時効警察はじめました(2019)フル動画【第1話~8話(最終回)】見逃し無料視聴しよう【2話3話4話5話6話7話・配信】Dailymotion、Pandoraでも見れる?

時効警察はじめました

ここでは金曜ナイトドラマ時効警察はじめました」の第1話~第8話までの見逃し配信状況と、フル動画を無料で視聴する方法を紹介します。

過去の放送、2話3話4話5話6話7話や「スペシャルを見逃した」という方も参考にしてみてください。

オダギリジョーさん主演の金曜ナイトドラマ『時効警察はじめました』

伝説のコメディーミステリー「時効警察」が12年ぶりに復活します!

トミヨシ

【第1話~8話(最終回)まで】ドラマ「時効警察はじめました(2019)」フル動画を無料視聴しよう

時効警察はじめました

ドラマ『時効警察はじめました』の
フル動画は「U-NEXT」で
配信中です!

※過去シリーズ『時効警察』『帰ってきた時効警察』『時効警察 復活スペシャル』はすでに配信中!

「U-NEXT」は有料対象のドラマも、
お試し期間の600ポイント
無料で見ることができます。

 

「U-NEXT」は見放題コンテンツを
中心とした日本最大級の
動画配信サイトです。
無料期間に解約すれば、完全無料
料金は一切かかりません。

  • 月額1,990円が31日間無料
  • 登録だけで600ポイントもらえる
  • 130,000本の見放題コンテンツあり
  • 見放題には〇〇〇〇コンテンツも??

↓お得な「U-NEXT」無料お試し
登録・解約方法の解説はコチラ↓

U-NEXT(ユーネクスト)お試し登録の方法と解約 退会の手順を解説

【第1話~8話(最終回)まで】ドラマ「時効警察はじめました(2019)」見逃し動画リンク

「時効警察はじめました」見逃し配信状況

【◆見逃し配信】

TVer

テレ朝キャッチアップ動画

ー第1話2話3話4話5話6話の見逃し配信は終了していますー

※見逃し配信の期間が延長になりました!

「テレ朝キャッチアップ動画」では、2020年1月06日まで配信継続です。


【◆PR動画検索&告知、予告など◆】

YouTube

 

※動画共有サイト「Dailymotion」「PandoraTV」にアップロードされている動画は、公式ではない、違法のアップロード動画の可能性があります。

安全な方法でドラマ作品を視聴するには、公式の動画配信サイトなどを利用するようにしましょう!

動画共有サイトの注意点について

違法アップロードサイトで動画の視聴は危険です。

違法アップロードの作品を視聴する場合にはリスクが伴うことを知っておく必要があります。

再生するとウィルスが仕込まれていたり、再生中に突如消えない広告が表示されたり、読み込みスピードが遅くなったりと、様々なデメリットもあります。

無料とは言え、その後のリスクを考えるとあまりオススメできないのが正直なところです。

ですのでそれらのサイトでの視聴はおすすめしませんが、それでも見たいという場合は自己責任でお願いします。

ドラマ「時効警察はじめました」詳細

【◆イントロダクション・あらすじ】

伝説のコメディーミステリー
『時効警察』が
12年ぶりに復活!

殺人事件の時効が廃止された今――
あの男が“趣味”の捜査を再開する…!?
…っということで、改めまして
『時効警察』をよろしくお願いいたします。

2019年の新シリーズは、霧山が出向していたアメリカのFBIから12年ぶりに帰国、再び総武署の“時効管理課”に戻ってきたところからはじまります。

“時効管理課”の主な仕事は、時効になった事件の資料を検察へと送ることと、その捜査資料の管理なのですが、殺人など重大事件の時効が廃止され、以前よりもさらに窓際な部署になっていました…。そんな古巣に戻ってきた霧山は、時効を迎えた事件を私的に捜査するという“趣味”を再開。

霧山にとって、捜査はあくまで趣味なため、対象とする事件は大小さまざま。たとえ犯人を突き止めたとしても成敗などするわけではなく、自分の推理が正しいことを確かめたい…ただそれだけなのです。真相を暴かれ真っ青になった犯人をあまり心配させないために、霧山は毎回犯人に一枚のカードを手渡します。それが…“誰にも言いませんよカード”。

劇中にちりばめられたサスペンス、人間ドラマ、そして笑い…。2019年、哀しいけど笑ってしまう、コメディーミステリー『時効警察』が、ついに復活! シュールでポップ、そしてなんとなくゆるい…そんな心なごむミステリーが展開していきます。

引用:https://www.tv-asahi.co.jp/jikou2019/#/?category=drama

【キャスト一覧】

  • オダギリジョー
  • 麻生久美子
  • 吉岡里帆

【第1話~8話(最終回)まで】ドラマ「時効警察はじめました」各話あらすじ・感想

第1話:あらすじ「総務のウタマロ」

時効になった事件を“趣味”で捜査する男・霧山修一朗(オダギリジョー)はある日、総武警察署の食堂で働く女性から、冷蔵庫に入れっぱなしになっていた遺留品の箱を預かる。それは箱に書かれた「要玲蔵(かなめたまぞう)」という文字を誰かが「要冷蔵」と読み間違え、時効を迎えてから10年にもわたって冷蔵庫に保管していたものだった――。

要玲蔵(村松利史)とは、乱れた女性関係から「総武のウタマロ」と呼ばれた男。何を隠そう、彼の元愛人で新興宗教「阿修羅の水」の教祖・神沼絹枝(伊勢志摩)が25年前、水産加工会社の冷凍倉庫で凍死しているのが見つかったのだ。監視カメラは絹枝が倉庫に入る姿をとらえていたが、その直後、無人にもかかわらず倉庫が外から施錠されるという奇怪な現象が発生。最重要被疑者であるウタマロも、絹枝とほぼ同時刻に自宅で一酸化炭素中毒死していたため、事件は迷宮入りしてしまっていた。

引用: https://www.tv-asahi.co.jp/jikou2019/story

【第1話.:視聴者のネタバレ感想】

50代女性

出だしから「要玲蔵」に笑った。トレンチコート姿で走る面々やら、十文字の背後から口笛やら、意味不明の熊とゴリラのケンカやら笑いが途切れず押し寄せる。事件はかなり不可解で、怪しさ満載。美沙子が優雅で美しい顔の裏に抱えていた憎しみを、見事あぶりだした霧山だった。美紗子が犯人ではないなら、花崎が関係しているのかもと見ていましたが。最後は長年の花崎の思いが、一応は成就したということか。
視聴者のネタバレ感想をもっと見る>>

30代女性

続編というものは大体つまらなくなると思うのですが、このドラマは相変わらず楽しかったです!今回の犯人は小雪だったのですが、ミステリアスなのにコミカルな要素も含んでいて、時効警察の世界観を壊すことなく馴染んでいました。霧山と三日月の掛け合いもやっぱり微笑ましくて、やっぱり時効警察っていいなと再認識しました。

30代女性

メンバーも変わることなく、12年前のあのままの感じがとても良かったです!そして、やはりみんな個性的!まともな人間が誰一人いないというのがツボで大好きです。今回の事件は、ほぼ同じ時刻に死んだ2人がお互いに殺し合っていたというビックリな真相でした。そして、霧山は変人なのにも関わらずに意外にモテるな~と思いました。

30代男性

「時効警察はじめました」の第1話を観て、時効警察ということで、時効になっている事件を趣味として捜索する霧山さんが、とても一生懸命になっていたことがとても良かったです。一度、時効になっている事件について、深く考えることや機会を持つことってなかなかないと思い、霧山さんの考えが素晴らしく感じました。謎が解けることを期待します。

30代男性

ゲスト出演の小雪のコスプレチックな違和感ありありな格好とコメディタッチな演技がこれまでの小雪のイメージと違うので、ギャップも相まって面白かったです。また、往年のオダギリジョーと麻生久美子とのボケやツッコミも面白く、さらに離婚した麻生久美子がオダギリジョーと結婚しようと悶々している姿が可笑しく、今後の二人の関係とどう吉岡里帆が二人の仲に入っていくか気になりました。

30代女性

今回のトリックははビデオテープだということで、なるほどな~と感心しました。今の時代ではほぼ使うことのないビデオテープというところに、時効という時間の流れを感じることが出来ていいなと思いました。しかし、そんな難しいからくりではないのに、事件当時に巻き戻ってる時の時間の空白部分に誰も疑問を持たなかったのかな?という疑問がちょっと残りました。

20代女性

オダギリジョーさんが、円を描きながら話をしているのが目が回って面白かったです。小雪さんがなぜ水場の近くに登場したのかが謎だし、よく蚊に刺されすぎだし、そしていつも首に蚊がくるし不思議だなと思いました。六角さんが想いを秘めていくと言っておきながら、もうダダ漏れしているのが面白かったです。趣味だからこそ、推理が失敗してもいいというのがこのドラマの面白いところだなと感じました。

30代女性

12年ぶりとは思わない程霧山と三日月は変わってないなーと感じました。中身はもちろん見た目もあまり変わってない2人にはビックリです!そして、このドラマの空気感がやっぱり好きだなーと思いました。人は嘘をつくと体温が上がって蚊に刺されやすくなる。なるほどなーと思って見てましたが蚊に刺されすぎでは?と笑ってしまいました。

20代女性

小雪さんの、不思議なオーラを醸し出している感じがとても妖麗でよかったです。磯村くんがお母さんから生まれたとは思えない感じがちぐはぐしていて面白かったです。小雪さんが理科が10段階の2というただのばかな感じが面白かったです。絵の目の部分から話を聞いているなんて、怖すぎるし面白すぎるし、教祖への崇拝半端ないなと感じました。

