「リカ」フル動画【第1話~8話(最終回)】見逃しドラマ無料視聴しよう【2話3話4話5話6話7話・配信/再放送】Pandora、dailymotionでも見れる?

ドラマ「リカ」

ここではドラマリカ第1話~8話まで見逃し配信状況と、フル動画無料視聴する方法を紹介していきます。

※過去の放送「2話3話4話5話6話7話を見逃した!まとめて視聴したい」、という方は、参考にしてみてください。

土曜ドラマ(大人の土ドラ)『リカ』。

乙女のような純愛さを持ちながら、愛を求め犯罪を繰り返す、純愛モンスターを高岡早紀さんが演じます!

第一章では、小池徹平さん演じる医師が…そして、第二章では、大谷亮平さん演じる映画プロデューサーが”リカ”の餌食になってしまいます。

【第1話~8話まで】ドラマ「リカ」フル動画を無料視聴しませんか?

ドラマ「リカ」は
FODプレミアム」で
第1話~最終話まで
全話をフル動画で配信中!

 

「FODプレミアム」は公式
動画配信サービス!

無料の「お試しキャンペーン」
を利用すれば
完全無料で
動画を楽しむことができます。
解約金などは一切かかりません!

「FODプレミアム」はここがオススメ↓

  • フジテレビ系のドラマ・バラエティー・映画・アニメ・海外ドラマなど豊富なラインナップが最大40,000本!
  • 見放題作品+独占配信作品も多数!
  • 有名雑誌が【100誌】読み放題!
  • 継続利用で最大1,300円相当のポイントが無料でもらえる!※継続利用には888円(税抜)がかかります。

お得な「FODプレミアム」を解説!
登録・解約の方法はコチラ↓

「FOD」の料金、無料登録・解約方法をわかりやすく解説!フジテレビオンデマンドとは?

※このページの情報は2019年11月現在のものです。最新の配信状況は、公式の「FOD」でご確認ください。

【第1話~8話まで】ドラマ「リカ」見逃し動画リンク

「リカ」見逃し配信状況

TVer

ー1話2話3話4話5話6話7話の見逃し配信は終了しています。


【◆1話~最新話までフル視聴】

⇒「FODプレミアム」詳細はコチラ>>

※見逃し配信終了後、過去の放送は「FODプレミアム」で視聴可能です。


【◆PR動画検索&告知、予告など◆】

YouTube

 

※動画共有サイト「Dailymotion」「PandoraTV」にアップロードされている動画は、公式ではない、違法のアップロード動画の可能性があります。

安全な方法でドラマ作品を視聴するには、公式の動画配信サイトなどを利用するようにしましょう!

動画共有サイトの注意点について

違法アップロードサイトで動画の視聴は危険です。

違法アップロードの作品を視聴する場合にはリスクが伴うことを知っておく必要があります。

再生するとウィルスが仕込まれていたり、再生中に突如消えない広告が表示されたり、読み込みスピードが遅くなったりと、様々なデメリットもあります。

無料とは言え、その後のリスクを考えるとあまりオススメできないのが正直なところです。

ですのでそれらのサイトでの視聴はおすすめしませんが、それでも見たいというう場合は自己責任でお願いします。

ドラマ「リカ」詳細・キャスト

【イントロダクション】

人はひとりでは生きていけない。
だから温かい愛情を求める。

家族の愛━━
というものに、彼女は飢えていた。満たされていなかった。
孤独だった。
そして、どんどん家族への憧憬が高まっていった。

彼女が理想とする夫像、結婚像、家庭像━━
その運命の男性に出逢った時、彼女のピュアな愛情は炸裂する。
その運命の人以外は目に入らない。
いや、むしろ、彼との結婚を阻む人間は、
全てが敵となってしまう━━

今回お届けするドラマは、
純愛を貫くがゆえに狂気と化してしまう主人公・リカの、
愛情への渇望を描くサイコスリラー。

原作は、第2回ホラーサスペンス大賞を受賞したベストセラー、
五十嵐貴久の「リカ」シリーズ。(現在、第5シリーズとなる「リメンバー」が連載中)
その中から、「リハーサル」「リカ」の2冊を原作に、
常軌を逸した女・リカが周囲を破滅に追い込んでいく
戦慄のエピソードを2部構成でドラマ化。

どんな女性の心の中にも“純愛”や“情念”や“固執”は潜んでいる。
他人事ではないはず。
また、どんな男性の心の中にも“ちょっとした心の隙”“油断”は存在する。
これもまた他人事ではないはず。
そんな誰もが陥るかもしれない恐怖体験を描き出します。

引用元:https://www.tokai-tv.com/rika/

【出演者・キャスト一覧】

  • 高岡早紀
  • 小池徹平
  • 大谷亮平

【第1話~8話(最終回)まで】ドラマ「リカ」各話あらすじ・感想

※感想にはネタバレを含みますので、閲覧の際はご注意ください!

第1話:あらすじ『あなたは運命の人…』

どことなく怪しげなマンションのとある一室。美しいハーバリウムが飾られた中、真剣な表情でメイクしているのは、雨宮リカ(高岡早紀)である。顔をメイクした後、左腕を出すとそこには不気味な痣が。リカは痣をファンデーションで隠していく…。

地域医療に根差した個人病院、花山病院の副院長・大矢昌史(小池徹平)は、優秀な外科医で患者や看護師たちの信頼も厚い。

その日花山病院は、看護師補充の面接をしていた。終わり間近に、コツコツと靴音を響かせやってきた女、それがリカだった。28歳と本人が自称する年齢に違和感は抱いたものの、豊富な経験は申し分なく、日本医師協会前会長からの推薦状まで持参したリカに、大矢は思わず「あなたみたいな優秀な方が何故うちに」と尋ねると、リカは嬉しそうに「運命なんです」とつぶやく。その時、リカの左腕の痣が薄紅色に浮き上がったのを、看護師長の小山内(池谷のぶえ)だけは見逃さなかった。面接後、大矢ら男性医師はリカの採用に傾くが、小山内だけはリカの冷え冷えとした得体のしれない空気に嫌悪を感じ反対する。しかし、大矢の叔父であり、脳梗塞を発症して以来特別病室で生活する病院長・花山大次郎(西岡徳馬)は、医師協会前会長の推薦状を持ったリカを断る事は出来ないと仮採用を決める。

花山病院で働き始めたリカは、大矢との仕事では優秀な看護師として手腕を発揮するが、他の医師との仕事にはおよそやる気を見せない。救急のけが人の治療の際は大矢と見事なコンビネーションを見せる。リカはその時大矢が廃棄した手袋を自宅に持ち帰り、ハーバリウムにしてうっとり眺めていた。更にリカはサボり癖のある看護師・森田(立花恵理)から大次郎の看病を譲り受け、口うるさい大次郎の心をほぐし巧みに取り込んでいく。

「女は28歳までに結婚して、家庭に入って、愛する夫に尽くすのが一番幸せ…」

そんな自分の理想を話すリカに何か不気味なものを感じ困惑する大矢。リカが働き始めたことによって、花山病院の歯車が徐々に狂っていく。

引用元:https://www.tokai-tv.com/rika/story/

【第1話:視聴者の感想】

50代男性

とても怖かったですね。鷹架佐紀さん演じる雨宮リカが出てくる場面で、何やら曰くありそうな腕の痣をメークでを隠しているところが何となく、これから先の展開を不気味に暗示している様でとても奇妙で違和感ありありの不気味さを感じさせました。しかしながら薔薇を送り付けられた小池徹平さん演じる外科医の大矢がこれからどうなってくのかも見ものです。『自称28歳』はなんとなく無理かなとも簡易zましたが、超美魔女の高岡早紀さんが年齢を超えた美しい不気味さを演じてくれました。
視聴者の感想をもっと見る>>

50代女性

高岡早紀さんの狂ったストーカーっぷりが期待通り、いやそれ以上でめちゃめちゃ面白かったです。一番の見どころはリカが殺した患者さんのことを看護師長の小山内に聞かれるシーンで、「熊沢さん、何のために生かされてたんでしょうね…」と涙を流しながら話すリカの顔は本当に恐ろしく、ゾッとしました。小山内もその恐ろしさに身震いし、そのまま心臓麻痺か何かで死んでしまうのではないかと思うくらい、二人とも見事な演技でした。また、度々舌打ちをするリカとそれに気づいた時の小山内の驚いたような恐ろしいものを見るような、何とも言えない表情も必見です。そんな小山内はリカに階段から突き落とされて2話以降は植物状態になってしまうようで、二人の一触即発の演技が見れなくなるのがすごく残念です。

40代女性

自称28歳の女・リカが一目惚れした医師・昌史に近付こうとし、自分と昌史の関係を邪魔する人間を排除していくというストーリーのようですね。

リカが昌史の持ち物や仕事で使用した道具などを持ち帰りハーバリウムにしていく場面は、現段階では昌史の持ち物ですが、その内それが昌史の体の一部に発展しそうだなと恐怖を感じました。
今回の第1話ではリカの異常さに気が付き病院を辞めさせようとする婦長・小山内を事故に見せかけて抹殺しようとしていました。
これからもリカは自分と昌史の関係を邪魔しようとする人間をどんどん排除していくようです。
昌史は研修医の真由美と付き合っているので、今後真由美がリカの標的になり危険な目にあうことは間違いないでしょう。
それにしてもリカはなぜこのような異常な愛情表現しかできないサイコパスになってしまったのか、そのバックボーンが気になりました。今後、リカの過去について明かされるのを期待して観ていきたいと思います。

40代女性

リカの舌打ちには驚き怖いと思いました。大谷先生の周りにいる人は危険な気がしました。大谷先生と結婚する為に叔父の医院長に取り入ろうとしていてしたたかな女だと思いました。案の定医院長は大谷先生に結婚するならこう言う人がいいと言っていた。短時間に気難しい医院長を味方にするなんて凄い女だと思いました。師長からはクビを告げられると殺してやると言っていた。実際師長は階段から落ちて頭から血が流れている。死んでしまったのか心配になりました。

50代女性

リカは一目惚れした大谷先生と結婚しようと大谷先生の病院に面接に行ったのには驚きました。大谷先生に贈った赤いバラの意味を聞いて怖いと思いました。大谷先生の身に付けた手袋などを持ち帰ってハーバリュームにして綺麗と言った時は気持ち悪いと思いました。リカの腕の十字架のようなアザが気になりました。師長が空気が違う寒いと言っていたので、幽霊だったりしてと思いました。リカは大谷先生の為には患者も殺してしまったので、これから患者はドンドン死んでしまうかもと思いました。

20代女性

リカの腕にあったアザがとても気になりました。あのアザは何かリカをこんな狂気的な人物にしたキッカケと関係ありそうな予感がします。リカが大矢だけじゃなく、大矢のお父さんにも取り入ろうとしていたところが怖かったです。周りから固めたいって大矢との結婚に持っていく気なんだろうなと感じました。大矢の周りや自分の邪魔をする人物を消そうとしたと思われるリカだけど、婚約者のことも絶対に狙ってるだろうなと思いました。

