『悪魔の弁護人』キャスト相関図、あらすじ原作を紹介!【贖罪って何?】要潤・演じる悪徳弁護士”御子柴礼司”とは?

悪魔の弁護人

ここではドラマ悪魔の弁護人』のキャスト相関図あらすじ原作について紹介していきたいと思います。

2019年12月7日より放送される大人の土ドラ『悪魔の弁護人・御子柴礼司~贖罪の奏鳴曲』は、推理小説家・中山七里の「弁護士・御子柴」のシリーズを実写ドラマ化したもの。

主演の要潤さんが、”勝つためなら手段を選ばない”悪徳弁護士を演じます!

その他、豪華なキャストにも大注目のドラマです!

ウニグリくん

⇒ドラマ『悪魔の弁護人』見逃し動画の無料視聴はこちらを参照>>

ドラマ「悪魔の弁護人」キャスト(出演者)

今回ドラマ化されるのは、推理小説家・中山七里の「弁護士・御子柴」のシリーズの大1作目となる、『贖罪の奏鳴曲』(しょくざいのソナタ)。

出演キャストは以下のとおり↓

  • 要潤
  • ベッキー
  • 津田寛治
  • 玄理
  • 田中こなつ
  • 勝野洋
  • 本村健太郎
  • 奥菜恵

この中でも、主要キャラクターについて紹介していきます。

要潤【役:御子柴 礼司(みこしばれいじ)】

主演の要潤さんが演じるのは、どんな罪名で起訴されようと、必ず執行猶予を勝ち取り減刑させる。時には、無罪にまでさせるということで名の通った気鋭の弁護士。

しかし、その為には一切手段を選ばず、有力な証言を札束ではたき、依頼人には多額の報酬をようきゅうするという、とんでもない弁護士です。

原作である小説では、御子柴零時の特徴を「酷薄そうな薄い唇に、特徴のある尖った耳をしている。」と表現されていますが、まさに要潤さんそのもの!

ピッタリのキャスティングですね。

どこか影のある、冷たい目つきもキャラに合っています。

要潤・コメント

タイトルがすごく面白そうで惹かれたこと、加えて弁護士役は、一度演じてみたかったので、すぐにやらせて頂きたいと思いました。台本を読むと論争を闘わせ、ドラマチックな展開があり、御子柴の弁護士の能力も描かれていたので「楽しみだな、演じてみたいな」と思いました。

『勝つことが正義だ』というセリフがあるんですが、御子柴は、「勝ち」にこだわるだけでなく「生きるか死ぬか」裁判に命を懸けて臨むタイプ。人がどうこう言おうが「自分はこうだ!」と思ったら曲げずに猪突猛進して行く。その点は僕も御子柴と似ていますね。

世の中には、喜ぶ人がいたら悲しむ人がいるように、一見、正義に見えても悪だったり、表に見えても裏だったりする部分があるので、その辺はすごく考えさせられるドラマだなと思います。

話が進むにつれて御子柴の人間像が見えてきます。感動できるシーンもあります。
土曜の夜「疲れたな」と帰宅されて見たときに“明日の活力”になれるようなドラマにしていきたいなと思っています!

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/

ベッキー【役:日下部 洋子(くさかべようこ)】

ベッキーさんが演じる日下部洋子は、御子柴礼司の事務所、『御子柴法律事務所』の事務員。ふとしたきっかけで、御子柴の”ある過去”を知ってしまう・・・。

てきぱき動けるものの、まだまだ若くて図太さが足りないというキャラクター。

日下部洋子は、ストーリーを展開していく上で、ストーリーテラーのような役割となるキャラクターなので、ある意味では主人公に近い、とても重要な人物になります。

ベッキー・コメント

「ようやく弁護士ものの依頼が来た!」オファーを受けたときは喜び、台本を開いたら、事務員役でした(笑い)。でも台本を読むうちに面白さにひかれ「ぜひ、やりたい!」という気持ちが大きくなっていきました。

洋子は、すごく真っすぐな心を持っていて、一生懸命で、人の心に寄り添う人です。パッと見や肩書きで人を判断することはありません。そんな理想的な洋子に、お芝居を通じて少しでも近づけたらいいなと思いました。

要さんとは13年前に一度ドラマでご一緒していますが、同じシーンはほぼなかったので、しっかりお話しするのは今回が初めてです。一見クールだけど内側は温かい方です。現場でも笑いを提供してくださるのですが、それが「俺おもろいやろ~」という感じでなく、さらっとする感じの“オシャレおもろ~”で全部がスマートなんです。御子柴とかぶる感じがします。

このドラマはシリアスで、ちょっと重めな題材ですが“本当に信じていいものは何か”をすごく考えさせられるすてきなメッセージが込められているのでぜひ見ていただきたいですし、純粋に面白いです! こんなに「台本まだですか?」って聞いたのは初めてで、「早く次が見たい」と思う展開が待っているので一緒に楽しんで、驚いてください!