20代男性

ドラマの感想といたしましては、前作の良さをきちんと生かしながら今作のオリジナルのユニークさを出していてとても良かったです。オダギリジョーさんの演技もとても上手くて、さらに衰えていないような演技はとても良かったです。また、吉岡里帆さんの演技も上手くて、純粋な女の子の役は似合うなと思いました。ストーリーも良かったです。

20代女性

10年ぶりにアメリカから帰ってきた霧山修一朗。時効になった事件を遺族に返品しに行った。事件は時効になったものなのであくまで趣味で捜査をしている。事件が解決しても相手を捕まえることもなく、霧山と犯人の秘密として終わるのであった。殺人事件は母親と愛人を殺した娘の話でしたが、愛があっての行為でした。なんて平和なドラマだと思いました。嘘をつくと蚊に刺されるらしい。のほほんとした雰囲気の中全員でお団子を食べくだらない話をしていくのが楽しかったです。そして時効課のメンバー変わることなく、追加された彩雲や又来の息子の動きも気になります。

30代男性

霧山刑事が帰ってきて、時効の事件を趣味で解決します。今回は、二人が同時に亡くなった事件の犯人を探すというものですが、時効になった事件の遺留品が食堂の冷蔵庫で保管されてしまっていたという所から始まります。ゆるーい感じで話は進んでいきますが、しっかりと犯人を見つけ出し、新しくなった誰にも言いませんカードで締めるあたりがとても面白かったです。

20代女性

『時効警察』は、ミステリードラマでありながら、コメディー要素に溢れているので、クスッと笑えるドラマになっています。1話で一番笑えたシーンは、時効管理課のメンバーが鑑識課の部屋に集まって事件について話しているときに、全く関係のないことをいった熊本に対して、みんなで「置いといて」というシーンです。皆さんの息の合った団体芸に笑わせてもらいました。また、1話で霧山が言っていた「人は隠し事をすると蚊に噛まれる」という豆知識は勉強になりました。

40代男性

お馴染みのメンバーたちの変わらないノリを見て、いつもの時効警察という感じで懐かしくて嬉しかったですね。オダギリジョーの見た目が変わらなくて前作からずいぶん年月が経っていることを忘れてしまいそうでした。回想シーンで今回のゲストの小雪がセーラー服だったのが面白かったですが、さすが名女優だけあって身体張ってるなぁと思ってしまいました。

20代男性

小雪さんが女子高校生役をやっていたのには驚きました。以前の特別ドラマでも、嘘をつくときのアクションが何度も出てきて間接的に嘘を言っていることが分かるような構成でしたが、今回も嘘をついたら蚊に刺されるというアクションが何度も出てきて、あ、嘘なんだなと分かって面白かったです。霧山さんのリアクションが大きくて、推理の過程が分かりやすいため一緒に謎を解いているようで楽しめました。

第2話:あらすじ「超人気ミステリー作家の密室殺人」

新人刑事・彩雲真空(吉岡里帆)や鑑識課の若きエース・又来康知(磯村勇斗)も夢中になっているミステリー作家・日下部秋斗(向井理)。“ミステリーの貴公子”ともてはやされる彼は、小説を出せばすべてベストセラー、おまけに写真集やCDまで出すなど、アイドル的人気で世を席巻している。そんな彼には、時効になった事件を“趣味”で捜査する男・霧山修一朗(オダギリジョー)が思わず興味を抱く過去があった。実は秋斗の父で、有名ミステリー作家だった日下部光晴(古舘寛治)は25年前、自宅の書斎で発生した密室殺人事件で死亡。やがて庭から凶器のナイフが見つかり、殺人と目されたが、完全密室のトリックも犯人も解き明かすことはできず、事件は時効を迎えていたのだ――。

引用: https://www.tv-asahi.co.jp/jikou2019/story

【第2話:視聴者のネタバレ感想】

20代女性

麻生さんが、オダジョーのことが好きすぎるところが狂気的で怖いのに、なぜか可愛らしいのが良かったです。日下部にあった瞬間に、浮き足立って足が浮かんでいるというシュールな笑いを入れてくるところがよかったです。日下部の家がスターらしさ満載で、家にスモークがたけるなんて、さすがスターだなと感じました。結構パンチのある服装なのに、きこなしてしまう向井さん、さすがだなと感じました。
視聴者のネタバレ感想をもっと見る>>

30代男性

久しぶりの時効警察。前作同様のテンポで、こと可笑しくたのしみました。今作はゲストにも力を入れているとかんじます。今晩は向井理さん。もっぱら脇汗というワードが頭からきれません。ちょっと。って思われる事もコミカルに演じており、さわやかな中に爽やかな汗が通り過ぎていったじかんです。次回もゲストに注目し、時効警察ってと叫んでいたいとおもいます。

30代男性

先週の初回も面白かったですが、今回はゲストの向井理さんの華やかさと卑劣さのコントラストが面白かったです。流行のミステリー作家の知られざる秘密は、日下部の幼少期の父親の死に深く関わっている事が分かってからは、自らがミステリー作品の容疑者として霧山としずかに追いつめられる様子は皮肉めいていて目が離せませんでした。亡くなった父親と同じ職業に就くなんて強心臓だなと思いましたが、母親思いの一面が何とも憎めないセンチメンタルな感情に浸らせてくれました。

30代女性

向井理の衣装が凄く個性的で、見ていてとても楽しめました。なかなか斬新なデザインで、どこであんな衣装をそろえてるのだろうかと思いました!そして、彩雲さんもキャラがだんだん立ってきてツボでした!「本は買うけど、一度も読んだことありません!」とかめちゃくちゃ笑ってしまいました。よくあれで刑事課に配属されたもんだとビックリです!

30代男性

ここ「時効警察はじめました」の第2話では、超人気ミステリー作家の密室殺人事件ということで、25年前のことだが、捜査するという内容で、とても興味が持てました。真空と康知は、事件のことよりもミステリー作家日下部秋斗に夢中になってしまう。わかるような気もしますが、事件を優先する必要があろと感じた。事件の犯行について、いろいろなことが考えられたが、皆が、解決向かって取り組む姿勢は良かったと思いました。

20代女性

日下部さんの脇汗が尋常ではなくて、なのにかっこいいという、ギャップ萌えがとてもよかったです。ミステリー作家は常にクールという個人的見解を普通に言ってしまうオダジョーが面白かったです。江口さんが1人必死にレモンを絞っていたら、一気飲みし始めて、すっぱーいと叫ぶのがもうわけわからなすぎてシュールで面白かったです。

30代女性

今回は凄く面白く仕上がっていたと思います!まさか犯人だと思っていた人が、失敗の連続だったということにも驚きました。自分の名誉のために事件の真相を隠して欲しいという言動にも笑ってしまいました。そして、三日月の心の声も凄く楽しかったです。まだまだ霧山に完全な片思いではあるものの、いつか三日月の気持ちに気が付いてくれる日がくるといいなと思いました。

30代男性

相変わらず小ネタのオンパレード!第2話は向井理がポンコツ小説家を怪演します。マリリン・モンローにロージー・ザ・リベッター、アンディー・ウォーホル!元ネタを考えるだけでも十分楽しめる内容でした。なんとなくオダジョーが第1・2シーズンに比べてテンション低めな気もしますが、それも大人の哀愁が漂っていてかっこいい!

20代女性

磯村くんが全然話さないキャラだったのに、日下部のことになると周りが見えなくなるくらい語り始めるがキャラ崩壊の兆しが見えてきて面白かったです。吉岡さんの、日下部の顔が好きと断言してしまうのがスッパリしていて面白かったです。2人して、日下部にキュンキュンしてワクワクしているのが可愛らしくて、ファンの元気の源なんだなと微笑ましかったです。

30代男性

今回もドラマの至るところに笑いのポイントが張り巡らせていて面白かったです。1回目の水量披露のときに、サルの仕業、オウムの仕業、ヤギの仕業と推理を次々と披露すると、それを1度実際にそんなミステリー小説があっと言って肯定しながらも、否定するやり取りが面白かったです。そして謎解きするときも、色んなミステリー殺人をモチーフにしたのが面白かったです。しかし実際の事件の謎解きも、父親がフォローしていたおかげという、衝撃の終わり方でした。

40代女性

賢そうな子供だったので、何かある!とは思っていましたが、まさか、子供だてらにあのような手の込んだ事が出来るなんて。好奇心旺盛な少年だからこそ、自分の考えを試したかったのも分かる気がする。結果は、自信過剰の独りよがりだったけど、発想は見事でした。城桧吏君、万引き家族で評価を受けただけのことはあります。見事な演技でした。

30代女性

ミステリーの貴公子、日下部秋斗を演じていた向井理さんがかっこよかったです。奇抜なデザインの服も着こなしていてさすがだと見とれました。内容としては、いくつかのミステリー小説をもとに秋斗が父を殺したと思わせながら、実は失敗し、それを成功させるために自殺したという結末には驚きでした。その行動にはミステリー小説家の意地と父親として息子への愛を感じました。

20代女性

2話では、鑑識課の又来康知がいい味を出していた回でした。毎話、クスッと笑える要素がてんこ盛りな「時効警察」ですが、時効管理課の又来とその息子の鑑識課の又来の親子喧嘩のシーンが2話の中で一番面白かったです。又来康知は、2話の始めでは今回の重要人物である日下部秋斗に夢中な可愛らしい青年だったのに、中盤は、親子喧嘩の末ヤンキー化してしまうのですが、そのギャップのある姿が面白かったです。