20代女性

ハーバリウムにいろんなものをコレクションしているのがかなり怖かったです。大矢の使い終わった手袋を盗んで持って帰るだけでもあり得ないのに、それをハーバリウムにして鑑賞するなんて普通じゃないなと感じました。また、他にもいろいろあったハーバリウムコレクションが誰のものなのかも気になりました。今までリカが好きになってきた男性のものなのかもしれないなと思いました。怖いけど続きがきになるドキドキなドラマでした。

20代男性

このドラマの感想といたしましては、本当に高岡早紀さんの妖艶な演技がとても素晴らしくて良かったです。高岡早紀さんの演技が今回のドラマの役柄ととてもぴったりで良かったです。特に今回は女性らしいような役柄であり、女性らしさを前面に出すような役柄だったので本当にぴったりだったなと思いました。また、ストーリーに関しても憎い人をどんどん消していくという執念を感じることができて見ててとても恐ろしかったです。また、小池徹平さんは可愛かったです。

第2話:あらすじ『これは、私たちだけの秘密』

花山病院では、ナースコールで呼ばれた看護師長の小山内(池谷のぶえ)が非常階段から転落し、植物状態になってしまったことに、皆ショックを受けていた。大矢(小池徹平)は、警察に通報して調べた方が良いと、院長で大矢の叔父・大次郎(西岡徳馬)に相談するが、病院の落ち度を世間に晒すことはないと大次郎は箝口令を敷く。嘗ての大次郎では考えられないその言葉に耳を疑う大矢。

一方、リカ(高岡早紀)は、大矢に近づくための更なる手段として、翌日の虫垂炎の手術で大矢の補佐に入っている看護師の倉田(藤本沙紀)から、担当を奪うための計画を企てて……。

引用元:https://www.tokai-tv.com/rika/story/

【第2話:視聴者の感想】

20代女性

大矢先生がペアンを患者さんの体内に置き忘れてしまったミスを、リカと2人だけの秘密にしてしまったことは失態だったなと思いました。こんな大きな2人だけの秘密なんて持ってしまったら、リカはこれからどんどん迫ってくるだろうなとドキドキします。すでに置き忘れたペアンを見せつけて自分の名前を下の名前で呼ぶように催促していたし、大矢先生はリカのいいなりにならざるをえないのかなと感じました。終始ずっと気味の悪い笑顔のリカが怖すぎます。
視聴者の感想をもっと見る>>

40代女性

どんな手を使ってでも自分の思い通りにならないものを消していくといったようなそんな主人公リカに恐怖を感じるようなドラマです。師長さんをも手にかけてしまうような次回がとても見逃せないと思いました。そして結果的にその師長さんは植物人間になってしまうと言う何も証言も思ったことも言えないと言う状況下の中でリカがどこまで突き進んでいくのかとても気になります。前回に引き続きどこまで自分の好きな人に近づいていくのかドキドキします。次回はどんな手を使って近づいていくのか、ストーカーのような行動が怖くて予測できないところがまた見どころです。今後も誰か1人ずつ消していってしまうのか、そんな予想までできてしまうようなこのドラマは時間帯的にもすごく気味の悪いドラマだと思いました。ただ最終的にどうなるのか凄く気になるので次回はどこまで大矢先生に接近できるのかそういったところを見てみたいと思います。

50代女性

大人の土ドラだし、主役のリカを高岡早紀さんがやるので、もっと面白いかと期待していた分、そこまで怖くなくて残念です。2話では鉗子を患者の腹部に仕込んでいましたが、一度縫合したのにバレないように入れるのはただの看護婦さんには無理でしょう、と突っ込みを入れたくなりました。高岡早紀さんの魔性っぽい雰囲気は多少は感じられるものの、もう少し不気味さを出してくれてもいいかと思います。今のところ1番怖いのはオープニングでリカの顔がパッと変わるところだけです。

40代女性

小山内があの状況で死んでいなかったのは奇跡的ですが、植物状態なのに「命に別状はない」という表現はちょっと違和感を感じました。その上、いくら大矢を脅すためとはいえ、患者のお腹を無駄に何度も開くとか、人の命を預かる立場としてはあり得ないと思いました。リカには本当に大矢しか見えていないんだなと改めて感じました。やはり、こういうサイコパスの人間とは関わらない方がいいという、いい見本だと思います。次は誰が犠牲になるのか、心がざわざわします。

50代女性

リカの狂気っぷりがますますエスカレートしてきました。大矢との「二人だけの秘密」を作るために、大矢が手術した患者さんのお腹を再度切り開いて鉗子を入れるなんて…。リカ、怖過ぎます。しかも自分が手術のサポートに入るために、倉田さんの患者さんの薬をこっそり入れ替えて彼女を退職にまで追い込むという…。自身の狂気の愛を貫くためなら手段を選ばず、邪魔者はすべて排除する恐ろしいリカ。きっと大矢の婚約者、真由美もどういう形であれ、排除されてしまうのでしょうね。最後、真由美のネックレスの光を異常に眩しがったのは何故なのか、気になりました。

40代男性

虫垂炎の助手を倉田から奪い取ったリカ。虫垂炎の手術が無事に終わったと思ったが手術の器具が患者の体内に残されていた。リカの策略であり、患者にも、患者の家族、周りの病院の仲間にも内緒にして器具を取り上げるようリカが促す。これに応じた大矢。リカの自分達だけの秘密が出来たという喜びも分からなくないですがやり方が激しいですね毎回。リカの発想転換したコワイ考えが徐々に癖になってくるのがこのドラマの見せ場かなとおもっています。ついつい次を期待してしまう自分がいます。

40代女性

クラタさんはいい人、濡れ衣着させられて災難でしたが、無事でリカから離れられて良かったです。大矢先生は患者さんの身体からのハサミの取り忘れで、リカの策略に引っかかって弱みをにぎられる形になり、ぞっとしました。そんな形でしか、大矢先生をつなぎ止められないのかと思うと、リカはかなしいひとです。きっとちゃんと愛されたことがない人なんだと思います。院長はつまらないメンツで警察に届けないし、リカに洗脳されてるし、全然本質を観えていないのでヤキモキしました。

50代女性

読みが深く、根回しの行き届いたリカは看護師長の階段転落事件も警察に届けられ事るもなく上手くすり抜けた様に見えますが、やっとほころびが見えて来ました。ナースコールが有ったので急いで駆けつけようとした師長でしたが、患者はナースコールをしていないと言う事が分り、誰がしたのか?ナースの推理が始まるでしょう。今回のペアン置き忘れも、リカは気づいていたのにわざと恩を着せる為その場で言わなかったのでしょう。不信感がつのり、リカが前につとめていた病院に問合せ、衝撃の事実を聞いてしまった大矢がこれからどうしていくのか興味が湧きました。

20代女性

リカの以前勤めていた病院で起こった男性の転落死というのがとても気になります。おそらくその男性は、リカがロックオンしていた男性のような気がします。自分のものにならなかったら事故に見せかけて殺してしまったんじゃないかなと思いました。また、リカが大矢のお父さんである院長先生に自分をアピールしているのが怖すぎました。両親が亡くなったと言う話などは事実なんだろうかと気になります。気に入られたリカは院長先生の推薦で大矢との婚約話が進んでしまうのかもしれないなとドキドキです。

20代女性

倉田から大矢先生と組む担当を奪うために、患者さんの薬をすり替えるなんて衝撃的でした。一歩間違ったら患者さんが亡くなっていたかもしれないのに平気であんなことができるなんて怖すぎました。倉田さんが信じてもらえなかったことで病院を去ってしまったのはかわいそうでした。病院がリカのペースで回り始めている感じがしてドキドキします。大矢の婚約者にも会いに行っていたし、これから婚約者も陥れられるんだろうなと楽しみです。

30代男性

『リカ』を観て、リカが大矢先生のことが好きで仕方がないのは、わかったが、病院で働く人に対して被害を加えてしまうのはひどいと思いました。看護師長が階段から転落してしまったことと、看護師の倉田さんがミスをしていないのに、ミスをしたことになり辞める方向になってしまったのは、とても残念に感じました。大矢先生には、婚約者がいて、リカのことは、意識していなかったのでその点は、良かったのではないかと思いました。リカがとても恐ろしく感じました。

30代女性

リカが副院長に近付くため、無理矢理秘密ごとを作ったことに背筋が凍ってしまいました。副院長は今まで真っ当に仕事をしてきたのに、リカの戦略で秘密を作ってしまったことが気の毒です。また、副院長の婚約者も心配になってきました。まだリカに、婚約者の存在がバレていないようですが、それも時間の問題だと思います。副院長にはリカが行動する前に、先手で対策を練って欲しいと思いました。そしてリカの違和感に気付いた人は、リカの標的にならないことを願いたいです。

50代男性

リカを煙たがる看護師長の小山内則子が階段から転落して植物状態となり、一緒に入った倉田博子もナカダイという患者への薬の取り違えで辞めてしまう等、次々と邪魔者を排除していくリカの行動の怖さが次第に強く感じながら見ました。ハッキリとはリカの仕業とは分かりませんが、ナカダイの虫垂炎の手術で、手術用のハサミをリカが体内に入れて、ソレを二人だけの共通の秘密として近づこうとする、患者を犠牲にしても構わない的なリカの暴走気味な言動に今回も次はどうなる?と、思わず興味を引かれてしまい、ドラマとして面白く見られました。

40代女性

今回は前回以上にリカの不気味さや異常さが際立っていたと思います。特に自分にとって邪魔な存在の婦長が植物人間状態になったと分かった時のほくそ笑んだ様子や故意に医療ミスを起こして大矢副院長に患者の再手術を行うように迫りその後「二人だけ秘密、絆」と言って大矢副院長に取り入ろうとする様子は大矢先生共々私自身もすごく不気味で得体のしれなさを感じました。恐らく次回で大矢先生に婚約者がいることをリカは知ることになると思うので次のターゲットは婚約者の女性なのではないかと私は思います。次回がどんな展開になるのか、そしてリカ演じる高岡早紀さんの演技も楽しみです。

30代女性

あまりにもストーリーの展開が早くてびっくりしてしまいます。リカの狙いどおりに進んであまりにもすごいなと思ってます。先生のミスをカバーした事で二人だけの秘密を共有してしまいました。あまりにも異常な愛を持ちすぎています。なんでこんなに先生に対して執着しているのかわからなくて謎です。思い込みも激しいし、ストーカーと呼ぶにはあまりにもスケールが大きいし、まさにサイコパスって表現がぴったりなのではないかと思いました。

