ドラマ『モトカレマニア』フル動画【第1話~9話(最終回)】見逃し無料視聴しよう【2話3話4話5話6話7話8話・配信】Dailymotion、PandoraTV、miomioでも見れる?

モトカレマニア

ここではドラマモトカレマニア第1話~9話(最終回)まで見逃し配信状況と、フル動画無料視聴する方法を紹介します!

※ドラマ『モトカレマニア』の過去の放送回「2話3話4話5話6話7話8話を見逃した!」したいという方も参考にしてみてください!

2019年10月よりスタートしたドラマ『モトカレマニア』は、”女子あるある”をリアルに描いたコミック漫画を実写化したもの!

恋愛で誰しもが感じる”あるある”をコミカルに描いた、”ざわざわ”ラブコメディーです☆彡

トミヨシ

【第1話~9話(最終回)】ドラマ『モトカレマニア』見逃し動画無料フル視聴しよう

ドラマ「モトカレマニア」は
FODプレミアム」で
第1話~最新話までの全話
フル動画で見放題 配信中です!

 

「FODプレミアム」は公式
動画配信サービス!

無料の「お試しキャンペーン」
を利用すれば
完全無料で
動画を楽しむことができます。
解約金などは一切かかりません!

「FODプレミアム」はここがオススメ↓

  • フジテレビ系のドラマ・バラエティー・映画・アニメ・海外ドラマなど豊富なラインナップが最大40,000本!
  • 見放題作品+独占配信作品も多数!
  • 有名雑誌が【100誌】読み放題!
  • 継続利用で最大1,300円相当のポイントが無料でもらえる!※継続利用には888円(税抜)がかかります。

お得な「FODプレミアム」を解説!
登録・解約の方法はコチラ↓

「FOD」の料金、無料登録・解約方法をわかりやすく解説!フジテレビオンデマンドとは?

このページの情報は、2019年12月現在のものです。配信状況は変わる場合があります。最新の配信状況においては、公式「FOD」サイトにてご確認ください。

【第1話~9話(最終回)】ドラマ『モトカレマニア』見逃し動画リンク

「モトカレマニア」見逃し配信状況

【◆見逃し動画リンク】

TVer

※1話2話3話4話5話6話7話の見逃し配信は終了しています。


【◆1話~最新話までフル視聴】

⇒「FODプレミアム」詳細はコチラ>>

※最新話「モトカレマニア」FOD見逃し無料で、期間限定で配信中!


【◆PR動画検索&告知、予告など◆】

YouTube

 

※動画共有サイト「Dailymotion」「PandoraTV」にアップロードされている動画は、公式ではない、違法のアップロード動画の可能性があります。

安全な方法でドラマ作品を視聴するには、公式の動画配信サイトなどを利用するようにしましょう!

動画共有サイトの注意点について

違法アップロードサイトで動画の視聴は危険です。

違法アップロードの作品を視聴する場合にはリスクが伴うことを知っておく必要があります。

再生するとウィルスが仕込まれていたり、再生中に突如消えない広告が表示されたり、読み込みスピードが遅くなったりと、様々なデメリットもあります。

無料とは言え、その後のリスクを考えるとあまりオススメできないのが正直なところです。

ですのでそれらのサイトでの視聴はおすすめしませんが、それでも見たいという場合は自己責任でお願いします。

【第1話~9話(最終回)】ドラマ『モトカレマニア』サイト別・動画配信状況。

ドラマ「モトカレマニア」が配信されている動画サイトをまとめて見ました。

配信の状況 見放題の対象
FOD
U-NEXT × ×
dTV × ×
Amazon prime video × ×
hulu × ×

ドラマ「モトカレマニア」の動画が配信されているのはフジテレビ公式の「FOD」だけでした。

なので、地上波の見逃し配信が終了してしまった過去の放送回を見るには「FODプレミアム」の利用が必須ということになります。

ちなみに「FODプレミアム」では現在、2週間の無料お試しキャンペーンを実施中。

見逃してしまった過去の放送も【1話~最終話】まで見ることができます。

気になる方はこの機会に利用してみては如何でしょうか?

登録方法については「FODプレミアムの無料登録をわかりやすく解説」のページで解説しています。

そちらを参照してください。

ドラマ「モトカレマニア」詳細・キャスト

◆イントロダクション

元カレの存在を引きずり、“モトカレマニア”になったイタカワ女子・難波ユリカの混乱と暴走と試行錯誤の物語。妄想に浸り幸せだったユリカ(新木優子)の前にモトカレ・マコチ(高良健吾)が5年ぶりに現れる!!

モトカレマニアの人も、そうでない人も恋愛で誰しも感じたことのある“あるある”をコミカルに描く“ざわざわ”ラブコメディー

引用:https://www.fujitv.co.jp/Lupin-no-musume/introduction/

◆出演キャスト一覧

  • 新木優子
  • 高良健吾
  • 浜野謙太
  • 田中みな実
  • よしこ(ガンバレルーヤ)
  • 森田甘路
  • 加藤虎ノ介
  • 大地
  • 井上翔太
  • 小手伸也
  • 山口紗弥加

【第1話~9話(最終回)】ドラマ『モトカレマニア』各話あらすじ・感想

【第1話】あらすじ「最高の元カレ現る!あなたにも忘れられない恋ありませんか?」

現在失業中の27歳・難波ユリカ(新木優子)は、見た目が悪いわけではなく、コミュニケーション下手というわけでもないのに上手く恋愛ができない。その理由は、初めて付き合った彼氏、“マコチ”こと斉藤真(高良健吾)との恋愛にあった。

ユリカは、初めての恋愛で、好きになった人とごく自然に付き合う、という経験をしたが、当時の彼女はその尊さがわかっておらず、些細なすれ違いからマコチを振ってしまう。だが、次に付き合った男はクズ、その次に付き合った男はもっとクズ……という失敗を経て、上手く恋愛が出来なくなってしまったユリカが出した答えは、『幸せだった過去の恋の時間に浸る』ことだった。

元カレとの思い出を源泉に、切なく甘酸っぱい恋愛描写で人気の小説家・丸の内さくら(山口紗弥加)の小説を愛読し、マコチとの幸せな思い出に浸っては心の中でマコチとの妄想の会話を繰り広げるユリカ。毎朝SNSでマコチのことを検索する日々を送るユリカは、初対面の男性に対しも“モトカレスカウター”なるものを起動させ、マコチとのかすかな共通点を見つけることに喜びを感じていた。親友のネイリスト・周防ひろ美(よしこ)は、ユリカを心配し、「不毛なことをしている場合じゃない」「現実を見ようよ」とアドバイスする。するとユリカは、マニアとはそういうもの、と開き直る。他人に迷惑をかけず、好きなものに全力で熱中し、浸る――私はモトカレマニアなのだから、と……。

失業保険がもうすぐ切れる上、アパートの更新も近づいていたユリカは、チロリアン不動産の面接を受ける。社長の安藤一朗(小手伸也)は、部下の大沢将(森田甘路)、白井忠文(関口メンディー)とともに、過去の失敗から、女性とはお酒を飲みに行かない“ハラミ会(ハラスメントを未然に防ぐ会)”を結成するほどリスクヘッジに敏感な男だが、ユリカの強引さに押され、取り敢えず仮採用することを決める。

そこでユリカは、初めてひとりの客を担当することになった。異動で北海道から上京してきた大手食品会社勤務の理系男子・山下章生(浜野謙太)だ。山下が食べ歩きが趣味のグルメマニアだと知ったユリカは、同じマニア気質を持つ者として彼にシンパシーを抱く。

そんな折、ユリカは、大阪に出張していたというもうひとりの社員と顔を合わせる。何とそれは、マコチだった――。

引用元:https://www.fujitv.co.jp/motokaremania/story/

【第1話】視聴者のネタバレ感想

20代女性

ユリカの中ではまたマコチと一緒になれると、心のどこかで思っていたのかなと思いました。ユリカの中でマコチの存在は本当に大きいんだなと感じました。お店から出て行ったユリカが、すごく儚くもありました。そして雨の中泣いているユリカに、お客さんの山下が傘を差してあげていたところがかっこよかったです。男らしいしやさしいなと思いました。山下はユリカの気持ちを理解している感じがしました。山下がモトカノマニアであるという発言は驚きました。
視聴者の感想をもっと見る>>

20代女性

普通、再会した元カノにマンション勧めるか?と思ってしまいました。どういう神経しているんだろう?と思います。しかも、渋っているのにしつこく「どう?」って聞くのは本当にびっくりしました。実は、一緒に住みたいという意思表示なのかな?何かあるのかな?と思ってみていましたが何もありませんでした。しかも、元カレは今カノと高級マンションに住んでいます。私の頭の中で?が飛び交いました。不思議なことに、マンションを勧めたのは彼の謎の善意でした。こんな無神経男になってしまったというのは、悲しいですね。でも好きである気持ちも捨てられない。あー、次回が気になります!モトカノマニアも出てきました。今後はどうなるんでしょう。

20代女性

山下さんが真っ直ぐにユリカを思っているけど、これはきっとかませ犬的ポジションになってしまうんだろうなと可哀想に思ってました。それなのに、実は山下さんまでモトカノマニアだったなんてびっくりです。あのマンションに決めた理由も、夕日が綺麗だからとかじゃなく、元カノが写ってる看板が見えるからだったのかと衝撃でした。それにしても、看板に写っていたということは女優さんかモデルさんか何かなのかなと山下さんの元カノがかなり気になります。

40代女性

元彼を検索するとか、思い出の地を巡る聖地巡礼みたいなツアーとか、色々とツッコミどころはありましたが、いきなりマコチに再会して動揺してしまうユリカの気持ちにはかなり共感できました。確かに自分も心の準備もなく元彼に再会したりしたら、冷静でいられる自信はないと思いました。それにしても、マコチが予想の斜め上をいく天然っぷりで、ちょっと引いてしまいました。元カノに物件を紹介したらダメとか、はっきり言われても釈然としないところは、さすがに鈍感過ぎだと思いました。

