「ハル-総合商社の女~」動画【第1話~7話まで】見逃しドラマ無料でフル視聴しよう!(2話3話4話5話6話の配信は?)

ハル~総合商社の女~

ここではドラマハル~総合商社の女~第1話~7話(最新)までの見逃し動画を無料でフル視聴する方法を紹介していきます!

2話3話4話5話6話を見逃したという方も参考にしてみてください。

2019年10月スタートのドラマ『ハル~総合商社の女~』。

中谷美紀さん演じる、主人公でシングルマザーの”海原晴”が、一般常識にとらわれることなく、会社の諸問題を解決するために奮闘する、爽快ヒューマンドラマです!

※これからドラマ『ハル~総合商社の女~』を「第1話から全話まとめて楽しみたい!」という方は参考にしてみてください!

【第1話~7話まで】ドラマ『ハル~総合商社の女~』見逃し動画を無料フル視聴しよう

ドラマ「ハル~総合商社の女~」は
動画配信サービス『Paravi』で
第1話~全話まで配信決定!

オリジナルチェインストーリーも
あわせて配信中!

 

『Paravi(パラビ)』は
初回「30日間の無料体験」利用で
完全無料で視聴が可能!
期間内に解約すれば、
料金は一切かかりません!

「Paravi(パラビ)」おすすめポイント↓

  • 月額925円(税抜)!一日あたり約33円
  • 初回は30日間の無料体験あり!
  • 話題のドラマも見放題で楽しめる!(レンタル作品も有り!)
  • TBS系、テレビ東京、WOWOWなど、国内外の人気ドラマ、バラエティー・映画・アニメ・音楽など豊富なコンテンツ!

↓お得な「Paravi(パラビ)」を解りやすく解説!詳細はコチラ↓

Paravi(パラビ)「Paravi(パラビ)」利用料金、無料登録・解約 退会方法をわかりやすく解説!一日たったの33円で視聴できる?

※本ページの情報は2019年12月時点のものです。最新の配信状況はParaviサイトにてご確認ください。

【第1話~7話まで】ドラマ『ハル~総合商社の女~』見逃し動画リンク

「ハル~総合商社の女~」見逃し配信状況

【◆見逃し配信◆】

TVer

GYAO!

※2話3話4話の見逃し配信は終了しています。

現在、第1話、第5話 見逃し配信中。


【◆第1話~全話までフル視聴】

⇒『Paravi(パラビ)』>>


【◆無料動画サイト&検索】

YouTube

※その他、動画検索サイト等のリンクはウイルス感染等の報告があったため、削除しました。ご了承ください。

動画共有サイトの注意点について

違法アップロードサイトで動画の視聴は危険です。

違法アップロードの作品を視聴する場合にはリスクが伴うことを知っておく必要があります。

再生するとウィルスが仕込まれていたり、再生中に突如消えない広告が表示されたり、読み込みスピードが遅くなったりと、様々なデメリットもあります。

無料とは言え、その後のリスクを考えるとあまりオススメできないのが正直なところです。

ですのでそれらのサイトでの視聴はおすすめしませんが、それでも見たいという場合は自己責任でお願いします。

ドラマ『ハル~総合商社の女~』キャスト・詳細

ハル~総合商社の女 キャスト

◆イントロダクション・あらすじ

総合商社で奮闘する
アグレッシブな女性・海原晴はる
「私は楽しく仕事がしたい!」
停滞感ただようニッポンに
彼女が新風を巻き起こす

アメリカのビジネス界で活躍していた海原晴(ハル)は、日本の大手総合商社「五木商事」の社長直々のヘッドハントにより転職し、凱旋帰国を果たす。

エリート集団である経営企画部の部長補佐に就任するも、なんと、そこで待ち構えていた直属の上司は10年前に離婚した元夫だった!

「ラーメンからロケットまで…」と、ありとあらゆるビジネスを取り扱う総合商社を舞台に、主人公の晴が社内の各部門や系列会社が抱える様々な問題に挑み、日々奮闘する姿を描きます。

保守的な副社長一派が牛耳る停滞した空気の中、データ主義を嫌い、「私は楽しく仕事がしたい!」と公言する晴が、常識を覆すやり方で毎回難題を解決!社内に新風を吹き込んでいきます。

引用:https://www.tv-tokyo.co.jp/haru/index.html?trgt=2018.7.26,0

◆出演キャスト一覧

  • 中谷美紀
  • 藤木直人
  • 白洲迅

【第1話~7話まで】ドラマ「ハル~総合商社の女」各話あらすじ

第1話・あらすじ『ハルが旋風を巻き起こす!』

ラーメンからロケットまで多岐にわたる事業を手掛ける大規模な総合商社・五木商事に引き抜かれたアメリカ帰りの海原晴(中谷美紀)。異例の抜擢で経営企画部部長補佐に就任。
そんな晴の前に現れた部長・和田寿史(藤木直人)は久しぶりの再会になる元夫だった…。

そんな中、晴が初めて参加した会議では、売り上げが低下しているラーメンチェーン店「麺一」の撤退が議題に…。副社長・高山雄一郎(奥田瑛二)の意向に従って経営企画部の藤尾(山中崇)や矢野(渡辺邦斗)ら多くのメンバーが賛同するが、晴はそんな保守的な空気をぶち壊す驚きの提案をする!

晴はさっそく直接の担当者である田村(田口浩正)に相談するが、ラーメン事業にはまったく愛情がない様子…。しかも、いきなり撤退の方針を聞いた「麺一」の 店主・松岡(田中要次)たちが晴に怒りをぶつける。晴はどんな方法でピンチを切り抜けていくのか!?