第3話:あらすじ『鈍感な女…死ねばいい!』

大矢(小池徹平)との出会いを思い出しながら、レストランで食事をしているリカ(高岡早紀)。1か月前大矢が座っていた席には、大矢の婚約者・真由美(山谷花純)が座っており、何となく気に障ったが、真由美はすぐに店を出て行く。まだ彼女の素姓を知らないリカは、その姿を見送りながら楽しそうにミートソースを食べ始める…。

ある日、いつも通り花山病院に出勤してきた大矢。すれ違い際、挨拶する看護師たちの好奇に満ちた眼差しを怪訝に思う。そんな中、院長で大矢の叔父・大次郎(西岡德馬)から、リカとの交際を祝福され、絶句する。

引用元:https://www.tokai-tv.com/rika/story/

【第3話:視聴者の感想】

40代女性

森田から刈谷医師のことを聞き、借金がある弱味につけこんで刈谷医師を手玉にとり、大矢の恋人が誰なのか?を突き止めさせようとするところ、リカらしかった!刈谷に「付き合っているんだから、他に女性がいるのか自分で聞いたら良いじゃないか。」と言われても、直ぐに「大矢先生は優しいからストーカーのように付きまとわれているんじゃないかと思って。」と切り返すところ、頭が切れるなぁと思いました。藤鐘の「犯人はかなり頭の切れる人間です。」と言っていた言葉どおりの人物像で、あの台詞はこの伏線だったのかと思いました。
視聴者の感想をもっと見る>>

20代女性

リカの腕のアザがなんなのかが気になっていたけど、親から虐待を受けていたなんてびっくりでした。親から愛情を受けて育ってこなかったから、こんなに好きになった人に固執してしまうメンヘラになってしまったのかなと思いました。また、ペアンは医療ミスではなく、リカが入れていたかもしれないなんて衝撃すぎました。そこまでして大矢先生と共通の秘密を作り、脅したかったのかと、リカのサイコパスさが本当に恐ろしすぎました。

50代女性

リカは大矢先生との噂を広めて嬉しそうだと思いました。大矢先生に呼び出されると昌史さんとしたの名前で彼女気取りだと思いました。大矢先生は辞めてくれと怒鳴ると腕のあざを見せて母に虐待されていたからと怯えて見せた。リカはカンシを大矢先生に見せて2人の秘密と脅した、怖いと思いました。リカは大矢先生に彼女がいると知り、調べることにした。彼女のことをストーカー呼ばわりしているが自分がストーカーだと思いました。

30代女性

前看護師長と現看護師長を同時に殺し、罪を全部現看護師長のせいにした。恐ろしい女だと思いました。

今回もリカの思い込みの激しさに驚愕しました!どうして自分の好きな人をあんなに追い詰めることが出来るのか謎です。好きだと言いつつも、不幸にしたいだけにしか見えません。このままでは、リカも大矢も破滅へ向かうだけだと思います。本当に好きならばリカは身を引いて、大矢と真由美の幸せを願って欲しいです。看護師としては優秀らしいので、その腕をいい事に使って欲しいです。誰か、リカを助けてあげられる人が現れて欲しいです。

30代男性

リカは最悪な女です。邪魔者を次から次へと消していきます。今回は最初に大家先生とリカが付き合っているという噂が流れます。そもそもはリカが同僚に付き合っていると話をしたのが広まったのですが、それも計算済みでしょう。副院長の大家から呼び出され、何故そんなことをしたのかと問い詰められます。しかし、前回の話で大家の弱みを握っているリカは次の手段に出ます。同僚に大家と結婚するという話をします。おそらくこれも噂として広がることを目的とした話でしょう。小山内前師長が事故で植物状態になってしまった件に関して、現師長はリカが怪しいと大家に伝えます。そのことに勘付きリカは前師長と旧師長をまとめて消し去ります。そして前師長の事故の責任を現師長に押し付けます。話の展開がスピーディーになってきました。目的のためには手段を選ばない怖さがあります。この人も消されるのだろうなあ、と思っていると本当にその通りになりますが、プラスαでひねりが加えてあるので展開が読めません。左手首にあるアザが前回と違い、十字架がありませんでした。リカの過去が気になります。

20代女性

リカの本性がどんどん見れていてとても面白いのですが、怖い場面の方が多いです。邪魔者は徹底的に抹殺するといった姿勢や自分の好きな人に近づこうとする女をストーカー呼ばわりして住所やプライベートなことを詮索しようとしたり本当に恐ろしい女性だなと思いました。また、今回の話で年齢をごまかしているのではという話が出たのですが、ずっと思っていたことだったのでなんかスッキリしました。28ではないなと感じでいたので良かったです。

20代男性

ドラマを見た感想といたしましては、大矢先生がどんどん追い詰められていて精神的に参ってるなと感じました。今付き合っている人がいるにもかかわらず、リカと付き合っていると噂を流されたり、手術ミスを偽装工作されたりとリカの思うようにことが進んでいて見事に手のひらに転がらせているなと思いました。また、ナースもリカの言いように扱われており、見ていて怖いです。また、邪魔者は徹底的に殺して抹殺するという姿勢も怖いです。

40代女性

やはり雨宮の本性を知り、「試用期間中はいつでも辞めさせられるのよ。」と言った人間は殺されるのだというのがわかる恐ろしい回でした!

しかし小山内の件まで藤鐘がしたことにするとは、さすがリカですね!
幼い子供がいるのに、その母親である藤鐘を殺害することになんとも思わないリカ。

それどころか罪を擦り付けるなんて!あとに残った子供がどれだけ悲しむのかなんて全く興味がないところ、サイコパスとしか思えませんでした。

40代女性

事務員から、小山内が転落した原因となった非常階段の手すりのネジが抜け落ちていたことや、かなりの力が加えなければあり得ないことを聞いて、「やはり雨宮さんが?」と推測し、看護師長・藤鐘が大矢に話をしに行くところとても面白かったです!誰に話しかけられても、もう大矢もビクビクしていて、藤鐘の話を聞いて耐えられなくなった大矢が、医療ミスのこと、リカに脅されていることを告白していくところもとても良かったです。かなり真に迫っている演技で物語なのに、私もハラハラしました。

40代男性

回を重ねるごとにリカのストーカーがエスカレートしていくようでとても怖いですね。今回藤鐘看護師長が植物状態になっていた小山内前看護師長の呼吸器を外し死に追いやり自分も手首を切って自殺ってことになりましたけどこれもやはりリカの仕業のようにしか見えません。藤鐘看護師長が娘のみさきちゃんを残してまでそんなことをするでしょうか。遺書も残しておりそこには小山内前看護師長を植物状態にさせたのは私だと。でもこの2人がいなくなっていちばん都合良いのはリカなんですよね。そう考えるとやっばりリカ怖い。

40代女性

もっと大矢先生が毅然としっかりして欲しいです。自分のミスと思い込んでたのを、藤鐘師長が指摘するまでは気づかなかったり、リカを叱りつけた時もリカが怯えたらすぐ優しくしたり。中途半端な態度だから余計、被害を拡大させているのだと思います。速攻リカをクビにしてほしがったです。もちろんそんな事で引き下がるとは思えないですが。リカが巧みに人をコントロールして利用するところは、恐ろしい。あの才能をもっと世の中の役に立つところに利用してほしいです。

40代女性

目的のためなら手段を選ばないリカ。藤鐘師長は、リカのそんな本性に気づき、今までの悪事にも、また頭がいい事に気づいたのはさすがです。しかし正攻法でリカに問い詰めるなんてあまりにも愚かです。殺されにいくようなもので、よく考えて周りから固めてから行動して欲しがったです。リカは、きっと幼少期に親の愛情を受けられなかったかわいそうな人だったんでしょう。自分でも自分が化け物だと、どこかで分かっている気がしました。

40代女性

今回はリカの思惑と正体に気づいた藤鐘婦長がリカの殺しのターゲットとなってしまいました。藤鐘婦長がリカと対峙して詰め寄るシーンはとても迫力がありましたし出来れば殺されてほしくなかったのですがリカに元婦長共々自殺に見せかけて殺されたのは残念でした。それと同時にリカの常軌を逸した行動には驚くと共に身近にこんな人がいたら私だったら絶対に関り合いたくないと思います。次回は副院長の婚約者の存在を知ったリカがその婚約者とどう対峙していくのかを含めて続きが気になります。

30代女性

怖すぎます。やっと今回、自称28才のサバ読みに触れる展開に。好きという感情だけでここまで動くリカが異常過ぎて毎回怖い。モヤモヤするのに続きが見たくなるのがこのドラマの面白さ。今回もリカを辞めさせる事はできなかった。邪魔するものは排除する執念、婦長の子供までターゲットにするなんて。そして、SNS で発信を続ける事務員。ありえないストーリーと現代社会のSNS がさらにおもしろさを掻き立てる。もうリカの独壇場にしかならない。

40代女性

勝手にどんどんと妄想していく主人公リカがすべて自分の思い通りにしていこうとする。そして何もかも自分の予定通りに行っているように思われたがリカの仕業がどんどんとバレていってしまう。勝手に自分が大矢先生と結婚するなどと嘘をついたり婚約者であると言ってみたり、患者を利用して師長を罠にかけたりした悪事がばれていく。病院側は病院から追い出そうとするが、なかなかうまくいかない。そして別の医師を使い、大谷先生の彼女を調べるように指示をしていろいろと調査をさせる。そしてその情報をリカに話してしまう。妄想がすごくて恐ろしすぎます。謎だらけで過去がとても気になる主人公リカが今後どういったことになっていくのかとても興味がわきます。主人公と小池徹平との関係性はただ偶然見かけただけということ。それであそこまでのストーカー的な行動が怖いです。リカが自分の生い立ちを語るように話す姿が印象的てした。ありえないくらいの怖い行動にハラハラしました。次回もまた楽しみです。

第4話:あらすじ『私の何がいけなかったの?』

看護師長の藤鐘(安藤玉恵)が死亡した。警察は小山内(池谷のぶえ)の事故も自分が仕組んだという藤鐘の遺書も残されていることから、自殺したと断定。大矢(小池徹平)は警察に反論するが、大次郎(西岡德馬)は事件を穏便に済ませるように警察に頭を下げる。そんな二人の様子を黙って見つめるリカ(高岡早紀)。

さらにリカは、大次郎に相談を持ち掛ける。大矢が真由美(山谷花純)からストーカー行為を受けて困っているから、助けてあげて欲しいと…。

引用元:https://www.tokai-tv.com/rika/story/

【第4話:視聴者の感想】

40代女性

高岡早紀さんのリカは、口数はそんなに多くはないですが、大矢先生に対する愛にあふれた眼差しと、敵に対する冷たくて怖い眼差しと、目での演技が素晴らしいと感じました。表情も、年相応に見える時もあれば、少女のように見える時もあり、目が離せないです。リカは、賢くてこうと思い込んだらちゃんと成し遂げますが、反面、やればやるほど、大矢先生の心が離れていく事がわからない愚かだと思います。愛を知らずに育ったから、愛し方が分からない悲しい人です。
視聴者の感想をもっと見る>>