50代女性

主人公のユリカは元カレのマコチ以上に好きになれる人が現れないままなのだと思いました。しかし、偶然にもマコチと再会しましたが、ユリカの中の妄想マコチとは全く違っていました。そのギャップにユリカはショックを受けてしまったのも、仕方が無いように思いました。山下さんはモトカノマニアだったのが、ユリカとの共通なところなので理解しあえるかもしれません。今の状態ではリアルマコチと付き合う可能性は無いと思うので、山下さんとお友達関係が続くのかというところだと思いました。

40代男性

モトカレマニアという響きが気になってドラマを見ましたが、コメディの要素が多くて面白かったです。そしてモトカレマニアのユリカがたまたま仮採用された不動産屋に元彼の真が働いていて、五年ぶりの二人きりの会話でユリカが新しい部屋を真に営業されてしまうシーンはかなり笑えました。その後の二人で食事をするシーンでは思いっきり切ない展開もあったりとユリカがこれからどうなっていくのかとても気になりました。そしてお客さんの山下さんがモトカノマニアだったことは一番笑えました。

20代女性

新木優子さん演じる難波ユリカは元カレの事が忘れられずSNSで元カレを調べあさったりしているモトカレマニアそして無職という人物を演じています。そしてその元カレ役が高良健吾さん演じる斉藤真こと、マコチを演じています。ユリカの親友はがんばれるーやのよしこさん演じる周防ひろ美、ネイリストです。ひろ美はユリカがマコチの依存性にモトカレマニアだという事をユリカに言っているのでマコチの事を忘れさせようと新しい恋に進めようとします。その新しい恋を進めているのが浜野謙太さん演じる山下章生です。山下はユリカの新しく勤めた不動産会社で接客をした相手でした。山下にはマコチと同じところにホクロがあったりとマニア気質があったりと少しずつシンパシーを抱いています。しかし、そこの新しく働いている会社にマコチがやってきました。だが、マコチはユリカの事を元カノと言わずバイト仲間だと会社の人に言うのです。それが気になって気になって仕方ないユリカなのです。SNSではマコチに友達申請を送ってしまったり仕事のメイクを濃くしたり空回りしている模様です。しかしマコチは未練が全くなく、不動産の会社なので新しい物件をユリカに進めてきます。山下がユリカに告白をしてきます。その後マコチは普通にご飯の誘いのメールをしてきます。そのメーが嬉しくてユリカはマコチと会社が休みの日にご飯に行きます。そこでマコチが今は他の女の人と一緒に暮らしているというのを知ってしまいます。今別に俺が誰とどうしていようとユリカには関係ないとマコチは言うのです。そんなユリカは傷ついてお店を出て行ってしまいました。お店を出たら告白をしてくれた山下からの電話があり泣いている時に山下はユリカに駆け寄ってくれました。しかしまさかの山下はモトカノマニアだったのです。モトカレマニアとモトカノマニアがここで意気投合してしまいます。マコチと現彼女のさくらともなにか意味ありげな関係な模様です。

50代女性

ユリカは元カレが忘れられない、やっと会えたのに真はビックリはしたが何も感じていないようだ。ユリカに物件を紹介していてちょっと酷いと思いました。ユリカは色々な自分に相談するらしく面白いと思いました。確かに自分の中に色々な考えはあると思います。ユリカは新しい彼氏が出来たかと思ったら、まさか彼氏が元カノマニアだった。ユリカは思わず手を取って話しを聞きたいと言っていて、話しが合いそうだが、彼氏彼女にはなれそうに無いと思いました。

20代女性

主人公のユリカが元カレのことをずっと、忘れられずにいるところが印象的でした。ふとしたことで元カレのことを思いだしているところが複雑だなと思いました。そんな中で元カレのマコチと再会した時は、嬉しそうなところが良かったです。足音だけでマコチのことがわかるのは、さすがだなと思いました。すぐに未婚であることを調べたりしていたのが、リアルだなと感じました。だけど後半マコチが一緒に住んでいる人がいると言った時の、ユリカがとても切なかったです。

20代女性

SNSで元彼を検索したり思い出の場所や、食べたものがいつでも頭によぎること、現実逃避する時に考えてしまう気持ちがよくわかりました。自分に何か欠けている時都合よく思い出し心を満たす経験は誰もがしたことがあるのではないかと思いました。思い出は綺麗なものなので浸ることが出来るが、本人と会い思っていた反応と他のことをされてしまうと、相手をどうでも良くなってしまい素直になれない気持ちもわかりました。仕事も全力でこなくユリカは可愛くマニアとしての自分を強める姿も面白かったです。妄想の中で生きていた真と今目の前にいる真が全く別人でユリカ悔しくて苦しい気持ちが伝わりました。山下と気持ちが分かり合える理由が、お互い元カレカノマニアだったことが衝撃で2人の仲も気になりました。

30代女性

妄想でデート出来るとか凄いなーと思いました!ユリカは美人だからまだ大丈夫だけど、一般人だったらかなりヤバイ人で近寄りたくないなーと思います。そして、ようやく再会することが出来た彼は、自分のことなど恋愛対象として見ておらず、彼女と同棲していたなんてかなりの衝撃を受けたことと思います。しかし、それは真が悪いのではなくて一般的なことだと思うので、ユリカはこれからどのように立ち直って、真とどうなっていくのか楽しみです。

30代女性

予告では凄く面白そうだなーと思いました。ドラマを見た感想は、まあまあ面白いけど今後に期待といった感じです。5年間も元カレとの思い出だけで生きてきたモトカレマニアという設定は今までにないなーと思いました!ユリカはモトカノマニアという仲間を見つけることが出来たので、今後この2人がどのような行動を取っていくのかが楽しみです!5年ぶりに就職した先に元彼がいたなんて凄く運命的な展開ではあるなーと思いました。

20代女性

モトカレマニアほどではないけど、妄想に浸っていたいというユリカの気持ちがすごくよくわかるなと思いました。だけど、あんなふうにずっと探していた元カレと再会できるなんて奇跡だなとかなりドキドキでした。運命を感じる一方でユリカが戸惑っているのもりあるだったし、ものすごく心を揺さぶられました。変わりたいのに変われないってすごく切ないなと思いました。ユリカがマコチのことを考えている一方でマコチはもうすっかり忘れている感じがしてがっかりです。

20代女性

元カレを引きずり、モトカレマニアになった難波さんという女の子の奮闘、暴走、試行錯誤を描いた物語です。

難波さんは、元カレのマコチを引きずるあまり、SNSで名前を検索したり、心の中でマコチを妄想して会話をしたりしていました。
イタイ女子と呼ばれる部類に入るだろうなぁと思いました。
難波さんは27歳なので、同年代の私は共感するところもありました。
元カレを忘れられない…という訳ではないですが、思い出の場所とかだと「あー、ここ一緒に来たな。」なんて思うこともあります。
でも、思い出すくらいでSNSで検索したり妄想したりなどは、しませんでした(笑)
一方、元カレのマコチこと斉藤真は、不動産会社に勤務する30歳独身でした。
難波さんが働くことになった不動産会社で同僚として再会することになります。
マコチの天然さで、難波さんはとても振り回されます。
マコチは今一緒に住んでいる人がいるにも関わらず、懐かしいからか元カノの難波さんを2人きりで食事に誘いました。
私も元カレに最近飲みに行こうと誘われましたが、今彼女がいると風の噂で聞いていたので断りました。
なぜ、今の彼女さんを考えずに誘うのか…ちょっと男性の考えが分からないと思いました(笑)

次回の難波さんの恋模様が楽しみです!

20代女性

容姿はよく、コミュニケーションがとれないわけじゃないのに男運が悪く、5年前に別れた元カレを引きずるユリカ。新しく就職した不動産ではじめてのお客さん山下と物件を探していくうちに次第に仲良くなる。ところが、この就職先で元カレ、マコチとの再会を果たす。元カレでユリカが長年の夢、あまりにとってはあまりよくない。。 はたして、リリカの関係いかに。。来週の展開が楽しみです!

【第2話】あらすじ「三角関係に急展開!元カレVS元カノマニア!」

ユリカ(新木優子)は、再会したばかりの元カレ・マコチ(高良健吾)からマンションの購入を勧められ、ショックを受けていた。マコチからその話を聞いた安藤(小手伸也)らチロリアン不動産の面々は、ユリカの気持ちを察し、とりあえず謝った方が良いと告げる。マコチはその助言に従ってユリカに電話するが……。

引用元:https://www.fujitv.co.jp/motokaremania/story/

【第2話】視聴者のネタバレ感想

20代女性

ゆりかは脱MKM同盟を組み、まこちを忘れようとしていますが、まこちがゆりかのことをもしかしたらまだ好きなのかという疑惑があり、ソワソワします。ドラマの後半でまこちの心の中にいる色々な年代のまこちの登場シーンがとても面白かったです。すでに別れている状態でも今後2人がどのような展開になっていくのかが気になります。純粋に木下さんとの関係を応援しているのか、気持ちを押し殺しているのか。また、まこちと一緒に同居している女性とのまこちとの関係性もとても気になります。
視聴者の感想をもっと見る>>

20代女性

真が家で見つけたユリカの過去に撮った写真を、隠さずサクラの前で見る度胸が凄いと思った。全く気にせずする行動は、ユリカに物件案内をしたり、優しくしたりする行為がわざとではないんだ、彼は天然なんだと確信しました。脱MKM同盟で必死に彼を避けるが、活動しているうちは相手のことを忘れる事は無理なんだろうと思いました。ユリカに期待させるようなシーンが何度かあるも、人として素晴らしく期待されるように見せかけて、全く気のない真。過去の優しさもユリカが美化されたものではないのかともおもい始めました。山下も良い人過ぎてユリカの周りは素敵な人ばかりだと羨ましく思う2話でした。

40代女性

まさかマコチまで脳内会議をするとは思いませんでしたが、ユリカに対する気持ちが未練だと気づかないところが、やはり天然だなと思いました。さくらには全く気持ちもなさそうだったし、何で一緒に暮らしてるんだろうとますます謎が深まりました。こんなトンチンカンなマコチを唯一理解しているのは山下だけのような気がします。彼は何となくマコチの本心に気づいていて、いざ対面すると敗北感を感じてしまったのかなと思います。でも、何も言わずにスッと身を引こうとするところがとても男らしいと思いました。

30代女性

マコチから貸してもらったハンカチのにおいを嗅いで、マコチの同居人について考えるユリカの場面では、何人ものユリカが出てきて面白かったです!また、さくらがマコチの会社の前まで来て偵察している場面では、ユリカと遭遇した後に転んでしまい、慌てふためいて飛んで帰るのに思わず笑ってしまいました。ユリカがマコチのことを想う中で、なんだかズレているマコチが山下とユリカのことを応援すると言っていたのには、さすがにそれはないよ〜とツッコミたくなるほどでした。きっとユリカがこれから頑張っていけば、マコチはきっとユリカへの想いにそのうち気付くだろうなと今後の展開に期待したいです!

