなれた駅のプラットホーム
水色に挨拶。
「おかえりなさい」と
小さく揺れる影を踏むシアワセ

。の入れどころを変えたとしてもどちらの情景も思い浮かびます。

後は受け手の感覚でヨロシク
みたいな歌詞にしたのなら
あいみょんマジハンパないっす。

長文、駄文の解釈と考察失礼いたしました。

返信する

コメントを残す