40代女性

リカのことを最後まで信じきっていた院長。全く人を見る目が無いとしか言いようがありませんね。あんなに大矢が「リカは危険だ!」と言っていたのに、全然聞く耳を持たずに、とうとう大矢の方を「看護師に責任を転嫁するなんて!クビだ!」と言ってしまい、反対にリカに殺される目にあってしまいました。自分の愛する大矢を邪魔するものは誰であっても、どんな手を使っても「死んだしまえばいいのに!」と言いながら、排除していくリカ!狂気じみていて怖かったです。

30代女性

リカに関わった人は全て不幸になる。リカは死神のような人だと思いました。どうして、あんな風にしか生きられないのか、リカはある意味可哀想な女だと思いました。愛する男性が、愛する女性や叔父を殺されて喜ぶとでも思うのでしょうか?すべては大矢の為に行っていると思っているのかもしれませんが、全くそんなことはなく、リカ自身が大矢を不幸にしていることに気が付いて欲しかったです。結局、たくさんの人が亡くなってしまい、リカも愛する大矢には二度と会えなくなってしまいました。

30代女性

あれほどの事をしておきながら、大矢から愛されていると思っているリカは、ヤバい女としか言いようがありません。好かれるどころか、もしろ嫌いになるようなことしかしてないと思います。そして、警察も一連の事件について、もっと詳しく調べて欲しかったです。睡眠薬を飲んでから自殺したという結論にも納得がいきませんでした。死ぬ前に、睡眠薬を飲む必要があるのか疑問です。刈谷だけはリカが怪しいことに気が付いて。病院を去って行ったので、人を見る目がある人なんだなと思いました。

40代女性

リカによって娘を隠された柏手が、まさか大矢の恋人・真由美を手にかけるとは思いませんでしたね!柏手にとっては、妻を亡くし残ったたった一人の娘を人質にとられたら、リカの言葉に逆らうことはできませんよね。柏手もまたリカの餌食になってとても可哀想でした。全く関係ないのに、、。真由美も大矢の恋人であるがゆえに、リカの計画で殺害されてしまい、リカによってどれだけの人が亡くなったのだろうと思うと、とても恐ろしかったです。

30代女性

第一部が終わったのですが、まさかこのような終わり方を迎えるとは、想像以上でした。婚約者の事をストーカー呼ばわりする姿は頭のおかしい女にしか見えないし、どういう思考回路をしているんだろうとさえ思いました。人を殺してもなんとも思わないし、利用できるものは全て利用しようとするリカには、ゾッとしました。結局、最後に友達と言われていた森田も、リカに利用されて死亡したんだな~と思うと、気の毒で仕方なかったです。

20代女性

リカが、わたしの何がいけなかったのかと叫ぶシーンに狂気しか感じませんでした。人を殺しておいて、何がいけなかったのかわからないなんて、サイコパスというか、もう病気だと思います。愛とは自分よりも大切なものができることだけど、リカは自分の気持ちが一番でそのためならなんだってするので、純愛なんかじゃないと感じました。大矢先生とは真由美だけがリカの手で殺されなかったというところが逆にリアルでなんだか怖かったです。

20代女性

誰が生き残るのかと思っていたけど、まさか、リカと受付の女以外全員が殺されるという衝撃の結末に驚きました。大矢先生とは直接関係のない、柏手の娘さんまで殺されてしまった不憫でした。また、綾乃が殺されたことが一番意外だったしショックでした。リカも、あなたのことは友達だと思ってたと言っていたのに、そんな相手を巻き込んで火災を起こすなんて、やっぱりサイコパスなんだなと感じました。次はどこでどんな事件を巻き起こすのか楽しみです。

20代女性

リカがついにウェディングドレス姿で現れ、あんなに大矢先生を苦しめ、周りの人たちを殺してきたのに、愛しているから結婚してなんて、よくそんなこと言えるなと怖すぎました。だけど、どうして真由美だけは自分の手で殺さなかったんだろうなと思いました。リカにとっては一番憎い相手だったはずだから、当然リカが殺すものだと思ってました。やっぱり大矢先生が悲しむということはわかっていたから殺人を依頼したのかなと感じました。

40代女性

大矢先生、警察に行く前にリカに正攻法で攻め立てたらダメです。まともにやりあえば、リカに勝てるわけがありません。とりあえずリカに優しくして、先に警察に行くべきでした。まあそれでもリカなら上手く切り抜けそうです。真由美さん、本当にいい人で、殺されてかわいそうでした。大矢先生も、リカにさえ会わなければ、幸せになれたのに。大矢も後悔しても仕切れないでしょうね。せめて真由美に寄り添って死ねた事が、唯一の救いかなと思いました。

40代女性

聡明なふたりの師長が殺されてしまって、いよいよこの病院は、ダメになるなとぞっとしました。。警察も院長も真相を見抜けず、イライラします。特に院長は、完全にリカに騙されてしまってどうしようもないです。結果論ですが、なんでもっとはやく小山内師長が忠告した時点で、リカの事を調べなかったんだろうと思いました。院長も案外呆気なく殺されてしまって、びっくりしました。刈谷先生も、リカに情報渡しておいて逃げるなんて、無責任だと思いました。

30代女性

リカのマサフミに対する執着が不気味だった。たくさんの人間をコントロールし、マサフミとの関係を邪魔する者を容赦なく殺していく姿が人間とは思えない。自分の目的を果たすためなら子供でも平気で利用する、その執着はサイコパスそのもの。最後に放火して皆殺しにするシーン、愛する人と心中するのかと思えば、ちゃんと自分は生き残っている。来週からは別の男性を見つけるみたいだし、本当にこの女の心の中を理解することはできない。

30代女性

副院長の婚約者の佐藤さんは、なんとかリカから逃げ切って欲しいと思っていましたが、やはり最後は殺されることになってしまい改めてリカの怖さを感じました。今までターゲットにした男性の私物をコレクションしているようですが、副院長の私物は何を手に入れているのか気になります。第一章でリカが使えるものはなんでも使い、何の迷いもなく自分のために人を殺してしまう人間だということはよく理解ましたが、やはりリカの思い通りにはいかない日が来て欲しいと願ってしまいます。二章からの展開が楽しみです。

30代男性

とても怖かった、ドキドキしました。特に、中盤から大矢副院長の婚約者である真由美がリカのターゲットにされることが分かっているのに、何もしない大矢にヤキモキしました。しかも、終盤の真由美を殺したのがリカだと思っていましたが、まさかまさかの展開!同僚の柏手先生がリカに娘を監禁させられて脅されていたために殺してしまったとは。しかも、大矢がリカを殺そうとしていたのに柏手が大矢を殺すという凄い展開!結局、柏手もろとも火事で殺される。そして、平気なリカ。とんでもなく怖くて続きが気になる4話でした!

40代女性

今回はリカがついに暴走をエスカレートさせて病院の関係者をほぼ全員殺害してしまいます。リカに不信感を抱いた大矢副院長をクビにしようとした叔父を殺害し、大矢の婚約者も間接的に殺害、そして柏木医師とその娘を利用するだけ利用して殺害し、そして幾分仲の良かった看護士をタバコの不始末に見せかけて殺害と書いているだけでも怖くなってしまうぐらいリカの狂気と暴走が爆発してしまいました。しかし肝心の大矢副院長は柏木医師に殺害されてしまいリカの純愛は実ることはありませんでした。リカの狂気と愛する人を目の前で亡くした悲しみを高岡早紀さんは見事に演じていらっしゃったと思います。ただ少し残念だったのはリカと婚約者の女同士の対決のシーンがなかった点でこういったシーンも入れてくれたらもっとストーリーに深みが増したのにと思いました。次回からは第二部が始まるそうですがまた、リカがどんな暴走をするのかを含めて次回がどんな展開になっていくのか非常に楽しみです。

第5話:あらすじ『妻子ある男性に猛突進…』

数々の事件の真相が闇の中に葬り去られた花山病院の火災から3年。

雨宮リカ(高岡早紀)は変わらずマンションでひとり暮らしをしている。いまだに亡くなった大矢(小池徹平)の事が忘れられず、ペアン鉗子のハーバリウムを手に涙ぐむリカ。最愛の人を失ったショックから立ち直れていないのだ。そんな折、顔見知りの宅配業者からマッチングアプリの存在を知ったリカは、疑心暗鬼ながらも登録する。

映画会社・宝映に勤める、プロデューサーの本間隆雄(大谷亮平)は、「作家の恋」という原作の気乗りしない仕事を任された。その映画のリサーチをするために、アシスタントプロデューサーの坂井政司(内田健司)から、マッチングアプリに入ることを薦められ、坂井に言われるまま、“神宮寺たかお、年齢・38、職業・作家”という嘘のプロフィールをアップする……

引用元:https://www.tokai-tv.com/rika/story/

【5話:視聴者の感想】

30代男性

『リカ』の第5話を観て、雨宮リカは、今度は、神宮寺たかおという人に恋をしてしまうのだが、狂気の純愛モンスターであり、怪しい雰囲気であった。また、マッチングアプリは、いい人がいないということも何となくわかり、こわい感じがしました。本間さんも、別居中とはいえ、家族がいるのですから、女の人と二人っきりで会うのは、良くないのではないかと思いました。本間さんが襲われて、殺害されてしまうのではないかと心配になりました。次回、どのような展開になるのかみたいと思いました。

視聴者の感想をもっと見る>>

30代女性

リカはマサフミのことが本当に好きだったのだろうか?「3年前に別れた元カレ」とか言ってみたり、マサフミと婚約者が通ってたレストランに喜んで行ったり。本間はこれからどうなるのだろうか?取材のためについた嘘がとんでもないことになってしまった。マサフミのように殺されてしまうのか?いったいリカの心の中はどうなっているのだろう?どうしてそこまで男性に執着する?家族をなくしていることが理由なのか?彼女の心の中を早くあばいてほしい!

