あいみょん「ふたりの世界」歌詞の意味は?自己中な恋愛は実体験?

あいみょん・ふたりの世界・歌詞・意味

人気急上昇中のシンガーソングラーター「あいみょん

「こんな恋わかるなぁ」と共感させる歌詞と、独特の表現力で注目を集めています。

 

今回はそんな あいみょん のライブでも人気の楽曲、「ふたりの世界」の歌詞について、意味考察して見たいと思います。

au39(ライター)

男女の恋愛をリアルに表現する「あいみょん

この歌詞には一体どんな意味が込められているのでしょうか?

あいみょん「ふたりの世界」はどんな曲?


「ふたりの世界」は、2017年9月に発売された「青春のエキサイトメント」に収録されている楽曲。

 

軽快なメロディに『あなた』に語るような歌い方で、歌詞の内容と併せてちょっとドキッとする曲ですね。

あいみょん「ふたりの世界」歌詞の意味を考察

青春のエキサイトメント

⇒あいみょん『青春のエキサイトメント』詳細はこちら>>
「ふたりの世界」はフジテレビ/Netflixで放送されている「テラスハウス(軽井沢編)」で挿入歌としても使われていました。

 

カップルになった、岡本至恩と佐藤つば冴の ふたりのシーンで主に挿入歌として流れていましたね。

 

そんなテラスハウスでのカップルの雰囲気にも合う「ふたりの世界」を考察してみたいと思います。

その歌詞にはどんな意味が込められているのでしょうか?

あいみょん「ふたりの世界」Aメロ①/歌詞の意味

いってきますのキス
おかえりなさいのハグ
おやすみなさいのキス
まだ眠たくないのセックス

引用:「ふたりの世界」作詞作曲/あいみょん

 

聴いているこちらがちょっと照れてしまうくらい、ストレートな歌詞ですね。

 

恋人同士だったり夫婦だったり・・。

周りが照れてしまうくらい こんな甘い時期を、きっと誰しもが経験することと思います。

 

ささやくような歌い方が、実体験なのかな?

って思うくらいリアルに感じてドキッとしますね。

 

お風呂からあがったら
少し匂いを嗅がせて
まだタバコは吸わないで
赤いワインを飲もう

引用:「ふたりの世界」作詞作曲/あいみょん

匂いというのは人の記憶に残りやすいものです。

 

特に好きな人の匂いはどんな匂いでも良い香りに感じるという説があるくらい。

 

お風呂上がりというのは、一番ナチュラルな匂いで包まれているように感じるのかもしれません。

 

タバコの匂いで消されないうちに、酔って優しい匂いを身体中で感じたい。

 

赤いワイン』と具体的なのは、あいみょんのことですから何かの比喩なのかと思いました。

 

あいみょん自身が官能小説も読んでいると言っていますので、ちょっと官能的な比喩かもしれませんね。

あいみょん「ふたりの世界」Aメロ②/歌詞の意味

悲しいだけなら
こんな恋はしてない
あなたの声だったり
笑い方が好き

引用:「ふたりの世界」作詞作曲/あいみょん

恋愛は楽しいことばかりではありません。

 

嫉妬もするし、連絡を待っている時には心配にもなります。

冷たくされると悲しくなるし、いっそのこと嫌いになりたいと思うこともあります。

 

でも、それだけじゃない。

『あなた』だからこそ、好きな部分がたくさんあるから、それでもまだ恋をしている。

 

全ての恋愛は、これがあるから楽しいと思うのでしょうね。

 

あまり優しくないし
仕事ばかりだけれど
この前2人で見に行った
ライオンの赤ちゃん

引用:「ふたりの世界」作詞作曲/あいみょん

好きな人に冷たくされても、楽しかった記憶というのが頭をよぎること、ありますよね。

 

一緒に何かを体験して感じた感情は記憶に残りやすいのです。

優しくなくても、忙しくて構ってもらえなくても、一緒に過ごして共有できる感情があるだけで幸せ。

 

そう共感できる歌詞ですね。

あいみょん「ふたりの世界」Bメロ/歌詞の意味

いつになったら私のことを
嫌いになってくれるかな
そんなことばかり期待している私は
ちょっとズルいかな

引用:「ふたりの世界」作詞作曲/あいみょん

『私』のことを嫌いになってほしいわけではなくて、『私』が嫌いになりたくない。

 

自分からは嫌いになれないから、いっそのこと相手から嫌いになってくれれば良いのに。

 

きっとそうなったら、それもまた辛いのでしょうけれども、綺麗な想い出まで嫌いになりたくない。

 

そんな思いが込められている気がします。

嫌いになりたいけど、嫌いになるのも辛いのですよね・・・

好きになった人には。

あいみょん「ふたりの世界」サビ/歌詞の意味

サヨナラって言わないでって言うくせに
いつも私が「さよなら」を告げるのにね
自己中心的に進む恋愛とこの先の不安が
混ざり合って 抱き合って 今がある

引用:「ふたりの世界」作詞作曲/あいみょん

 

『サヨナラ』は恋人ではなくなるという意味。

『さよなら』はその時帰る場所に帰るためのもの。

 

そう解釈しましたが、果たして真相はどうなのでしょうか。

自己中心的に進む恋愛とは、相手の自己中さと、『私』の自己中両方だと思っています。

 

相手も『サヨナラ』って言ってほしくないけれども、『私』も自分から嫌いになりたくない。

 

お互いのことを思っているようで、わがままな感情もあって、この先やっていけるのかという不安もある。

それでも「好き」という感情があるから「この場」に居られる。

 

そういう恋愛中の複雑な感情は、大人になればなるほど出てくるのかもしれませんね。

あいみょん「ふたりの世界」2番Aメロ/歌詞の意味

それはFコードそれはGコードそれはDコード
私が教えたギターは 今どんな感じ?