20代女性

山下さんがマコチに、自分たちの交際のことをどう思うかと聞いた返答をユリカが聞いていたのが切なかったです。嘘でも少しは動揺して欲しかっただろうに、自分には関係ないなんて、ユリカはショックだったろうなと思いました。だけど、醤油が溢れた時の山下さんとユリカを見つめるマコチの表情は、少し切なかったような気がしたので、チャンスはあるのかもと思ってしまいました。仕事仲間として心配していただけなんてもうある意味笑えてしまいました。

20代女性

今回も新木優子がかわいい!脱MKMって頑張っていると応援したくなりますね!服装も参考になる!気張ってないけどおしゃれな感じで、スタイリングの参考になりそうです。そして!私がこのドラマを見始めたきっかけであるマコチ(高良健吾)ですが、序盤のポスティングで「指で挟んで、すっといれる」ニコッ か、かわいい!!!ユリカと一緒にきゅんっとしちゃいました!山下さんとユリカがマコチと居酒屋で相席するシーンの、マグロ漁船もクスッときました。マコチみたいな、抜けてるけどイライラするどころか愛おしく思えちゃう人っていますよね…!高級柔軟剤の女は、ユリカの愛読書の作者である丸の内さくらですが、これからユリカとどう絡んでいくのか楽しみです!マコチが変な方向に突っ走りはじめたり、むぎがもしかして東京にやってくるのか、MKM同盟を解消した山下さんにはさっそく新しい女の影が…!ビジュアルが最高すぎるので、ぜひラストはユリカとマコチに幸せになってほしいです!!

30代女性

今回もユリカの迷走っぷりには大爆笑でした!今回、田中みな実が山下の元カノとして登場したのですが、看板の写真を見た時は田中みな実だとは気づきませんでした。演技の方は、とてもナチュラルな感じで違和感が全くありませんでした。アナウンサーにお笑い芸人に、最近のドラマは色々な人が出るな~と思いましたが、みなさん演技が普通に出来るのが凄いです!今回マコチも分身しており、色々なマコチが楽しめました!中でも漢気マコチが私的に一番気に入りました!

20代女性

今回はユリカと山下が脱MKM同盟を組んで、お互い理解し合いながら気にしないようにしていたのが印象的でした。そしてユリカはマコチをモトカレゾンビと思い込んで、仕事をしていたのが面白かったです。またユリカと山下とマコチの三人でいた時、マコチは俺には関係ないと言いながらも、視線はユリカの方を向いていたのがリアルだなと思いました。最後マコチがユリカと山下を応援すると言った時は、予想外すぎて驚いたしマコチらしいなと思いました。

30代男性

山下さんのイイ人っぷりが印象的でした。ユリカのように元カレへの未練が強すぎる女性に対しては、もっと強気でガンガン攻めていかないと心を奪えないような気がしますよね。本当に優しい人なので彼にも大きな幸せが訪れてほしいと切に思う第2話でした。なんだか彼を気にする新しい女性キャラクターも現れましたし、その人でもユリカでもどちらでも構わないので最終的にくっついてくれると嬉しいですね。ユリカとマコチの二人だけでなく、山下さんの事も今後は応援していきたいです。

40代女性

あと、まこちが大物か、小物か、を判断するって話の時に、わざわざ漁師に紛争した妄想が出てきて、「とてつもない大物だー」と山下さんが一生懸命釣りをしているシーンで大笑いしてしまいました。山下さんがゆりかを元気づけるところとか、まこちの視線がゆりかに向いていたことを察知して、ゆりかへの気持ちはゼロではないからと伝えてあげたり、無理に忘れようとしなくていいから、とゆりかの幸せを自分の気持ちよりも優先してあげるところなどなんていいやつなんだと胸キュンでした。「ゾンビまこち」などの妄想が実際に出てくるところが面白かった。

50代女性

ユリカの気持ちは分かりやすいのですが、マコチの心境が読めません。不思議ちゃんか、ただの鈍感か?昔撮ったユリカの写真を大切に残しているのは未練があるからではないのか?チロリアン不動産で再会して喜びながらも、昔の部屋にまだ住んでいると聞けば、良い物件が有ると勧めたり、ユリカの気持ちも理解出来ない、やっぱり鈍感でデリカシーのない男でしょう。彼は自分でも気づかない思いをユリカの初めてのお客さんである山下君は読み取ってユリカとの距離をおいて静観する様で、鋭いな~っと思いました。彼の元カノも東京に来る様なので、4人の絡みはあるのか?どうなっていくのでしょう?とても楽しみです。

20代女性

今回の2話では、料理マニアだけだと思っていた山下さんがまさかの元カノマニアだったことで、脱MKM同盟を開設した2人。元カノを忘れられないけどユリカよりも前に進もうとする山下さん。脱MKM同盟を開設したからには元カレのマコチを忘れようとするユリカ。だけど、マコチの優しさがユリカの感情をかき乱してマコチが何をしたいのか分からなくなってしまうユリカにとても共感しました。また、今回の話では、マコチバージョンの色んなマコチが集結するシーンがあってそこも面白かったです。コミカルで面白いシーンだったり、かき乱されるような予測できないシーンで溢れていて見応えたっぷりでした。

30代女性

山下が、なんとなくユリカの事を好きなような気がしたのですが、2人は付き合う事なく終わってしまい、とても残念です。結局、ユリカはマコチじゃないとダメなのかなーと思ってしまいました。思い出は美化されることも多いと思うのですが、ユリカの場合は美化し過ぎてるような気がしました。現段階では、マコチよりも山下の方が絶対にユリカの事を幸せにしてくれるのになーと思いますが、恋というのは損得じゃないんだろうなーとも思いました。

30代女性

マコチの勘違いに、なんでそうなる?!とツッコミを入れてしまいました!謝るところがなんかズレてるというか…。ユリカもマコチではなくて、このまま山下さんと付き合ってしまった方が幸せになれるのになーと思ってしまいました。結果上手くいかなかった2人ですが、山下さんは本当にいい人だったし、幸せになって欲しいなーと思いました。そして、ユリカとも同じ悩みを分かち合うもの同士、これからも仲良くして欲しいと思いました。

50代女性

マコチの鈍感さは男性としてというよりも、人としてどうなのかと思ってしまいます。そのような性格でも、悪い人ではないですし、等身大で素直なので、憎めない感じはします。ですが、一緒に住んでいる女性との関係も良く分かりませんし、今のところ、謎が多い人だと思いました。確かにユリカは妄想マコチだけで良い思い出を引きずって行った方が良いのかもしれません。前に進むとしても、別の男性にも目を向けていった方が良いと思いました。

【第3話】あらすじ「消せやしない気持ち…。」

第3話は、元カレ・マコチ(高良健吾)をから「仕事仲間として応援する!」と言われ撃沈する難波ユリカ(新木優子)は、マコチとの元サヤ計画に光明を見出せないと悟り、仕事に生きることを決める。

そんな矢先、社長・安藤一朗(小手伸也)はマコチに先輩としてユリカに仕事を指導するようにと指示が出る。ただでさえ不安定な二人の関係は。。。

引用元:https://www.fujitv.co.jp/motokaremania/story/

【第3話】視聴者のネタバレ感想

50代女性

何と、3人目のモトカレマニア登場です。丸の内さくらもモトカレマニア・・・。なのに、マコチへの執着心が凄くて怖いし、謎です。そこがユリカと山下さんとは全然違う点で、イラッときます。ユリカと山下さんは、元カレ・元カノ以外に執着心が無いですから。しかし、丸の内さくらの前に元カレ登場で、事態は一気に変わるかな・・・?と期待。山下さんの元カノのむぎさんも東京に到着しましたし、ますます面白くなりそうです。それにしても、マコチは酷い・・・。あの優柔不断があっての物語とは分かっていますが余りにも読めない男です。
視聴者の感想をもっと見る>>

30代女性

今回は同じタイミングで、ユリカとマコチの脳内人格が出てきたのがすごく面白かったです。相変わらず脳内人格たちは、みんな個性的でとてもお洒落なので、見ているだけですごく楽しいなぁと思いました。そして、山下が元カノと会えると思っていたのに、今回は再会できなくて、後輩の女の子から告白をされていましたが、まさかOKの返事をしてしまわないか不安です。もうすぐ元カノに再開すると思うので、どうか付き合ってませんように!