40代女性

ドラマの前半はリカの結婚に対しての一途な良いところをとても好意的に思っていました。マッチングアプリで出会った初対面の本間さんに真剣にお話されていました。相手を見据えて話すリカに不純な気持ちで会った本間さんは居たたまれない気持ちになったことは間違いありません。真っ直ぐに相手の目を見て話すリカが清々しくさえ思えました。でも、ドラマの後半は本間さんを会社まで付けたり、アプリで返信が来なくなったら電話を30件かけるのは、どう考えてもやり過ぎです。彼に初めて会ったときに「運命の人は自分の心で感じ取る」って、とっても良いこと言っていたのに、これでは逆効果です。せっかく、綺麗なんだから余裕を持って対応すればリカは本間さんともう少し楽しく過ごせるのにと少し残念に思えました。

40代女性

最近のマッチングアプリは少し面白そうだなと思いました。絵文字、写真、動画が使用出来ないってアナログで逆に良いかもしれません。このドラマはリカの運命の人を探すドラマなのかなと思いました。相手のたかおさんは仕事のリサーチとしてリカと会話をしていましたが、リカは運命の人を探すため真剣です。アプリをするきっかけがあまりにも違いすぎる2人は上手くいかないと初めから視聴者に告げているように思えました。本気で運命の人をアプリから探そうと思うなら、1人だけに絞らずに最低でも3人と会話をするべきだと思いました。別れた人が忘れられない不器用な方だというのは宅配便の女性と話していて、わかりましたが、出会い系アプリを使うなら、もう少し頑張って欲しいです。

30代女性

マッチングアプリでリカと出会ってしまったたかおは、仕事の為に利用する感覚で、名前や職業をほんの少し偽ってしまったことで、たかおの今後の運命が大きく変わっていくその瞬間が観ていてとてもハラハラ、ドキドキしました。リカがどういう人物か知っているからこそ、面白い感覚があります。たかおと初めてレストランで会うことや、たかおの職場に千秋がいることに、前の昌史との関係がまだあるのかなぁとちょっと伏線を考えてしまい、色々考えながら観ていると面白いです。

40代女性

今回もリカの恐ろしさ、異常さを目の当たりにして本間と同じく恐怖に陥りました!
リカから送られてくる大量のメールも異常でしたが、電話番号を教えてしまったために30件にものぼるメッセージが録音されているところ、恐怖でしかないですよね!
改めてこの女はヤバイ!と思って、本間は着信拒否をしますが、とうとう会社にまで乗り込んできたラストシーン!
もう次回がどうなるのかが気になって眠れなくなりました!
以前に花山病院で勤めていた事務員が、本間がいる会社に勤めていることが、次回への伏線になるのかと予想しています!

20代女性

本間さんがリカに対して、「リカさんのような方がいて良かった」と言ってしまった瞬間、ロックオンされてしまうとドキドキしました。しかも、いい奥さんになると思うなんて言ってしまったから、もうリカはプロポーズでもされた気になってるだろうなと恐ろしかったです。また、大矢の死から三年が経っても、やっぱり28歳だと名乗るんだということには笑ってしまいました。さすがにもう通用しないだろうと思ったけど、それが通用してしまうところが笑えました。

30代女性

まさか次のターゲットを出会い系アプリで見付けるとはビックリしました!そして、相変わらずの28歳ネタには爆笑しました!出会った時に自ら28歳を名乗り出て、その時に「え?」と思ったような顔をした隆雄のリアクションも面白かったです。今回のターゲットとなった隆雄は、嘘をたくさんついているので、それを知ったリカがこれからどんな行動に出るのか楽しみです。そして、病院で事務をしていた千秋がまた出てきたのにもビックリしました!

30代女性

リカももちろん怖いのですが、取材というのを隠してアプリに登録をして、こっそり会話を録音するという隆雄も酷いな~と思いました。あれから3年経ち、大矢以外の男性にやっと目を向けたリカですが、相変わらず怖いな~と思いました。ガーベラをお得意のホルマリン漬けにしているのを見て、もうすっかり隆雄に夢中になっており、完璧に次のターゲットが決まったんだな~と感じました。次はどのように、隆雄を追い詰めていくのかがとても楽しみです。

20代男性

ドラマのリカの5話を見た感想といたしましては、リカはやはり怖いなとは思いました。本当に執念深くて、ストーカー気質で運命の人と出会うまではとことんその人に執着するという姿勢なのでとても怖いなと思いました。また、今回は作家さんと言うことで、仕事ぶりがとてもいい方で自分でもいいなと思ってしまいました。また、あれから3年が経っており、今でも小池徹平さんのことが忘れられないと言うのは少し恐ろしさを感じました。

30代女性

5話をみて、シンプルにりかの本間への愛情というなの執着心が、すでに異常すぎてこわかったです。特に本間とのアプリ内での連絡頻度や、電話の着信の多さ、留守電のメッセージの内容には、ゾッとしました。最後にりかが、本間の勤務先にも訪れていたら、この先更に本間に執着していくのかと思うとこわいし、本間の家族や会社の同僚達にもなんらかの被害が、大矢先生の時みたいに及ぶのかと思うと、想像するだけでおそろしいです。

40代女性

第二部が始まりモンスターリカの再始動となりました。リカの純愛のターゲットとなってしまったのは映画関連会社に勤める本間たかおであり早速リカは彼に電話をかけまくります。その様子はストーカー行為そのものであり常軌を逸したものであります。そしてリカは本間に会いたいがために勤務している会社にまで来ることになります。この先リカがどんな暴走をするのか、また本間には別居中とはいえ妻子ある身ではありますがリカがこの事を知ってどのような行動を起こすのか、いろんな意味で私は目が離せないですね。

40代男性

リカがまた運命の人を見つけてしまいましたね。今回は映画プロデューサーの本間隆雄。映画のリサーチをするためと称してマッチングアプリをすることになったがこれがいけませんでしたね。同じくリカも宅配のおばさんにマッチングアプリを勧められここで2人が出会うと。ただ本間はただ映画のリサーチの目的そしてリカは運命の人との出会いを目的にしているため熱量が違いますよね。案の定用件済めばリカは用無しなんですけどただここからリカの本領発揮ですよね。本間の勤め先も突き止めたしマッチングアプリで使用していた名前も偽名と言うとこまでバレてしまい。これから本間に起こることが怖い。

30代女性

3年経ち…大矢(小池徹平)の事が忘れられないリカ。そんな時、マッチングアプリの事を聞いたリカは「ラブレターズ」に早速登録する。大矢のことは真剣だったんだなと思いました。映画会社のプロデューサー本間隆雄(大谷亮平)は、映画のためにアシスタントプロデューサーからマッチングアプリの存在を聞かされ「ラブレターズ」に登録。本間は、半年前に妻の浮気が見つかってからまだ許せずにいた。夫婦別居生活をしていた。1人で寂しく飲んでいた時、アプリから着信があり…「リカ、年齢28歳、職業は元看護師」の文字が。リカからのメッセージを読み、映画のリサーチのためにと本間はリカに返信する。その時、読んでいた本で指が切れて血が…。めちゃめちゃ不吉な予感。既に怖くなってきました。本間のメッセージから一人暮らしと知り、リカは嬉しそうにやり取りを続け、本間とリカのメッセージのやり取りは一晩中続いた。本間の仕事中もメッセージは届き続け、後輩に会ってみてはどうかと言われ本間は悩む。リカの嬉しそうな顔が怖すぎて、前回の恐怖が蘇ってきます。リカと本間は電話で話をすることから始めることになり喜ぶリカ。本間の仕事中にリカからの電話が鳴り、2人は直接会話をする。そして会うことになったが、お店はなんと大矢と出会ったお店、そして大矢と同じ言葉を言う本間に燃えるリカ。そして2人が遂に会う…。会わないで!と願ってしまいましたが、あーあです。そしてリカ「やっと出会えた運命の人…」翌日、リカから続々とメッセージが。これから、また恐怖の始まりですね。夜の時間に一人で見るのが怖すぎます。でも続きが気になり、見てしまいます。

40代女性

序盤のメッセージ攻撃から嫌な予感はしていましたが、シカトされてからの履歴が全て埋まるほどの非通知電話や留守録の嵐にかなりゾクゾクさせられました。しかも、会ったその日に勤務先まで突き止めてしまうとか、もはや執着の仕方と技術が探偵レベルだと思いました。偽名と職業を偽っていたことで、きっと本間は自らピンチに陥っていくと思います。裏切られたと逆上したリカが今度は何をやらかすのか、今からドキドキしています。

第6話:あらすじ『ストーカー行為を開始..早くも犠牲者が..。』

リカ(高岡早紀)から執拗に来る電話やメールに本間(大谷亮平)は困惑していた。リカが働いている会社にまで尋ねてきたので、正直に事情を伝え、謝罪する事にする。

映画の企画のリサーチのために文通アプリに登録したと言い謝る本間。それに対しての、リカの反応は、意外なものだった…

引用元:https://www.tokai-tv.com/rika/story/

【第6話:視聴者の感想】

40代男性

本間の部下の坂井が歩道橋から落ちて命を落としてしまいましたね。喫茶店でリカと遭遇した時にもう本間につきまとうなと言って店を出た時にリカがチッと舌打ちして死ねば良いのにって言った時になんか嫌な予感がしたんですよね。その嫌な予感がまさか的中してしまうとは。リカのストーカー行為の悩みに本間から親身になって相談のっていたりしたから本間は相当なショックだったでしょうね。そして千秋がリカのお金の力に屈してしまったのは正直ショックでした。

視聴者の感想をもっと見る>>

20代女性

前回の院長の息子と違って、今回は仕事の取材とはいえプロフィールを偽って相手を騙していたわけなので逆恨みされても仕方がないと思うし、そういう目的で利用してはいけない。真面目に出会いを探している女性に失礼だし、そういう人にはリカに痛い目にあわせられてほしい。婚活アプリという手軽な出会いを探せるサービスですが、どんな人と出会うかわかりませんよね。巧妙すぎる手口で気に入らない人間を次々殺していくリカが恐ろしすぎるけどなんか見ちゃいます。

30代女性

本間を慕っていた後輩の坂井が、リカに「ストーカーだ」と直接言ったことでいとも簡単に殺されてしまつまたことが衝撃でした。坂井の紹介で探偵に調べてもらうことになり、リカの過去が調べられているけれど、今のところわかっているのは花山病院の件まで…。それ以前のリカの過去が気になります。リカが千秋を家に誘いました。あの不気味なハーバリウムだらけの部屋を人に見せるとは思ってもいなかったので驚きました。
千秋はそれを見て固まってはいましたが、普通にリカからの協力依頼を受けるなんてびっくりです。
お金をちらつかせたリカの賢さが際立ちました。それにしてもリカは今仕事をしていないようなのになんでそんなにお金があるのか不思議だなと思いました。

40代男性

物語は第2章になり映像会社の本間と出会うようになったリカはより本間の事が知りたい為に映像会社の受付にまで訪ねてくるようになり、そこでかつて働いていた病院の同僚の千秋と再会する。そこでリカはより本間の情報を知りたいが為に同じ職場で働いている千秋の事を利用しようとする。そして千秋から本間の情報を聞き出して家族関係まで知るようになる。そのリカのしつこさに部下でプロデューサーの坂井は心配してリカに対して厳しい言葉を投げかけるが、それがリカの怒りにふれ部下の坂井は亡くなってしまう事になる。ドラマを見た感想としてはリカがこれからどう言う風に本間に対して接近するかと言う点と物語は本間よりも千秋の方がどうなっていくのかがとても気になります。今クールとても気になるドラマの一つです。

