あいみょん「マトリョーシカ」歌詞の意味は?恋愛経験が豊富すぎる歌詞に注目!

あいみょん・マトリョーシカ・歌詞・意味

引用:http://musicsark.info/aimyon-5729

注目のシンガーソングライター「あいみょん

特に、若年層から多くの支持を集めています!

 

23歳とは思えないほどの大人びた比喩と曲調、そして何より、個性的な歌詞が魅力ですね。

 

今回はそんなあいみょんの「マトリョーシカ」の歌詞意味について考察していきたいと思います。

マトリョーシカに例えられた女の子の表情の描き方が見どころですよ!

あいみょん「マトリョーシカ」はどんな曲?

あいみょん・人気曲ランキング

「マトリョーシカ」は、あいみょんの1stアルバム「青春のエキサイトメント」4曲目に収録されている楽曲。

 

注目するべきはもちろんその歌詞!

あいみょん特有の歌詞で描かれる「愛されない恋」がなんとも切なく、突き刺さる一曲です。

 

23歳という若さで、このアダルトな感性はすごいです!

「青春のエキサイトメント」とは?

 

あいみょんのメジャー初アルバム、『青春のエキサイトメント』。

 

国内でのリリースは2017年9月13日で、2か月後の11月には台湾でもリリースされています!

日本に限らず海外でも人気を集めているようですね!!

 

このアルバムには「生きていたんだよな」「君はロックを聴かない」「愛を伝えたいだとか」など、あいみょんの数々の代表曲が収録されています。

 

ポップなバンドサウンドにアコースティックギターのストロークが煌めく1枚です。

真っ赤なジャケットが印象的ですよね!

YouTubeでオリジナルが聞けるのはこれだけでした(^_^;)

それにしても……。

 

こんな曲、恋愛経験が豊富じゃなきゃ書けませんよね?

23年間でどんな経験をしてきたのでしょうか…(^_^;)笑

あいみょん「マトリョーシカ」歌詞の意味を考察

あいみょん・マトリョーシカ・歌詞・意味

それでは「マトリョーシカ」の歌詞の考察に入っていきたいと思います!

あいみょんが“マトリョーシカ”に重ねる“愛されない女の子”とは……??

あいみょん「マトリョーシカ」Aメロ 歌詞の意味

あいつの全てを知り尽くし
尻に敷いてしまいたいわ
良い子のふりしたマトリョーシカ
2つめの顔を見せましょうか

引用:「マトリョーシカ」作詞作曲/あいみょん

 

いきなり強烈な歌詞から始まるこの曲。

 

良い子の仮面を被って好きな人に好かれようとする女の子の姿を、次々に次の顔を出すマトリョーシカで表しています。

2つ目の顔はどんな顔なのでしょうか?

 

知り尽くし」の部分と「に敷いて」の部分は韻を踏んで工夫されていますね。

あいみょん「マトリョーシカ」Aメロ② 歌詞の意味

遠回しすぎるセリフばっかで
セルフな恋に飽き飽きして
それでも好きとか言ってしまうこと
恥ずかしいなんて思わなくなった

引用:「マトリョーシカ」作詞作曲/あいみょん

 

ここでも「セリフ」と「セルフ」という音の遊びがみられますね。

歌詞だけでなく音の面でもこだわりがあるようです。

 

歌詞はというと…、

好きとも言ってくれないし、好きじゃないとも言ってくれない。

 

曖昧なセリフに踊らされて、自分一人で舞い上がったり落ち込んだりする恋って嫌になってしまいますよね。

自分だけが好きみたい」って辛いですもんね(;_;)

 

だけど好きなのはどうにもやめられなくて、「好き」と言葉にしてしまう。

それを最初は「自分ばっかり」と恥ずかしく思っていたけど、もうそんなことも思わなくなってしまったみたいですね。

 

好きが故に感覚が麻痺してしまったようです。

あいみょん「マトリョーシカ」Bメロ 歌詞の意味

近いうちに愛されるかな私、私

引用:「マトリョーシカ」作詞作曲/あいみょん

 

愛されないことを本当は分かっていながらも、愛されたい気持ちを捨てきれずにいるようです。

独り言を呟いている様子を想像してしまいます。

 

切ない……。

あいみょん「マトリョーシカ」サビ 歌詞の意味

キラキラに光る何かを追いかけて
私はそれでも愛されなくて
本当の自分を隠し続けてる
私はいつでもマトリョーシカ

引用:「マトリョーシカ」作詞作曲/あいみょん

 

実は好きな人を追いかけていたはずが、途中から何を追いかけているのか分からなくなったりすることってないですか?

