「君はロックを聴かない」の歌詞は、ふと浮かんだ印象的なワードがキッカケ?

2017年8月にリリースされた「あいみょん」の3ndシングル『君はロックを聴かない

この曲は、2017年8月どの全国AM/FMラジオ系42局でパワープレイを獲得した「あいみょん」の代表曲とも言えるナンバーです。

 

この曲の歌詞は、ある一つのフレーズから展開していったとのこと。

どんな言葉がキッカケになっているのでしょうか?

「君はロックを聴かない」の歌詞は、あるフレーズがキッカケ。

YouTube: 正しい URL を指定してください。

「君はロックを聴かない」というタイトルからして、興味を引きますよね。

でも、実際に聞いてみると、全然ロック調じゃなくてアコースティックポップ。

 

タイトルのプチ裏切り感から、しっかり歌詞の世界観に引き込む「あいみょん」。

言葉選びのセンスがずば抜けています。

 

そんな「あいみょん」本人が、この曲の歌詞が生まれたキッカケについて語っています。

この曲は、去年の8月末(リリースの1年前)にできた曲で

「あの頃」の青春や「今」の青春、少し懐かしいようなくすぐったいような青春の音や匂い、思い出を歌った曲です。

ふとした時に「僕の心臓のBPMは190になったぞ」っていう歌詞が浮かびました。

普段から歌詞とメロディを同時に作るので「僕の心臓のBPM?」から物語を派生させていったと思います。

瞬間的な思いつきで曲を作ることが多いので歌詞が浮かんだ時とか曲を作った時の記憶が曖昧なんですけど(笑)

その時感じたこと思ったことそのまま書いてます。

特に「こだわり」というものを考えながら作詞する事も少ないのですが、曲の始まりの一言目は印象的なワードが良いな。とか思ったりはします。

引用元:https://e-talentbank.co.jp/interview/40539/

ロックを聴かない「君」への「僕」の精一杯の優しさ。

あいみょん・レコード

ロックなんて興味が無いと分かっているけど・・

それでもなんとか「君」を元気にさせるキッカケが欲しくて。

 

そして、「君」との微妙な距離を、音楽を通して少しでも近づけたい。

そんな「僕」の心情を甘酸っぱく表現した、青春を感じさせるナンバーです。

 

「僕」の好きなロックを、あえてドーナツ盤(レコード)で聴かせるという部分も、粋なストーリーですよね。

 

この少年のロックへのこだわりや、ちょっと「変わり者」感が表現されています。

 

「僕」なりの不器用な優しさで、落ち込んでいた「君」が、

2番の歌詞で少しだけ元気になってきている部分も聴きどころですね。

あいみょん 3rdシングル「君はロックを聴かない」

【シングル】2017.08.02 RELEASE

¥1,080 (Tax in)

  • 1. 君はロックを聴かない
  • 2. 青春と青春と青春
  • 3. 君はロックを聴かない(Instrumental)

片思いの切なさ、恋をした時のドキドキ。

そんな青春をもう一度思い出したい時には、ぜひこの曲を聴いてみてください。

あいみょん「ハルノヒ」歌詞の意味は?ひろし目線の家族への愛とは?

コメントを残す