50代男性

離婚して旧性の金沢性に戻った千秋が、父親が入院していた事からリカのアルバイトを何ともなしに引き受けてしまった所が個人的に気になって見てしまいました。一章から客観的な立場でリカの起こす殺人事件を、ネットに書き込んでいた千秋が、リカの自宅に招かれたり、携帯型の盗聴器を仕掛ける様に頼まれたり、隆雄の住所や新しい電話番号や、探偵の原田の事まで調べるはめになり、すっかりリカの共犯みたいな立場に追い込まれていく姿に、千秋がこのままで済む筈が無いと、隆雄のみならず千秋までリカの毒牙にかかる展開が、ドラマとして個人的に面白いなと感じた7話でした。

30代女性

リカが千秋に本間の情報収集を頼むときは7万~10万くらい、しかも複数回渡す気前の良さに比べ、本間のリサーチ料3万円は酷かった。あれではリカを余計に怒らせることになったのも当然。自分の思いをこんなに安っぽく換算されたのかと思ったことだろう。アシスタントの坂井が喫茶店でリカに言った「本間さんがお前みたいなのを相手にするはずがないだろ、このストーカーが」という言葉は、あまりに酷すぎてここはリカに同情する。先輩に対しては良き後輩なのかもしれないが、他人に対するマナーはあまり良くないタイプの人間だったのではないかと分析する。案の定リカの「チッ、死ねばいいのに」が予想通り出た。リカがインターネットやパソコンにも明るければ、もっとハイテクな戦略があっただろうが、その方面にはどうも明るくなさそうなので、すべての情報収集が千秋を通じて行われているところにアナログさの弱点を感じる。しかし、リカの執念は進化した電子機器さえも越えることでしょう。これから本間の娘にもリカの魔の手が伸びていくだろうが、あの子は「TWO WEEKS」で三浦春馬と共演して可愛いと評判になった子役で、今回も本当にとっても可愛いらしい。あの娘にはリカがあまり残虐なことをしないことを祈る。

20代女性

第6話で私が驚いたことは、雨宮リカの本間の娘、亜矢に対して「きっといいお母さんになるから」と言ったことです。なぜなら、どちらかと言えば、リカにとっては娘というのは邪魔な存在になると予想していたためです。しかし、リカが娘に対して前向きな回答をするとは思っていなかったため、とても驚きました。そして、坂井の死について疑問に思った点があります。第1部では、リカを病院から辞めさせようとしたり行動を起こそうとしたものが犠牲となっていきましたが、今回は坂井がリカの言動に「ストーカー女が」と
言葉で罵倒しただけでした。リカが坂井を犠牲にした理由として、坂井の死を利用して千秋を追い詰めて、仲間にするためという目的も含めているのではないかと思いました。

30代女性

千明を見つけたリカの目が怖かったです。リカはまた28と堂々と言っていました。本間の家のドアに謝礼金を貼りつけていたのが恐怖でした。千明にお金を渡して、本間のことを聞き出していたのが怖かったです。リカは職業不詳ですが資金源が謎です。千明もお金に困っているとはいえそこまでやらなくても、と思いましたがリカへの恐怖で協力しているんだと思います。坂井も殴られた跡があるだろうに、転落事故で処理されていいのかな、防犯カメラはなかったのかな、と思いました。

40代男性

リカは、巧妙な手口を使う、とてつもなく頭のいいモンスター、だという。あの3年前の花山病院火災は、死体を解剖したところ、他殺の可能性があったが、証拠があがらず、捜査は打ち切りになっていた!。警視庁出身の探偵が今のターゲットの本間隆雄(大谷亮平)に注意を促した。そして、リカを本間へのストーカー扱いにした本間の部下の坂井政司(内田健司)が謎の死をとげた。そのことで、本間はすでに消耗しはじめている。もはやこうなったら、妻と娘を守ることのみに絞るべきでは。でも、リカの愛を受け入れるには怪し過ぎる。また、仮に受け入れたとして、かわいさ余って憎さ百倍とならないか、その点もどうだろうか。なんで、主題歌がいいんだ!?。「ミリオンジョー」といい、「リカ」といい。「リカ」は倖田來未の「STRIP」。作家自称、実は映画プロデューサーを恋のターゲットにしたリカの狙いは、センセーションか。捜査打ち切りの次は、映画制作の打ち切り!?。「もうエンターテイメントはおしまいよ!」、リカの真の恐怖がはじまりそう。次回予告によると、走ってタクシーに追いついている!

30代女性

本間と一緒に働く坂井が、リカに遭遇してストーカーをやめろと強く言い、その後のリカの『死ねばいい。』が久しぶりに聞けて気持ち良かった。千秋の為に殺したのだと言うかなと思ったが、リカは千秋のせいで死んだようなものだと言って、めちゃくちゃ怖い人だなと思った。そして上手く千秋を使うようになって、盗聴器を仕掛けさせ、探偵の情報や、今度は本間の家族の情報まで要求されて、千秋に同情してしまった。リカと関わったら終わりだと思った。

30代女性

リカが本間の会社に現れたときに千秋と会って、上手くお金を使って仲間にしたやり方は汚いと思いました。千秋もリカに協力せざるを得ない状況になってしまって残念に思います。でもあんなにお金を渡されて簡単な情報を教えるだけなら、いいアルバイトだなぁと思いました。また、本間はきちんとリサーチだったと伝えて、きっぱり断ったところは潔い良いなと思いましたが、謝礼金で3万円渡すのはどうかと思いました。リカにそんなの通用しないところが気持ち良かったです。

40代女性

第二部が始まり本格的にリカがストーカーぶりを発揮して暴走していきます。その様は見ていて本当に怖いというより不気味で得たいの知れなさを感じます。また、かつての職場の元同僚を買収して本間や探偵の情報を調べさせたり、「坂井さんみたいになりたいの」と言って逃げられないように脅してみせたりと第一部以上にやり方が狡猾になっているように思いました。リカは本間の妻子の情報を知りたがっていたので次回は本間の妻子にリカの魔の手が伸びるのではないか、と私は推測しています。それにしても何故リカは買収行為ができるほどお金を持っているのか見ていて少し疑問に思いました。

20代女性

リカの素性が謎すぎる!なぜずっと28歳なのか、なぜ特定の男性にここまで執着するのか。気に入らない人間を陥れる巧妙すぎる手口と、死ねばいいのに、のセリフにはもはや爽快感すら感じます。5話で全く新しい展開になり、ターゲットを変えてきましたね。今流行している婚活アプリのデメリットを表現したような内容。簡単に出会える分、どんな相手と出会うかわからないですね。今回は本間が身分を偽ってリカを騙してきたわけなので逆恨みされても仕方ないとは思います。千秋をお金で雇って利用し、目的のためなら手段を選ばないのがもう見事としか。狂気じみててものすごく怖いけど今後の展開が気になります。本間と家族はどうなってしまうのでしょうか。

40代女性

お金に目が眩んでリカに協力してしまった千秋が脅されたのは自業自得だと思いますが、そもそもが、勝手に本間の個人情報をベラベラとしゃべってしまった彼女の軽率さが問題だと思います。病院にいる時も、院内のトップシークレットをSNSに投稿しまくるとか、危険なフラグが立っていましたが、人の不幸を笑う者は痛い目に遭うという良い例だと改めて感じました。千秋はもうリカから逃げられないと思いますが、せめて森田みたいに命まで奪われないことだけを祈ります。

30代女性

リカのたかおへのストーカー行為が、エスカレートしていってとても恐かったです。特にちあきにお金を渡し、たかおの情報を集めたりさかいの殺人をきっかけにちあきを脅したりなど、リカのサイコパスな行為が奇妙でした。そしてちあきもちあきで、お金の魅力に負けてリカに協力している感じも嫌で、ちあきにはガッカリしました。これから、大矢先生の時みたいにたかおに関わる人達が、どんどんリカに殺されていくのかと思うと恐怖です。

第7話:あらすじ『次なる犠牲者…警察が動き出す。』

映画会社・宝映の会議室で、探偵の原田(柏原収史)に、リカ(高岡早紀)のストーキングについて相談をする本間(大谷亮平)。その二人の会話を、リカは強引に操っている千秋(夏菜)に仕掛けさせた盗聴器を使い、自宅で全て聞いていた。原田は本間に、携帯を非通知着信拒否にするよう指示する。「ストーカーとは接触しない事が重要ですから…」。それを聞いてショックを受けるリカ。

会社から出てきた本間が「たかおさん!」の声にギョッとして振り返ると、そこにはリカが立っていた!「私はストーカーなんかじゃない!」と言いながら近寄ってくるリカからたまらず逃げ出した本間は、通りかかったタクシーに急いで乗り込むと急発進させる。一瞬安堵した本間だったが、振り返るとそこには全力疾走で追いかけてくるリカがいた!

引用元:https://www.tokai-tv.com/rika/story/

【第7話:視聴者の感想】

30代男性

リカのストーカー行為が激しさを増して、とても恐ろしいです。会社前で待ち伏せしたりタクシーを走って追いかけたり常軌を逸しています。特にタクシーを走って追いかけるシーンでは、表情や走り方が特徴的でリカという人物の恐ろしさを物語っていました。そして、遂にストーリーは終盤へさしかかっており警察も動き始めました。核心に少しずつ近づいています。恐ろしさとドキドキが混ざり合うとても中毒性が高いドラマだと思いました。

視聴者の感想をもっと見る>>

30代男性

本間に千秋が花山病院で働いていた事がバレた時にもうなんだかリカに殺される運命にあるのかなと感じてしまいました。リカの着信を拒否していたのでリカの機嫌を損ねてしまった事もなんだか殺される原因を色々と作ってしまっているような気がして心配です。リカが本間の子供を誘拐してしまいましたがリカの中では犯罪の意識は全くないのでしょう。もう本間と家族になっていることしか考えていないので本間は絶対にリカを刺激しない方がいいと感じました。

30代男性

千秋が旧姓に戻っていた事で本間に花山病院の時の経歴がバレなくてホッとしたと思います。もし前の名前のままだった場合リカとの繋がりを本間に疑われていたと思うとなんだか千秋は幸運だなと感じました。探偵の原田がリカに殺された時また注射を使っていましたがあれはなんの成分だったのでしょうか。でも警視庁の話では原田が死んだのは事件性がないと言われた時はリカの言い知れない恐ろしさを感じました。どんな事をしても理科を捕まえることはできないのでしょうか。

30代女性

ただ一言「怖かった」というのが率直な感想。探偵も殺された。千秋は無事なのだろうか?盗聴器を仕掛けたのも、本間の行動をリカに報告しているのも千秋。リカに協力する方もどんな心理なのだろうか?お金をもらうために協力したら、命まで狙われるようになった。自主しようにも、自分の命が危なくなる。今まで見てきたストーカーものとは違う。こんなえぐくて気持ち悪いのは初めて。本当にリカは捕まるのだろうか?本間も殺されてしまうような気もする。