 

なんだか幸せそうでキラキラと光り輝く何か

この女の子も追い求める先が変わってしまっていたのかもしれません。

 

だけどやっぱり愛されることはなくて…。

 

それでも愛されたくて、好きな人好みの女の子になろうとしてしまう……。

 

そんな姿を、違う顔を重ねてゆくマトリョーシカで表しています。

あいみょん「マトリョーシカ」2番Aメロ 歌詞の意味

寝る間を惜しんで書いた手紙も
メイクも何もかもが無駄ね
殻に閉じこもったマトリョーシカ
せめて神棚に添えて欲しいわよ

引用:「マトリョーシカ」作詞作曲/あいみょん

 

好かれたくてやってきたこと全てが無駄だと感じてしまいます。

 

「本当の姿を隠したマトリョーシカも相手にとって役に立たないものだと言うのなら、せめて供え物くらいにはなるでしょう」、と皮肉を込めていますね。

あいみょん「マトリョーシカ」2番サビ 歌詞の意味

キラキラに光る何かが欲しかった
私は一度も愛されないの?
本当のあなたも知らないままなの
私はあなたのモノでしょうか?

引用:「マトリョーシカ」作詞作曲/あいみょん

 

一度くらいは愛してほしい」と本心を秘めています。

 

本当の自分をマトリョーシカの一番奥に隠しているということは、同時に相手の本当の姿も見えてないことになるのでしょうか。

 

私はあなたのモノでしょうか?」という歌詞については二つの意味で捉えることができそうです。

 

モノ”のように扱われていることへの反抗、それから「あなたの私なの?」という疑問

 

どちらにせよ愛されない関係に嫌気がさしているようですね。

あいみょん「マトリョーシカ」Cメロ 歌詞の意味

笑っているふりが得意になっちゃった
2つめの顔には青い何かが流れている

水たまりができて
溢れちゃいそうだ
溢れちゃいそうだ
溢れちゃいそうだ

引用:「マトリョーシカ」作詞作曲/あいみょん

 

多くのマトリョーシカは可愛らしい笑みを浮かべていますよね。

作り笑いマトリョーシカの笑顔を重ねているようです。

 

そして本当の顔からはが流れているのでしょう。

 

一つ目の顔で隠れてはいるものの、流れた涙が一つ目のマトリョーシカに溜まって溢れてしまいそうだ、という意味でしょうか。

 

すごく凝った表現!

さすがあいみょん!!と言わざるを得ませんね!

あいみょん「マトリョーシカ」ラスサビ 歌詞の意味

キラキラに光る何かを追いかけた
私は本当に愛されたかった
キラキラに光る何かを追いかけて
私はそれでも愛されなくて

本当の自分を隠し続けてる
私はいつでもマトリョーシカ
私はあなたのモノでしょうか?

マトリョーシカ

引用:「マトリョーシカ」作詞作曲/あいみょん

 

幸せを追い求めて自分を隠して愛されようと頑張って来たけど、やっぱり愛されることはない…。

 

本当は殻を破って本当の姿を見せたいけど、偽りの姿でも愛されないのに、本当の自分を見せたところで愛されることはない……。

 

愛されたくても愛してもらえない切ない女の子の気持ちが描かれています。

あいみょん「マトリョーシカ」歌詞の意味は? まとめ

引用:https://natalie.mu/music/pp/aimyong03

いかがでしたでしょうか?

 

」が一方通行の女の子。

好きになってほしくて素顔を隠す様子がマトリョーシカで表されていましたね。

 

恋する女の子の姿があいみょんらしい独特な歌詞で歌われていました。

「あいみょんってたくさん恋してきた人なのかな?」と思っちゃうような歌詞でしたよね(笑)

でも共感するところも多かったです(;_; )

 

韻や音のリズムの使い方も最近の流行りに乗っていて、切ない歌詞なのにノれる一曲ですね!

 

以上、あいみょんマトリョーシカ」の歌詞考察でした!

コメントを残す