20代女性

ゆりかとまこちの脳内での妄想によって出てくる、いろんなゆりかとまこちのシーンは毎度のこととっても面白くて好きです。まこちはゆりかに対しての発言や言動が天然なのか鈍感なのか分からないけど、ゆりかの誕生日にキスをしておきながら付き合うという流れにならなかったのはまさかすぎて、驚きました。ゆりかの友人のひろみのケーキを持ってきてくれた想いとまこちにガツンと一言言ってくれたシーンはうるっときてしまいました。

50代男性

何気に楽しい1時間を過ごすことが出来ました。突っ込みたくなるシーンがたくさんあります。今回、一番突っ込みたくなったシーンは、物件の草刈りをするときの格好でした。“襟付きシャツにブレザーを着てスリムパンツ•••”そんなお洒落して草刈りはせぇへんやろ!そして次は、ラストシーンでの誕生日プレゼントです。凄い!誕生日を覚えてたんだあ•••と感心してたのに、まさか電子測量器をプレゼントするなんて•••やっちまったなあ•••しかありません。でも、楽しかったです。

40代女性

みんながみんな元彼、元カノと再会するフラグが立っているのがちょっと滑稽だなと思いました。でも、さくらの「一度こじれた縁は元に戻らない」という台詞はかなりリアリティがありました。きっとさくらは、自分と似すぎているからユリカが気になるし、彼女の思考にイライラしてしまうのかなと思いました。ユリカはようやくそのループから抜け出せそうだったのに、肝心のマコチの気持ちがあいまいなままなところがもどかしかったです。

50代女性

契約が取れないと雇ってもらえない為マコチが優しくサポートしてくれるので、ユリカは「好き!」と、ついに言ってしまいました。マコチは答を保留してしまいます。多分同居人の件を何とかしてから…と思ったのでしょう。筋は通っているのですが、融通の利かない所がイラッとします。そこは「僕も好き!」と言ってあげて欲しかったです。さくらからの知らせでお祝いに行きキスをすると言う事は好きだからだと思うのに、ひろ美に付き合ってるの?と聞かれ、否定したのは何故?彼の言動は誤解を生む事ばかりではらはらします。さくらもモトカレマニアだと分かってマコチを手放すでしょうか?バトルになるような気がします。

20代女性

マコチがユリカをお姫様抱っこして助かるシーンがドキドキしました。しかも、妄想ではない生身のマコチが「大丈夫だよ」と言ってくれるなんてキュンキュンでした。また、ユリカがマコチに告白した瞬間、ユリカにもマコチにも緊急招集がかかったのがおもしろかったです。そして、出した答えがファミレスに行こうだなんてどういうことなんだろうかと思ったけど、ひとまずユリカが振られなくて安心しました。まだワンチャンスあるぞとこれからが楽しみです。

20代女性

ユリカの必死さを認め始めた真は、もしかしたら付き合うことがあるのかと考えが変わってきました。真とユリカはなぜ別れてしまってから何もなかったのだろうと思いました。必死な働くユリカに会社の同僚も動かされ仕事が楽しくなってきて、私生活も全てうまくいきそうなのに、元彼に動かされる気持ちのせいでめげそうになる気持ちもわかりました。生き生きしているユリカがとても可愛く、サクラが焦る気持ちも分かりましたが、サクラにも元彼が現れたので、真にちょっかいを出さないでほしいです。元彼とよりを戻すことは幸せにはなれないと本に書いていたはずなのに、自分も元彼に動かされている気持ちを書いていたことを知り、誰にでも良かった時の記憶だけを大切にしている人は多いのだろうなと思いました。今後2人の元カレとの関係が楽しみです。

40代女性

ユリカが思わずマコチに告白をしてしまった場面が面白かったです。いろいろなユリカが登場して、それぞれの意見を言っていました。さらに告白されたマコチの方も、いろいろなマコチが登場して、こちらもそれぞれの意見が出ました。ダブルでこの状況だったので、かなり面白いと思いました。結局、続きはファミレスでの会話となり、そこでユリカはようやく本当の自分の気持ちをマコチに伝えることができました。マコチの行動からいって、十分に脈ありだと思います。

30代女性

ユカリがマコチと職場で2人きになって、うっかり告白してしまいパニックになるシーンがコミカルで面白かったです。脳内キャラが沢山出てきてどれも良かったですが、良い女ユリカがナイスでした。今時あんな赤いワンピース着たギャルは見かけませんが、新木優子は何でも似合ってしまうし圧倒的に可愛いです。脳内マコチでは分析マコチが白衣に眼鏡という定番すぎるスタイルでしたが格好良かったです。誕生日当日、1人ハロウィンと張り切って角の生えたカチューシャ姿の新木優子がまた最強に可愛いかったです。マコチがキスしてしまうのも分からなくはないですが、付き合うの!?と聞かれてキスはしたけど付き合いはしないという台詞はダメ男過ぎましたね。それでも嫌いになれなくて泣いてしまうユカリに同情せずにはいられませんでした。モトカレマニアとしてどうか幸せになって欲しいと思いつつ、泥沼から抜けだけない予感しかないです。

40代男性

いきなりバリキャリ目指してますと言ってイメチェンしてるユリカは面白かったし、かわいかったです。その後も真と二人で話しているとさらっと告白もしてしまうし、そして濁すこともなく返事が欲しいとまで言ってしまうし、今までモトカレマニアで我慢できてた人と思えない勢いがめちゃくちゃ笑えました。モトカレマニアとモトカノマニアの人たちがこれからどうなるのかとても気になりますし、ユリカとさくらの関係もどうなるのか楽しみです。

50代女性

ユリカはマコチと同居している高級柔軟剤の女性が、丸の内さくらだと知ってすごく驚いていました。ですが、彼女はそれ以上に愛読書の著者だということに感激していたようです。すぐにサインを求めるあたりなど、コアなファンという感じがしました。さらに、さくらもモトカレマニアだということを知り、これもまた驚きでした。マコチの本当の気持ちが読めない感じがしますが、それがさらにユリカを傷つけているような気がします。マコチ自身も良く分かっていないような感じです。

50代女性

ユリカとマコチは上手くいきそうな気がするのですが、なかなかそう簡単にはいかないようです。やはり5年間のブランクがあるので、まずはそこを埋めていかないといけないような気がします。彼らが初めて出会ったバイト先での展開の時と同じような状況をもう一度繰り返しているのかもしれません。二人にとっても簡単に言葉にできるような状態ではないと思うので、周りの人達も温かく見守ってあげた方が良いと思いました。山下の恋の行方も気になるところです。

30代女性

今日の話もとても面白かったです。マコチのことをあきらめようと一生懸命に仕事を頑張るユリカが健気でかわいいなと思いました。本当に諦めようと思ったら、一緒の会社で働くと言う事はしんどいのではないのかなあと思います。結果、思わず告白してしまっていましたが…。マコチもユリカのことをなんとなく気になっているような気がするので、このまま付き合ってしまえばいいのにと思ってしまいましたが、どうして付き合えないのかが気になりました。

20代女性

ユリカとマコチが一生懸命、物件の良さを伝えて頑張っていたところが良かったです。ユリカが暑い中草むしりをしていたら倒れて、マコチが抱き抱えて病院へ行ったところはかっこよかったです。ユリカがマコチに好きと言ったところは可愛かったです。誤魔化そうとしたけど、ちゃんと本当の想いを言っていたのが素敵でした。最後にマコチがユリカの誕生日プレゼントに、レーザー測量計をあげていたのは思わず笑ったし面白かったです。

【第4話】あらすじ「最低のキス…明日のために、忘れてあげる。」

誕生日の夜、マコチ(高良健吾)からキスされたユリカ(新木優子)は、今でも彼のことが好きだと確信する。ふたりがキスしているところを偶然目撃してしまったユリカの親友・ひろ美(よしこ)は、キスはしたけど付き合うとは言っていない、と言ってその場から立ち去ったマコチのことを、誠実じゃない、と非難する。5年前にユリカと別れたときもマコチは何も言わなかった、というのだ….

引用元:https://www.fujitv.co.jp/motokaremania/story/

【第4話】視聴者のネタバレ感想

40代女性

中学生から大人になるまでどっぷりといい恋愛しちゃったら、そりゃ抜けられないのも分かるけどさ。そこにとどまっちゃダメだよね。男がチャラいなとも思うけどかわいい顔しただけでいつもこっち見てるんだかなんなんだか分からないような彼女といつもいるのは自信なくなるのは当たり前だよね。両想いになったからって相手に全部お任せじゃダメなんだよね。きちんと自分からも愛さなくちゃ愛されない。いつまでも妄想の中で都合のいい元カレと遊んでないで自分から踏み出さなきゃね。頑張れ!

視聴者の感想をもっと見る>>

40代女性

さくら先生の元カレが本に興味なくてよかったよね。いっくら青春時代のいい思い出でもそんな何巻も出してしまうほどの超大作にされたらどうなの?あの元カレみたいにあわよくば不倫したいみたいな軽い感じになるか、鳥肌立つほど嫌がるかどっちかだよね。下手すれば名誉毀損とかあり得るじゃん。本のファンとお葬式って言ってたけど聖地巡礼までしちゃってさ。こじらせて挙句面影が似た若い彼を飼っている‥さくら先生が一番ヤバいな。

30代女性

ゆりかが恋に悩む模様をゆっくり描いたストーリーでした。また真は本心に向き合って本音を考えていた。サイドストーリーでは丸の内さくらの過去の恋愛話からゆりかとの聖地巡礼、悩みをお互い語り合う女子トークも魅力的でした。真とさくら先生がなぜ一緒に住んでいるのか、また今後も一緒に住み続けるかも考えさせられるストーリーでした。優しさの形を考えさせられる4話でした。ただ一緒にいてほしい人だけが好きな人ではない。誰かと一緒にいることで満たされるけど不毛な関係。居心地がいいけど恋愛ではない関係。様々な気持ちが入り乱れる回でした。

20代女性

女の子は、化粧をすると気持ちの切り替えができるし、気持ちを隠すためのメイクもできるし、女って強いっていうところが表現されていてとてもよかったです。会社の3人組のキャラが強すぎて、フラッシュモブのやり方というかダメンズの特徴が出ていて面白かったです。小手さんの過去がまさかのまさかで、ハラスメントに詳しい理由もわかったし、あんなきのこに似ているなんて言われたら、訴えたい気持ちもわからなくもないなって感じました。

50代女性

ユリカは大学生の時にマコチと出会い、付き合っています。しかし、さくら先生の方は中学時代からで、おそらく初恋の相手なのでしょう。さくら先生はアラフォーだと思うので、その歴史はかなり長いものです。妄想元カレと自分の過去も中学生の姿でした。そこまで長引くと、リアルとはかなりかけ離れてしまっているような気がします。ですが、さくら先生はそれを小説にすることで、ようやく元カレと決別できたのだと思いました。さくら先生にも幸せになってほしいです。

