「死役所」フル動画【第4話】見逃しドラマ無料視聴しよう【少女を突然襲った”死”最初で最後のデート】

死役所

ここでは、ドラマ死役所(しやくしょ)」第4話見逃し配信状況と、フル動画無料で視聴する方法を紹介します。

※『死役所』の過去の放送回を1話~最新話までの全話、まとめて視聴したいという方も参考にしてみてください!

10月からスタートした TOKIO松岡昌宏さん主演のドラマ『死役所』。

累計300万部を誇る”あずみきし”さん原作の大ベストセラー漫画が、ついに映像化されます!

⇒見逃し配信、動画の無料視聴まとめはこちらを参照ください>>

第4話:ドラマ「死役所」見逃し動を無料でフル視聴しよう

ドラマ「死役所」は
動画配信サービス『Paravi』で
第1話~最新話までの全話
見放題でフル配信中!

 

『Paravi(パラビ)』は
初回「30日間の無料体験」利用で
完全無料で視聴が可能!
期間内に解約すれば、
料金は一切かかりません!

「Paravi(パラビ)」おすすめポイント↓

  • 月額925円(税抜)!一日あたり約33円
  • 初回は30日間の無料体験あり!
  • 話題のドラマも見放題で楽しめる!(レンタル作品も有り!)
  • TBS系、テレビ東京、WOWOWなど、国内外の人気ドラマ、バラエティー・映画・アニメ・音楽など豊富なコンテンツ!

↓お得な「Paravi(パラビ)」を解りやすく解説!詳細はコチラ↓

Paravi(パラビ)「Paravi(パラビ)」利用料金、無料登録・解約 退会方法をわかりやすく解説!一日たったの33円で視聴できる?

※本ページの情報は2019年11月時点のものです。最新の配信状況はParaviサイトにてご確認ください。

第4話:ドラマ「死役所」見逃し動画リンク・2019年11月06日(水曜深夜)放送

『死役所』見逃し配信状況

【◆見逃し配信◆】

第4話の見逃し配信は終了しています

⇒最新の見逃し配信はこちらを参照>>


【◆第1話~全話までフル視聴】

⇒『Paravi(パラビ)』>>

※見逃し配信終了後はこちらでご視聴ください。


【◆無料動画サイト検索&告知動画】

YouTube

※その他、動画検索サイト等のリンクはウイルス感染等の報告があったため、削除しました。ご了承ください。

違法アップロードサイトで動画の視聴は危険です。

違法アップロードの作品を視聴する場合にはリスクが伴うことを知っておく必要があります。

再生するとウィルスが仕込まれていたり、再生中に突如消えない広告が表示されたり、読み込みスピードが遅くなったりと、様々なデメリットもあります。

無料とは言え、その後のリスクを考えるとあまりオススメできないのが正直なところですね。

ですのでそれらのサイトでの視聴はおすすめしませんが、それでも見たいという場合は自己責任でお願いします。

<<【3話】ドラマ『死役所』見逃し動画を無料でフル視聴しよう

【5話】ドラマ『死役所』見逃し動画を無料でフル視聴しよう>>

第4話:ドラマ「死役所」あらすじ

シ村(松岡昌宏)が死刑になったのは自分の娘を殺したからだった。衝撃の事実に驚愕する三樹ミチル(黒島結菜)に、シ村は冷静に、成仏の期限まであと1日と告げる。条例にあるように“期間内に手続きしないと冥途の道を彷徨う”ことも。

ハヤシ(清原翔)もニシ川(松本まりか)もイシ間(でんでん)も、これまでまっとうに生きてきたミチルは「一刻も早く成仏すべきだ」と口々に言うが…。

悩むミチルの前を、女の子がふらつきながら歩いていた。大けがを負って血まみれになった中学2年生の夏加(豊嶋花)だ。シ村が交通事故死課へ案内すると、大きな事故があったようで課員は大忙しの様子。

代わりにシ村が申請書の手続きを始める。まだ14歳の夏加が短い人生を終えたのは、最初で最後のデート中のことだった――。

引用:https://www.tv-tokyo.co.jp/shiyakusho/

◆出演キャスト一覧

  • シ村【松岡昌宏(TOKIO)】
  • 三樹ミチル【黒島結菜】
  • ハヤシ【清原翔】
  • ニシ川【松本まりか】
  • イシ間【でんでん】
  • シン宮【余 貴美子】
  • 坂浦眞澄【三浦貴大(ゲスト)】

第4話:ドラマ「死役所」ネタバレ・感想

【第4話:ドラマ「死役所」視聴者のネタバレ感想】

50代女性

ミチルは成仏の期限があと1日となり、もし成仏できなく冥途の道を選ぶとどんなことが待っているのか気になります。中学生のカップルが初デ-トと思われ、交通事故にあう女の子が短い人生を終わり未練が残ったことでしょう。亡くなったことで永遠に忘れないとシ村の言葉に、女の子がシ村を叩き驚いた。突然の死に哀れな姿で死を迎える女の子、無念が残っているようだ。冥途を選ぶことを決意したミチル、書類で涙を流しシ村は本当に娘を殺して死刑になったのか気になった。