30代女性

本間の事を追ってリカが走り出した時は爆笑してしまいました。どんなに速いからといってタクシーに追いつくなんて凄すぎます。追っている最中のリカにはストーカーと間違えられているという誤解を解こうとしている執念を感じました。でも本間はトラウマになるレベルで怖かったと思います。リカが本間と子供のツーショットの写真に雑な加工をしてスリーショットにしていた事はなんだか怖いというより笑ってしまいました。あんなにあからさまな加工は見ただけで不自然なので誰が見ても合成だとわかります。

30代男性

リカの本間に対する歪んだ愛情はどんどんエスカレートし、探偵の原田を殺し本間の娘の亜矢まで誘拐してしまいました。亜矢を誘拐したリカの狙いとは一体何なのだろうか。亜矢を使って本間を自宅に呼びよせ、家族としての生活を送ろうとしているのかもしれません。リカの行動には通常では考えられない事だらけで、予測がつきません。亜矢が生きていてくれる事を願いたいですが、殺された可能性もあるかもしれません。暴走するリカを食い止める事が出来るのか、次回の展開が気になります。

30代女性

リカが話がしたくてたかおに会いに行くが、たかおは恐怖で逃げるも追いかけてくるリカがめちゃくちゃ怖かったです。タクシーのドアを開けようとガチャガチャやるシーンはちょっとリアル感がありました。ストーカーって怖いなぁと思いました。しかし、リカ自身は自分はストーカーではないと言っているところもまた恐怖でした。探偵の原田がマンションを見張っていると、後ろに可愛らしい傘で立っているリカも一段と怖さを増していて、怖いけど面白かったです。

30代女性

前回に比べるとややリカの恐ろしさは控えめだったのですが最終回に向けて目の離せない展開だったと思います。特にタクシーでリカから逃げようとしていた本間を走って追って来たり窓に顔をくっ付けるシーンは怖さを感じた反面何だか滑稽な感じもしました。それにしても探偵の原田は多分リカが殺したとは思いますがどのように殺害したのか気になるところです。次回はいよいよ最終回になりますが果たしてどんな終わり方になるのか、そして最終的にリカはどうなるのかといったことも含めて次回が非常に楽しみです。

40代女性

リカの今回の感想といたしましては、子供を人質にとって閉じこもるというのには恐ろしさを感じました。また、子供服を手作りして準備していたのにも驚きました。準備して、人質にする気満々だったのかと思うくらい恐ろしかったです。また、夏菜さんがものすごく気の毒でした。リカに脅しというような形で協力させられて、本間さんにバレそうになっているのには気の毒でした。また、探偵さんも気の毒でした。リカに恨まれるようなことはしてないのになと思いました。

20代男性

本間が探偵の原田にリカのことを会社の会議室で話し合っている時に金沢の密告により、そのことがリカにバレていて、スマホを使ってリカに盗聴されていました。そして会社から出た本間の前にリカがあらわれて、私はストーカーじゃないと言って来て、本間はリカから逃げようとタクシーに飛び乗るが、走ってリカが追っかけてきてどんなにスピードを上げても追いかけてきて信号待ちで追いついて来てました。結局高速に乗って逃げ切ったけど車の速さに追いつく脚力ってすごいと思いました。下手なホラーより怖い展開だと思いました。

20代男性

探偵の原田がリカの情報を集めて、本間の自宅を見張っていたことに対してリカが殺人を決意してアッサリと殺してしまうことにたいしての手際の良さに驚かされました。そして事件にしないで事故扱いにするのがリカの恐ろしいところだなと感じます。そんなリカの恐怖に逃げ出した千秋が狙われるんじゃないかと思いました。ただ千秋が何にもされなかったのにはある意味ビックリしました。間違いなく狙われると思ったのが意外な結果だなと感じましたが次回に何かある可能性もあるんで注目したいです。

40代男性

原田さんも結局リカに殺されてしまって、残念です。あとは刑事さんだけが頼みの綱ですね。どこまでリカにバレずにいけるか。たかおに着信拒否されていることに気づかないリカにはびっくりしました。不思議そうにしているリカやその後電話が繋がるように祈っている姿が少し可愛らしく見えました。あそこまで勘違いしていると感覚もぶっ飛んでいるなと思いました。千秋もいつかは殺されてしまいそうで怖いですが、どうにか逃げ切ってほしいです。来週は最終回ですが、予告からしてやばそうだったので楽しみです。

30代女性

リカから逃げているたかおだが、職場をでると、リカがいた。なんとか逃げようとタクシーに乗り、逃げることに成功したように思えたが、走って追いかけてきたが、なんとか逃げれた。しかし会えないイライラもあり、探偵をリカは殺す。また娘がいることを知ったリカは、娘とたかおと3人で家族になりたいと、娘を誘拐する。しかし、殺せばいいと思ってしまう。
リカぎたかおを追いかけていくシーンはとても恐怖だと感じるくらい、迫力ある演技だったと思います。探偵をあっさりと殺してしまったり、娘まで誘拐したりと恐ろしい回だったと感じました。次回が気になるような回でした。

30代女性

千秋から本間と本間の娘の写真を受け取ったリカが、自分の写真をくりぬいて、本間と本間の娘とリカの三人家族にみたてて満足そうにしてきるリカの表情や本間の娘用の洋服を作ったりなどの言動が、とても不気味でした。更に、写真から本間の娘の小学校をつきとめたりするなど、本間の娘への執着が異常すぎて、こわかったです。また、探偵の原田が殺されたニュースをみて千秋がどんどんリカに追い詰められている感じがすごく伝わってきました。

20代女性

最初から最後までスリルがありましたね。初っ端から、タクシーに乗った本間を走って追いかけて来るシーン怖すぎました!弁護士の原田を殺したけど、川に溺れたとされて事件性がないとされるのはすごい謎!薬剤で殺したあと、川にはどうやって運んだのでしょうか。誰かに見られなかったのかな。リカが虐待をされていた話が本当なら、ぎゃくたいによってあ人格がおかしくなってしまったのかなと思いました。そしてやっぱり本間の娘に手をかけようとしていますね。最終話どうなるのか楽しみです。

第8話(最終回):あらすじ『あなたの手も足も、目も口も全部リカのものよ…。』

「たかおさんが私の気持ちを分かってくれるまで、もう連絡しないから」と言って電話を切った雨宮リカ(高岡早紀)。そのままベッドルームへ向かうと少女の足が見えてくる。足元へゆっくりと近づいて行くリカ。だが、少女はピクリとも動かない……。

娘の亜矢(稲垣来泉)をリカに誘拐されたと確信している本間(大谷亮平)は、刑事の菅原(藤岡正明)に、本間の携帯に残されたリカの非通知着信履歴から、リカの自宅を特定し、すぐに捜査して欲しいと懇願する。だが、警察は先ずは行方不明や事故の可能性を探るので、裁判所に事件性ありと認められるまで捜査は難しいと言われ……。その上、菅原がさらに捜査を進めると、3年前の花山病院に残されていたリカの経歴が全て嘘だったことが発覚する。亡くなった医師同士のトラブルだと結論付けられるよう、完全に警察を欺いていたとしたら、全てリカが……。

万策が尽きたかに見えたが、意を決した本間が捨て身の行動に出る…

引用元:https://www.tokai-tv.com/rika/story/

【第8話(最終回):視聴者の感想】

30代女性

リカは最後まで怖かったけど、可哀想な人でもあるなと想いました。リカは誰からも愛された事がなくて、誰かから愛されたかったんだろうなと感じました。亜矢ちゃんと接する時のリカは優しくて、いつもあんな感じならちゃんとリカを愛してくれる人だって現れるのになと想いました。それにしても、菅原が死んだと思っていたのに生きていた事にビックリしました!そして、あんな簡単に刺してそのまま放置したリカに驚きました。あんなに大胆な殺人で、今までよく捕まらなかったなと思いました。

視聴者の感想をもっと見る>>

50代女性

あ~怖かった!感想はそれに尽きると思いますが、クライマックスの恐怖感は言葉になりません。本間が椅子に縛られ注射針が目に近づくシーンはドキドキしました。娘は誘拐されたけど、いじめられている所を助けてもらった上、大切におもてなしされていたので、誘拐されて怖い思いをしただろうと言う先入観があったのかも知れませんが楽しく過ごしていたので、PDSDの心配もないと思います。だから家族再スタートの為引っ越した方が良かったですネ!大人の取り越し苦労で又、サイコパスリカの再現を招いてしまったと思います。あの後どうなるのでしょう?

40代男性

リカのことを調べていた刑事も刺されてしまい、本間は窮地に立たされますがリカは本間との将来のことだけを考えていて本間は娘を取り返すことだけに集中と二人の感情のギャップはかなり面白かったです。そして刑事を刺したことで警察が動き出し本間親子は無事に救われて、リカも拳銃で撃たれて逮捕されるという激しいシーンがあってびっくりしました。リカの存在があったことで本間は家族との関係を復活させることができハッピーエンディングかと思っていたら警察を殺して警察病院から逃走したリカが家に来てエンディングという最後まで怖くて驚きながらもストーリーにハマりました。

50代女性

もちろん愛に恵まれずに育ったからといって何をしてもいいわけではない。しかしほんとうに雨宮リカが猟奇的な人間なら本間亜矢はとっくにコレクションの一部になっていただろう。亜矢が「ありがとう」が言える人間に育っていたのは隆雄と葉子の親としての愛情によるものだった。だからその亜矢に嫉妬して殺していてもおかしくなかった。でもそうはしなかった。雨宮リカをこの世の「警察」的なものだけで裁くのは、どうも納得がいかない。マッチングアプリで気軽に女性を呼び出した男と婚外恋愛をした女は、ぬくぬくと元の家庭に戻るのか。途方もない飢えを抱えてさまよう人間は糾弾されるのか?薬物依存症が刑務所に入れただけでは治らないように、愛着障害もなんらかのケアによらねば魂は救われないのではないか。

30代女性

第1部では医者の娘の女子学生も殺害されていたと思いますが、第2部ではさすがに亜矢は可愛すぎて殺せないだろうと踏んでいました。リカの腕のアザを「手当て」してくれて、「私に初めて優しくしてくれた」とリカも言っていたので。とても驚いたのは、刑事の菅原が血のり入りの防弾チョッキを着用して生きていたことです。見たこともない俳優さんでしたし、それほど重要な役どころはなく絶対に死んでいると思っていました。ところが、隆雄が最悪な事態になる直前に飛び込んで来るという大活躍で、藤岡正明という名前を憶えてしまいました。リカが警察官から拳銃で撃たれるシーンは衝撃的で、狭いマンションの一室で警察官があの至近距離で生きた人間に発砲するのは、リカに同情してしまい、あの無敵のモンスターが銃弾に倒れるのかと思うと何だか切なくなりました。警察病院を脱出して再び本間隆雄の前に現れたときは、やっぱりリカは最強だとカムバックに感激しました。このコンテンツは残していくべきであり、次のリカを誰が演じるのか楽しみなので、近い将来にまたやってほしいです。

30代女性

隆雄がリカを家に呼び出して直接対決になったシーンはドキドキの連続でした。「隆雄さんと家族になりたい」と一貫してきたリカですが、隆雄の入れたお茶を怪しんだり大量のメスに注射など持参していたり人を信用しきっていないことが垣間見え、リカの普通じゃない人生を感じました。第1章からリカの妄想には驚かされ続けてきましたが「亜矢ちゃんは隆雄さんと私の大事な子」という言葉にはびっくりしてしまいました。最後の最後のシーンは、やっぱりまた戻ってきちゃったかという気持ちと、このあとどうなったんだろうとすごく気になってしまう終わり方でした。

30代女性

最後の最後にビックリした。逮捕されたはずのリカが本間を訪ねてきた!意味が全然分からない!これでハッピーエンド!?と思っていたのに。でもリカが虐待されていた過去が本当だと知って、複雑な気分になった。千秋が「リカは純愛モンスター」と言っていたように、本当に愛に飢えているんだなと思った。だけど、両親も不審死してるって・・・。やっぱりリカの犯行?そんなことを考えたり。意外にも亜矢は無傷だった。本当に本間と結婚しようとしていたのだろうか?

