「少年寅次郎」フル動画【第4話】見逃しドラマを無料視聴しよう!再放送はいつ?|寅次郎の実の母が現れた

少年寅次郎

ここでは土曜ドラマ少年寅次郎』の【第4話見逃し動画無料フル視聴する方法を紹介していきます。

※ドラマ『少年寅次郎』の過去の放送回を【1話~最終回までの全話】観たい!という方も参考にしてください。

2019年10月19日(土曜)からスタートするNHKの土曜ドラマ『少年寅次郎』。

「男はつらいよ」でお馴染みの”寅さん”の少年時代を描いたドラマで、寅さんを見守る育ての母親を井上真央さんが演じます!

【第4話】ドラマ「少年寅次郎」の見逃し動画を無料でフル視聴しよう!

ドラマ『少年寅次郎』のフル動画は
「NHKオンデマンド」対応の
U-NEXT」で配信決定!

レンタル対象のドラマも
お試し期間にもらえるお得な
ポイントで楽しむことができます!

 

「U-NEXT(NHKオンデマンド)」は
完全無料で視聴が可能!
無料期間に解約すれば、
料金は一切かかりません。
もちろん、解約金もありません!

  • 初回は31日間無料で楽しめる!
  • NHK番組だけでなく「U-NEXT」の登録だけで600ポイントもらえる
  • 継続利用で1200ポイントが無料でプレゼント!

↓お得な「U-NEXT」無料お試し
登録・解約方法の解説はコチラ↓

NHKオンデマンド「NHKオンデマンド」利用料金、無料登録・解約方法をやさしく解説!

【第4話】ドラマ「少年寅次郎」見逃し動画リンク・再放送の日程は?

◆ドラマ「少年寅次郎」放送日程

総合:2019年11月09日(土)スタート
毎週土曜 よる9時~9時49分
<連続5回>

◆再放送の日程↓

総合:2019年11月14日(木曜)
午前2時10分(水曜深夜)放送予定

※スポーツ中継のため、通常と再放送時間が異なります。

『少年寅次郎』動画視聴リンク

【◆見逃し配信◆】

ーNHKは見逃し配信は行っていませんー


【1話~全話・フル動画視聴】

⇒「U-NEXT」NHKオンデマンド>>


【◆ドラマ紹介・告知/動画サイト検索】

YouTube

Pandora TV

Dailymotion

9STU

※上記のリンク先に動画がない場合は、すでに削除されている場合があります。

違法アップロードサイトで動画の視聴は危険です。

違法アップロードの作品を視聴する場合にはリスクが伴うことを知っておく必要があります。

再生するとウィルスが仕込まれていたり、再生中に突如消えない広告が表示されたり、読み込みスピードが遅くなったりと、様々なデメリットもあります。

無料とは言え、その後のリスクを考えるとあまりオススメできないのが正直なところですね。

ですのでそれらのサイトでの視聴はおすすめしませんが、それでも見たいという場合は自己責任でお願いします。

<<【第3話】NHKドラマ『少年寅次郎』見逃し動画を無料でフル視聴する

【第5話(最終回)】NHKドラマ『少年寅次郎』見逃し動画を無料でフル視聴する>>

【第4話】ドラマ「少年寅次郎」あらすじ

寅次郎(井上優吏)は中学2年になり、平造(毎熊克哉)に批判的な視線を投げることを、光子(井上真央)は心配する。勉強はからきしだが、担任の散歩先生(岸谷五朗)の英語の授業だけは理解はできないけど好き。ある日、散歩先生に呼ばれた寅次郎を待っていたのは、13年前くるまやの前に寅次郎を置いて消えた産みの母お菊だった…

引用:http://www6.nhk.or.jp/nhkpr/post/original.html?i=19465

【出演者・キャスト一覧】

  • 井上真央(光子)
  • 毎熊克哉(平造)
  • 泉澤祐希(竜造)
  • 岸井ゆきの(つね)
  • 石丸幹二(御前様)