引用元: https://www.tv-tokyo.co.jp/haru/story/

【第1話:視聴者のネタバレ感想】

40代男性

中谷美紀演じるハルが、マウンティングに埋もれた商社を中から改革していく物語です。一話は、会社が見捨てたラーメン屋を再建させようとハルが奮闘します。いろんな横やりが入りますが、それを乗り越えいくハル、仕事は楽しくを理念としていて、ドロドロな周りの人間を巻き込んで、楽しさを伝えていきます。二話以降もそのような展開だと思います。また、藤木直人とは元夫婦の関係であり、そこの恋愛に関しても気になるところです。

30代男性

海原晴と言う女性はすごいなぁ。会社の麺一からの撤退の方針に対して敢えて継続の道を探り最終的には儲かるお店に変えさせてしまったのだから。そこに至るまでには周囲の撤退賛同の人たちを動かすパワーが必要だったわけだけどそれだって簡単なことじゃないはず。これからの更なる活躍が期待されますね。それと海原の元旦那が和田だったことにびっくり。更に海原を五木商事に呼び寄せたのも実は和田だったと言うことに2度びっくりしました。
視聴者の感想をもっと見る>>

30代男性

中谷美紀演じる海原晴の息子で海原涼役の寺田心が大人びた演技が上手くて、母親を名前でハルと呼ぶのもちょっとびっくりしました。中谷美紀が外国の知り合いに情報を得るために国際電話をかけてる時の、英語のレベルが半端じゃなく上手く感じました。ドラマ的には会社内の人間関係の悪い部分を海原晴がぶっ壊していく感じでどう変わっていくか楽しみです。

40代男性

海原晴役の中谷美紀はおっとりした雰囲気が似合うイメージです。今回の晴はガンガン前に出て行き自分の意見を押し通すテンション高く強い女です。中谷美紀らしくはないような気がするが熱い女を演じるのも新鮮で良いです。晴が田口とラーメンチェーンの撤退でのぶれない真っ直ぐな熱意は見ていて清々しい気持ちになりますた。

20代女性

晴の前向きな行動と発言は、とても苦労してきたのであろう発言なんだと思いました。晴がなぜ帰国したのか、子育ては1人で行っているのはなぜなのか、気になる点は沢山ありました。常に笑顔を保ち、仕事を楽しくするよう心掛けている姿、他の人々よりも努力している姿は次々と認められ、周りまで楽しくしていくんだろうと思う1話でした。小麦を探すにも海外へ電話をし探すのもあっという間に見つけだし、晴を救う人々は今後も溢れてくるんだろうと思いました。全てがうまくいくわけではないと思いますが、晴が変えていく環境がプラスに変化していくのが楽しみになりました。上司の和田メインで見ているからというのもありますが、和田のカッコよさは格別でした。和田と晴が夫婦だったというのに、特にテンパることもなくさらっと息子に伝えるシーンもカッコ良かったです。

20代男性

感想といたしましては、強い女性を見事に描き切っており見ていてとても爽快でした。ここまで竹を割ったような性格の女性もいないだろうなと思うくらいだったので見ていて良かったです。また、恋愛要素もあるドラマなので藤木直人さんとの恋愛模様も気になってます。ふと出会うシーンもとても胸キュンしてしまいました。藤木直人さんかっこよかったです。

50代女性

晴と和田部長がよもやの元夫婦で、晴の息子は和田部長の子供であるというラストシーンのカミングアウトには思わず「えー!」と声をあげてしまいました。ラーメン屋さんを立て直して復活させるという本筋も勿論面白かったのですが、ラブのお話が凄く気になりました。藤木直人さん、最高にかっこよくて、爽やかで、思わず見とれてしまいました。変に子供に隠し事しない、バリバリのキャリアウーマンながら変に気負ったところのない、中谷美紀さん演じる晴も凄く好感が持てました。

50代男性

面白かったです。整理整頓されている心地よいストーリーでした。“麺一”の再生•••お見事でした。田村部長(田口 浩正)が、ライバルの同期、梶原部長(小松 利昌)に、頭を下げたシーンには、めちゃくちゃ感動して涙腺大崩壊でした。あとは、まさか和田部長(藤木直人)がハルのモト旦那だったなんて•••。ハルと涼 (寺田心)、本当の親子みたいでした。

30代男性

『ハル~総合商社の女』の第1話を観て、海原さんが商社に勤めるキャリアウーマンだと思いました。会社の上司に対しても堂々と意見をぶつける姿は、かっこいいと感じられました。また、家庭での子育てもしっかりできている様子がわかり、素晴らしく感じました。何かに向かって挑戦することの大切さがとても伝わるドラマでした。

50代男性

1話スタートだという事で、とりあえず視聴してみました。大手総合商社に途中採用の、いきなり責任あるポジションの女性ハルを中谷美紀が演じていて、男性には言えないような事をどんどん言うのも小気味よくて、なかなか面白かったです。シングルマザーの子持ちで、子役も賢くて可愛かったのだけど、1話の最後で、もしかして?と思ったら、上司が元旦那だという事がわかり。2話が楽しみになって、録画予約してしまいました。

40代女性

来た早々にラーメンチェーン店の撤退よりも、どうやって売り上げをこれから上げていくか?に焦点を当てようとする海原のやり方に感銘をうけ、青柳が海原についていこうとする気持ち、良くわかります!とても芯がしっかりしていて、全責任を自分が持つ覚悟で何事も勝算があるならトライしようとするところ、海原が引き抜きにあった理由なんだろうなぁと感じました。

40代女性

ラーメンチェーン店のオーナーたちと話をする機会を持とうと、会議の席を設けるものの、オーナーたちは口々に不満ばかりを洩らしているところ、いかにもありそうな風景でしたね。しかし海原の対応の仕方に惚れ惚れしました!「文句ばかり言って親会社におんぶにだっこで、それでもオーナーですか?自分たちで何とかしようと思わないんですか?」の言葉、良かったです。バシーンと物事をぶったぎるところ好きです。

20代女性

周りの意見を気にして淡々と仕事をしていても出世したり、給料はもらえる。しかし、自分の希望した仕事でなくてもたくさんの人を巻き込んで楽しく仕事をすることで大きな成功が得られる。ハルはそれを何度も経験しているから自分に自信があり、堂々と周りに左右されず仕事ができる。そんなことをラーメン屋の例を通して気付かされた。また子供のコメント1つ1つからコミュニケーションを毎日しっかりとりハルのことを理解してくれていることがわかった。家庭と仕事を両立できる女性がモデルにしたい生き方だと思う。

40代女性

ラーメンチェーンの赤字がこれ以上膨れ上がらないうちに撤退を進めようとする経営企画部の人間たちの前で、「これならまだ考える余地はある!」と前向きに、次にどう出るかを考える海原の姿勢に圧倒されました!「利益第一」に考える男たちと違い、トライできる状況なら勝負に出て大きな利益を取りに行く!という海原がカッコ良かったです!