20代女性

キスしたことを後悔するまこち。一方その頃さくらは学生時代の元カレ、カズマと呑みます。カズマには家族があるのにどうしても惹かれてしまうさくら。もう一件のもうよと言われて逃げるようにその場を後にします。そんな中ユリカは無事に念願の正社員雇用に。会社のみんなにお祝いしてもらい、まこちといろいろあったもののこれからも頑張ろう、と決意を新たにします。
そんななか、ユリカはさくらから連絡をうけ、さくらの著書の本の舞台となったさくらの地元へ一緒に行くことになりました。さくらはカズマとの思い出から決別するために、今日はおもいでのお葬式。と言う。でも思い出すと余計に辛くなるだけ、、元カレマニアから脱却できる日はやってくるのでしょうか。元カノマニア、山下は同僚の千鶴に誘われて外食へ。その帰りにラジオの公開収録をしている麦をみつけます。2人が互いを確認したのを狙って千鶴はなんと山下にキス。麦を怒らせてしまいます。そんな中、まこちとさくらは同居生活に終止符を打ちます。その足でユリカの元へ。キスしたことを謝りましたが、肝心のまこちの思いははぐらかされ分からずじまい、、ユリカは冷たく突き放します。2人はどうなってしまうのでしょうか、、。

40代男性

真とさくらが一緒に住むことになった理由が、元々真が勧めた物件に対してさくらが一緒に住むなら契約してもいいと言って始まっていたことに驚きました。そんなことをしたら確実に会社を解雇されそうな気はしましたが、一緒に住んでしまう真というキャラクターは見ていて腹が立つところもありますが面白かったです。でも今回でさくらとユリカでさくらの小説の舞台を巡りながら新たな一歩を踏み出すことにして真との関係を解消したのは良かったです。

30代女性

なかなか元カレや元カノの想いを断ち切れない人達ばかりの中で、今回さくらが元カレからの卒業を無事にすることが出来てホッとしました。卒業してからおそらく20年以上も元カレの想い出と共に生きてきたさくらが、元カレとの思い出を断ち切るということは本当に大変だったと思います。小説の聖地巡礼をすることによって、今までの思い出とさよならをすることが出来たみたいなので、思い出ときちんと向き合うということも大切なんだろうなと感じました。

40代男性

ユリカがさくらと一緒に、小説の聖地巡礼をしていたのが良かったです。小説のファンであるユリカが、興奮していたのが伝わってきました。そしてユリカとさくらがマコチの話をしている時に、二人ともマコチはやさしいと言っていたのが印象的でした。本当にマコチはやさしい人なんだなと感じました。最後にマコチがユリカの元へ行ったけど、ユリカが突き放したところがかっこよかったです。既読スルーされた気持ちや、いままでの思いをハッキリ言っていたのが立派だなと思いました。

20代女性

モトカレマニア4話は、過去から抜け出す新たなスタートだと思いました。前回、ユリカはマコチからキスされたものの、付き合うとは言ってないとマコチにはっきり言われたユリカ。そして、さくらも中学時代の元カレと再会します。そこでユリカとさくらは小説に出て来た思い出の場所を周りつつお互いのことを話します。傷ついたままのユリカでしたが、ついに正社員として認められます。ユリカは新たなスタートを進む一方で、マコチはユリカに言ったことや仕事、そして、さくらと過ごすこと全てでズルズルと失敗してしまいます。現実はそんな簡単じゃないんだということを思い知らされるような回でした。

20代女性

ユリカが真に振り回されていると思っていても、真はその気もなく想いに気付いてもいなく、優しさが辛さに変わっていることをサクラとユリカでわかり合うシーンが胸に刺さりました。あの頃の記憶は綺麗なものばかり残っていて、いつまでも消えないけれど、真実とは違い、ただ振り回され、良いように記憶をすり替え、輝かしいだけのものではないことも思い出させられました。1度は味わったことのある胸が締め付けられるような思いや、飛び跳ねてしまいそうなくらいときめいたり、機体とは違いどん底に突き落とされたりと、恋をしていたあの頃を思い出しました。そして今、どんなにもがいても戻れないということ、戻ってもあの頃のような輝きは無い、過去だからこそよいものだと思いました。過去の恋愛に動かされている山下やユリカは今後発展があるのかとても楽しみですが、戻らない方がよいとサクラに教えられた気もしました。

40代女性

主人公の難波さんが恋愛でごちゃごちゃしていても、仕事で評価されて正社員になれるのは見ていて気持ちが良い物です。フラッシュモブで不動産の契約をとれたことをお祝いしてくれる会社の社員さんはそうそういません。恋愛で生活が出来ません。現実に向かって進む彼女が逞しく見えました。元彼と色々あっても出社する彼女を応援する優しい友達関係にもほっこりします。元彼の斎藤君も少しは彼女のことを考えて葛藤してくれているようですが、私には物足りない感じがします。

30代女性

誕生日にマコチにキスをされて気持ちが揺らぐユリカだったが、何とか自分に言い聞かせながら大丈夫と言う。それに対してひろ美が「大丈夫って言う人、大抵大丈夫じゃないよ」と返したのが本当にその通りと共感しました。ユリカとさくらが『がんそば』の舞台となった母校を訪れる場面でずっとドリカムのLOVE LOVE LOVEが流れるのが切なくて良かったです。キスしたけど付き合いはしないとマコチに言われたという話を聞いたさくらが「くずじゃないですか」と言い捨てたのが笑えました。そして、駒込からのメールが残っているガラケーを捨てられないさくらのモトカレマニアぶりが最強だなと思いました。ユリカと話しマコチとの関係を終わらせて前へ進もうと決意したさくらだったが、一方のマコチはあまりにも鈍感でクズで笑えなかったです。最後にも許してもらおうとユリカの元を訪ねつつ、答えは出せないというダメっぷりを発揮していて引きました。雨に濡れるマコチに傘を差し伸べたのが山下だったのは良かったです。自立しようとする女性陣にたいして今後男性陣はどうなるのかが気になります。恋は上書き保存とラジオで言っていたむぎがどう絡んでくるのかも楽しみです。

20代女性

今回はユリカもマコチも、お互いのことにいろいろ悩んで気まずくなっていたのが印象的でした。どう接していいかわからないところがなんだか共感できました。そんな中ユリカは、会社から正社員として採用されたところが良かったです。会社のみんながダンスなど踊って、歓迎していたのがシュールだなと思いました。反対にマコチは仕事でミスをしたりと、らしくないところが心配になりました。ユリカがもう一度話したいと、連絡をしたところは頑張ったなと思いました。

20代女性

さくらの学生時代の回想が甘酸っぱくもあり、切なくもあり、とてもキュンとしました。しかも、バックにドリカムのラブラブラブが流れていてかなりテンションが上がりました。本当はまだ駒込のことが好きなのに、よく誘いを断ったなと感動でした。もしかしたら不倫なんかするんじゃないかと心配だったけど、ここで断れるなんてさくらはすごいなと思いました。駒込はさくらに好意がある感じだったからなおさら切ないなと胸が痛かったです。

【第5話】あらすじ「もう恋なんてしない 湯けむり傷心 女子旅」

マコチ(高良健吾)は、ユリカ(新木優子)のもとへ謝りに行ったものの、追い返されてしまう。失意のマコチ(高良健吾)を救ったのは山下(浜野謙太)だった。さくら(山口紗弥加)との同居を解消したばかりだったマコチは、山下のマンションに身を寄せた。

一方、ユリカは、失恋の傷を癒すために温泉旅行に出かける。スケジュールの都合がつかなかったひろ美(よしこ)の代わりにユリカが誘ったのは、さくらだった。

p/motokaremania/story/

【第5話】視聴者のネタバレ感想

40代女性

あれだけまこちまこちって言ってたのに、カケルくんってだれ??今まで出てきてた?温泉の帰りに何があった??だいぶ意味不明な終わり方したね。今週は元カノ三人のグズグズした内面と元カレ2人のこれまたグズグズした内面を見てただけだったからちょっとながら見しちゃったけど、最後の展開で目が覚めちゃったよ!ま、まこちもさ山下さんにゆりかちゃんが元カレマニアになってたこと聞かされてそんなに好きだったのかーなんてちょっと浮かれていたとこだからちょうどいい刺激だよ。次回楽しみだなー。

視聴者の感想をもっと見る>>

40代男性

とうとう山下の元彼女のむぎちゃんも加わってモトカレマニアチームの増えてる感じは笑えました。女性陣の華やかさが凄すぎて真と山下のシーンが暗く感じて真は本当に主役なのかと思いました。真のキャラクターはコメディの要素がいっぱいだと思っていたのに本気で悩んでいて笑えるシーンが少ないのは残念でした。今回はユリカとむぎの熱い卓球勝負が良くて少し感動しました。そして最後にモトカレマニアチームの三人に新しい展開が始まって終わったので次が楽しみです。

40代女性

フラフラと元カノにキスしちゃうまこちに比べて、山下さんはなんと誠実なことか。でもさ、なんでそんな誠実な山下さんに寄ってくる女はみんな気が強そうなの?しゅりちゃんがバリバリの肉食の戦略家なのは見ていて分かっていたけれど、むぎちゃんも思ったより全然気が強い。山下さんにそこまで傷つけられた思い出とかないだろうになんでそんなに怖い顔で拒否るのかなー。ちょっと分からない。卓球で勝負つけるのももっと分からないけどね。

20代女性

今回はユリカが山下の元カノであるむぎに、何度も山下に連絡するように言っていたのが印象的でした。そしてマコチは山下に弱音を吐いていたところが、なんだか可愛らしかったです。こうしとけばよかったと、後悔していたのが、リアルだし共感できました。また山下が同僚の加賀に、ハッキリとあなたに恋をしていないと言ったところはかっこよかったです。ユリカとむぎが卓球をしているところは、真剣ですごく熱い戦いだなと思いました。