20代女性

2話では、時効を迎えた有名ミステリー作家の密室殺人事件を霧山は捜査していきますが、犯人は息子の秋斗だろうと予想していました。しかし、実際には秋斗が自分を殺そうとしていることに気づいた父親が、自ら命を絶ったという結末に驚きました。また、1話では3Dだった「誰にも言いませんよカード」が2話ではパラパラ形式だったので、3話以降どのような形で登場するのか楽しみです。

20代女性

霧山さんがジップロックに牛乳とバニラエッセンスを入れて氷で冷やしていたのでお!バニラアイスが出来上がるのかなと思っていたら、出来上がったのはシフォンケーキでびっくりして笑ってしまいました。死が近い秋斗のお父さんは出来の悪い息子を庇って自分で密室殺人を完成させていた事を知ってとても切ない気持ちになり悲しくなりました。不器用なお父さんだったけど家族思いだったんだなと思いました。

第3話:あらすじ「婚活の女神の恋の罠」

霧山修一朗(オダギリジョー)はある日、“婚活の女神”と呼ばれる凄腕婚活アドバイザー・琴吹町子(中山美穂)に関する話に興味を抱く。なんでも町子が婚活の技やマナーを伝授するセミナーのプレミアム会員は、ほぼ全員が結婚。結婚できなかったのは時効事件で殺された女性だけらしいのだ!
その事件は25年前、新たに結婚が決まった3人の女性会員とその婚約者たちを祝うバーベキューパーティーの最中に起こった。なんと参加者の後藤紗良(安藤聖)が遺体となって発見されたのだ。凶器に使われたのは、紗良の婚約者・城崎公彦(別所哲也)が会場に持参したナイフセット。しかも、犯人はなぜか殺傷能力の低いハサミと小型ナイフをわざわざ選んで使っていた…。当時、城崎が紗良にののしられていたという目撃談もあり、容疑の目は城崎へ向けられることに。だがその矢先に町子が、事件発生時刻に城崎と2人きりで話していたと証言。結局、事件は時効を迎えてしまったという。

引用: https://www.tv-asahi.co.jp/jikou2019/story

【第3話:視聴者のネタバレ感想】

20代女性

吊り橋効果を履き違えて表現していて、ドキドキを通り越して恐怖になっているのが面白いし、ヒモにぶら下がっていてあからさまに大丈夫な状況ではないのに、電話に出てしまうオダジョーのポテンシャルの高さが面白かったです。流石セミナーの先生だなと思うほどのテクニックの持ち主だなと思わせる仕草が満載で勉強になりました。
視聴者のネタバレ感想をもっと見る>>

50代女性

やっぱり、霧山と一緒に犯人の告白に立ちあうのはしずかだけなんですよね。町子が言うように人の気持ちが分かる霧山だけど、しずかの思いに対してはどうなのか。しずかが頑張って、霧山を振り向かせようとするのがかわいらしく面白い。沙良の言ったことは確かにひどい。沙良が本当に城崎を愛していたなら、町子は寂しさを抱えても罪を犯すことはなかったんですよね。時効になったとはいえ、ずっと自分のやったことを隠し続けていくのはつらいだろうね。それだけに、今の幸せを大事にしている笑顔が晴れやかながら切ない。

20代女性

今回も非常に面白かった内容でした。婚活をテーマとしての時効事件の話の中、事件が解決していくにつれどんどんわかっていく女性の本能が怖さと切なさを感じてしましました。男性のことが好きだからゆえに、その相手と再び再会しつつも結婚相手がいて、そのうえでの好きな人への嫌なことを聞いてしまったがゆえに起きた恋による殺人は、今の現代でも普通にありうるお話なんだろうなと改めて感じました。

30代女性

中山美穂はいくつになってもキレイだな~と思いました。可愛い洋服もちゃんと着こなしていて、ファッションも楽しむことが出来ました!それにしても、今回の霧山は、釣り針効果のせいか色々落ちすぎて大変だな~と思いました!かなりの長い間放置されていた霧山に、真相を言う前に誰か霧山を救出してあげて~!と突っ込んでしまいました。

30代女性

寿吹がどれほと旦那さんの事を愛していたのかは伝わりましたが、殺してはいけないな~と思いました。彼女ほどの恋愛テクニックがあるのなら、いっそ殺すことなく奪ってしまえばよかったのに!と思いました。そして、あんなに高い吊り橋から落ちても死なないどころか、傷一つない霧山にはビックリしました。誰にもいいませんよカードも今回は特殊仕様だったので無事に渡せて良かったです。

30代女性

まさか彩雲だけプレミアム会員に選ばれてしまうとは、三日月は相当相当ショックだろうな~と思いました!個人的には、席を外す時の鶴の方が好きでした。そして、犯人に質問を一個だけしていいと言われた時に、霧山の落とし方の方を選んでしまった三日月・・・。警察官としてはどうかと思うけど、女性としてはやっぱり可愛くて大好きです!

30代女性

学生の頃にずっと好きだった人に会えて、また恋をしてしまった犯人。一度は彼の為に身を引いたのですが、彼女の暴言によってつい殺してしまうという悲しい事件でした。しかし、よくよく考えてみたら、殺さなくても失恋のショックから彼を励ましていたら、そのうち好きになられてたのでは?と思ってしまいました。それにしても、あの本は自分の実践がつまっていたんだな~と笑ってしまいました!

20代女性

プレミアム会員になるとほぼ全員結婚できるという婚活セミナーの設定とその内容が面白かったです。特にセミナーの内容が吊り橋効果や5秒間見つめるなど、誰でも聞いたことのあるような内容なのに参加者はめちゃくちゃ真剣に聞いている様子にはつい笑ってしまいました。ほかのシーンでもおかしいのにいかにも普通なように行動する大人たちには毎回笑わされます。

20代女性

なぜ、あからさまに押してはいけないとわかるボタンを、ドキドキしながら気合い入れて押して、騒いでいるのか、可愛らしさ満点で面白かったです。オダジョーも押したがっていて、お似合いの二人だなと感じました。おっすと見せかけてダメーっていうギャグが可愛くて、オダジョーの手の上で転がされていて面白かったです。プレミアム会員の試験が結構役に立ってよかったです。

30代男性

「時効警察はじめました」の第3話を観て、霧山さんがある女性には惚れやすいのかなあと思いました。町子さんを犯人だと言うことができたことは、良かったと思いました。三日月に対しては、毎度、何の反応もないところが少し笑えます。事件は時効になっており、逮捕にはならないとしても、事件の真相が明らかになったのは良かったと思いました。

30代女性

今回は、婚活アドバイザーが事件関わる回ということで、事件にも興味がありましたが、女性が男性を落とすテクニックというのも、ドラマの中で面白く使われていて、そこも見所かなと思います。登場人物全員の、緩いやり取りが毎回クスッと笑えるものなので、力を入れずのんびり見れるドラマなのが良いところです。誰にも言いませんよカードが毎回違っているのも楽しみです。

20代女性

ハンコを普通にまっすぐ押して提出するのもオダジョーらしいし、斜めに押した後、かすれさせるという摩訶不思議なことをして提出するのも十文字さんらしさがあふれていて、面白かったです。麻生さんが終始ウキウキしていて、可愛らしくて、何気にセミナーに入らせようとする口頭文句に、「はい」と返事しているのが面白かったです。

20代男性

今回は「婚活アドバイザー」がテーマでした!中山美穂演じる敏腕婚活アドバイザー琴吹町子が手がけた女性は、1人を除いて全員結婚!しかしその1人は殺害されてしまったという。そしてその犯人がわからず時効になってしまったということで、霧山君たちが興味を持って調べだすという話です。今回は婚活ということで、三日月君が琴吹町子のセミナーに参加して、ありがちな恋愛テクニックを学び、霧山君に仕掛けるが全く効かない!「う」をうまく使ってキス顔を見せると良いというのを学んだ三日月君が霧山君に一生懸命仕掛ける姿が可愛かった!また、あの霧山君が、琴吹町子の婚活テクニックでまさかの落ちてしまうという展開!テニスウェア(短パンめちゃ短い)を見たときはなにがあったんだ!と思っちゃいました!(笑)結局犯人は琴吹町子。殺害した人の当時の婚約者が好きだったこと、婚活アドバイザーと名乗っていながら独身だったことを突かれて、殺してしまったという結果。なんか婚活って怖いなぁとも思いました。今回も小ネタが多く、ちょこちょこ笑える面白い話でした!あとは毎回霧山君と三日月君の私服がオシャレでそこも見どころだなと思いました。今回の霧山君が来ていたジャケット可愛かった!どこで買えるんでしょうか?そもそもこんなの似合う人オダギリジョーぐらいしかいなさそうですけどけね(笑)来週も楽しみです!

20代男性

今回は「婚活アドバイザー」がテーマでした!中山美穂演じる敏腕婚活アドバイザー琴吹町子が手がけた女性は、1人を除いて全員結婚!しかしその1人は殺害されてしまったという。そしてその犯人がわからず時効になってしまったということで、霧山君たちが興味を持って調べだすという話です。今回は婚活ということで、三日月君が琴吹町子のセミナーに参加して、ありがちな恋愛テクニックを学び、霧山君に仕掛けるが全く効かない!「う」をうまく使ってキス顔を見せると良いというのを学んだ三日月君が霧山君に一生懸命仕掛ける姿が可愛かった!また、あの霧山君が、琴吹町子の婚活テクニックでまさかの落ちてしまうという展開!テニスウェア(短パンめちゃ短い)を見たときはなにがあったんだ!と思っちゃいました!(笑)今回も小ネタが多く、ちょこちょこ笑える面白い話でした!あとは毎回霧山君と三日月君の私服がオシャレでそこも見どころだなと思いました。今回の霧山君が来ていたジャケット可愛かった!どこで買えるんでしょうか?そもそもこんなの似合う人オダギリジョーぐらいしかいなさそうですけどけね(笑)来週も楽しみです!