30代女性

海外で仕事をしていたバツイチシングルマザーのハルが、日本の総合商社の経営戦略部に入るところから物語は始まります。任された初めてのプロジェクトは、フランチャイズ化したラーメン屋の利益回復でした。現場のオーナーに向かって、かつては人気だった今の味を捨てて「新しいラーメンを作ってください!」と熱く語るところがすごくよかったです。ラーメンって、きっとものすごく奥が深くて情熱がないと美味しい物は作れないと思うので、そこを強みとしたところに面白味を感じました。

第2話・あらすじ『コトナカレ主義をブッ壊セ!』

五木商事・経営企画部の部長補佐に着任早々、ラーメンチェーン店の立て直しに成功した海原晴(中谷美紀)。
経営企画部の新たなミッションは、シンガポールのロングベイ病院グループ買収プロジェクトの精査だった。これは、シンガポール支社の櫻井保(桐山漣)が提出した買収案である。しかし、数百億円をかけた大事業であり、副社長の高山雄一郎(奥田瑛二)は難色を示す。藤尾勝之(山中崇)ら、他の部員もリスクが大きいと眉をひそめるが、ひとり張り切る晴は部長の和田寿史(藤木直人)に早速、シンガポールへの出張を申し出る。

引用元: https://www.tv-tokyo.co.jp/haru/story/

【第2話:視聴者のネタバレ感想】

40代女性

仕事と本気で向き合う姿と、女だからシングルマザーだからと言われながらも、まわりを気にせずに仕事をテキパキとこなす姿が格好良かった。でも、あれだけ自信を持って仕事に打ち込めるというのは、晴を認めてくれている和田の存在を感じているからだと思いました。また、晴のやり方を一緒に学びたいといって着いてきてくれる青柳がいてくれるからだと思いました。ある意味いい仕事の環境だと思います。

30代男性

『ハル~総合商社の女』の第2話を観て、海原さんが医療法人「新隆会」の会長である小笠原を説得することに成功したところが素晴らしく感じました。何度も何度もあきらめずに、会長の元に足を運び、会長と一緒にビックビジネスをしたいという気持ちが最終的に伝わったのではないかと思いました。今回の医療ビジネスは期待できると考えられました。
視聴者のネタバレ感想をもっと見る>>

50代男性

すっかり画面に見入ってしまいました。そして面白かったです。今日は改めて熊澤(小林隆)さんの清潔感ある朗らかな紳士ぶりに感動しました。そしてそれに負けないくらい、櫻井(桐山漣)さんの清潔感と礼儀正しさに感服でした。ラストシーンでのハルと小笠原会長(寺田農)の薔薇の花の会話は最高でした。涙腺大崩壊でした。契約成立•••おめでとうハル!

40代男性

副社長の反対を押し切り、シンガポールの病院買収話を進める和田と晴。老人ホーム経営者の小笠原の力が欲しいが、なかなか口説き落とせません。小笠原の育ちや考え方を知り、心の中に少しずつ入っていく晴が凄いです。晴が和田の元妻で社長とつながっているなんて、バレないものでしょうか。仲良さそうなのになぜ別れたのか気になります。押しの強い晴を尊敬しているらしい青柳が、真っ直ぐで可愛らしいです。やるときはやるシンガポール支社の櫻井がカッコ良かったです。全てを持って行った人たらし晴の力、侮れないなぁと思いました。

30代女性

テレビ東京のドラマにしてはキャストが結構豪華で毎回びっくりします。奥田英治さんは副社長でありながら和田部長の掌に転がされているようで不憫でなりません。心くんはこの間まで小さい子供だと思っていましたがこのドラマで手足が伸びてシュッとした感じで子役の成長にびっくりしました。仕事もできるし家事も完璧字も上手なのに何故和田部長と離婚したのか理由が少し今回出て来ましたがもっと掘り下げた話が聞きたいと思いました。

20代男性

仕事と本気で向き合う姿と、女だからと言われながらも周りを気にせず仕事をこなす姿がかっこよかったです。晴を心から認めている和田がどこがで支えている事や、晴についていく青柳がいて1人で仕事をこなすではなく、必要としている団結力を見る事が出来た2話でした。晴と和田がどんどん親しくなるにつれて、周りが2人の関係性に気付いてしまうのではないかと少しヒヤヒヤしてしまいましたが、和田との関係がギクシャクしているわけではなく、気持ちよく見ていられました。涼に会いたいというのはなぜ今更なのか、晴に気持ちがあるのかも気になるところです。

40代男性

経営企画部の若手社員の青柳が部長和田に晴の下について仕事をさせて欲しいと頼みにいき快諾される。青柳が晴を好きな気持ちが伝わってきました。晴を仕事的にも尊敬しているが恋心も多少感じてる場面が多々あるんで青柳の晴への気持がどうなっていくのかはこのドラマの興味あるひとつです。ただ晴と和田が元に戻る可能性はあっても青柳と晴が付き合う可能性はないなとは感じます。

40代女性

2話の最初の頃のシーンでハルと和田部長が結婚していた事実が明らかになりましたが今後回想シーンなので二人の結婚生活があるのかとても気になります。内容的によくあるサクセスストーリーの様な感じですがキャストが割と良いので見ています、特に藤木直人さんのファンで以前も部長役をやられていたのでスーツ姿がとてもカッコよくて世の中にこんなかっこいい部長いないよなっと思いました。

40代男性

今回は医療分野ということで商社の幅広い仕事に驚きました。それでも副社長はプランを却下したりと困難であるにも関わらず、晴が前向きに契約に向けて頑張る姿はとても感動しました。今回ビジネスを持ちかけた小笠原会長が晴の綺麗な字で書いた手紙などで会うことを決めたと言っていた時点で晴にはかなりの勝機があったように感じて、そういうところでチャンスがもらえるものなんだと感心しました。次回も楽しみです。