50代男性

応援要請していた刑事の菅原が雨宮リカに手術用のメスで刺された時は、二章の始めに菅原が倒れていた回想場面があり、てっきり殺されてしまったと思い込んでしまいハラハラしながら見ました。注射器で迫られる隆雄の大ピンチにチョッキを着ていて助かった菅原が突然現れ、急転直下でリカ逮捕となった展開にはビックリした気持ちと共に安堵した気持ちにもなり、良いドキドキ感が味わえて面白かったなと感じました。警察病院から逃げたリカが隆雄の家に再び現れたラストシーンはサスペンススリラーっぽくて、個人的に最後まで楽しんで見られた最終回でした。

40代女性

私自身は思った通りの話の展開で本間と本間の娘は殺されずにリカは捕まってしまうという内容でよくも悪くも物足りなさを感じました。ただ、最後のリカが警察病院から脱走して本間と本間の自宅で鉢合わせになって終わったシーンにはこの後どんな展開になったのか気になるところですし、終わり方としては中途半端な感じがして正直釈然としない気持ちでもあります。ただ、ドラマ全体を通してリカの純愛モンスターぶりは十分に伝わりましたしリカを演じた高岡早紀さんには改めて敬意を送りたい気持ちです。私の世代では高岡早紀さんというとアパガードのCMでの「芸能人は歯が命」の印象が強いのですが良い意味でそのイメージが払拭したように思います。

20代女性

リカがたかおを縛りつけて注射針を刺すシーンには、ヒヤヒヤしました。しかしその後、警察が来るという展開になるとは想像していませんでした。もし警察が来なければどうなっていたのかと考えるとぞっとします。この出来事によってたかおの別居生活が終わるきっかけとなりました。私はここでハッピーエンドでは終わらないのではないかと予想していました。見事にその予想は的中し、リカは警察病院から看護師を殺害し、たかおの元へ現れました。ここでドラマは終了しましたが、この後どうなったのかを想像すると、とても恐怖を感じました。

30代女性

亜矢を居場所を突き止める為に隆雄は、アプリを利用してリカと会う約束をします。リカと2人きりで会うのはとても勇気が必要だったと思います。しかしそれは、マンション下で菅原刑事が待機していてくれているという安心感があったからかもしれません。しかし菅原刑事はリカの犠牲者になってしまいます。何も知らない隆雄の身に危険が及びそうになり、とてもハラハラしました。しかし菅原刑事は生きており、リカを無事逮捕しました。遂にリカが逮捕されたと思い、ホッとしました。これで隆雄達家族に幸せな時間が訪れると思っていた矢先に、リカが逃亡して隆雄の目の前に現れます。マンションの扉の前にいたリカに恐怖を感じました。警察はもっと徹底した監視体制を取らなければいけないなと思いました。リカにずっと付きまとわれる隆雄が可哀想でした。

20代男性

前回、衝撃のラストと謳っていたので期待していたが…。一度逮捕された雨宮リカが警察病院を脱走し、たかおさんの家のインターホンを鳴らすのいう特に捻りのないありきたりなラスト。リカが娘の亜矢ちゃんに親切にしていたことから、リカさんみたいなママがよかったとでも言い出すと私好みの胸糞ラストになりそうだったが原作ではどうなっていたのかが気になるところ。しかし高岡早紀の狂気や歪んだ愛情を孕んだ演技はやはり見所。あと亜矢ちゃんがとてつもなく可愛いので今後に期待。

30代女性

本間の家に刑事達が乗り込んだ場面では、さすがのリカでも拳銃には、かてないなんだなと思いました。リカが撃たれたときは、スカッとしたしなにより、本間自身と本間の娘が無事に助かって良かったなと、思いました。リカが逮捕されてから、本間の家族がもとにもどったり、本間と千秋が和解するなどハッピーエンドに、向かっていたのに、まさか最後に刑務所から脱獄してきて、本間を訪ねてくるとは思わなかったのでとても驚きました。

30代女性

あやちゃんはリカの部屋にいた。たかおは連絡が取れなくなったリカにコンタクトを取るため、マッチングアプリをインストールし直す。リカの住所を特定するため事件を担当している菅原刑事に提案するが、リカの方から「そっちに行く」と連絡が来る。
リカの言い分を聞く矢先、菅原刑事がリカに刺される!たかおさんはそんなことを知らずリカが来たことを連絡するが、理科の鞄から着信音が鳴る…
たかおさんは注射され拘束されるが、防犯チョッキを着用していた菅原刑事が突入し、リカは逮捕された。

20代女性

初回からずっと見ていました。思わずビクッとする演出がすごくうまいと思います。最初から最後まで緊迫感を味わえました。本間もリカに殺されるかと思ったら間一髪、生き延びましたね。最後、リカが逮捕され本間は再び平穏な日々に戻れるかと思いきや、期待を裏切らないおわり方でしたね!リカの過去は不幸なものだったかもしれないけれど、今まで何人も殺しているので許されないと思います。なぜ、警察病院から逃がしてしまったのか!周りの人も緊張感がなさすぎると思いました。

ドラマ「リカ」視聴者の期待の声!

30代女性

怖い女を描いた作品として有名なリカ、それが実写化とは今からガクガクぶるぶるきちゃいます。高岡早紀さんがリカ役なんで演技には期待しています。ホラーとしても、サスペンスとしても楽しめる作品なんでリカの活躍楽しみです。

30代女性

とにかく高岡早紀が妖艶で得たいの知れないリカの役にぴったりで主役の配役だけで楽しみにしている。男性陣はあまりホラーのイメージの俳優さんではないけれど実力派なので、どう盛り上げてくれるか演出、音楽がどれだけ不気味になるかぞくぞくする。

40代女性

サスペンスドラマに出ているイメージがない小池君が癒やし系のイメージをどこまで消して演技をするのかと、いろんなドラマに出ている大谷さんに注目しています。高岡さんはやっぱり、男性を魅了するイメージが強いのでピッタリな役だなと感じました。

50代女性

高岡早紀といえば大胆な生き様が有名で、私生活を反映した深みのある演技を見せてくれそうで期待が高まります。対する小池徹平は永遠の少年という感じで、高岡早紀と対照的なキャスティングなところも見所になると思います。

20代女性

この作品では主人公雨宮リカが、「純愛モンスター」ということで、愛のためにどのような恐ろしい事を起こしてしまうのか、リカに「運命の相手」として狙われた人は、リカに対しどのような反応をしたり、運命に巻き込まれていくのかが注目です。
視聴者の期待の声をもっと見る>>

50代女性

リカの美しく魅力的な外見に秘められている恐ろしいものが、どんな形であらわになるのか怖いけど見たい。狙われた男たちの運命はどうなるのか。なぜ、リカはそのような人間になったのか。その謎が明かされるのかどうかも楽しみ。

50代男性

最近、演技に円熟味を増してきた高岡早紀さん。今回は、かなり特殊な演技に挑むことになるストーカー役。どんな演技になるか今から楽しみです。サイコスリラーでスリルとハラハラドキドキ感で目が離せない展開になることを期待しています。

40代女性

高岡早紀が演じるのは狂気のストーカー役です。高岡は「嫌われる女性を演じたことは過去にたくさん有りましたがここまで救いようが無く、嫌われる要素しかない女性を演じた経験はありません。」と言うほどの恐怖体験を味わってみるのも良いかもしれません。

40代女性

リカという女性にストーカーされてしまう男性に興味を感じました。どうしてそうなったのか、防げる手段はなかったのか、自分がストーカーされたらどうするのかとか、いろいろな視点からドラマを見れそうです。被害者男性と一緒にいろいろ考えさせられそうです。

40代女性

タイトルが主人公の名前のようなので、印象的でした。リカという女性がどんな人で、何をするのか興味がわきました。ストーカーのようなのですが、人の心の中にひそむ狂気や闇がどんなふうに描かれるのか楽しみです。

40代女性

愛情への渇望を描くサイコスリラーなので、話のストーリー展開に期待しています。周りを破滅においこんでいくさまにぞくぞくしたいです。気づいていないような自分の行動を振り返らせてくれるかもしれません。日常にひそむ恐怖を感じたいです。

40代女性

なんといっても高岡早紀さんの演技に注目です。ストーカー役だなんて、どんな行動や言動がみられるのかわくわくします。嫌われる要素しかない女性という設定のようなので、どんな女性なのか興味があります。彼女しかだせない人物像が見れることを期待しています。

40代女性

常軌を逸した行動をする高岡早紀さんを見られるのが楽しみです。土曜日の夜の大人のサイコホラーなので眠れなくなるくらい、とことん怖く気持ち悪くしてほしいです。小池徹平さんももちろんですが、大谷亮平さんが出るのも期待大です。

20代女性

純愛であるがゆえにその人しか見えなくなり、狂ったように愛を求めてしまうというところが自分にもありそうだなと思い共感できそうだったのでドラマを見てみたいと思いました。どんな方法を使って気をひこうとするのか今から楽しみです。リカ自身にもかなり問題がありそうなことをあらすじで目にしたのでそれもあばかれていくのかなと期待しております。オトナの土ドラなので休みの日である日曜日の前に時間気にせず楽しめそうだなと思います。

40代女性

リカは小説で前に読んでて、主人公のダメさやリカの恐ろしさとか面白かったので、ドラマ化する事でどこまであのリカのストーカー具合いが表現されるか楽しみです。リカ役が高岡早紀だと歳がチョット気になりますが、それを超える役になりきってくれると良いなと思います。

コメントを残す