40代女性

私はファーストシーズンからのファンで、この度のドラマ復活を本当に喜んでいます。今回は犯人役に中山美穂さんか出演しており、それも楽しみのひとつでした。中山さんは、最後にオダギリジョーさん扮する霧山くんから誰にも言いませんよカードが渡されますが、今日はダイバー仕様の防水カードでしたね。今日な犯人が婚活アドバイザーなので、ラブレターにするのかな、なんて予想してたので、驚きました。

第4話:あらすじ「ゾンビ映画殺人事件」

長回し1カットで撮影した異色のゾンビ映画『ロマンティックを止めるな』が、25年ぶりに同じキャスト&スタッフでリメイクされることに! この話題に刑事課の彩雲真空(吉岡里帆)は異様に興奮。一方、先輩刑事・十文字疾風(豊原功補)は渋い顔をする。というのも元祖『ロマ止め』は、撮影中に監督・唐沢浩一郎(津田寛治)が殺される事件が発生。十文字らの捜査もむなしく、時効を迎えたのだ。

引用: https://www.tv-asahi.co.jp/jikou2019/story

【第4話:視聴者のネタバレ感想】

20代女性

女将さんの声のトーンが異次元すぎて、よくみんな笑わずにいられるなと、小声で話していても周波数が高すぎて皆にバレてしまうのではと心配になりました。しかも女将さんが結構色々知っていて、家政婦は見た!的要素が出ていて面白かったです。まさかの加藤茶が出てきて、口が開いてしまいました。時効警察、おそるべしと思いました。

視聴者のネタバレ感想をもっと見る>>

50代男性

今回は嘘をついたから体がほてって牛乳って、体がほてるシリーズが続いてますね。確かにうまい役者と巧みな技術スタッフがいれば、長回しの一発どりにみせかけることは出来るでしょうが、時効になった原因は当時事件を担当したのが十文字だったからのような気がしますね(笑)。ゲストの中島美嘉さんが劇中CMで、メロンのコスチュームをしているのが最高でした。

30代女性

カメ止めのパロディみたいな内容の話だったが、長回しの最中に監督が殺されると言う難しい事件だったが、実際は長回しではなく、編集したものだったというオチだった。しかもその場にいた全員が犯人を庇い、被害者の想いを通すと貫く所が現代にはなかなかない展開だなと思った。中島美嘉がメロンの格好をして真顔でCMをやっているのはかなり面白かった。

30代女性

十文字か自分の意見をことごとく覆すのがめちゃくちゃ笑えました!あんなに犯人は幽霊だと言ってたのに、幽霊だとは思わなかったとか、刑事に有給休暇はないとか言ってたのに、1週間の有給休暇を取るだとか…。あんな上司は嫌だなーとは思うけれど、なぜか憎めくていいキャラをしてるなと思いました。彩雲との掛け合いも面白くて好きです。

30代女性

三日月と霧山が同じ部屋に宿泊することになった時は、どうなるんだろう?とちょっとだけ期待しましたが、まさかあんな展開になるとは!三日月がちょっと可哀想になりました。でも、男女一緒の部屋にするなんて、そんなことあるの?とツッコミを入れたくなりました。事件解決の為なら、映画のオーディションも受ける霧山達には笑ってしまいました。

50代男性

大ヒットした映画「カメラを止めるな」をモチーフにした今回の放送。ゲスト女優に中嶋美嘉を迎え事件の真相に迫る霧山修一郎(オダギリジョー)。「ロマンティックを止めるな」の映画の中で殺された監督の謎の死を操作する霧山はリメイクされるその映画のスタッフとして潜りこみ真相を暴き出して行きます。完璧なアリバイのある主演の折原千香子(中嶋美嘉)を探る中で事件は意外な展開へと発展して行きます。今回もまたあちこちに散りばめられるギャグ、ジョーク、コント風の掛け合いがスピーディーに織り交ぜられながらあっという間に1時間が過ぎて行きます。歌手であり女優の中嶋美嘉の演技も素晴らしく暗いイメージのつきまとう彼女ですが「時効警察」の中では爽やかな雰囲気もあってきっとそれは番組製作の雰囲気の中で醸し出されたものかもしれない。1時間番組という制約上今回の放送回はストーリーの展開を追いすぎて番組のエッセンスの小ネタが少なかったかもしれません。2時間の特番でも使える内容だったように感じました。

30代女性

セリフをとばして言うという、変わった俳優さんがいたお陰で今回の事件の真相が明らかになることが出来ました!まさか、監督自ら映画に出演した理由が自殺に見せかけることだったとは、本当に予想外でビックリしました。それほど、この映画と女優に愛情があったんだなーと思いました。しかし、本当の事実を知っていた出演者達は苦しかっただろうなーと思います。

30代女性

今回もとても面白かったです!私は、カメラを止めるなを見たことはないのですが、今回の放送を見て、このドラマとの比較もしてみたいなーと思いました。中島美嘉の演技も久しぶりに見たのですが、あまり違和感なく演じていたと思います。しかし、事項になった事件の犯人役だったので、一体何歳の役だったんだろう?と思いました。

20代女性

止めるなに、なんでもかけてくる感じが面白かったです。ロメ止めの内容と撮り方が、完全にカメ止めで、もうカメ止めを流してくれた方がもっと面白かったのにとも思いました。映画を見ながらのポップコーンを食べるときの手を汚さないようにおもちゃを使っているところが可愛くてきゅんとしました。まさかのドクター Xっぽいパロディも織り込まれていて面白かったです。

20代女性

完全に、カメラを止めるなのパロディ、ロマンティックを止めるなが絶妙に面白かったです。からのミスタービーンに似すぎている、寄せすぎている感じが、爆笑でした。みんなのざわざわ感が、時効警察らしさが満載で面白かったです。十文字さんが顔面に似合わず、幽霊にビビっているところが可愛らしかったです。綾雲の空気が止めないところがよかったです。

30代男性

『時効警察はじめました』第4話を観て、千香子さんが唐沢を殺害してしまったということが、最後までわからなかったです。事件について、幽霊のしわざなのではないかと思い込んでしまい、幽霊とされていたのが千香子さんの彼氏だということにも気づかなかったです。霧山さんが見どころに事件の真相をつかんだなあと思い、素晴らしく感じました。また、霧山さんと三日月のやり取りがとても面白く笑える場面がありました。今回は、なかなか面白い展開でした。

30代女性

映画撮影で宿泊した旅館に登場した加藤茶さんが、若々しく元気そうにみえて、すごい貴重な映像がみられて感動した。窓に映っていた幽霊の正体も折原の彼氏だとわかったし、いろいろ謎は解けていったが、折原千香子が何故牛乳ばかり飲んでいたのかは最後までわからなかった。事件と重要な関係があると思ったのに、何も関係なかったようだ。十文字がポスターを真っ二つに破った瞬間に、霧山が事件のトリックに気付くところは、相変わらず飛躍感が半端ない。暴力映画監督やらせたら、津田寛治はドはまりしていた。彼はあのような役をやらせると右に出る者はいない。前作から25年経って、折原は今は落ちぶれた女優という設定のはずが、中島美嘉をキャスティングしたせいで、格好良すぎて落ちぶれた感が感じられなかった。

30代女性

中島美嘉さんの演技を久々に見れてとても新鮮でした。ゾンビ映画の撮影シーンではゾンビメイクがリアルでドキドキして怖かったです。監督を殺したのは中島さんだとは予想できましたが、みんなが共犯であり、黒幕は監督自身だったというのは驚きでした。監督が実は中島さんの実力を認めていて全てのカラクリを仕組んだと知った時は切なくて胸が苦しくなりました。

50代女性

時効警察、大好きで毎回笑わせてもらっています。今回の目玉は何といってもカトちゃん! 事件とは全く関係ない登場だったけど、私もつい♪ババンババンバンバン~と歌ってしまいました。懐かしい! 番組最後のテロップにもカトちゃんのこと書いてありましたね。それから最後の誰にも言いませんよカード、今回はゾンビ柄のカードになってて、なるほど~と思いました。ココも毎回外せない大事なところ、カードをもらえた犯人さんが羨ましいです。

50代男性

なかなか楽しい1時間を過ごすことができました。面白かったです。一番驚いたのは、あの加藤茶さんが出演されていたことです。思わず身を乗り出してしまいました。あと笑ったのは、「霧山さんってイタリアの靴の先みたい•••。」でした。直ぐに、何でやねん!でした。あと一番印象に残ったのは、中島美嘉さんって演技が上手いことでした。“誰にもいいませんよカードZ”は、ちょっと微妙でした。

第5話:あらすじ「伝説の芸人ラジオ生放送殺人!?”」

刑事課の彩雲真空(吉岡里帆)はある日、SNSで知り合った“親友”・夏歩(趣里)から“ある時効事件”の捜査を依頼される。何を隠そう、夏歩の父親は“伝説のコント師”と呼ばれた超人気お笑いコンビのメンバーで、1994年にラジオの生放送中に死亡した村瀬ベルギーワッフル(水川かたまり)。極度のアレルギー体質だった村瀬の死因はアナフィラキシーショックで、実際に胃の中からソバの成分も検出されていた。しかも村瀬は当時、相方・栗原くりごはん(鈴木もぐら)との関係が最悪の状態。よって栗原による意図的な殺人も疑われたが、生放送中の犯行は不可能であり、“衆人環視の中で起きた密室殺人事件”は犯人不明のまま時効を迎えていた――。