50代女性

春が会社の会議の時に、自分が子持ちのバツイチだということを公表していました。そのことを知っているのは和田だけだと思います。春に好意を持っていると思われる青柳は現在、春が独身だと聞いて、自分にもチャンスがあるのではないかと思ったような気がしました。今の春にとってはほとんど恋愛は無いように思いますが、少なくとも二人の男性との可能性があるように感じました。

40代女性

今回は、前回のラーメンチェーン店の改善計画とは全く異なる、医療分野がテーマでした。ハルは頭の回転の良さはもちろんですが、びっくりするくらい字が達筆でした。あんなに達筆な字で手紙をもらったら、その人に会ってみたくなると言った小笠原隆一さんの気持ちがよくわかりました。また気難しい小笠原氏を完落ちさせた時に、「あなたは人たらしだ」と誉められて?いましたが、あれはビジネスでも普段のコミュニケーションでもとても必要なことだなと思いました。

50代女性

涼が風邪を引いてしまい、春がシンガポールへの出張に行けなくなってしまいました。しかし、パソコンからインターネットのチャットで会話をすることで、現地に行かなくても仕事ができました。しかも春は自宅で仕事をすることが出来、涼の看病も十分に行うことができました。改めて、インターネットの便利さを実感したような気がします。

40代男性

中谷美紀演じる晴がシンガポール行きを直訴するが、涼の病気で行けなくなり看病のため会社を休む。このことを聞いた経営企画部の同僚連中が晴の悪口を言いまくってたが、実際の会社なら女子社員が晴の悪口を言う可能性はあっても、男子社員が美人過ぎる晴の悪口は先ずは言わないなと感じました。リアリティ出すなら女子社員がいるよなと感じました。

40代男性

海原晴がシンガポール行き出張を直訴し部長の和田が了承する。しかし晴の息子涼が風邪を引いてしまい晴はどうするかと思っていたら部長和田に連絡しシンガポール出張を取りやめ自宅での仕事に切りかえると伝える。この時に涼が風邪を引いたのを晴の元夫・和田が看病する展開になるんだろうなと思いましたが予想が完璧に外しました。

50代女性

ハルは小笠原会長を落とすまで粘り強く、情報を集めました。結果的にそのことが、サインがポールだけではなく、マレーシアの貧富の差を知ることになりました。またこれから将来のアジアの医療について深く理解することができました。総合商社という立場をうまく利用して、シンガポールの不動産王のスー・チェン氏に協力を仰いだことが最終的に上手く行ったと思います。

第3話・あらすじ『乗っ取りから会社を守れるか!?』

ある朝、海原晴(中谷美紀)は驚きの報道を目にする。
五木商事の関連会社である西本工業が日和製作所によって敵対的買収を仕掛けられているというのだ。西本工業は航空機や工事車両用のタイヤメーカーとして利益を出している優良企業で、五木商事にとって絶対に守りたい会社である。

和田寿史(藤木直人)は、法律に詳しい海原晴(中谷美紀)をチームリーダーに配し、経営企画部一丸となって乗っ取りを阻止するよう指示。晴は早速、西本工業へ向かう。そこで、社長の西本順造(松澤一之)や社員の及川忠志(長谷川朝晴)ら社員たちはリストラや今後の不安を抱えていることを知り、彼らの生活を守ることを固く約束する。

引用元: https://www.tv-tokyo.co.jp/haru/story/

【第3話:視聴者のネタバレ感想】

20代女性

和田がハルのピンチを救ったことがとてもカッコ良かったです。しかも、副社長から覚書の承諾をもらったというのが嘘だったなんてすごい賭けじゃないかとびっくりです。それもこれもハルを守るためで、もしも失敗したら自分が責任をとって会社を辞めるつもりだったなんて、これはハルに対して部下以上の気持ちがあるんじゃないかとドキドキしました。

20代女性

西本工業に涼を見学に連れて行った先でばったり和田と会ってしまったことがびっくりでした。しかも、手土産が同じ肉まんで、しかも肉まんは二人にとって思い出のものだったなんてなんだかほっこりしました。だけど、涼が和田に対して「はじめまして」と挨拶をしたことはなんだか胸が痛かったです。親子なのになぁと切なかったです。

視聴者のネタバレ感想をもっと見る>>

40代男性

前回で和田が涼の顔を見たいと言っていたシーンで終わっていたので今回どうなるのかと思っていたら、まさか五木商事の関連会社に差し入れを同じタイミングで持っていって、そこで初の対面となるところは面白かったです。しかも涼は気を利かせますが和田は少し動揺してたようなところも笑えました。これから晴、涼、和田の三人がどうなっていくのかも楽しみです。

40代男性

五木商事の関連会社の西本工業に敵対的買収があり、五木商事が筆頭株主として西本工業を守るために新規事業計画などを立ち上げるというストーリーはすごく面白くて、特に西本工業の社員たちが消しゴムの開発に取り組んでいるシーンは感動しました。そして、なんとか敵対的買収を阻止できて良かったです。関連会社としっかり手を組んで仕事しているのシーンを見ていると私も仕事を頑張ろうという気持ちになれました。

30代男性

晴が西川工業の従業員から大丈夫なんですか契約と聞かれても、周りの社員は口ごもる中で晴は少し困りながらも、大丈夫ですという場面は良かったです。ちょっと保険をかけたコメントをしがちですが、全くなかったのが見ていて好感が持てる発言でした。一つ一つの細かい部分のセリフもキッチリしてるドラマだなと感じています。

40代男性

西川工業に晴が息子の涼を連れて行き、挨拶する涼のいつも晴がお世話になっていますはなかなかこんなの言う子供いるかなと感じました。涼役の寺田心が上手すぎる演技に驚かされます。落ち着き払っていてとても小学生とは思えない丁寧な敬語も演技を超えていて、プライベートでもこんな感じな対応が出来るんだろうなと感じました。

40代女性

子供と言えども企業の試作品を無断で他人に画像を送るのは違法なのではっと思いました、しかも最後にはネットで拡散されているのにも関わらずハルや和田部長、会社の人間が喜んでいる様子はなんだか異様でした。リアルなら有り得ないと思います。1話完結なのでスッキリ話をまとめなくてはならないのは分かるのですがなんだか毎回作りが甘いとおもいました。