【第4話】ドラマ『少年寅次郎』視聴者のネタバレ感想

【第4話:視聴者の ネタバレ感想】

40代女性

さくらちゃんはやっぱり小さくても女の子、よーく家の中を見ているよね。なんなら視聴者の代弁までしてくれるいい子だわ。みんな思っている、なんで実の父がとらちゃんに厳しいのか問題。私も不思議だけど、あれがあったからいつも家に居つくことなくフーテンになったんだろうね。その伏線なんだろうなとは思うけど辛く当たる場面を見ると悲しくなる。

30代女性

寅ちゃんがご飯の時に元気がなくて皆が心配して寅ちゃんを気遣うが寅ちゃんは熱があるのかとお母さんに聞かれるが手を払いのけてしまって、お義母さんが部屋を片付けているときに寅ちゃんの荷物に高価な万年筆があってお母さんも寅ちゃんが元気なかったことに気がついて辛いだろうなと思いました。幸せに暮らしていたのいきなり現れたら誰だって戸惑うと思うし、寅ちゃんが先生のお話を聞いて立ち直るところが良かったです。寅ちゃんはみんなに優しいからみんなに愛されてるなと思いました。

40代女性

勝手にこさえて勝手に産んで勝手に置いてったくせに今更どのツラ下げて会いに来たんだ、実の母よ。捨てたなら捨て切ってくれよ。またそれも思春期のころに勝手に会いに来るなんてどんな神経してるんだよ。学校の先生も先生で、この14年間のことを無かったようにお母さんと呼んであげたら?なんて、なんて酷なことを言うんだろう。見ていて胸が苦しくなるよ。

30代女性

寅ちゃんの事を産んだ女性が寅ちゃんに会いに来て、寅ちゃんと再会するが寅ちゃんの心が複雑で、いきなり会いに来られてもどうにもならないと思うし、勝手な人だなと思いました。産んだ息子に会いたいと思う気持ちは分かるけれど寅ちゃんだってこれまで辛いときもあったしもう少し大人になってから会いに来てもいいのになと思いました。

50代女性

寅次郎の実の母親が中学校に訪ねてきて、話を聞いた担任の先生が寅次郎に会わせてしまうが、今の時代で考えるととんでもないことだと思った。車家を通さず会わせるなんてとても非常識だと思った。昔はそれでもよかったのかもしれないが、突然来られた寅次郎に気持ちはどうだったんだろと思った。担任の先生が一言「おかあさん」と読んであげればと言ったが非常しすぎると思った。

50代女性

寅次郎は父親の平造がずっと、自分のことに対して冷たく接してきたので、その怒りが溜まってきていると思いました。
また、中学生なので反抗期になっていて、体も大きくなっているので、本気で喧嘩をしたら、平造が負けてしまうかもしれません。

父と息子の確執を解消するためにも、一度本気でぶつかってみた方が良いのではないかと思うこともあります。

50代女性

寅次郎の育ての母親の光子さんは腰が痛そうでしたが、それが気になってしまいました。父親の平造は相変わらずの様子です。寅次郎の担任の先生の娘の夏子がお団子を買いに来た時の、平造の言い方があり得ないと思いました。なぜ、平造はああいう言い方しかできないのだろうと思ってしまいます。平造がダメ男な分、他の登場人物が皆、とても良い人に見えてしまいます。

50代女性

寅次郎の実の母親は、映画「男はつらいよ」にも登場していたので、なんとなくその奮起を感じながら観ていました。実の母親も寅次郎の幸せを願いながらも、父親には天罰が下るようにとお願いしていました。本当にダメ男だったのだと思いますが、そこから改心するわけでもなく、ずっと父親は同じようなダメ親父だったのだと思いました。映画の中で、寅さんが父親のことをかなり悪く言っている理由が分かりました。

コメントを残す