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/

津田寛治【役:岬 恭平(みさききょうへい)】

津田寛治さんが演じるの岬恭平は、東京地検次席検事。津田伸吾殺害事件の控訴審で御子柴と対峙する。

”法は絶対である!”という信念のもと、御子柴に戦いを挑む..。

実は、原作の小説だと岬恭平は第2作目となる【追憶の夜想曲】から登場するキャラクター。

ドラマでは、御子柴礼司の過去についても描くため、【贖罪の奏鳴曲】と【追憶の夜想曲】を混ぜたような内容になっているようです。

津田寛治・コメント

オファーを受けたときは「来たな」と。男優をやっていればいつか訪れる刑事もの・法廷もの・医療ものの3大峠の一つがとうとう来たかと。今まで検事も弁護士もやったことがありますが、これほどガッツリ法廷シーンのある連ドラの検事は初めてで、脚本をパラパラとめくったときにストーリーも頭に入らないくらい膨大なせりふに圧倒されて襟を正し、腹をくくりました。

岬にとって正義が主軸。そして御子柴とはライバルではなく明らかに「自分のほうが上だ」というところを見せ、法廷や裁判所では「岬が主役だ」というぐらいの思いでやっていこうかなと思っています。

要くんとは10年ぶり。現場で岬として会ったとき、御子柴が冷酷さの中に隠しているピュアで純粋な優しさみたいなものが要くんにも見えて「予想以上だな」と鳥肌が立ちました。このドラマは“今までにない法廷もの”です。まさに見どころは法廷シーン。「こんなこと法廷で!?」みたいなことが展開していくと思いますのでぜひお楽しみにしてください!

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/

内に秘めた岬恭平の正義感が、御子柴とぶつかる瞬間の迫力に注目ですね!

奥菜恵【役:津田亜季子(つだあきこ)】

奥菜恵さんが演じる津田亜季子は、殺人罪で懲役16年の実刑判決を受けた主婦。

夫(津田伸吾)の生活能力が乏しく、他の男性と結婚したかったという思いから、カッターナイフで後ろから首筋をメッタ突きにして夫を殺害した容疑で逮捕される。

浮気相手と結婚するために殺害し、更には2人の娘を捨てようとした女。しかし、御子柴は亜季子が何かを隠していることに気づく。

この津田亜季子も、原作では【追憶の夜想曲】で登場するキャストです。

証言台に立つ奥菜恵さんの、何とも言えない存在感と冷たい目つきに注目です!

ドラマ「悪魔の弁護人」相関図

クリックで拡大できます↓

現在公式で公開されている相関図はこんな感じですが、まだ明らかにされていないカードも・・・。

今後も発表される追加キャストに注目ですね。

ドラマ「悪魔の弁護人」あらすじ詳細

今回、テレビ放映されるのは、「弁護人・御子柴礼司」シリーズの4部作のなかでも、第一作となる『贖罪の奏鳴曲(しょくざいのソナタ)』です。

イントロダクション

勝つためなら何でもする――
悪辣な手腕で勝訴をもぎ取る弁護士・御子柴礼司。
そんな事務所とは知らずにハローワークで紹介され
就職してしまった事務員・日下部洋子。
ふとしたことから、洋子は御子柴がかつて、
凶悪犯罪を犯した元少年Aであることを知り―――

岐阜県出身のミステリー作家・中山七里の
大人気シリーズ既刊4作を贅沢に使用し、
二転三転する法廷劇をハイテンポに、
そして過去の罪と向き合う御子柴の苦悩を
スリリングに描く。

どんな依頼人でも、どんな手段を使ってでも必ず勝たせる“悪魔の弁護人”
その戦慄の過去とは?

正義の意味とは?贖罪とは何か?
かつてないヒューマン法廷ミステリーの幕が上がる――

引用:https://www.tokai-tv.com/akumanobengonin/intro/

【贖罪(しょくざい)】とはどういう意味?

「贖罪(しょくざい)」というのは、善行を積んだり金品を出したりするなどの行動によって自分の犯した罪を償うこと。キリスト教用語のようです。

まさに、御子柴の行動そのものな気がします。

ただ、それは償いではなく、法律上の罪を報酬によってかたち上消しているだけ。

「金で罪は消えない」という皮肉めいたタイトルな気もしますね。

ドラマ「悪魔の弁護人」原作を紹介!

ドラマ『悪魔の弁護人 御子柴礼司-贖罪の奏鳴曲-』は、推理小説作家、中山七里(なかやましちり)さんの小説が原作。

今回ドラマ化される御子柴礼司シリーズは【贖罪の奏鳴曲(ソナタ)】の他、【追憶の夜想曲(ノクターン)】【恩恵の鎮魂曲(レクイエム)】【悪徳の輪舞曲(ロンド)】からなる4部作です。

御子柴礼司の切れ者なキャラクターもさることながら、思わず読み進めずにはいられなくなる展開がたまらない作品です!

興味のある方は、是非原作となる小説も併せてチェックしてみてください。

御子柴礼司シリーズ・原作小説

⇒【贖罪の奏鳴曲(ソナタ)】>>

⇒【追憶の夜想曲(ノクターン)】>>

⇒【恩讐の鎮魂曲(レクイエム)】>>

⇒【悪徳の輪舞曲(ロンド)】>>

 

おすすめ関連記事↓

悪魔の弁護人「悪魔の弁護人」フル動画【第1話/2話】見逃しドラマ無料視聴しませんか?Pandora、Dailymotionでは見れる?

コメントを残す