50代男性

五木商事の数ある関連会社の中でも優良会社と認知されているタイヤメーカーが、敵対的買収を仕掛けられ、これを阻止すべく、今回もハルが大活躍しました。既存ビジネスだけでは成長力に魅力がないということで、既存株主にも魅力に感じさせる新規事業の立ち上げを行うことで、敵対的買収を阻止しようとします。既存固定観念にとらわれない豊かな発想の持ち主であるハルは商社マン・ウーマンの鏡のような存在ですね。結果的にハルの提案で部員全員が分担して事業計画書を直ぐに作り上げるところなどは如何にも優秀な商社の一面を垣間見ることが出来ました。買収阻止も成功、新規事業も順調に滑り出し、万事めでたしめでたしの痛快ストーリーでした。

20代女性

ダメになったと思われていたリニアトレインの消しゴムの話が再開出来そうな感じだったのがとても嬉しかったです。アメリカの少年が世界に向けてシェアしてくれたことがきっかけだったようだけど、これは涼の大手柄じゃないかとびっくりです。また、小さな小学生なのに、涼がかなり大人びていることには驚かされます。寺田心くんという配役もとてもいいなと思いました。

30代男性

『ハル~総合商社の女』の第3話を観て、ハルさんの挑戦する姿がかっこよく思いました。今回、西本工業が日和製作所によって敵対的買収を仕掛けられている。何としてでも西本工業の社員たちを守りたいという気持ちが伝わってきました。また、西本工業で働く人たちも自分たちの家庭があるということで会社を辞めることはできないと思いました。
西本工業の社員が、新しい事業に取り組み、自分たちで会社を守ろうとした点に、とても感銘を受けました。

30代女性

晴のやると決めたら信じて突き進むところに、周りの社員達も影響されはじめてきて面白くなってきました。商社としての仕事を重くなりすぎず、でもあっさりともせずに人間模様も含めて描かれていて難しくなく楽しめます。今回意図せずに息子の涼と父親である和田さんが初対面したときの涼は戸惑っていたけれど、和田さんはとても嬉しそうで父親なんだなと切なくでも二人が会えて嬉しかったです。来週は二人が食事を共にするようなので親子としての関係が今後どうなるか楽しみです。そして、今回も1人仕事に関わらなかったけれど、消しゴムがバズってひっそりと嬉しそうにしてた一乗寺がどう変わっていくのかも楽しみです。

40代男性

とりあえず西本工業を日和製作所の買収から守れてまずはひと安心でしたね。西本工業は同じ五木商事のグループだけにみんな必死でしたね。皆さんの生活は私が守りますなんて西本工業の社員に晴が言ってたけど後々考えたら一社員なだけなのに凄いこと言ってしまってますよね。まぁそれぐらい晴も窮地に追い込まれていたと言う事なんでしょう。それと涼が実の父親和田部長に会ってしまいましたね。ちょっと視線を合わさない仕草が照れ隠しのように見えて良かったです。

50代男性

リアル感があるところに惹かれ、とても面白くてハマってます。今日は断トツで、海原涼(矢沢心)君の演技力にめちゃめちゃ感動しました。和田(藤木直人)部長と再会した時の瞳のウルウルは、圧巻でした。上手やなあ•••と声に出てました。感服します。手土産の肉まんがハル中谷美紀と和田部長(藤木直人)がかぶる等の細かい拘りが最高です。ストーリーも面白いです。

50代女性

相変わらず、トントン拍子に仕事がうまく進みます。リニアの消しゴムはけっこうスムーズにできちゃうし、中古タイヤ販売が横取りされて暗礁に乗り上げてもすぐに別の国が見つかって、なかなかのスピード解決です。何でも思い通りに事が進んでハルは羨ましいなーと思います。現実はそんなに甘くないぞって思いますが、ドラマの中で願望が叶えられるのがこのドラマの良いところなのかな?

40代女性

リニアモーターカーにタイヤが付いているとは知りませんでした、そこは涼くんと一緒にそうなんだ〜っとテレビの前ではもってしまいました。和田部長と涼くんの初対面は突然で二人で話しも出来なくて観ていてとても切なかったです。涼くんが発売前のリニア消しゴムをニューヨークの友達に画像を送っていましたが企業秘密をネットに晒していいのかなっと思いました。

第4話・あらすじ『映画会社の立て直し。』

海原晴(中谷美紀)は部長の和田寿史(藤木直人)から五木商事の子会社の映画会社「スターバレー」の話を聞く。ここ数年、赤字経営が続き、今は五木商事の飯島利彦(宮川一朗太)が社長に就任。
しかし、飯島が就任して以来、制作会社気質から儲け第一の商社気質になり、ヒットの裏付けデータがないと企画が何も通らなくなったという。
和田は大学の後輩でスターバレーの社員プロデューサー・若林隼人(満島真之介)から相談を受け、「映画作りはデータではなく、感性が必要だ」と怒りを露わにする。

引用元: https://www.tv-tokyo.co.jp/haru/story/

【第4話:視聴者のネタバレ感想】

30代男性

『ハル~総合商社の女』の第4話を観て、海原さんが若林さんの為を思い、何とか企画を通そうとしている姿勢にとても感銘を受けました。何か大きなことに挑戦しているときに、アドバイスを頂けることはとても励みになると改めて思いました。オリジナルの映画は、とても良さそうに感じましたが、時間と費用の面で意外と難しいと痛感しました。
頑張ってほしいと思いました。
視聴者のネタバレ感想をもっと見る>>

40代男性

序盤で映画を見てテンションが上がってしまう涼を晴はDNAのせいかなと言ってたら、父親である和田が映画好きなことを知りDNAのせいで僕も映画が好きなのかなと涼が言っていたシーンは面白かったです。そして涼は少し和田に興味があることを認めて晴に和田と会う日を作ってもらいますが、家族三人が集まっただけなのにものすごい緊張感とぎこちなさで笑えました。これから三人がどうなるのか楽しみです。