40代女性

え?まこちはゆりかちゃんのこと好きなの?そこがしっかりしてないのにフラフラっとキスなんかするからややこしくなってるんじゃん!元カノが現れて今でも妄想してくれるくらい自分のこと好きで、居心地の良い同居人と先に進もうかと思ったら拒否されたからってこっちにこようなんて都合良すぎるでしょうよ。こんな人、間違ってまた付き合ったら同じこと繰り返すよ?早く忘れたらいいのになー。人間30年くらい生きていれば、あの人ほんとに好きだったなーと思うことあるけれどそれに引きづられてゆりかちゃんみたいに幽霊みたいになったら残念だよね。

30代女性

今回もまさかの連続でしたが、一番に気になったのでは、最後のシーンでした!一体あの男は誰なのか凄く気になりました!そして、今回も山下がかっこよく見えました。本当に失礼なのですが、見た目は全然かっこよくないのに、中身が本当に男前なので、こういう人を好きになればいいのにって思います。むぎも山下のことが忘れられなかったみたいなので、またこの2人が付き合えるようになるといいなと思います。むぎにもっと素直になって欲しいです。

20代女性

モトカレを心から消す事が出来ず、1度愛した人を嫌うこともできずもどかしい気持ちは誰にもでもあるものなのだと思いました。ユリカのようなモトカレマニアは、真がユリカに好意を持ち始めたとき、再び付き合うことは望ましいことなのか疑問に思いました。むぎやさくらとは違い、再会し舞い上がっているだけで恋人として求めていないのではないかと思いました。真が好きなのではなく、恋をしていたときの自分が好きなのではないかと思いました。真が動き始めたことで今後恋がどのように動き出すのか楽しみですが、ユリカよりもむぎやさくらの恋が気になります。

20代女性

ユリカがもう恋なんてしないと決意したのに、なかなかマコチのことを忘れられないところが切なかったです。忘れようとすればするほどいい思い出ばっかり思い出してしまうものだよなとかなり共感でした。また、ユリカがむぎちゃんにしつこくしたのは間違いじゃなかったと思います。お互いにまだ思いあっているのに、意地を張ったままなんてもったいないし、ユリカは自分がそういう経験があるからこそ、むぎちゃんには後悔して欲しくなかったんだろうなと思いました。

50代女性

とりあえず、山下さんとむぎちゃんはやっと第一歩を踏み出せて良かったです。むぎちゃんの意地の張り方が凄くて、かなりイライラしましたが。その上、さくら先生の方にも元カレが離婚という新展開が。しかし、問題はユリカです。かける君とは???温泉からの帰路に一体何があったのか?せっかくマコチと上手くいきそうだったのに、新たな登場人物には驚きました。ビックリしたものの、多分、駅でばったり会った幼馴染・・・とか、従兄弟・・・とか、そういう関係の人物なんだろうと思いましたが、予告を見たら告白されていたので、まだ波乱がありそうです。

20代女性

前回、マコチはユリカにもう、こういうのやめたいっと言われショックを受けたマコチ。そんなマコチを助けたのが山下さん。山下さんのアドバイスを受けユリカに謝ろうとするが会社に出勤してこないのがさらに重荷になってしまいます。一方、会社に出勤してこないユリカは、サクラさんと温泉旅行に出かけます。そこで出会ったのが、山下さんの元カノ麦さん。山下さんに助けられた分恩返しがしたいユリカでしたが、そんな簡単には麦さんの気持ちは折れず苦戦します。元カレや元カノは思い出が薄れない限り特別な存在なのかな?と思いました。そして、最後、ユリカの想いが麦さんに伝わり山下さんと麦さんは一度会うことになります。そんなこんなで、ユリカ本人もマコチと再開しますが、そこにはマコチも知らない男性の姿がありました。このラストがすごく気になって次週が楽しみです。予告的にマコチに予想外なライバルが出現するのが想像つくので、マコチがどう出てくるのか楽しみな話でした。

20代女性

正直今回一番びっくりしたのは最後ユリカがマコチからの連絡がきて嬉しそうに帰っているのかと思ったら初めてみた男の人とタクシーをおりてきたことです。いやいやだれと思わずテレビにつっこみました。むぎちゃんとの卓球対決でいいことを言っていてむぎちゃんが山下さんと向き合えるようにしてあげていたのでてっきりマコチに猛アタックするのかと思ったのでびっくりしました。ますます来週が楽しみになったし、マコチとユリカにどうしてもヨリを戻してほしい気持ちが止まりません。

50代女性

むぎとユリカが卓球で勝負をするシーンは最初、面白い決着のつけ方だと思いました。しかし、徐々に白熱していく中で、ようやくむぎの本性を出していくことができました。山下とむぎが再び付き合えるようになったのは、ユリカのおかげだと言っても過言ではないと思います。草木染めの先生は再び登場してくるような感じがします。マコチはユリカと向き合って話がしたいと思っていましたが、ユリカに新たな元カレの登場で、全く予想もしない展開になっていきそうです。

30代女性

まさかむぎもずっと山下のことが忘れられないでいたということにビックリしました!そして、ようやく何年かぶりに会えたと思ったら、まさかの知らない女の人とのキスを見せられるなんて、かなりのダメージを受けたと思います。しかし、この広い東京で偶然に出会ったのはもう運命なんじゃないのかなーとも思ってしまいます。お互いにずっと好きだったんだから、素直になってまた付き合えばいいのに!!と思わずにはいられませんでした。山下とむぎの過去の映像が流れた時に、お似合いだなーと素直に思いました。

30代女性

卓球のシーンには笑えました!意外と2人とも卓球が上手なのにはビックリしました。むぎのためにあそこまで頑張るユリカは本当に優しいなーと思いました。むぎも山下のことが忘れられなくて、今も好きなんだから素直になればいいのにと思います。東京行きを1人で決めたことがどうしても許せないみたいだけれど、今は東京にむぎも来ているのだし問題ないと思ってしまいました。山下といる時のむぎの回想がめちゃくちゃ可愛かったです!

40代女性

むぎとユリカの押し問答にはかなりモヤモヤしたけど、結局ふたりとも元彼をかなり引きずっている似た者同士だなと思いました。その決着を卓球で決めるという件はよくわかりませんでしたが、むぎが山下のことを「狛犬に似てる」とか「足短い」とか、ちょいちょいディスっているところはちょっと面白かったです。最終的にむぎの気持ちは整理がついたけど、冷静に考えると、勝っても負けてもユリカには何のダメージもないし、ちょっとズルイんじゃないかと思ってしまいました。

【第6話】あらすじ「”元カノマニア”が誕生!?第2章は波乱の幕開け..」

マコチ(高良健吾)は、ユリカ(新木優子)と向き合って話し合おうと決意し、彼女のアパートを訪れる。だが、そこに戻ってきたユリカは、源翔(柿澤勇人)という男性と一緒だった。翔は、ユリカがマコチと別れた後に付き合った元カレのひとり。ユリカが大切な人だと気づいた、といって突然連絡をしてきた翔は、自分がマコチを忘れさせてやる、とユリカに宣言する。

p/motokaremania/story/

【第6話】視聴者のネタバレ感想

40代男性

モトカレマニアの3人が傷心旅行から帰ってきて心境の変化があるのかと思っていたら変わらずモトカレマニアで、しかもユリカは翔という元カレとよりを戻すという展開に驚きましたが結局は真ともう一度付き合うことになり、さくらとむぎも元カレたちと急接近して傷心旅行じゃなくて温泉旅行に行っただけだったのだと笑えました。そしてむぎと山下がよりを戻すことで加賀が山下に対して燃えてきそうなので、その3人の関係がどうなるのかユリカと真のことより気になりました。次も楽しみです。

視聴者のネタバレ感想をもっと見る>>

40代男性

男を連れて帰ってきたユリカを見て動揺した真がモトカノマニアコンビで話し合っているところは笑えましたが、まさかユリカが真の後に付き合ってた翔とよりを戻したのには驚きました。そのパターンのモトカレマニアもあるのかと思っていたら全くユリカは好きという感情もないけど付き合ってるという矛盾していることに気づかないユリカの壊れ具合は面白かったです。でも翔という存在に刺激されて真がユリカに告白してもう一度付き合うことになったのでこういうこともアリなんだなと思いました。付き合った二人がどうなるのか続きを早く見たいです。

50代女性

収入で言ったら、マコチよりも翔の方が何倍も多いのだと思いました。しかし、その分女性関係も多そうで、それが気になるようなら、翔とは付き合えないでしょう。マコチはいつも誰かのところに居候している感じがしました。ユリカとヨリを戻したら、今度はユリカと一緒に住むのでしょう。もう少し、男気があると言うか、頼れるマコチでいてほしいです。好きな写真をやっていれば、マコチの性格もかわっていくのかもしれません。ユリカの愛で本当のマコチを引き出してあげてほしいです。

50代女性

山下と抱き合っているむぎの前方に、それを観ている千鶴がいました。しかし、むぎは自分の気持ちに正直になっていたので、これで良かったと思います。ですが、むぎは千鶴が本気で山下のことが好きなのだということをこの時に改めて知ったのではないかと思いました。むぎはもうすぐ北海道へ帰ってしまいますが、山下との関係がどうなっていくのか気になります。千鶴はここまま引き下がってしまうのか、新たな作戦を企てているのか分かりません。しかし、彼女は少し執念深そうな気がします。

40代女性

ユリカ、さくら、そしてむぎの3人のモトカレマニアがそれぞれモトカレとヨリを戻すことができました。ここで最終回になっても良いような展開でしたが、まだ話は続きそうです。今度は付き合ってからの問題がいろいろと出てくるのでしょう。2回目ということで、同じことを繰り返してしまったり、もしかしたら新たな発見があるのかもしれません。ユリカは自分の気持ちを黒柴のチロさんに話してしましたが、チロさんも頷いているように見えました。

50代女性

ここ

40代女性

ここ

30代女性

さくらさーん、あなたの相手が一番厄介よ?あーいう男は自分が弱ってる時にしか寄ってこないのよ?しかもさくらさんが自分の稼ぎだけであれだけのマンション買えちゃうんだもん、後腐れなく捨てられるじゃん。まだまこち飼っておけば魔除けぐらいにはなったかもしれないじゃん(笑)1番家にあげちゃダメなタイプ。さくらさんが傷つくのみたくないな。どうかスカッと振ってくれって思ったけど受け入れちゃったよー、また小説続くのか!?