40代男性

中学2年生の夏加が転校するんでずっとフラれていた男子に頼んで行ってもらったデートの帰りにトラックに轢かれて亡くなる物語は哀しかったです。最初で最後のデートってのもグッとくる内容だなと感じました。このドラマは本当に哀しいシチュエーション過ぎて心に響いて来ますね毎回。死に対する問題でリアルさが1番あるかも知れないですね死役所というドラマは。シ村が夏加にわざと不謹慎な発言をしてビンタされたのも考えて言ってるコメントであり奥が深いです。

40代女性

今回死役所を訪れたのは、初デート中にトラックにひかれて亡くなってしまった14歳の少女”夏加”でした。初恋の”智也”に転校することを理由に頼み込んでデートをして貰い、映画を見て、雑貨屋に行き、おそろいのボールペンを誕生日が近いことからプレゼントされるなど、満喫して楽しんでいました。夏加はバレエシューズを履いていたのですが、履き慣れていないものだったようで途中から靴擦れで足が痛くなってしまいます。それに気がついた智也は「絆創膏を買ってくる」と言いますが「絆創膏はいいから、手ひっぱってもらっていい?」と夏加にお願いされます。それを「人がいて恥ずかしいから」という理由でキッパリ断りコンビニへ走り出します。これを見て「思春期で恥ずかしいと思う気持ちも分かるけど、女の子が勇気を出して頼んだんだし、怪我してるんだから聞いてあげて欲しかったな」と思いました。コンビニ事故の時のクラクションの音やぶつかる音を聞いた智也は慌てて駆けつけますが、夏加の姿はなく、履いていたバレエシューズが転がっていた為、トラックの下をのぞいてみると、おそろいのボールペンを握りしめ、無残な姿となった夏加の姿を見てしまいます。そんな血まみれになっていたボールペンを、話を聞いてキツい嫌みを言った後、シ村は新品のように綺麗に拭いて夏加に手渡します。「シ村は酷い事を言っても、本当は優しいところがあるんだな」と思いました。そのボールペンでサインを済ませた夏加は無事に成仏していきました。一方冥途の道か成仏するのかを選択する期限が近づいていたミチルは、死刑課で職員達の生前の記録を見ていてシ村が冤罪だったことを知り、自分は生まれ変わって成仏することを決心します。手続きを済ませ成仏の扉へ入り、シ村に「冤罪なんですね。どうして成仏しないんですか?」と問いただします。それには答えないシ村を見て、「頑張ってね!」と伝えそのまま頬に可愛らしいキスをして、成仏していきました。今回も報われない思いや、死について深く考えさせられる内容で、心に響くものがありました。

40代女性

ミチルが成仏の決断ができずに迷っていた時に、ミチルはまた死刑課の書類を見てしまい、死役所の職員やシ村の過去を知り、涙を流すシーンが感動的でした。そしてミチルは成仏の決断をしたのですが、生まれ変わってからの未来を楽しそうに語っている迷いが全くないような表情が、凄く可愛いなと感じました。そして成仏の扉の前で、シ村の過去を知っていると告げ、大嫌いだったはずのシ村の頬にキスをしたのには驚きました。驚いたシ村の顔も新鮮でかっこいいなと感じました。

40代男性

死刑課にあるシ村の生いたちから娘を殺すまでの内容が書かれた申請書を読んだミチルが冤罪だと知り涙を流している場面は印象的でした。シ村の生きていた頃を思い死刑の無念さから涙が出たのかも知れないが、ミチルの皆に対する優しさが素晴らしいなと感じました。最後の成仏する時にシ村の頬にキスする場面は良かったです。キスされても全く表情を変えないシ村がシ村らしくて良かったです。いつもいつもストーリーが仕上がっていて面白いです。

50代女性

シ村は冤罪なら成仏の道に行けるのに、何故職員のままでいたいのか?興味を持ちました。死役所に残りたい理由は2つ考えられます。一つは娘を殺した憎き犯人がいつかやって来るのを待って、何故殺したのか?問い詰め、真相を明らかにしたいと言う思い、そしてもう一つは母親が娘を殺してしまった場合、愛する妻をかばって、自分が罪を被ろうとした。冤罪で成仏してもどこの誰に生まれ変わるのかも分からないので、愛する人を死役所で待つことを選んだのでしょうか?彼にとっては冤罪が愛のあかしなのでしょう。美しくもあり、切ないお話でした。

20代女性

人生初のデートというから、甘酸っぱい青春かと思いきや、そうじゃなかったから相当びっくりしました。神様は見てるというか、天罰が下ったのかなと思います。死が天罰なんてかなり重いけれど、なんだか同情できるようなできないような、そんな絶妙なバランス感がさすが死役所だなと思いました。亡くなってしまった少女もそうだけど、男の子も一生後悔して生きていくんだろうなと思うとなんだか心がモヤモヤします。トラックの運転手さんもかわいそう。

50代女性

ミチルは申請書の提出期限があと1日と迫り、悩んでいたら事故で亡くなった血だらけの伊達がやって来て、シ村が対応した。彼女は転校をするので片想いの彼に告白し、ふられたが、思い出作りのデートは付き合ってくれ、その最中に事故で死亡。シ村が彼の一生のおもいでになると、残酷な言葉を並べ伊達を怒らせた。側で聞いていたミチルもあきれる程無神経だと思いました。何故シ村が娘を殺してしまったのか知りたくて再び死刑課に入りファイルを見ると冤罪の文字。色々あるのだと悟り、成仏の道を選んだミチルは生まれ変わる事に希望が持てた事がせめてもの救いでしょう。

コメントを残す