30代男性

映画会社でのお話でした。今回は部長が活躍し映画研究会出身で熱い男!となりました。商社マンは人を動かしていく仕事みたいですが、人柄や話し方が大切で見事出資元を口説き落としました。最後の家族3人のシーンとてもよかった。心君の演技がうまい、緊張している様子がリアルでした。ハルと部長のハッピーエンドを期待しているのでうまくいってほしいものです

40代男性

親子3人での食事会での涼が終始黙っていての2人の離婚理由はこれが原因みたいなこと言いましたが、全くわからなかったです。2人が楽しく普通に食事していてだったんでまた謎が深まりました。最初はまったく気にしてなかったですが、晴と和田の離婚の理由がなかなか教えてくれないパターンなんでドンドン気になってきました。

50代女性

息子涼はパパに合わなくていいとハルに言っていたが、パパをネットで調べている事から会いたくないはずがないと思いました。今回の活躍は和田さんとハルが言うと映画好きだもんねと父に似てると父を認めていると思いました。ハルが会ってみるといい三人で中華を食べると離婚の原因はそれと好みの違いを聞いていて子供の辛さが伝わりました。

40代女性

副社長の奥田英治さんのかませ犬的な悪役っぷりが好きで毎週観ていますがここ二週出てきてないのが残念でした。このドラマにはハル以外女性があまり出ていない気がするのですが総合商社は男性ばかりの会社なのかと思ってしまいます。五木商事から映画会社に出向している社長役の俳優さんがドラマの最初はお金の事ばかり考えていて目が死んでいる様でした、終盤で和田部長に説得されて付き物が落ちた様に晴れやかな顔をしていたところがさすがプロの俳優さんだなっと感心しました。

40代女性

先週3話の最後4話の予告でハルと涼くんと和田部長が三人で食事をするシーンがあったので4話冒頭から今か今かとそのシーンを待っていました、三人で食事するシーンは観ていてとてもほっこりしましたがハルの激辛好きが離婚の原因なのかは分からなかったのが残念でした。三人の食事シーンを同僚に目撃されてしまって4話が終了してしまったので来週からの展開が楽しみです。

40代女性

とうとう4話にして親子3人が会って食事をする事が出来てよかったなっと思いましたが会社の同僚に見られてしまうというアクシデント来週からも楽しみです。でも藤木直人さんの普段着が無地のパーカーとジーパンはちょっと違うのではないかと思いました。映画の出資を頼んだ人が若林さんに出資OKの電話をしている際カフェのテーブルに苺のタルトらしきものが乗っていたのが意外で面白かったです。

50代女性

今回、和田部長が好きな映画関係の仕事でした。総合商社って本当にいろんな仕事をやりますね。1話完結でその仕事が終わるから仕方ないのかもしれませんが、今回も上手くいっちゃって、こんなに調子よくいったら人生楽ちんだなぁと思いました。あまり共感できる場面がないです。和田部長を見つめるハルの目はラブラブでしたが、普通離婚した夫婦はもっと複雑だと思います。そしてまさかの食の好みの相違で離婚したの?この2人!子どももいるのに。ふざけんな!とその設定のお気楽さに呆れました。まあ、でも突っ込みを入れつつ見ちゃいますけどね。

50代男性

今回は映画会社スターバレーのことに取り組むことになった晴たちですが、改めて商社の仕事の幅広さに驚きました。変わらず前向きな晴がスターバレーの社員である若林の仕事を諦めている態度に対して自らの企画書に夢に命を吹き込めと書いてあるのを知り若林にそれが今することなんじゃないですかと言うシーンは感動しました。そこから若林は頑張りますが映画の制作費がかかりすぎると企画を社長の飯島に却下されたことで和田がじゃあ出資してくれるところを探そうと発想の転換をしたシーンは勉強になりました。次も楽しみです。

40代男性

今回は五木商事の子会社である映画会社スターバレーのことに取り組むことになった晴でしたが、大学時代に映画研究会に入っていた和田が熱くて晴がサポート役のような展開で面白かったです。特にスターバレーのプロパー社員で和田の映画研究会の後輩である若林の企画を通すためにスターバレー社長の飯島を説得するシーンで映画は夢のあるビジネスですと言ったのはめちゃくちゃ感動しました。

50代男性

今回もとっても元気を貰いました。ストーリーも面白かったです。好きなことを仕事にする事の難しさややるせなさがとっても良く伝わってきました。今回の和田部長(藤木直人)は熱かったですね。でも、めちゃめちゃ似合ってました。なかでも、「本当に好きな映画に出資できてますか?」は、ジーンときました。ラストの食事のシーンの涼(寺田心)君の表情は圧巻でした。面白かったです。

40代男性

和田部長の映画に対する熱い思いは相当なもんですね。スターバレー若林も親会社に大学時代の映画同好会の先輩であった和田部長がいて本当助かりましたね。映画資金捻出の為に実業家の金子に繋いだりスターバレーの飯島社長に直談判してくれたりと和田部長大活躍の回でしたね。これがまた息子の涼にも映画に対する熱い思いが受け継がれているところが良いですね。

30代男性

青年実業家・金子から制作費をだしてもらうべく、和田が儲かるだけの映画ではなく、儲からなくても好きな映画を撮るというように説得した場面は良かったです。熱く語る和田の映画に対する情熱も感じました。このドラマの真骨頂の説得の言葉は秀逸だなといつも思います。和田が最後の砦として解決に持っていく場面も好きです。

40代男性

和田が熱く映画を語るが、涼も見た映画を晴に熱く語っていた。涼が熱くなりすぎて内容を晴にほぼ伝えている場面が笑えました。ほとんどあらすじ言ってる涼が初めて子供らしいところを見せたなと感じました。涼がやたらと和田との食事で緊張してる姿も可愛らしかったです。3人で食事したことだしこれからも復縁にどれくらい近づいていくか楽しみです。

第5話:あらすじ「ふたりの関係が社内中の噂に…!」

晴(中谷美紀)ら、経営企画部に「ベトナムでの五木商事の認知度アップ」という新たなミッションが下される。グループ会社の五木鉄鋼が初めてベトナムへ進出することになり、ベトナムで五木鉄鋼を広く認知させる戦略のためだ。矢島智明(渡辺邦斗)は、日本で活躍するベトナム出身の著名人とのスポンサー契約を提案。この案に賛同した晴は、将棋界で今最も注目されているベトナム出身の若き天才女流棋士グェン・ランを候補に挙げる。

さっそく晴は部下の青柳悠馬(白洲迅)と共にランがエージェント契約を結ぶ代理人の寺尾紀之(野間口徹)と交渉を開始し、好感触を得る。ところが、寺尾は後日一転して五木商事と同じ提案をする大手飲料メーカーが現れたため、2社によるコンペにしたいと言い出した。思わぬ強敵が現れた上に、晴の強引さがあだとなる事件が発生してしまう。果たして、晴はこのピンチをどう乗り切るのか!?