40代女性

最後に購入したマンションで一人で暮らすと翔が言っていたけど、翔がキスをしていた女の人は彼女じゃなかったのかな?と疑問に思いました。それにしてもあの年で年収3000万とは凄いな~と思いました。あんなに広い土地を持っているのに、地球範囲で見ていたらそれは小さいわ!と突っ込みたくなりました。結構クセのある男で胡散臭いやつだな~と思ったのですが、意外といいやつだったのでビックリしました。翔にも幸せになって欲しいです。

30代女性

ゆりかちゃん、あれだけ美人なのにどんだけ男運がないの?たまにそういう原因不明な幸薄美人っているよね。まこちが一番普通に見えてるかもしれないけど、私はクセありと見た。まこちかあの何の社長だか分からんけど博愛主義の言う名の浮気する気満々な男のどちらかしか選べないなんて不幸すぎるだろ。まぁ後の会社のメンバー見てもイケメンはいないけどね。まこちは妄想だけにしてまっさらな気持ちで新しい彼氏見つけなよ!と思ってしまう。

40代女性

翔とユリカがまさか本当に付き合うことになるとは思いもしませんでした。翔は自分がフラれたことが許せなくて、ユリカに近寄ってきただけの男なのかな?と思っていたのですが、意外といいやつで、最後は自ら身を引いたので、案外いいやつだったんだなとビックリしました。ユリカもマコチも好きなのに、やってることが回りくどくてイライラしていたのですが、今回の終わりでようやく両想いになることが出来たので、凄く嬉しかったです。

20代女性

むぎちゃんは自分の仕事へのもどかしさを山下さんの大きな愛で癒されたいと思ってる。まこちはずっとマニアになるまで自分のことを好いていてくれたゆりかちゃんが急に他の男に取られそうになって急いで手を出した感じ。サクラさんの元カレに至っては、離婚の寂しさをまだ離婚もしてないのに想像して早めにサクラさんをキープしてるだけに見える。なんかだーれも幸せそうには見えなかった。元サヤには元サヤの良さがあるかもしれないけどやっぱり1度目のフレッシュさには敵わない。そこを超えるのだろうか。

20代女性

今回は色々急展開すぎて、若干思考が追いつきませんでした。いきなり登場した翔がクズの元彼だったとか、浮気してても問題ないとか、本当にユリカはヤケになってどうかしちゃったのかと心配になりました。でも、最終的には翔があっさり身を引くとか、ライバルのマコチを応援するとか、思ったよりいい人だったのでホッとしました。それにしても、付き合っていた時は散々振り回して、いざ手の届かないところに行くとなったら突然連絡してくる都合のいい男という設定が、身に覚えがありすぎてちょっと心苦しくなりました。

20代女性

よしこがいい女を演じていたのが印象的でした!思わず笑ってしまいましたが、言っていることはもっともだと思いました。今までユリカがマコチのことが大好きでしたが、今回は形勢逆転で、マコチがユリカのことが大好きだと感じました!ようやくきちんとした告白もしてまた付き合うことになったので、本当に良かったな~と嬉しくなりました。ユリカも一度はマコチを諦めて、自分が好きでない男と付き合おうとしていてけど、それはやっぱり違うので本当に好きな人と付き合うことが出来てホッとしました。

20代女性

今回はユリカが翔という男性に、告白されていたのが印象的でした。しかもそこにマコチもいたのが驚きました。堂々とユリカに鍵を渡していたのがすごいなと思いました。そしてマコチはユリカへの想いが日々強くなっていって、走馬灯のように付き合っていた頃の思い出がよぎっていたのは胸がキュッとなりました。ユリカが引っ越しの準備を終えた時に、マコチが好きだとユリカを引き留たところはかっこよかったです。男らしさを感じました。

20代女性

ユリカが翔のことを好きじゃないけど、そういう冷めた関係もいいと思うなんて言い出して、完全に心が折れちゃってるなと感じました。また、マコチもセクハラで訴えられるような安藤に恋愛とは何かを諭されていて、かなり参っちゃってるなと思いました。第1部ではユリカがただひたすらマコチのことを追いかけてる感じだったのに、第2部は完全にそれが逆転して、マコチがユリカに対して恋い焦がれていて、最終的にどんなふうになるんだろうかと楽しみです。

20代女性

ユリカや、他の元彼、元カノマニアはただ元に依存している人たちではなく関係を曖昧なまま終わらせてしまったり、気持ちに嘘をつき行動してしまったり、素直にならずに失った不完全燃焼の恋愛だからこそのマニアであり、誰もが思い続ければ戻れる関係ではないのだと思わされました。相手に気持ちを素直に伝えないだけでここまで恋愛は拗れてしまうのだと思いました。モトカレマニアとして生きていたユリカは、真と付き合い幸せそうに見えましたがマニアでいることに生きがいを感じていたはずなのに手に入れてしまったらどうなってしまうのだろうと思いました。いまの真を愛せるのかと思いました。

【第7話】あらすじ

ユリカ(新木優子)は、マコチ(高良健吾)から「好きだ」と告白され、もう一度彼と付き合うことになった。朝、目を覚ますと隣には妄想ではないマコチが眠っていることに、幸せを感じるユリカ。マコチは、チロリアン不動産の安藤(小手伸也)たちにユリカとの交際を報告し、皆から祝福を受ける。

そんな中、ユリカの発案で、さくらの『ハッピーウーマン2019』受賞祝いのパーティーが開かれることに。海外ドラマに出てくるパーティーのように、知っている人も知らない人も集まってパーッと騒ぎたい、というさくらのリクエストを受け、山下(浜野謙太)やむぎ(田中みな実)、チロリアン不動産の大沢(森田甘路)、白井(関口メンディー)にも声をかけるユリカ。すると、ユリカやひろ美(よしこ)の行きつけの店『BARネコ目』を訪れていたむぎは、店にやってきた千鶴(趣里)をパーティーに誘い……。

p/motokaremania/story/

【第7話】視聴者のネタバレ感想

50代女性

今回はチロリアン不動産の黒柴のチロさんが最初に登場しただけだったのが少し残念でした。社長が飼っている犬なので、やはり社長と一緒に出勤してきました。今回は若手の社員二人もパーティーに参加していて、彼らの今後の恋や結婚などの話にもなりました。さくらのパーティーにいろいろな人が参加して、新たな展開になりました。 むぎと山下はお互い好きなのに、相手のことを考えすぎているような気がします。もっと自分の気持ちに正直に生きた方が良いのではないかと思いました。

視聴者のネタバレ感想をもっと見る>>

50代女性

結局、さくらのホームパーティーには、総勢10人くらいが集まったように思いました。しかし、話題はさくらのことではなく、むぎと山下のことに集中してしまったように思います。その分、ユリカとマコチは会社公認の中ということもあり、かなり仲良く見えました。ユリカのような女性の方が結婚には向いているのかもしれないと思いました。千鶴と山下という組み合わせは今後も無いかもしれません。しかし、山下がむぎと別れたことで、新たな恋が始まるような気もします。

40代女性

山下さんとむぎちゃんみたいなほんとに好きだけど別れなきゃいけないってどんな気持ちなんだろう。遠距離の結婚生活ってダメなんだろうか。山下さんがそんなにできる人なら北海道で起業するとか、むぎちゃんが関東で地域密着のラジオやるとか、ほんとに無理なんだろうか?まぁ一回別れてるしね、今日の喧嘩もだいぶ冷たい感じだったし、復縁しても無理だったかも知れないけどさ。だいぶ大人なんだしもうちょっと折衷案考えてから結論出しても良かったかなと思う。

50代女性

さくら先生のお祝いパーティ、あちこちで地雷踏みまくりの恐ろしいパーティでした。知らないってホントこわいですね。でも、一番こわいのはさくら先生と面識も無いのにパーティに来ちゃう千鶴さんです。なかなかの胆力ですね。絶対真似できない。山下さんとむぎちゃんはお互いのことを考えすぎて別れる決断をしましたが、別れる必要ないんじゃないかと思いました。北海道と東京で遠距離恋愛すればいい話じゃないの?そしてそのまま週末結婚してもいいよね?世の中、単身赴任していて週末しか帰ってこない旦那さんとかいますし、今はネットで簡単にコミュニケーションが取れるから。私はこのドラマの中で山下さんが一番お気に入りなので、むぎちゃんと幸せになって欲しいです。

30代女性

ユリカとマコチのラブラブな姿を見て、本当に嬉しくなりました!ずっとマコチを好きだったユリカは、現実のマコチが隣にいて本当に幸せなんだろうなと思いました。会社のみんなにも付き合っていることを公表したし、これからも仕事に恋愛に頑張って欲しいです。そして、結婚のこともマコチは考え出したみたいなので展開が早いな~とビックリしました。そんな幸せいっぱの2人とは対照的に、むぎと山下が別れることになってしまったのが凄く残念でした。

40代女性

結婚したいけど周りに誰もいないから婚活してる人。タイミングで結婚して子供にも恵まれたけど離婚する人。仕事が順調すぎて離れなきゃいけなくなった恋人。結婚したら今度は子供と急かされて困っている人。大人になるとみんな同じようでいて全然違う悩みを持っているもんだなーと思った。サクラさんとよしこちゃんが話していた、みんな知らないうちに誰かの地雷を踏んでいるって話がすごく共感できた。みんな自分の地雷には敏感でクレーム社会になってしまっているけれど、ほんとお互い様なんだよね。迷惑をかけてかけられて生きている。サクラさんの落ち着いた癒しの声で世界が少し優しくなった。