引用: https://www.tv-asahi.co.jp/jikou2019/story

【第5話:視聴者のネタバレ感想】

30代女性

ネーミングセンスに爆笑してしまいました!それにしても、コンビで不仲というのはよく聞きますが、ここまでこじれるなら、解散してしまえばいいのにと思いました。人を殺してしまった人が、たくさんの人を笑わせる職業についているなんて矛盾してるなーと思います。今後は引退して、自分の犯した罪と向き合って生活して欲しいと思います。

視聴者のネタバレ感想をもっと見る>>

30代女性

伝説のコント師「マリリン」の2人のコンビ仲が悪かったというのは、現実でもよくある話なのでなんとなく気にしていませんでしたが、後でよく考えると「何故コンビ仲が悪かったのか?」という点がきっちり描かれていません。お笑い低迷期にコンビで力を合わせて乗り切ろうとなるのが一般的であり、ブレイクもしていない地下芸人が相方を殺したいほど憎むという設定は無理があると思いました。霧山が事件のトリックにブレイクスルー瞬間の思考プロセスは、これまであまりに飛躍し過ぎていましたが、今回は三日月が自動販売機から買ってきた炭酸飲料からアムネのコーティングを溶かすことに行き着いたのは比較的自然で、ブレイクスルー時もベンチに座ったまま「そういうことか」と地味でした。こっちの自然に点と点が繋がる感じの演出の方が、観ている方もわかりやすくてよいのではないかと思います。

40代女性

刑事課の綾雲が、今回も張り切っていました。SNS で知り合った夏歩から捜査依頼を受け、ラジオ局に捜査に潜入しますが、またしても捜査の核心には触れずじまい。今回は自分の事件なので「誰にも言いませんよカード」を渡すと言っていたのに、「タモリさん入ります。」につられて、行ってしまいましたね。やっぱり、綾雲はかなりのミーハー女子です。

20代女性

パロディが多すぎて、手のひらを太陽にで紅白に出場できるとか、しかも米津さんっぽさもあるし、24時間テレビのマラソンをやっていたりと、想像しやすい展開がよかったです。三日月さんの携帯がキラキラで若いなって思ったし、自撮り棒を使いこなして小顔になることに必死なのがJKっぽさが出ていて面白かったです。三日月さんの棒読み感が面白かったです。

20代女性

さすが若者と言わんばかりの速さで検索をする綾雲のポテンシャルの高さと、それは違うとすぐに突っ込むのりこさんのお笑い好きのポテンシャルが面白かったです。まさかのゲッツが売れた理由が展開されるなんて思っても見なくて、久々にゲッツを見ることができて、さすが時効警察だなって思いました。酒を飲みながら大量のきゅうりを食べながら言い合いって、どこのおじさんだよって思いました。

30代女性

お笑い芸人がラジオの生放送中に殺されるという事件でした。1番面白かったのは霧山くんの謎の日常をみんなが妄想するところです。何してるのか結局よくわからずツボでした。三日月くんが事件の解決ヒントを与えるシーンや自撮りは可愛くてよかったです。殺人のトリックは複雑で、二回見ないとよくわかりませんでした。深夜だし、トリックはもうちょっと緩い感じでもいいかなと思いました。

50代男性

もう時効なので仕方ないのですが、栗原くりごはんがあのままなのはなんだかモヤモヤした気持ちになりますね。まあ彼が売れ続けているのも、村瀬が残した遺産なわけで、図らずもそれは村瀬の才能を裏付けるものではあるんだけど、割り切れないものが残りますね。ゲスト出演で夏歩を演じた趣里さんがとてもよかったです。彼女の存在感がドラマをまとめた気がしました。

30代女性

今回は彩雲がいっぱい出てきたので嬉しかったです!十文字が出てこなかったのは残念でしたが…。かなり変わってはいるけれど、やっぱり今時の女の子で映えとか気にしてるんだなーと意外でした。会ったこともない子と、初対面からあんなに仲良く出来るなんて、コミュ力ありすぎでしよ!と感心してしまいました。いつか、誰にも言いませんよカードを渡すところを見ることが出来るといいなと思いました。

30代女性

人気コント師の娘・カホからの捜査依頼でした。毎回個性的なキャラクターが登場しますが、このカホも普段は普通に可愛いコなのに、父を殺した犯人である元相方に対して恨みを語るときは、周囲に悪寒をもたらす程鬼の形相になってギャップが面白かったです。最後には「誰にも言いませんよカード」を渡したくない、事件を口外したいと桐山を妨害しますが、父の笑えという幻影を見て思い直す、という良い結末でした。個人的には、自分のネタが受け入れられなかっただけで殺人を犯した犯人が、人気芸人のままで居続けることはあまり釈然としませんでしたが…。恒例の小ネタも満載で、ダンディ坂野の本人役登場には度肝抜かれました。本当にチョイ役でした。そしてアレルギーを利用した殺人でしたが、そのためにラジオで使うヘッドホンの耳の部分にでかいキノコを仕込むという仕掛けには、いやさすがに気付くやろつて思わずツッコんでしまいました。

40代女性

今回1番驚いたのは炭酸水にラムネを入れるとあんな風になるということでした。霧山くんと三日月さんが、炭酸水を飲んで面白すぎる奇妙なゲップをしていたことが、まさか犯人特定の糸口(?)になるとは思わなかったので、衝撃的でした。最近テレビでもよく見かける空気階段が出演していたことにも驚きましたし、意外と演技がお上手で面白かったです。

30代女性

そば粉でラムネを作るとか、ヘッドフォンの耳がきのことか突っ込みどころが今回もいっぱいあって楽しかったです!そして、夏歩のキャラクターが強すぎて、今回は他のメンバーが霞んでしまっていました。丸いものは何でも飲み込んでしまう…そういうことって遺伝するの?とまたもや突っ込みたくなりましたが、今回もとても楽しかったです!

30代女性

彩雲が誰にも言いませんよカードを渡すところを見たいと思ってるなんて、思っても見ませんでした!そして、念願のカードを渡す瞬間に、まさかの「タモさん、入ります」コール!まさか、そっちに行ってしまうとは思いませんでした。毎回カードがどんななのか楽しみなのですが、今回はまさかアンテナが付いていて、後ろはハガキになっていました!次回のカードも楽しみです!

30代女性

サネイエのお笑いへの食い付きがすごかったです。みんなの霧山の日常の脳内イメージが面白かったです。カホの二重人格キャラがぶっ飛んでいました。家で船長の帽子をかぶっていた栗原が面白かったです。栗原は直前に殺意を覚えたみたいですが、その割に炭酸、ゴム手袋、きのこなど色々用意していたんだな、と思いました。来週も楽しみです。

20代女性

過去に起きた、ラジオ生放送中の殺人事件を調査。アナフィラキシーショックで本番中に倒れ帰らぬ人となった村瀬ベルギーワッフル。芸名のふんわり感から想像できない天才肌の方でした。真相は相方・栗原くりごはんがアレルギーと村瀬のルーティーンを利用して殺害したのですが、栗原の事務所の社長であり、当時ラジオ番組のスタッフだった男も、栗原の犯行だと知りながらも、村瀬のネタ帳を授かり隠蔽した事件でした。アレルギーが多いのも大変だなと思わされた話でした。

30代女性

「時効警察はじめました」の第5話を観て、伝説の芸人がラジオ生放送殺人ということで、夏歩の父親が殺害されてしまい、夏歩は栗原が関係していると思い、犯人だと思う気持ちはわかりました。芸人ですから、相方とうまくいかなくてこのような事件になってしまうこともあると思いました。時効を迎えてしまっていても事件の真相は見いだしたいところだと思いました。

第6話:あらすじ「プロレスラータイトルマッチ殺人事件!?」

時効警察はじめました

エンターテインメント重視のプロレスを取り入れるというCEO・枕木葵(寺島しのぶ)の英断で、倒産寸前の状態から人気プロレス団体へと成長した「気合プロレス」。実はこの成功劇の途中には、世が騒然となる事件が起こっていた。それは25年前――看板選手の丸山真剣(佐々木大輔)がチャンピオン・土倉髑髏(男色ディーノ)に挑み、ベルト奪取に成功した「気合プロレス」タイトルマッチでの出来事。会場が沸きに沸く中、葵がトロフィーを渡そうとすると、丸山が立ったまま息絶えていることが判明したのだ! 死因は頭部強打による脳内出血。遺体の頭部を調べたところ、試合前に負ったと思われる「3」の形に似た奇妙な傷跡があったため、本件は殺人事件として捜査されることに…。土倉、葵、現在はシューレス猿又(柳葉敏郎)と名乗っているレフェリーのレッドシューズ猿又、高原本気(HARASHIMA)ら所属レスラーが疑われたが、真相は解明されず、時効を迎えてしまっていた。

引用: https://www.tv-asahi.co.jp/jikou2019/story

【第6話:視聴者のネタバレ感想】

20代女性

だいたい杖は、偉大に見せるという個人的意見をさらっといってしまうスマートさがよかったです。突如始まる薄っぺらい寸劇に涼しい風が吹き散らされているのにも気づかずに、プロレス愛を語り続ける綾雲の温度差が面白かったです。課長が一人で、置いといてをやってしまうさらっとさがよかったです。プロレスの人がピアノを器用に弾いているギャップが面白かったです。

視聴者のネタバレ感想をもっと見る>>

40代女性

今回の放送でスゴイと思ったのは、枕木役の寺島しのぶさんの華麗な”怪力ジャーマンスープレックス”と、彩雲役の吉岡里帆さんの「”誰にも言いませんよカード”を渡すところが見たい!」という思いの強さでした。泥を顔に塗りたくり首にチェーンまで巻き付けて、狂ったように叫びながら走るその姿には凄まじい迫力がありました。彩雲なりに悪役になりきったようでしたが、可愛らしくて微笑ましくなりました。