一方、晴は一人息子の涼(寺田心)と和田寿史(藤木直人)が偶然会ってしまったのをきっかけに、新たな展開が訪れようとしていた……。

引用:https://www.tv-tokyo.co.jp/haru/story/

【第5話:視聴者のネタバレ感想】

40代女性

ここ数年成長が著しい、ベトナムが取り上げられました。総合商社の鉄鋼部門にアパレルに通信事業部。華やかでした。各部署が連携して一つのプロジェクトに取り組んでいく様子が、臨場感があって楽しく見れました。珍しくエンジンがかかり気味のハルでしたが、きっちりクールダウンして、エージェントの希望に寄り添っていましたね。あっぱれ晴。

視聴者のネタバレ感想をもっと見る>>

40代男性

晴と涼と和田の3人での食事を会社の部下に見られ、付き合っているという情報が会社中に知れ渡り和田の耳にも入ってしまう。聞いてしまった和田が意識をしてしまう場面は面白かったです。晴との会話もぎこちなさが出てしまったりあまり近くに行かなくなった和田。確かにそういうのが広がると気を遣うよなと和田に同情しながら見ていました。

30代女性

第5話は、グループ会社がすすめる鉄鋼ビジネスのベトナム進出に向けて、経営企画室のハルが奮闘するといったストーリーでした。ベトナムと日本の架け橋として、ベトナム出身の棋士をパートナーに迎え、生中継で将棋戦を配信させることに成功する。ベトナム出身の少女の家族が、日本で棋士として戦っている姿を見せることができることは、少女が喜ぶであろうとハルが提案した内容だった。「総合商社は、ビジネスを通じて人を幸せにする」そんな単純なモットーが、ハルの考えのようでしたが、とても素敵な内容だったと思いました。

40代女性

だんだん晴と和田の関係が、ばれてきそうになっていて、そのあたりも面白いなあと思いながら見ています。川上が、落ち着かない様子なのを、藤尾がいち早く気づいて、我慢できずに喋ってしまう川上や、そうかと思えば、堂々と和田に会社で噂になってますよと言う一乗寺や、色々なキャラクターがいて面白いなあと思いました。今回の仕事の案件は、紆余曲折ありながら、商社の強みが十分に発揮されて、配信、アパレル、様々な分野を担う商社の凄さを感じました。

40代女性

ハルと和田が付き合っていると会社中で噂になっているにも関わらず、その情報が二人の耳には入らないと言う構図が面白かった。二人はプライベートと仕事は分けて振る舞っているが、二人が仕事の事で報告相談していても、ラブラブととられてしまう感じが残念だった。しかし、ハルが会社の為に仕事の契約をとうという考えではなく、仕事の上でも人と人との関わりを大切にしているということが同僚にも分かってもらえて評価してもらえていたことがうれしかった。それによって、契約がとれて皆が幸せになれてよかったと思いました。心温まるストーリーでした。

30代女性

企画ができてからイベントの開催が早すぎてリアルさが欠けていた気がします。何か別の企画がダメになったからなど前提が違えば違和感も軽減できたと思うので、そんなに簡単に企画が通って、そんなに簡単に別の動画配信会社が見つかるなんてハルにとっても都合が良すぎる展開は作品の魅力を損なっているようにみえました。でもベトナムにいる祖父母にランの姿を見せたいと生中継にこだわったシーンや蘭のワッペンの付いたブレザーや扇子にハルの思い遣りや、噂話にまったく気づかない天然さは魅力的でした!

40代女性

このドラマは五木商事という会社の話なのでビジネスの話中心になってしまうのはしょうがないと思いますがもう少し晴の私生活だったり涼くんの事和田部長の事を掘り下げた話があっても良いと思いました。これからある事を期待します。高校生女流棋士との契約を他の会社とコンペで競うみたいな話でしたが結局コンペは開かれず五木商事と契約しましたがなんだかその辺があっさりし過ぎていてふに落ちませんでした。

40代女性

冒頭のベトナムの案件の会議のシーンで女性が晴しかいないのがなんだか異様な感じがしますが他に女性がいると晴が目立たなくなってしまうので仕方がないのかなっと思いました、コネ入社で会社に来てもゲームばかりしている一乗寺くんは春との事が噂になっていると和田部長に教えてあげたり終盤の将棋大会の生中継をみんなで観ているシーンでも後ろで見切れるなど細かい演出でこれから彼が社会人としてステップアップする話もあるのかと期待してしまいます。

40代女性

先週の放送終了直前に親子3人での食事現場を川上さんに目撃されてからの今回の放送はどんな展開になるのかワクワクしながら観ていました、冒頭意味ありげに川上さんが和田部長と晴の事を大きな目でめちゃくちゃ見ていたのでいやいやあからさますぎるでしょっとテレビにつっこんでしまいました。もっと大々的に晴と和田部長の件が展開されるのかと思いましたが結構あっさりしていたのでガッカリでした。

30代男性

部長と息子との食事を見られ社内中でうわさになってしまいましたね。部長の今後の対応が気になります。将棋で日本とベトナムをつなぐ仕事でマネージャーがすごくよかったです。演技がうまい!ネット社会になってオンラインで通話できたり距離が縮まっていいですね。総合商社のすごみでいい仕事するなと羨ましくなりました。