30代女性

ユリカとマコチが付き合うことになり、順調なのには嬉しくなりました。マコチも本当にユリカを大切にしている感じが伝わりました。そして、結婚までも見据えているという展開にはおめでとうとテンションがあがりました。しかし、ユリカがなんとなく無理をしているような感じがしました。自分も働いているのに、家事をあんなに完璧にこなすのは相当大変なことだと思います。無理をせずに本当の自分でマコチと向き合って欲しいなと思います。

50代女性

マコチがサクラの家を追い出されてしまった時は、何とも情けない感じでした。しかし、ユリカに自分の気持ちをハッキリ伝え、モトサヤに戻ってからは、急にたくましく、男らしくなったと思います。守るべき人がいると、人はこうも変わるものだと思いました。ユリカも豪華な朝ご飯をマコチに提供していました。このまま結婚へ一直線に行きたいものですが、そうもいかないようです。染物作家の先生はマコチに色目を使ってきそうで、そこがユリカも気になるところでしょう。

40代女性

登場人物総出演となった今回。毎回浮いた感があったメンディーさんがいい味を出していました。サクラさんと恋の予感かな?メンディーさんが言った通りサクラさんが柔らかくなった感じがしてすごく素敵でしたねー。それにしても趣里さんはなぜパーティーに参加したの?あんなに鋭い感じにしちゃったら、2人の仲は壊れても山下さんが自分の方に来るって可能性は低くなるって分からないのかな?ただただ当てこすりのようにしてる感じが怖かった。

20代女性

山下はむぎのことが好きだけど、北海道に行くことを知っているからこそ、残ってほしいなんて言えないのが辛いなと思いました。そしてむぎと山下が箸のことで、言い合いになっていたのがヒヤヒヤしました。お互い感情が溢れていて、いままで見たことない表情をしていたのが印象的でした。またむぎが山下の好きなところをたくさん言っていたのが、切なかったです。お互い好きな気持ちはあるのに、別れを決めたのは複雑だなと感じました。

40代女性

みんな元サヤ展開で上手くいくとは思っていませんでしたが、山下とむぎがお互いに好きだから仕事を優先して欲しいし、そのためには別れを選ぶしかないという結論はちょっと腑に落ちませんでした。そもそも修羅場になるのはわかっていたのに、千鶴をあの場に誘ったのが間違いだったと思います。むぎは彼女がどんな人か知りたかったと言っていたけど、ここまでくると本当は復縁する気はなくて、彼女を言い訳にして別れを切り出そうとしていた気がして仕方ないです。でも、結局また後悔のループになりそうで、かなりモヤっとしてしまいました。

20代女性

みんなそれぞれ色々な事情を抱えているんだなと感じました。ひろ美が既婚者だということにビックリしたし、子供が出来なくて悩んでいたということにも驚きました。本当に周りが色々というのはおせっかいでしかないと思います。言われなくても本人が一番分かっているし、苦しんでいるのだから周りはそっと見守ってて欲しいと思いました。婚活・妊活・育児と人生ずっと悩みが続くのだなと思うと、ちょっとだけ気分が重くなってしまいました。

20代女性

今回はユリカとマコチが再び付き合うことになって、お互い幸せな表情をしていたのが良かったです。朝起きて隣にいる小さな幸せを感じているのが、なんだかほっこりしました。そんな中むぎが加賀を、パーティーに誘っていたのは驚きました。どうなるんだろうと思ってヒヤヒヤしました。むぎの加賀のことを知りたいという気持ちも、どこかわかるなと思いました。また加賀は山下のことを会社ですごく知っている感じを出していたのが、ハラハラしました。

20代女性

むぎちゃんが千鶴をパーティーにあえて誘ったり、千鶴がむぎちゃんの知らない山下さんの昇進話を出したりと、女同士のばちばちバトルがとてもヒヤヒヤしたけどおもしろかったです。二人とも大きく声に出したりはしないけど、内心は相手にイライラしてる感じが出てて怖かったです。また、突然駒込がサクラの家に来たこともびっくりでした。しかもちゃっかり指輪を外していたし、サクラの気持ちを考えたらなんだか切なくて胸が痛かったです。

20代女性

それぞれの幸せがあるとは分かっていても、理想があり、相手に求めるものがありそれを口にしないことでどんどんすれ違いが起きてしまうんだと思いました。嫌なことを伝えられない、望んでいることを頼めない、自分の意見を尊重できないからこそ何を考えているのか分からずに勘違いを起こしてしまう、これが大人の恋かと思いました。むぎは山下の全てを好きで求めているはずなのに、自分が言われて傷ついた、ついてきて欲しいの言葉を言わずにいたのに、本当はついてきて欲しいという気持ち。仕事を大切にしている人なら尚更言えないことがあるんだと思いました。別れようと言われたことに嫌だと言えばいいものの、それを言えずにいるむぎの気持ちと、求めていた言葉ではないものが返ってきた時、好きだから別れることを選ぶのは相手の意見を一番に考えすぎてしまうからだと思いました。

【第8話】あらすじ

ふたりのこれからのことを真剣に考えよう――マコチ(高良健吾)は、ユリカ(新木優子)にそう言ったものの、自分に自信がないこともあって不安を隠せないでいた。一方、ユリカは、いきなり将来を意識して尽くし始めるのは重いのではないかと感じながらも、このチャンスを逃せばマコチを失うことになると考え、勝負をかけようとする。ユリカは、ふたりで一緒に住むための部屋探しを始めるが……。

p/motokaremania/story/

【第8話】視聴者のネタバレ感想

30代女性

今日の話の中で、ユリカとマコチが家でやりとりするシーンは私の昔とかぶってドキッとしました。私はマコチのような性格で、マコチの立場で…あーこのままユリカと結ばれないのはマコチか可哀想すぎる…マコチも逃げられるから追っているのか、本当に好きなのかどうかわからないけど、もしこのままそれぞれの道を歩むストーリーなら、もやもやして終わりそうです。
視聴者のネタバレ感想をもっと見る>>

40代女性

一人で生きていく事を不幸せと決め付けられたり、あの人はどうせ子供がいないからって平気で言う人がいたり。観ながら何度もうなずきました!幸せのものさしは人それぞれ!それでいいのにねっ!

30代女性

昨日の放映の副音声が、とても面白かったです。あのドラマの中で一番好きなハラミ会3人と、一緒にテレビを見ながらダベっているようで、これぞ副音声の醍醐味という感じでした!「スマートなカケル君」をあーだこーだ批評したり分析したり、十分に「スマートなイケメン」枠でいけそうな3人が「こんなふうになれないですよね」「なれないですね」とショボい会話をしているのも面白かったです。口説き文句やキスシーンになると3人ともシーンとなって画面に見入って、終わるとワーワー喋るのも楽しい。ラジオじゃないのだから、ずっと喋っていなくていいです。つい画面に見入ってしまった沈黙があるのも、一緒にドラマを楽しんでいるようで、とても良いと思いました。またこの3人でお願いします!「山下さん」が入ってもいいです。楽しみにしています。

40代男性

こんばんは。いざ、付き合ってみると…。って、感じですね。仲良く、暮らすも、ありふれているようで、中々な事なのです。相手に、あわせるが、自然体になるには、幾つものトンネル在るようです。この二人は、どう越えるのかあ?楽しみにしています。

【第9話(最終回)】あらすじ

マコチ(高良健吾)と桃香(矢田亜希子)の関係を疑ってしまったユリカ(新木優子)は、彼に対する気持ちがわからなくなっていた。事情を知った山下(浜野謙太)は、マコチと向き合えないことを悩むのは、向き合おうと思っているからだ、とユリカを励ます。

同じころ、さくら(山口紗弥加)は、元カレの和真(淵上泰史)から、絶対幸せにするから待っていてほしい、と言われる。それに対してさくらは、ひとりで考えたいと返す。さくらは、アパートに帰ることができずに訪ねてきたユリカに、和真のことを打ち明けた。さくらは、家族を捨てるような人は好きじゃないのに、揺れている自分が面倒くさい、とユリカに告げる。

あくる日、桃香の家を訪れたマコチは、自分で染めた草木染めをユリカにプレゼントするサプライズに失敗したことを話す。その話を聞いた桃香は、マコチの恋人がユリカだと気づき、誤解を解くためにチロリアン不動産を訪ねる。

その夜、さくらのマンションに,いきなり白井(関口メンディー)が訪ねてくる。冷え性のさくらのためにプロテインを差し入れた白井は,さくらの人気シリーズ『がんそば』を読み始める。それがさくらの実体験だと知った白井は…。

そんな中、ユリカは、桃香と会ったことをマコチに伝える。「全部俺が悪い」と謝り、ふたりで住む部屋の契約に行こうと誘うマコチ。しかしユリカは、一度距離を置きたいと言いだし…。

p/motokaremania/story/

【第9話(最終回)】視聴者のネタバレ感想

ー近日公開予定ですー

ドラマ『モトカレマニア』視聴者の期待の声!注目ポイントは?

40代女性

元カレの事を忘れられない主人公の新木優子さんがどこまでリアルに恋愛のあるあるを表現してくれるか注目しています。美男美女のカップルに浜野さんがどう絡んでくるのかも楽しみです。とにかくリアリティあるイマドキの恋愛を楽しめる作品だといいなと思います。

30代女性

新木優子さん×高良健吾さんのラブコメディーと知り、意外だなと思いました。高良健吾さんにラブコメディーのイメージが一切なかったので、楽しみです。新木優子さんもモデルさんとして可愛いなと思って見ていたので、女優さんとしての姿が見れることが嬉しいです。

40代女性

モトカレマニアと言う名のストーカな感じがしていたのですが、ただひたすらに、元彼との思い出に浸りそれを生活のエネルギーに変えている所が面白いなと思いました。その大好きな元彼と再会をして、どんな行動をとるのかが楽しみなところです。

30代女性

三角関係の恋愛ストーリーとその中にある作品独特の崇拝や妄想といったスパイスがどう生かされコミカルに描かれるのかに注目です。ドラマを見ながら共感やツッコミができそうな個性豊かな登場人物たちに期待しています。主演の新木優子さんがどんなイタカワ女子を演じてくれるのかも楽しみにしています。

コメントを残す