米津玄師×嵐(コラボ)『カイト』歌詞の意味を解釈。紅白2019初披露/放送時間は?NHK2020応援ソング「世界がより良い方向へ…。」

海の幽霊・米津玄師・歌詞の意味

米津玄師さんと嵐による初のコラボとなる楽曲『カイト』が、第70回NHK紅白歌合戦(2019)にて披露されることが決定しました。

この曲は「東京オリンピック2020」の応援ソングとして米津玄師さんが書き下ろし、歌唱は「嵐」が担当するというもの。

まさかのコラボに凄まじい注目が集まっていますが、楽曲『カイト』の歌詞にはどのような意味が込められているのでしょうか?

そして、気になる「紅白歌合戦2019での披露時間帯はいつごろなのでしょうか?

米津玄師×嵐(コラボ)『カイト』NHK紅白で初披露が決定

米津玄師さんと嵐の初のコラボとなる楽曲『カイト』が「第70回NHK紅白歌合戦(2019)」で披露されることが発表されました!

この曲は、「NHK2020ソング」として、米津玄師さんが作詞/作曲し、歌唱は「嵐」が担当するそうです。

2020年を持って活動を休止する国民的アイドル「嵐」と、国民的シンガーソングライター「米津玄師」という、かつてない規模のビッグネームの共演に国民中の注目が集まっています!

昨年の紅白でも米津玄師さんの出場をギリギリまでシークレットにするなど、なかなか攻めていたNHKでしたが、今年も年の瀬ギリギリに凄まじいカードをぶっ込んできましたね(笑)

注目カードはギリギリに…。毎年の紅白の定番パターンになりそうです(笑)

トミヨシ

『カイト』は感動のシーン、挑戦のシーンと共に。

そんな注目の楽曲『カイト』ですが、NHKはこの楽曲をスポーツに限らず、さまざまな番組やサービスで使用していくとのこと。

「東京2020」をきっかけに全国各地で見られる、感動のシーンや挑戦のシーンを楽曲とともに紹介していくことで「視聴者の心が明るくなり、世界がより良い方向へ進んでいくように」という想いが込められているそうです。

確かに、音楽と共に心に刻まれていくシーンや映像は、印象的に残っていきますよね。

アスリートに限らず、未来を担う若者が”何かに挑戦するとき”心を奮い立たせてくれるような楽曲になっているのではないでしょうか。

米津玄師・嵐(相葉雅紀)コメント

NHK2020ソング『カイト』について、それぞれコメントを発表しています。

米津玄師コメント

僕が子供の頃から変わらず活動してきた嵐の休止前ラストイヤー、
その一幕に関われることをとても光栄に感じています。
カイトは長く残る曲になってほしいと願いながら制作しました。
どうか広く行き届きますように。

引用元:https://reissuerecords.net/

相葉雅紀(嵐)コメント

この度、僕たち嵐がNHK2020ソングを歌わせていただく事になりました。
また今回米津さんとコラボレーションさせて頂いたこと、大変光栄に思っています。
米津さんが作って下さったこの曲は、頑張っている人が救われるような優しさにあふれていて、歌っていてとても感動しました。この曲でオリンピック・パラリンピックをはじめ、2020年の日本全体を盛り上げられるよう心を込めて歌わせていただきます。

引用元:https://reissuerecords.net/

米津玄師×嵐『カイト』紅白2019・放送時間は?

そんな注目のコラボ曲『カイト』ですが、NHK紅白歌合戦での披露時間は正確にはまだ決定していません。

ただ、今回の紅白でもトップレベルの注目カードですので、後半あたりの時間帯での放送になることは間違いないかと思われます。

ちなみに、昨年の紅白で「Lemon」を披露した時には、22時30分~23時00分ごろという、ラストより少し前くらいの時間帯でしたので、そのあたりの放送が濃厚かと思われます。

要は予測しづらい時間帯の方が、注目してもらいやすいですからね(^_^;)。

というわけで、さらに詳しい情報が発表され次第追記していきたいと思います。

米津玄師×嵐『カイト』歌詞の意味は?

米津玄師さんと嵐のコラボによる楽曲『カイト』ですが、紅白歌合戦2019での演奏が初披露となりますので、まだ歌詞についても公開されていません。

ですので、紅白で発表以降、歌詞の意味について解釈&考察をしていきたいと思います。

聴手や解釈の仕方によっていろいろな意味を感じ取ることができる米津玄師さんの楽曲。

『カイト』の歌詞にも注目ですね。すごく楽しみです!

米津玄師×嵐(コラボ)『カイト』歌詞の意味は? まとめ

米津玄師と嵐という、超ビッグネームによるコラボの決定に、今後もさらに注目が集まっていくことでしょうね。

今後の紅白での放送時間や、楽曲『カイト』についての情報など、詳しい内容が発表され次第、さらに追記していきたいと思います。

コメントを残す