40代男性

女流棋士のスポンサーを狙っている五木鉄鋼が主催の将棋トーナメントを開催できるよう晴たちが進めていくシーンで、こういう流れで企業の名前のついた大会が行われているのかと勉強になりました。そして将棋のネット配信というプランを考えた晴が周囲の反対を押しきってライブ配信にこだわり、同じ時間の共有を大事にしてほしいと語るシーンは感動しました。

30代男性

「ハル ~総合商社の女~(第5話)」を観て、晴と和田が偶然会うことになり、社内でお付き合いしているのではないかと噂になってしまったのは、びっくりしました。子供がいるので、いずれ、皆にわかってしまうと思いました。社内恋愛は、周りを気にするから難しいと思いました。晴がどのようにしてピンチを乗り越えるのかという点が、毎回、見所だと感じております。

40代男性

今回の経営企画部の挑戦が五木商事のベトナムでの認知度アップで、そのために五木鉄鋼がベトナム出身の女流棋士のスポンサーになってベトナムとの架け橋になってもらおうという展開は面白かったです。それだけで満足できない晴が女流棋士のランさんにベトナムと日本の架け橋になってもらいたいと同僚たちに語るシーンは感動しました。次も楽しみです。

50代女性

ハルと和田が付き合っていると思い込んでいる川上は会議中もオフィスも2人を見てはニヤニヤしていて面白いと思いました。2人の噂が広がると一乗寺は和田に淡々と2人の噂がと教えていた。ハルと食事に行くと青柳と矢島は質問攻めで和田との事を聞き出そうとしていて面白いと思いました。ハルが飲んで帰ると涼はチンするご飯と聞いて可哀想になりました。

第6話:あらすじ「女副社長との対立..。」

海原晴(中谷美紀)と和田寿史(藤木直人)が付き合っているという噂が社内中に広まる中、経営企画部の新たなミッションは子会社のアパレルブランド「ファンソフィー」の
売却に向けてのブランド側との交渉だった。15年前に五木商事の子会社となり、一時期はセレブ層に人気があったブランドだが、かつての勢いを失い、経営難に陥るっていた。副社長の高山雄一郎(奥田瑛二)は和田を呼び出し、売却一択で話を進めるように念を押す。

引用: https://www.tv-tokyo.co.jp/haru/story/

第7話:あらすじ「父子が急接近!?」

海原晴(中谷美紀)との関係が公になり、副社長の高山雄一郎(奥田瑛二)から「社長派」ではないか疑われ、和田寿史(藤木直人)は否定するが…。そんなある日、新規事業の立ち上げを目指して実施された社内公募の最終選考3本の中に、青柳悠馬(白洲迅)の企画が残ったという。経営企画部の本部長でもある高山は部で総力を挙げ、是が非でも勝ち取るよう厳命を下す。

引用: https://www.tv-tokyo.co.jp/haru/story/

ドラマ「ハル~総合商社の女~」視聴者の期待の声・反応は?

40代男性

総合商社のビジネスウーマン役とか、今までのドラマでとりあげられてことがないテーマなので関心がある。経済番組に強いテレ東だけに、商社の仕事の内実について、一般の視聴者にも興味が持てるようなストーリー展開に期待したい。

50代男性

シングルマザーで働く主人公のハルが勤める総合商社で、彼女がどんな新しい風を起こしてくれるのか楽しみです。元夫が上司ということで、ハルとの再婚もあるのかないのか気になります。ハルのパワーで古い体質の会社を変えていってほしいです。
視聴者の期待の声をもっと見る>>

30代男性

なんといっても、仕事ができるキャリアウーマンが、ヘットハンティングで移った会社の上司が10年前に離婚した元旦那というところで、10年越しに仕事プラス過去のいざこざという展開で仕事に徹する事ができるのか、過去のいざこざがどれ程出てくるのかそのやり取りが面白い展開で期待したいと思います。又、なんでもあつかう商社という事でお互い仕事上では優秀だとおもうので、元夫婦で離婚したのでソリが合わないところをどのように協力するのかも期待したいところです。

30代女性

テレビ東京のドラマはおもしろいので、話の内容に期待できると思う。元夫婦の中谷美紀と藤木直人の関係がどうなるのか、楽しみだ。演技派の中谷美紀が総合商社を舞台に奮闘する姿が楽しみだ。中谷美紀ならスーツもビシッと着こなしそうなので、そちらも注目したい。

50代女性

中谷美紀さんのハキハキとしたイメージと今回の仕事が出来る女性のイメージはぴったりと合う思います。楽しく仕事がしたい!と言い放ち、周りで起きる難題を解決していく爽快なストーリー展開が見え一話完結っぽい流れで見られそうな部分もいいなと感じています。元旦那役が藤木直人さんということで、美男美女カップルですね。

40代男性

中谷美紀がビジネスウーマン・晴の役を演じ、どのように難題を解決していくのか楽しみです。晴の元夫で上司役の藤木直人との関係性が、ドラマの中でどういう風に描かれるのかも楽しみの1つです。見ていてスカッとする晴の活躍を期待したいです。

30代女性

リーガルハイ、エイプリルフールズ、ジョーカー許されざる捜査官など幅広くクオリティの高い作品をおくりだしたスタッフもそろい、どんなお仕事ドラマになるのかと思うと、今からどんな展開がえきさワクワクしていますが、

40代女性

中谷美紀さんの演技が大好きなので、出演するドラマはほとんど見ています。演技の上手い女優さんだと思います。どんな役をやってもはまり役なので見ていて安心感があります。今回は固い役柄なのかなと思いますが、それもきっとかっこよくこなしてくれるんだと思います。

20代女性

中谷美紀さんはかっこよくて、スタイルもよくて、好きな女優さんなので、ドラマを見るのが楽しみです。あらすじを読んで、ヘッドハンドされるようなキャリアウーマンなのかな?と役もピッタリな気がします。常識を覆すやり方で、毎回無理難題を解決!とあるので、どんなドラマ展開になるのか、元夫ともしかして復縁とかあるのかな?と楽しみです。

50代女性

シングルマザーが総合商社でバリバリ働く中、元夫と仕事で上司として再会するっという事で、目新しい内容ではありませんが中谷美紀さんのテキパキしたキャラクターで、さっぱりと明るくなりそうなイメージで女性にパワーを貰えることを期待しています。

コメントを残す