30代女性

人気プロレスラーの謎の死を遂げた事件に霧山達が挑みました。彩雲がプロレス好きだったとは意外でしたが、もっと驚いたのがたまたま練習をした中でプロレスの素質を見出された三日月です。人は見かけによらないものだなと感じました。殺人事件に関しては雇い主と雇用者の意見の食い違いにより起きてしまっていて、死を食い止める事が出来たのではないかと思いました。

40代男性

今回はプロレスの時効事件を捜査していました。一瞬ですが熊本課長が、ジャイアント馬場やアントニオ猪木の名前を出したときは懐かしくて、うれしくなりました。そして、十文字と蜂須賀のプロレスごっこはよかったです。十文字のコブラツイストに対して、蜂須賀も逆コブラツイストで交戦していたのは、プロレスごっこ世代の私にはすごく懐かしかったです。他にも、ドロップキック、足4の字固め、バックドロップ、ジャンピングボディープレスなど、プロレス技が最高でした。

30代女性

立ったまま死ぬということが本当にあるのかなーと疑問に思いました。脳内出血を起こしていたのにも関わらずに、試合に出た丸山の根性にはビックリしました。それほど大事な試合だったのだなと思いましたが、死んでしまっては元も子もないと思います。今回の誰にも言いませんよカードが地味だったのには、ちょっとショックでした。

20代女性

「時効警察はじめました」の第6話を観て、プロレスラータイトルマッチ殺人事件ということで、彩雲と三日月がプロレスをしているところがとても面白く感じました。丸山さんが亡くなってしまったことはとても残念に感じました。CEOと相性が良くなかったということでも、殺人事件とは、あってはならないことだと思いました。

30代男性

ギバちゃんが話の内容が気になりすぎて、後ろの人形の首になっているところと、顔はめパネルに顔はめてなりきっているところが可愛すぎて、ギバちゃんに何させているのか感がすごくて、面白かったです。三日月さんを手のひらの上で転がすのがうまいオダジョーは、さすがだなって思いました。ていうのの使い方が可愛すぎるオダジョーにきゅんとしました。

20代女性

おじさんたちがプロレスをしていると、休み時間を楽しんでいる中学生にしか見えないなんて、表現が面白いなって思いました。誰にも言いませんよカードを渡すところを見たい気持ちが溢れ出している綾雲の可愛さにきゅんとしました。ギバちゃんを久しぶりに見ましたが、ギバちゃんは相変わらずギバちゃんで、安心しました。大きなダンボールを使う意味があるのかどうか疑問の中身に思わず笑ってしまいました。

20代女性

柳葉敏郎のコミカルな演技には笑ってしまいました。パネルに顔を合せるとか、窓越しからマネキンの顔を自分の顔にするとか、よく見ていると動きを変過ぎてめちゃくちゃ面白かったです!それにして、三日月も彩雲も強いな~と思いました。ちょっと技を見ただけで、それを再現出来るようになるなんてプロレスラーの素質を感じました!

30代女性

突如、走ってくる綾雲、からのキック、からのプロレスが始まる流れと、プロレス愛がはんぱない綾雲のいつもとのギャップが面白くて可愛かったです。それにしても時効事件の束の多さがすごくて、警察は何してんのという疑問も生まれてきてしまいました。いつも婚姻届を持ち歩いている三日月さんの愛の深さにきゅんとしました。

20代女性

試合前にトロフィーに殴られて大量出血をしたのにも関わらずに、その後すぐに試合にでるというところにプロ根性を感じました。そして、まさかの勝利をおさめたのにはビックリです。もし、あの後に病院に行っていれば命をなくすことはなかったかもしれないと思いました。自分の意志で、リングに立った丸山の死は結局殺人になるのか気になりました。

30代女性

彩雲が壊れてしまったのがめちゃくちゃ笑えました!顔を塗りたくっていたからかもしれないけれど、いつもの吉岡里帆さんとは思えない顔をしており、はじけっぷりが最高!と思いました。この女優さんは、もしかしたらどんな役でも出来る凄い人なのかもしれないと感じました。そして、今回も誰にも言いませんよカードを渡すところが見られなくて可哀想でした。

30代女性

彩雲が「真面目にやってても、いいことなんかありゃしねぇ」と叫んで顔に泥を塗りまくって走り出したときは、意味がわからずポカン状態。これはまた、ドラマ内で浮いているとかネットで叩かれないか心配したが、面白くて笑ってしまった。「誰にも言いませんカード」を彩雲が自分で作った偽物を出そうとして、三日月からかけられたコブラツイストがしっかりハマっていなくて、かかりが甘いのに2人が必死でやっているのが笑えた。しかし、麻生久美子が吉岡里帆にコブラツイストをかけるなんて、こんな貴重なシーンを観ることが出来て嬉しい。

30代女性

金曜の夜にゆるい感じで見ていられるので、とても好きなドラマです。今回は試合中に亡くなったプロレスラーの死の真相を暴くというものですが、事件自体はなんで時効になるのかなぁというレベルのものなんですけど、まぁそういうところを追及するドラマではありませんので、そこは省きます。事件の真相は殺人ですが、そこにはプロレスラーの矜持が含まれていて、とても重いテーマのはずなのですが、そこがこのドラマの魅力的なところで、所々や真相を暴く大事な場面すら小ネタをぶっこんで来るので少しも重くなることがありません。今回は彩雲さんの暴走と三日月さんの卍固めのシーンが一番の見どころだったと私には思えました。金曜の夜はこれを見ないと眠れませんね。今回も面白かったです。

40代女性

最初は誰が嘘をついているのか全くわからなかったです。しかし麻薬取締犬の爪痕のおかげで、関係者が浮上しました。何と取り締まる方の警察側です。あってはならぬ展開にどきどきするのと、後半の方で新たな人物が出てきて、「またお会いしましたね」と思わせ振りなセリフを言うので、過去がえぐられる展開が気になります。

第7話:あらすじ「一発屋メガネ歌手殺人事件」

時効警察はじめました

最近ツイてない三日月しずか(麻生久美子)は、うっかり霧山修一朗(オダギリジョー)のメガネまで壊してしまって大焦り。そんなとき、新人刑事・彩雲真空(吉岡里帆)らが大流行中だという「開運メガネ」をかけ、「効果絶大らしい」と勧めてきた。ビビッときた三日月は霧山に「買いに行こう」と誘いかけるが、霧山は微妙な反応…。ところが、この開運メガネを売り出した「桃瀬メガネ」のカリスマ社長・桃瀬多恵子(檀れい)が“ある時効事件”と関係がある人物だと聞くや俄然、興味を示しだす。

その時効事件とは…桃瀬の夫で、メガネがトレードマークの一発屋歌手・蝙蝠ユキオ(前野健太)が、ワンマンライブの開始直前に殺された事件。現場には「犯人はメガネ」という血文字のダイイングメッセージが、そして蝙蝠の胸にはつなぐと平行四辺形になる“奇妙な4つの穴”が残されていた。だが、凶器が特定できないばかりか、疑わしき関係者は全員メガネをかけており、捜査は難航。当時はメガネをかけていなかった多恵子には疑いがかかることもなく、事件は時効を迎えてしまっていた…。

引用: https://www.tv-asahi.co.jp/jikou2019/story

【第7話:視聴者のネタバレ感想】

30代女性

檀れいさんの回想シーンはまだギリギリいいとしても、相手の人が老けすぎててビックリしました!高校生の時に出会い、旦那さん一筋で東京にまで出てきて、人が変わったようになったら凄くショックだと思います。そして、13股報道された日には絶望に打ちひしがれてしまうことと思います。そして、本当は浮気していなかったという事実がもっと早くわかってたら良かったのにと悲しくなりました。

視聴者のネタバレ感想をもっと見る>>

50代男性

何気に楽しい1時間を過ごす事ができました。何と言っても、ツッコミ何処が多くあり、楽しめました。まずは、霧山(オダギリジョー)さんの、「自販機で5,000円分のジュースを買う•••。」は、直ぐにツッコんでしまいました。あと笑えたのは、バーテンダーを長くやってるから•••と、いって氷で兎の彫刻はできません!でした。殺人方法も笑ってしまいました。また次回も細かいギャグで楽しみたいです。

30代女性

三日月のお尻でメガネが割れてしまったのには大爆笑でした!そして、三日月のお尻はノーダメージだとういのも笑えます。開運メガネをすると本当にいい事が起きるのかなーと思いました。そんなメガネがあるのなら、私も欲しいなと思いました。それにしても、桃瀬はツイてないと言い過ぎだと思いました。聞いててちょっとイラッとしました。

30代女性

13股なんて本当に許せない!!と思ったのですが、実はコーラス隊だったという事が判明したのでホッとしました。再出発のためのコーラス隊だったらしいのですが、紛らわしいなーと思いました。そして、奥さんにそう思わせてしまうといことは、何かしら普段の行動が良くなかったからということもあると思うし、もっと奥さんに好きだということを態度で表してあげて欲しかったです!

30代女性

まさか眼鏡で人を殺せるとはビックリしました!そして、桃瀬が桃瀬がダーツが上手いのに下手なフリをしていた理由がわかりました。桃瀬は眼鏡アイドルではなくて、ダーツのプロを目指した方が良かってのでは?と思いました。このドラマは20年以上前の再現も本人がやるというのも魅力の1つですが、さすがにセーラー服姿には笑ってしまいました!