引用:「ふたりの世界」作詞作曲/あいみょん

 

Fコード、Gコード、Dコードという、ギターコードの基本中の基本。

彼女が弾くギターに興味を持ち、彼は始めようとしたのでしょうか?

 

それにしても、どう考えても あいみょん の実体験のような気がしてしまいますね。

 

ただ、気になるのは、『今どんな感じ?』と言っていることから、別れたのか、もしくは距離を置いている最中なのか?

気になる表現です。

私あなたがいつもコンビニで買う
コーヒーは分かってたつもりなのに
間違えちゃったことがショックで
今日は寝れないみたい

引用:「ふたりの世界」作詞作曲/あいみょん

彼のことはなんでも知っている。

そして、彼もそう思っていたはず。

 

だからこそ、そんな些細なことで彼はショックを受けてしまったのかもしれないですね。

 

そして、ちょっと女々しい彼の性格も感じ取れる部分の歌詞です(笑)

 

ただ、彼のことをなんでも知っているはずなのに、間違えてしまった自分にもショックを受けているようにも感じます。

あいみょん「ふたりの世界」2番Bメロ/歌詞の意味

いつになったら私のことを
嫌いになってるくれるかな
そんなことばかり考えている私は
ちょっとズルいかな

引用:「ふたりの世界」作詞作曲/あいみょん

 

この歌詞が1番、2番両方で使われることで、より強く葛藤しているのではないかと思います。

 

あいみょん「ふたりの世界」2番サビ/歌詞の意味

大好きだって言えばいつも静かに頷いて
「知ってる」って笑うのよ
そのシワシワな笑顔とかすれた声がある生活に
満たされて 幸せで 今がある

引用:「ふたりの世界」作詞作曲/あいみょん

『満たされて』とあることから、『私』にとっては彼がそこにいることが当たり前なのだと思います。

 

「当たり前」であることが、幸せの1番の条件なのだと考えます。

 

そして、彼の「冷たい」イメージ以外の表現がここで初めて出て来ました。

「知ってる」と言って笑って頷く、彼の可愛らしさも伝わってきます。

それも彼の大好きな部分なのでしょう。

あいみょん「ふたりの世界」3番Aメロ/歌詞の意味

そばにいるだけで幸せだなんて
私そんなこと今まで一度も思ったことないわ

引用:「ふたりの世界」作詞作曲/あいみょん

そばにいるだけで幸せというのは綺麗事。

そう思います。

人は幸せになれば欲が出ます。

 

でも勘違いしないで
嫌いなわけじゃないのよ
私だってよく分からないわ
なぜ泣いているのか

引用:「ふたりの世界」作詞作曲/あいみょん

そばにいるだけで幸せとは思わないけど、かと言って嫌いなわけではない。

そこだけは勘違いしてほしくない。

そこは彼も理解しているのではないかと思っています。

 

でも、どこかで満たされない思いがあるから、気持ちの葛藤もあって泣いてしまうこともあるのではないでしょうか。

 

あいみょん「ふたりの世界」3番Bメロ/歌詞の意味

いつになっても私のことを
好きでいてほしいけど
そんなワガママばかり言う私は
ちょっと ズルいかな
ダメかな 嫌かな

引用:「ふたりの世界」作詞作曲/あいみょん

ここで繰り返し歌われた『嫌いになってくれるかな』から、『好きでいてほしい』に変化しています。

 

実際に離れてしまうかもしれないという不安から、やっぱり離れたくないという気持ちの揺れ動きが表現されています。

 

実際は気持ちに変化があったわけではなく、『あなた』にずっと『私』を気にかけてほしいという思いがあるのではないでしょうか。

あいみょん「ふたりの世界」ラスサビ/歌詞の意味

サヨナラって言わないでって言うくせに
いつも私が 「さよなら」を告げるのにね
自己中心的に進む恋愛とこの先の不安が

混ざり合って 抱き合って

満たされて 幸せで

大好きで ちょっと嫌いで 今がある?

引用:「ふたりの世界」作詞作曲/あいみょん

大好きだけど、ここは嫌い、好きだからこそ寂しいと思ってしまう。

 

恋愛って順調に進むことはなくて、だからこそ充実するのかもしれません。

そして、当たり前のことでも幸せに感じるのかもしれませんね。

あいみょん「ふたりの世界」歌詞の意味は? まとめ

あいみょん・ふたりの世界・歌詞・意味

楽しい思い出と、別れの葛藤。

いろいろな感情が混ざり合う「ふたりだけの世界」が、この歌詞には表現されていました。

 

こちらのサイトでも紹介した「漂白」が10代の頃の甘酸っぱい恋なら、「ふたりの世界」はちょっと大人になった恋を歌った曲です。

 

うまくいかない恋愛も、リアルに描写して表現する「あいみょん」

飾らない歌詞だからこそ、幅広い世代で指示を得ているのかもしれませんね。

 

コメントを残す