Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

米津玄師「パプリカ」新曲は NHK2020応援ソング/歌うのは小学生?

米津玄師・パプリカ・新曲

人気シンガーソングライターの「米津玄師」さんが「Lemon」以来、待望の新曲を書き下ろしました。

その名もパプリカ

今回の楽曲は、あるプロジェクトの一環として書き下ろしたという事なのですが・・・

気になる詳細について調べてみました。

米津玄師「パプリカ」新曲はNHK 2020応援ソング

米津玄師・パプリカ・新曲

米津玄師さんが書き下ろした楽曲『パプリカ』は

「NHKが“2020年とその先の未来に向かって頑張っている 全ての人を応援するプロジェクト」として始動したもの。

楽曲はすでに完成していて、8月.9月度のNHK「みんなのうた」で放送されることが決定しています。

こちらもオススメ↓

パプリカ米津玄師「パプリカ」歌詞の意味を解釈!パプリカに込めた意味・Foorinを選んだ理由とは?

米津玄師「パプリカ」/歌うのは小学生ユニット「Foorin(フーリン)」

みんなのうた・フーリン・パプリカ

今回の新曲「パプリカ」ですが、何といっても驚きなのは、これを小学生ユニットが歌うということ。

だから「みんなのうた」で放送されるというわけですね。

ちなみに、ユニット名はFoorin (フーリン)」

このプロジェクトの為にオーディションで選ばれた5人の小学生によって結成された、新ユニットということらしいです。

ユニット名は、作詞/作曲/プロデュースまで手がけた、米津玄師さん自ら考えたもの。

この楽曲を歌い踊る、5人の姿を「風鈴」に例えて命名したとのことです。

米津玄師・プロデュース・小学生ユニット・Foorin

出典元:「米津玄師」公式サイトより

【Foorin(フーリン)】

メンバーは、メインボーカルの、ひゅうが(小6)、もえの(小5)、コーラス&ダンスの、たける(小6)、りりこ(小3)、ちせ(小2)による男女5人。

平均年齢11才という、めちゃくちゃ若いユニットです。

一番下は、小学二年生ですからね!

若すぎです。(^_^;)

「パプリカ」を歌う小学生ユニット「Foorin」へ米津玄師さんのコメント

米津玄師・Lemon/歌詞・意味

新曲「パプリカ」を歌う小学生ユニット「Foorin (フーリン)」について、米津玄師さんがコメントを寄せています

【米津玄師/コメント】

子どものころを思い返すことがここ最近の音楽活動に於おいて、重要なテーマになっていたところに、ダイレクトに子どもへ向けた音楽を作ることになりました。
子どもたちが素直に楽しめるものを作るためには、子どもの目線で生活を省みつつ、まず子どもを舐なめないところから始めるべきだと思いました。
この曲を聴いた子どもたちが、小さな世界を元気に生きていく為ための糧になりますように。

引用:「米津玄師」公式サイト

米津玄師「パプリカ」×「Foorin」は東京2020公認プログラム

米津玄師・新曲・パプリカ・オリンピック公認

今回、米津玄師さんがプロデュースした〈NHK〉2020応援ソング「パプリカ」

そして、歌唱を担当する小学生ユニット「Foorin(フーリン)」は

オリンピック・パラリンピック組織委員会から、「東京2020公認プログラム」として認証されているとのこと。

今後NHKでは「パプリカ」を紹介する番組やイベントなども予定しているそうなので、気になる方はチェックしておいて下さいね。

 

【関連記事】

米津玄師 描き下ろしイラスト「アンナチュラル」展示イベントに登場!
米津玄師「Lemon」歌詞に込められた意味とは?
米津玄師×菅田将暉 ラジオで語る! 初対面で米津玄師が泥酔?
米津玄師ライブDVD!菅田将暉がサプライズ出演?※バズリズムで紹介!

コメントを残す