30代女性

いつもより犯行手口の解明までの時間が短かかったと思います。犯行手口の解明よりも霧山が事件の真相を話した後、開運メガネ社長の多恵子と夫の蝙蝠ユキオとの回想シーンに時間が割かれていたように感じました。このことから、今回はメガネを投げて刺すという非現実的な殺害方法などには拘らず、実は蝙蝠と多恵子は想い合っていたというところが見どころなのだろうと解釈しました。さすがに檀れい(48歳)の中学生姿はイタかったですが、多恵子の昔の写真が登場するシーンが結構あって、霧山が見たあとすぐに閉じていたのが気になりました。あまり、長く映して視聴者からツッコミが入らないようにする演出上の配慮ではないかと思います。

20代女性

 私は、何となく蝙蝠ユキオと昔一緒に仕事をしていたバーテンダーは桃瀬多恵子のことを好きだったのではないかなと、バーのシーンを見て思いました。氷のうさぎは、本当にすごいなと思いました。桃瀬多恵子は、夫からも愛されていたのだと思います。だから、蝙蝠ユキオは死ぬ直前に、犯人はめがねと書いたのだと思います。

40代女性

まさか、メガネが凶器だったとは。霧山はサネイエさんが飛ばしたホチキスのハリからひらめいたんでしょうね。さすがでした。今回の誰にも言いませんよカードの進化にビックリです。まさか、ボタンで思い出の曲が流れる仕掛けとは…。そんなカードを作れる霧山って、スゴすぎです。メガネでイケてないハズなのに、檀れいさんはキレイでした。

20代女性

 桃瀬多恵子が、めがねアイドルだったということに驚きました。週刊誌が、13人のめがねの女性達の写真を蝙蝠ユキオの愛人としてのせなければ、良かったのになと思います。蝙蝠ユキオも、私は、もっと、桃瀬多恵子に言葉で愛しているということを伝えるべきだったと思います。そうすれば、本当によかったのになと思います。

20代女性

檀れいさんの演じていた桃瀬多恵子は、本当に夫のことを愛していたのだと思います。きっと、それは亡くなってから25年たっても、変わらなかったのだなという気がしました。25年夫のことを想っていたのだと思います。ただ、蝙蝠ユキオも桃瀬多恵子のことをとても愛していたのだと思いました。桃瀬多恵子に、蝙蝠ユキオの愛が伝わっていれば良かったと思います。

30代女性

又来と彩雲の関係が、とても気になった回でした。前々から、妙に仲が良いなとは思っていました。でも、彩雲を見つめる又来の様子が、今回はどこがおかしいと感じました。もしかしたら彩雲に恋をしたのではないかと感じ、予想外の展開で、動揺が隠せませんでした。彩雲もまんざらではなさそうでしたが、今まで彩雲は霧山だと思っていたので、本当に驚きでした。

20代女性

いつにも増して、三日月くんが周りに注意しながら生きていて、それが逆効果でちぐはぐしていて面白かったです。麻生さんはなんでもメガネが似合っていて可愛かったです。寝るとき用のメガネも持っているなんて癖強すぎるし、海運に対する執念が強すぎて面白かったです。開運メガネのおかげで、磯村くんと吉岡さんに恋の予感が芽生えそうになるところがとても可愛かったです。

50代男性

さすがにメガネとダーツは違い過ぎますよねえ。レンズの空気抵抗もあるし、ふたつも真っ直ぐに刺さったりはしないと思うけど、そこはまあ時効警察だからよしとしましょう。不器用な男と不器用な女が勘違いして、すれ違ってしまう悲劇ですが、人を信じ続けるのって難しいですよね。蛇足ですが、十文字の視力ってどうなっているのでしょうか?度が入ってないメガネでぶつかってばかりってことは、普段コンタクトなのか、何かのパロディなのか、でも霧山じゃないけど十文字らしいですね。

30代女性

今回はメガネが凶器だった事件。メガネの先をいくらとがらしていても、ダーツのように人に刺して致命傷になるのか疑問はあったが、このドラマならそういう部分も許せてしまう。壊してしまった霧山のメガネと同じものを探してプレゼントした三日月だったが、霧山の嬉しそうな顔を見て、三日月が幸せそうだったのが印象的だった。

40代男性

13股ってあり得ないでしょう。股が持ちません。と、ちょっと突っ込みたくなる設定もすごいのですが、メガネを投げてユキオを殺害する多恵子のテクニックに驚いた。ダーツの腕の良さと、メガネのつるを鋭く磨く技術があってこその犯行ですね。でもこの2つがあってもなかなか難しいでしょうね。多恵子とユキオの運が相当悪かったのかな。こんな犯行あり得ない!!と突っ込んでしまうほど面白い内容でした。

第8話(最終回):あらすじ「死を予言する男」

時効警察はじめました

総武署の時効管理課に、いきなり外国人が現れた。その正体はFBIの人間。なんと、霧山修一朗(オダギリジョー)の力を借りたい事件が発生したため、アメリカへ連れ戻しに来たというのだ!

一方、霧山は24年前の時効事件を“趣味”で捜査し始める。それは高校の屋上から、高飛び込み部のコーチ・祷巫女彦(少路勇介)が飛び降りて死亡した事件。屋上にはほかに誰もおらず、自殺と考えるのが妥当だが、本件にはどうにも不可解な点があった。というのも、ある生徒が同級生・味澤宙夫(染谷将太)に、祷の飛び降りを予言していたのだ。その生徒とは高飛び込み部の元エース・雨夜翔太(山﨑賢人)――現在、的中率抜群な予言者・スピリチュアル雨夜として活躍する人物だった!

事件の1年前、高飛び込みの練習中に事故で心肺停止状態に陥るも、奇跡的に蘇生して以来、未来が見えるようになったという雨夜。だが、祷に自殺の動機がまったくない点と、そんな祷の飛び降りを雨夜が予言していた点が引っかかった霧山は、雨夜本人から話を聞くことに。だが話の途中、霧山は同行した助手・三日月しずか(麻生久美子)の様子が何やらおかしなことに気づき…!?

引用: https://www.tv-asahi.co.jp/jikou2019/story

【第8話(最終回):視聴者のネタバレ感想】

30代女性

最終回ということで、染谷将太、二階堂ふみ、山崎賢人、松重豊と豪華ゲストが出演していました。三日月くんと霧山くんの恋はどうなるのか気になっていましたが、いい感じになりつつも、結局2人の関係はそのままというところがニクイなあ、と思いました。ラストシーンはあの名作のオマージュだと思うのですが、最後まで時効警察らしかったです。

視聴者のネタバレ感想をもっと見る>>

40代女性

今回の話には洗脳することで思い通りに人間の行動をコントロールする能力を得た犯人が描かれていましたが、本当にそんなことが可能ならスゴく恐ろしいと思いました。そして結局彩雲は最終回でも見せ場を見ることが出来なかったのが少し可哀想でした。ラストのシーンで三日月が号泣しながら霧山に「コーヒー淹れろ、おい」と言っている様子が切なくて可愛くてキュンとしました。それに対して霧山が「また未来でまた会おう」と抱きしめて去って行く姿がカッコよくて、スゴく素敵だと思いました。

30代女性

最終回ということで、非常に豪華なゲストがたくさん出演されていましたが、松重豊さんはウォーリーの格好をしてまで出演していたのに、ほんの僅かの登場シーンがなかったのが残念です。ひとりひとりの魅力を活かし切れていなくて、贅沢な使い方だと思いました。ただ、時効警察に西部警察の刈谷俊介さんが元刑事役で出演していたことが一番感動しました。高飛び込みで波を起こす装置を止めることにより、選手が心肺停止になるような大事故が発生する危険があることを初めて知りました。高飛び込みの選手がこのドラマのファンで最終回を観ていたら、嫌なストーリーだったのではないかと心配になりました。

20代女性

ドローンでパパラッチをやらせるでない染谷将太に、本人がノリノリでやっているのが、面白すぎて大爆笑してしまいました。三日月くんとの絡みが面白すぎて時効警察らしさが出ていてよかったです。三日月くんが軽快に穴を掘っているのが、ポテンシャルの高さを感じて、さすがだなって感じました。白い帽子が超絶似合っている二階堂さんの可愛さにきゅんとしました。

20代女性

吉岡さんの、私がぱたってなるじゃないですかっていうアップがとてつもなく破壊力があって可愛すぎてキュンキュンと胸が踊りました。オダジョーは罪な男だなって感じました。タイムカプセルが、本当にタイムカプセル感が出ていて、小道具にも力を入れる感じがとてもよかったです。今日はやめよ仏滅だし発言がおばさま感が出ていて、面白かったです。

20代女性

三日月くんのプクー顔が可愛かったです。警察の取り調べの時の刑事の多さが尋常ではなくて、ギョッとしました。うなぎのタレにつける警察手帳って何事だよって思いました。二階堂ふみさんの高飛びを見ることができるんなんて、あまりの美しさにきゅんとしました。綾雲の手帳に絵を描いてしまうところや、記事を貼り付けておくだけなのが、らしさが出ていてよかったです。

20代女性

家が緑に囲まれていて、スピリチュアルな感じが出過ぎていて、その家にすむ山崎賢人が似合いすぎていて、よかったです。ドアからひょっこりする山崎賢人が可愛すぎて、きゅんとしました。ゆるいオダジョーと、硬い山崎賢人の対比が面白かったです。トトロに会いにいく道のような道が可愛くて、歩数まで書いてあって可愛かったです。

40代男性

雨宮翔太が事故の復讐で、コーチを殺害する話。関係者の皆さんにはアリバイがあり、時効となったこの事件に霧山刑事が挑みます。いつものようにいろんな手掛かりを得て霧山が事件の真相にたどり着くのですが、その中で一番驚いたのは味澤のサイレントドローンでパパラッチのドロラッチでのシーン。命名にも驚きましたが、味澤が24年前の曲をよく覚えていてのにチョーびっくり。歌は今一つだったけど、記憶力に驚きましたね。この記憶がなかったら事件は解決していませんでしたよ。

50代男性

洗脳による暗示で自殺と見せかけて殺人を実行するトリックを見事に見破った今回の事件。トリガーに使われたアメリカの民謡が録音されていたテープが事件の解決の手がかりになりましたが、そのカセットテープがマニアっぽくメタルテープであったのには80年代に音楽に夢中になっていた世代である私には喜ばし限りでした。メタルテープは当時最高級の音質を誇るカセットテープで高校生にはおいそれとは手に入れられる金額でなかったため憧れのグレードでしたから。青春時代が少し蘇ってきたようで、番組制作のスタッフの方に同世代がいるのだと共感することができました。

50代男性

冒頭でFBIの人間だという外国人が登場した時、もしやと思いましたがやはり霧山修一郎は最後にアメリカへ飛び立って行きました。予言者雨夜翔太に恋の成就がうまく行くように仕掛けてもらった三日月しずかはトリガーとなる言葉を最後に何度も霧山に投げかけますが霧山への暗示をしなかったためその言葉も虚しいものになります。それでも桐山は「未来でまた会おう」と三日月に言い残して去りますがきっとそこには二人だけにしかわからない恋の完成形があったのでしょう。晴れ晴れとした三日月さんの心を満たす霧山への思いは次回に持ち越しとなりましたが、視聴者へも未来があることを予言する一言になったのではないでしょうか。

40代女性

今回は24年前に起きた飛び込み部コーチの飛び降り事件。足から落ちたのに、八つ墓村のように胴まで校庭に突き刺さってましたね。容疑者として浮かんだのは、元飛び込み部のエースで、今はスピリチュアル雨夜として活躍する男。今回は登場人物が色々と濃かったです。そして霧山がまた渡米する事になりました。三日月の見送る姿と、コーヒー入れろとあの場面で言っちゃう部分が可愛かったです。

30代男性

「時効警察はじめました」の【第8話(最終回)】を観て、一度、時効を向かえてしまった事件を趣味として、解決していくということで最終話まで、楽しんで見れたのではないかと思いました。いきなり外国人が現れて、その正体はFBIの人間ということで、霧山さんをアメリカに連れていくという点にびっくりしました。今回の事件では、ケーキのプレートが鍵を握っていたという点には、なかなか気づくのが難しかったのではないかと思いました。

50代女性

後催眠をかけてトリガーを仕込んでも、自分を傷つけるような暗示は不可能だと聞いたことがある。つまり「自殺しろ」ではダメなのだ。たぶん暗示は「プールに飛び込むように」といった形だったのだろう。時効になった事件を捜査するというのはタイムカプセルを開けるのと似ている。封じ込められ凍った時間が溶け出すのだ。時をさかのぼって真相を見つけ出すのは面白い。それにしてもメタルのカセットテープとは。今の若い人は知らないのでは?上書きされた前の歌を復元するという設定だったためメタルが使われた。懐かしくてよかった。メタルに録音するには特にそういうモードにしなきゃいけなかったものだ。私の中でも小さなタイムカプセルが開いた。オダギリジョーはこんなトンだドラマでもいい味出すなぁ。

20代女性

 彩雲真空は、今度こそ誰にもいいませんよカードを霧山修一郎が犯人に渡すところを見えるのではないかと思っていました。最終話も、見ることができなくて、何だかかわいそうな気がしました。三日月しずかが、霧山修一郎のことを好きなことは、ものすごくわかりやすく描かれていたと思いますが、霧山修一郎の気持ちはあまり描かれていなかったと思います。最後の場面を見て、霧山修一郎も三日月しずかのことが好きなんだなと思いました。

20代女性

 私は、『熱海の捜査官』が、本当に大好きです。だから、最終話は、特におもしろいと感じました。サティの音楽が流れていたり、カセットテープが出てきたりして、『熱海の捜査官』を思い出しました。二階堂ふみさんも、染谷翔太さんも、山崎賢人さんも、大人になったなと思いました。オダギリジョーさんは、あんまり変わっていない気がしました。

ドラマ「時効警察はじめました」視聴者の期待の声!

40代男性

熱海の捜査官を経て、またオダギリジョーさんの飄々とした変わり者役を見れるのが楽しみです。最近はテロリストや暗殺者などラスボス系の暗い役が多かったので、麻生久美子さんとのやり取りや今回も誰にも言いませんよカードなど、本気か嘘かわからない癖のある演技を見られるのが楽しみです。

60代女性

とても楽しみです。本当に期待しています。あの時効警察が帰ってくるなんて、嬉しい限りです。麻生久美子さんのお惚けぶりが特に楽しみです。前回、ブランコに乗り歌手デビューしたと言って、歌を歌っていた姿が印象的で、今でも心に残っています。このドラマですっかり麻生さんのファンになりました。放送が始まるのを待っています。

30代女性

オダギリジョーが外見も演技も好きなので彼が主演であることがすでに注目ポイントです。時効になったからといって、それで罪が許されるわけでもない。罪を犯した人間をどうドラマとして人間ドラマに絡めていくのか、大変見ものです。あと、見たことないので、それをシュールにどう表現するのか興味が尽きません。

40代男性

前作、前々作と楽しく見させていただいた時効警察がついに帰ってくる。オダギリジョーさんのなんとも言えない淡々とした演技と麻生久美子さんとかけあい演技がとても楽しみです。吉岡里帆さんも加わり、さらに面白さがアップするイメージです。

40代女性

帰ってきた、時効警察!待ってました、時効警察!オダギリジョーさんの、この役は適役ですし、久しぶりの連ドラなので、めちゃめちゃ楽しみですし、期待大です。麻生久美子さんも出られるし、この2人で、また見られる事が、とても嬉しいですし、早く見たいです。
視聴者の期待の声をもっと見る>>

40代男性

時効警察の続編がついに放送。オダギリジョーさんが惚けながらも時効になった事件を解決していくストーリー。様々な所にコボケが入っていて見ていて飽きない。麻生久美子さんとの掛け合いも見所の一つ。新たな展開があるのか楽しみなドラマです。

20代男性

12年ぶりに復活して今回放送される作品です。コメディーミステリーとして過去のシリーズ1とシリーズ2では高視聴率を記録していたことから今回も期待されています。現在では「時効」という制度がなくなりましたがそこでどう作品が展開されていくのか楽しみです。過去のキャストが再集結する中で新キャストの吉岡里帆さんに注目が浴びています。

30代女性

かつての時効警察もとても楽しく見ていたので、とても楽しみにしています。毎回クスッとなるような、あの感じがとても好きなのでそれも楽しみですが、新たに加わる吉岡里帆も素敵な演技をされる女優さんなので、新たなスパイスとなって盛り上げてくれるのかなと思ってます。

30代女性

今回も「誰にも言いませんよカード」が健在していることを期待します。FBIに出向していた霧山が帰国して再び時効管理課に戻ってくるようで、FBI捜査から趣味として行う捜査に移行した霧山の実力がどれだけあがっているのかということも見どころだと感じました。解決して満足な霧山と、バレた犯人との温度差が面白く、今回も注目したいです。前作に引き続き、シュールな笑いに欠かせないキャストも出演されているようで、変わらないシュールさが見れることと、新キャストと共に、より面白さが増していることを期待しています。

40代男性

時効が廃止になったので、もう続編はないだろうと思っていた『時効警察』が12年ぶりに復活するというニュースに驚きました。奇跡的に旧作のメンバーが全員勢ぞろいしています。それだけで楽しみですが、新メンバーで吉岡里帆さんが加わるようですが、すでに熟女に達した三日月くん演じる麻生久美子さんの対抗意識が、すでに想像できます。新メンバーをからめての、あの微妙な笑いと、シリアスパートの謎解きが楽しみです。是非「誰にもいいませんよ」カードも復活して欲しいですね。

20代女性

12年ぶりの新シリーズですが、ほぼオリジナルキャストというのがまずすごいと思います。ビジュアルも変わってないですし、オダギリジョーさんにいたってはますますかっこよくなっていますし。個人的には人気キャラだった多め亭さんがどう絡んでくるかに期待してます。

40代女性

時効警察シリーズはおもしろいので、前作からずっと見ています。今回、時効警察の久々の復活、しかもキャストがオダギリジョーさんと麻生久美子さんそのままで、とても楽しみにしています。前作までのような独特のテンポと世界観で、また楽しませてほしいです。前作に出てきた人たちに多数登場してほしいです。

30代女性

以前放送されていた時効警察と同じような雰囲気が保たれていることを期待します。シュールな空気感とオダギリジョーさんと麻生久美子さんの絶妙なかけあいが大好きでした。前回も登場していたゆるいキャラクターもまた見たいです。毎回変わるゲストもいつも絶妙な人選でした。今回もゲストに誰が出るのか楽しみです。

20代女性

霧山さんがFBI帰りだったり三日月さんが結婚・離婚していたなど、今までの時効警察とは少し違った設定でどんな新しいストーリーが出来るのか気になる所です。キャストには今までの時効メンバー以外にも新しく吉岡里穂さんや磯村勇人さんが仲間入りしてますます豪華なメンバーになりそれぞれの絡み合いもとっても楽しみです。時効警察初参加の福田雄一さんの脚本にも期待しています。

40代女性

オダギリジョーさんが好きです。ですが実は時効警察は見るチャンスが無く今日まで来ました。先日時効警察のスピンオフである熱海の捜査官を見る機会があり非常に面白かったので今回続編ではありますが是非見てみたいと思います。

コメントを残す